ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「可用性」最新記事一覧

機械学習による「自律型データベース」:
日本オラクル、自動管理や自動保護、自動修復が特長の「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」を提供開始
日本オラクルは、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の提供を国内で開始した。簡単な設定で、自動バックアップや暗号化、パッチの自動適用が可能になる他、高可用性に対応するデータベースシステムも構築できる。(2018/4/23)

意外に難しいクラウドデータ保護
クラウドバックアップの最適解はクラウド→クラウド
クラウドプロバイダーが責任を追うのは可用性であり、データ保護はユーザー企業が行わねばならない。だが、IaaSやSaaSのデータをバックアップするのは意外に難しい。(2018/4/23)

まずは自社ネットワーク状況を把握すること
最適なネットワーク監視ツールの選び方
ネットワーク管理者の職務上重要になるのは、ネットワークのパフォーマンス、トラフィック使用量、障害、可用性を監視することだ。その上で、問題に素早く対処しなければならない。(2018/3/7)

診断結果とリスク対策のアドバイスを提供:
AWSシステムのセキュリティや可用性などを診断――SCSKがサービス提供を開始
SCSKは、企業がAWS環境に構築したシステムについて、セキュリティや可用性などを診断し、レポート形式で対策を提示する「クラウド診断サービス for AWS」を発表した。(2018/2/15)

契約書締結業務にブロックチェーンを活用 2基盤の連携で可用性強化も――JNB、富士通、テックビューロが共同実証へ
ジャパンネット銀行(JNB)、富士通、テックビューロは、契約書締結業務にブロックチェーンを活用する実証実験を開始。ペーパーレスと業務効率化に向けてブロックチェーンの有効性を検証するとともに、2つのブロックチェーン基盤を連携し、セキュリティと可用性の高度化を目指す。(2018/2/7)

三菱自動車、設計部品表システムのグローバルIT基盤をOracle Exadataで刷新
三菱自動車が、試作車開発や量産車の生産を支える設計部品表システムの運用基盤を「Oracle Exadata」で刷新した。併せて「Oracle Database Appliance(ODA)」を導入し、災害対策環境を構築。堅牢性と可用性を確保し、処理の高速化を実現した。(2018/1/11)

ブロックチェーン技術と決済データを用いた信用情報基盤 インサイト、SBT、シビラが共同開発へ
インサイト、ソフトバンク・テクノロジー(SBT)、シビラの3社は、ブロックチェーン技術と、家賃や電気料金などの生活決済データを組み合わせた信用情報プラットフォームを開発する。ブロックチェーンの対改ざん性などのメリットとクラウドの冗長性を備えた可用性の高い信用情報管理が可能になるという。(2018/1/9)

検出、検査、負荷分散
「Kubernetes」の可用性を高める3つのコンポーネント
サービスレジストリがマイクロサービスの世界でシームレスに機能するには、微調整や再設計が必要だ。本稿ではサービスレジストリを適切に管理する方法と、「Kubernetes」の可用性を高める3つ機能を説明する。(2017/12/11)

Oracle Database Applianceユーザー成功事例
「コストをかけずにDBのパフォーマンスと可用性を高める」その秘密とは?
初期投資を抑え、従来と同様のランニングコストでDB基盤刷新とBCP課題を解決したディーコープ。遠隔地間でリアルタイムデータ同期も可能という驚きの施策とは?(2017/12/5)

Software in Siliconはv2にアップデート、Oracle Cloudにも対応:
Oracle、第8世代SPARCプラットフォーム、SuperClusterなどを発表
Oracleは、「SPARC M8」プロセッサ搭載の第8世代プラットフォームを発表した。基幹ワークロードの実行においてセキュリティ、パフォーマンス、可用性を向上しているとし、x86や前バージョンのSPARC M7と比べたパフォーマンスに関する数値データを公表している。(2017/9/20)

Azureに学ぶ単一障害点による障害の回避方法
IaaSはなぜダウンしないのか、ダウンしたらどうなるのか
クラウドサービスで物理障害が発生した場合、初期設定のままでは稼働中のサービスにダウンタイムが発生してしまう。高可用性を維持するために必要な設定についてAzureを例として解説する。(2017/9/5)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
ネットワークの可視化と運用管理を究めて、データセンターの課題に対処する
ネットワーク仮想化環境を導入した最新のデータセンターで運用の可視化を実現すれば、ネットワークのパフォーマンスを最適化し、健全性と可用性を確保できる。セキュリティを高めるマイクロセグメンテーションも実現可能だ。(2017/9/1)

Fintechベンチャーが基盤に選んだパブリッククラウド:
PR:ハイトランザクション性能/信頼性/可用性が求められるビットコイン取引所とブロックチェーン型DBをMicrosoft Azureで実現
最新のITで金融サービスを変革する「Fintech(金融IT)」――。トランザクションが膨大で、処理量が短期間に変動することも多いので、そのための基盤としてクラウドが活用されるケースも増えてきている。このFintechサービスをMicrosoft Azureの上で提供しているのが、国内大手のビットコイン取引所を運営するbitFlyerだ。ブロックチェーン型データベース「miyabi」の提供も2017年内に本格化する予定だ。(2017/6/30)

ここが違う、従来型ストレージとオブジェクトストレージ【後編】
自分の会社に“ぴたり”とはまるオブジェクトストレージベンダーを探す
この記事では2回に分けてオブジェクトストレージの特徴とメリットを解説する。後編では、可用性とデータ保護手法から有力ベンダーの適材適所の考察を紹介する。(2017/6/28)

コンテナ化、サーバレス化、自動化を徹底
「サービス全断は絶対ダメ」、可用性第一で考えたテレビ会議のAWS移行
リコーがオンプレミスで運用していた自社製品のテレビ会議システムのインフラをAWSへ移行。可用性向上に徹底的に取り組み、サーバレス化などのクラウド特性を存分に活用した他、インフラ構築の自動化も取り入れた。(2017/6/15)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
“文系企業”東急電鉄は「止まらないネットワーク」をどう実現したのか?
ITの重要性が増す中、特に社会インフラには「止まらないネットワーク」が求められる。東京急行電鉄は、冗長化や多重化の徹底、全体構成のシンプル化によって、高可用性や拡張性、コスト効率を兼ね備えたネットワークを実現したという。(2017/5/24)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:VMAX ALL FLASHはミッションクリティカルとオールフラッシュの架け橋だ
「VMAX ALL FLASH」は、画期的なアーキテクチャを備えたストレージだ。だからこそ、インフラレベルでの可用性管理やデータ保護が不可欠なミッションクリティカルアプリケーションで、オールフラッシュのメリットをフルに生かすことができる。(2017/5/22)

DRBDの仕組みを学ぶ(16):
DRBD 9環境の構築をAnsibleでサクッと自動化する
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、DRBDの最新版「DRBD 9」環境をOSSの環境構築自動化ツール「Ansible」を使って簡単に構築する方法をお届けします。(2017/4/17)

Wind River Titanium Control:
99.9999%の可用性を提供、ITとOTの融合を図るクラウド基盤
米Wind Riverが、生産拠点や電力プラントの制御システムを仮想化するソフトウェアプラットフォーム「Wind River Titanium Control」を提供する。専用システムであっても仮想化することで接続性と柔軟性を高め、IoTなど新たな潮流にも容易に対応できる。(2017/4/11)

DRBDの仕組みを学ぶ(15):
Ubuntuで実践する「DRBD 9環境」構築マニュアル
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、DRBDの最新版「DRBD 9」環境の構築手順を解説します。(2017/3/9)

2017年は「クラウド専門家の時代」元年に:
2017年のアプリケーションサービス展開動向、「セキュリティ」が最優先事項に F5ネットワークス調査
F5ネットワークスが企業のアプリケーションサービス提供状況を調査した「2017年版アプリケーションデリバリーの状況」の結果を公開。セキュリティへの懸念がアプリケーションサービスを急速に普及させる要因になっているとし、従来の「可用性」を上回り、「セキュリティ」がアプリケーション展開の最重要課題となったことが分かった。(2017/3/8)

製造IT導入事例:
米国空軍、サービスライフサイクル管理ソリューションを導入
米PTCは、同社のサービスライフサイクル管理ソリューション「PTC Service Parts Management SaaS」を、米国空軍が導入したことを発表した。需要予測精度の改善や計画工数の削減、総合供給計画の策定、航空機の可用性の最適化を実現する。(2017/2/23)

DRBDの仕組みを学ぶ(14):
SDS機能を実装 冗長化支援ツールの最新バージョン「DRBD 9」は何が便利になったのか
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、DRBDの最新版である「DRBD 9」の新機能を解説します。(2017/2/14)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入の容易性と可用性はどこまで高まる?
仮想化環境への高い要求水準を満たすために「ハイパーコンバージドインフラ」を導入する事例が増えている。低コストかつ高パフォーマンスな仮想化環境を求める企業が、いま選ぶべき製品とは何か? ESGが実施した検証結果を基に、その条件を明らかにする。(2017/2/16)

SAPなど基幹アプリケーションにフォーカス:
VirtustreamがNTT Comと提携して国内データセンター開設を発表
米国のユニークなクラウドサービス、「Virtustream」が、NTTコミュニケーションズ、EMCジャパンと提携して、国内データセンターからサービスを提供開始すると発表した。99.999%の可用性で、SAPなど、基幹アプリケーションのクラウド移行に焦点を当てている。(2017/2/6)

SQL Serverトラブルシューティング(34):
フェイルオーバーポリシー以外で可用性グループがフェイルオーバーした(フェイルオーバートラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「可用性グループでフェイルオーバーが発生した、SQL Server 2016に由来する原因の一例」を解説します。(2017/1/5)

SQL Serverトラブルシューティング(33):
SQL Serverの可用性グループがフェイルオーバーしたが、発生した原因が分からない(フェイルオーバートラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「可用性グループでフェイルオーバーが発生した原因の一例」を解説します。(2016/12/27)

仮想化&ストレージの基礎と最前線:
ストレージのスケールアウトはどのようなメリットがあるか
低コストや高可用性、拡張性などで注目を集めているスケールアウト型ストレージ。その特徴を大きく3つに分けて詳しく見ていきましょう。(2017/1/5)

DRBDの仕組みを学ぶ(13):
仕組みを理解すれば怖くない 「スプリットブレイン」からの復旧方法
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、DRBDをはじめとするクラスタ環境で発生するトラブルの1つ、「スプリットブレイン」からの復旧方法を解説します。(2016/12/15)

無償版「express edition」も近日公開:
SAP、インメモリデータプラットフォームの最新版「SAP HANA 2」をリリース
SAPジャパンがインメモリデータベースの最新版「SAP HANA 2」を発表。可用性/データ分析、アプリケーション開発などの機能を強化した。また、無償版の「express edition」も、近日中の提供を予定する。(2016/12/9)

SQL Serverトラブルシューティング(30):
SQL Serverシステムの可用性を高める「Always On フェイルオーバークラスタリング」の仕組み
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、データベースシステムの可用性を高める「Always On」にまつわるトラブルに備え、「Always on フェイルオーバークラスタリング」とは何かを解説します。(2016/12/5)

日本企業は先進的な使い方をしている:
F5ネットワークスジャパン、新BIG-IPとコンテナプロキシを国内発表
F5ネットワークスジャパンは2016年11月24日、同社のアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)製品を一新し、「BIG-IP iシリーズ」として2017年2月1日に発売すると発表した。また、コンテナ環境を可視化し、セキュリティ/可用性/パフォーマンス管理ができるソフトウェア製品を2017年第1四半期に提供開始するという。(2016/11/25)

SQL Serverトラブルシューティング(27):
「AVAILABILITY_REPLICA」によってトランザクションログを再利用できなくなった(ファイル管理トラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「可用性グループ/AVAILABILITY_REPLICAに関連するトランザクションログトラブルの対処方法」を解説します。(2016/11/21)

DRBDの仕組みを学ぶ(12):
Pacemakerの制御コマンドを「crm」に戻して運用する
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、Pacemekerのクラスタ設定と管理のコマンドを、pcsから「crm」に戻して運用する方法を解説します。(2016/11/10)

クイックスタート、高可用性バックアップ、IP単位のアクセス制御など:
マイクロソフト、NoSQLデータベース「Azure DocumentDB」の機能を多数強化
マイクロソフトのクラウド型NoSQLデータベース「Azure DocumentDB」に、多くの新機能が追加/強化。クイックスタート、高可用性バックアップ、IP単位のアクセス制御などの機能が備わった。(2016/11/8)

日立、ハイエンド向けオールフラッシュアレイ「VSP F1500」を発売
オールフラッシュアレイ「VSP Fシリーズ」のハイエンドモデル「VSP F1500」を発売。ミッションクリティカルなシステム環境向けに高い信頼性と可用性を提供する。(2016/10/27)

革新が求められている企業のデータ保護戦略
単なるバックアップとは違う「包括的データ保護」に必要な“5つのC”とは?
データの可用性確保やデータ管理を含めた包括的なデータ保護を進めるために、企業に求められることとは何か。主要な5つのポイントを紹介する。(2016/10/17)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く(4):
PR:本当にどの時点にもリカバリーできるの? 最適なバックアップ手法は運動会の「写真/ビデオ撮影」で考えよう!
そのシステム、今のバックアップ要件で本当に「思い通りに」戻せますか? 実は、一般的なバックアップ設計では、思い通りには戻せない場合があります。今回は、ふいに発生したアクシデントに対応する方法を、運動会の「ビデオ撮影」と「写真」を題材にじっくり考えてみましょう。[高可用性/災害対策][運用管理効率化][Oracle Database 12c][Zero Data Loss Recovery Appliance](2016/10/11)

愛媛県の住友別子病院、SDN採用でネットワーク障害対策を大幅強化
NECは、愛媛県・住友別子病院の新病院に向け、SDNを活用したネットワーク基盤を構築。音声系含めた5種のネットワークの統合により、運用の効率化、可用性の向上などを実現した。(2016/10/5)

スペシャリストが語る、大規模導入プロジェクトの裏側:
PR:Oracle Exadataの導入価値を最大化するNTTデータの取り組み
「Oracle Exadata」の高い性能や可用性といった利点は、システムの要件に応じた的確な作り込みによって最大化される。導入を手掛けるシステムインテグレーターらは、どのような工夫によってそれを実現しているのか。NTTデータが手掛けた大規模プロジェクトのケースを紹介しよう。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/10/20)

DRBDの仕組みを学ぶ(11):
DRBD+iSCSIでサクッと作れる、Windows 10の「自動データ複製&冗長化システム」
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、Windows 10/Windows Server環境の「自動データ複製&冗長化システムの作り方」を解説します。(2016/9/9)

約190万円から/他社からの乗り換え施策も:
IBM、価格を抑えたミッドレンジ/エントリー向けオールフラッシュストレージを発表
IBMは、エンタープライズクラスの可用性や機能を提供するエントリーレベルとミッドレンジのオールフラッシュストレージ「Storwize V5030F」と「Storwize V7000F」を発表した。(2016/8/25)

クラウド導入へ踏み出せない企業のために:
PR:ミッションクリティカルシステムのAWS移行、3つの課題と対策
AWS(Amazon Web Services)をはじめとするクラウドサービスの発展・浸透を受けて、基幹系システムのクラウド移行を検討する企業が増加している。だがクラウド上で、基幹系システムのような“決して止まってはならないシステム”の運用性と可用性を担保するためには、さまざまな技術とノウハウが求められる。人とコストなど限られたリソースの中でも、安全かつスムーズに基幹系システムをクラウドへ移行するためにはどうすればよいのだろうか?(2016/8/22)

日本オラクル株式会社提供Webキャスト
4事例で解説するDB基盤選びのポイント――高可用性モデルで工期短縮からBCPまで
1つの筐体にハードウェアとソフトウェアを統合したデータベースアプライアンスの導入企業が増えている。コスト、構築期間、パフォーマンス、拡張性などの点で多くのメリットがあるとされているこれらの製品は、実際にどのように利用されているのか。事例をもとに検証する。(2016/8/9)

“Oracleユーザーにとって当たり前”のデータ連携技術とは? 【後編】:
PR:リアルタイムデータ連携、ビッグデータ活用の領域でも普及が進むOracle GoldenGate
Oracle Databaseの無停止アップグレードにおける採用事例で注目を集めるOracle GoldenGateだが、より鮮度の高い情報を求めるさまざまな企業において活用が進んでいる。先進企業における活用例と、同ツールのノウハウを豊富に蓄積したパートナー企業の声を紹介する。[ビッグデータ][高可用性/災害対策][Data Integration](2016/7/11)

Exchange Server相当の可用性を実現
「Windows Server 2016」新機能、高可用性ストレージを自在に構成する「Storage Spaces Direct」とは?
「Windows Storage Spaces」では新しい「Storage Spaces Direct」機能の追加により、ローカルストレージをフェイルオーバークラスタとして使えるようになった。JBODストレージもサポートする。(2016/7/7)

ガイダンスに「従わなかった」場合の解説も充実:
マイクロソフト、Azureアプリケーションの可用性を高める新チェックリストを公開
マイクロソフトは、「Microsoft Azure」上のアプリケーションの可用性の向上に役立つ新チェックリストを公開した。各チェックリストには、ユーザーの判断を助けるため、個々のガイダンスに従わなかった場合に何が起こるかについての説明が加えられている。(2016/7/5)

Oracleユーザーにとって“当たり前”のデータ連携技術とは? 【前編】:
PR:「無停止DBアップグレードツール」として浸透したOracle GoldenGate
企業システムのさまざまな領域で「リアルタイムなデータ連携」の必要性が高まっている今日、それを実現する「Oracle GoldenGate」の活用が各分野で進んでいる。国内外の主な導入事例と、同製品を強く支持する国内パートナー企業から寄せられた声を2回にわたって紹介する。[ビッグデータ][高可用性/災害対策][Data Integration](2016/7/5)

安定稼働の秘訣は“SQLの継続的な改善”:
PR:「使わない手はない!」 朋和産業はOracle Enterprise Managerによりデータベースの安定稼働とコスト削減を実現
朋和産業はOracle Database Applianceの導入を機に、システム統合管理ツールとして「Oracle Enterprise Manager」を導入。SQLチューニング・アドバイザを効果的に利用し、基幹データベースの安定稼働を実現している。同社 情報システム部長の野上博司氏は、「このツールを活用すれば、Oracle Databaseのコストを抑えて安定運用できる。使わない手はありません」と話す。[パフォーマンス改善][運用管理効率化][高可用性/災害対策][Oracle Enterprise Manager][Engineered System][Data Integration](2016/6/21)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
BCP/DR対策の生命線、重要アプリケーションの稼働を維持するための要件とは?
ミッションクリティカルなアプリケーションの稼働状態を維持することは最優先で検討すべき事項だが、従来のBCP/DRシステムにはデータの可用性と移動に課題があった。そこで、ユーザーに影響を与えずに、この課題を解消するテクノロジーについて解説する。(2016/6/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。