ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「森見登美彦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「森見登美彦」に関する情報が集まったページです。

森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』がアニメ映画化 声優に北香那と蒼井優、制作はスタジオコロリド
監督は、映画「台風のノルダ」でキャラクターデザインと作画監督を務めた石田祐康さん。(2018/3/1)

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」、オタワ国際アニメーション映画祭グランプリ
オタワ国際アニメーション映画祭長編部門で日本作品、日本人監督がグランプリを受賞するのは初。(2017/9/24)

湯浅政明監督「マインド・ゲーム」「夜は短し」「ルーのうた」3本一挙上映 早稲田松竹で8月開催
アニメーション映画の湯浅政明監督の劇場公開作品が、一気に観られる!(2017/6/17)

映画「夜は短し歩けよ乙女」舞台あいさつにメガネな“先輩”星野源 花澤香菜、ロバート秋山ら個性的メンバーに神谷浩史「異種格闘技みたい」
星野源さんの口からは安定のえろネタも。(2017/3/10)

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」の予告編が解禁 星野源の演技や「アジカン」による主題歌も初披露
早口が大変そう。(2017/2/23)

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」“黒髪の乙女”役に花澤香菜 神谷浩史、諏訪部順一ら追加キャスト発表
黒髪の乙女(CV:花澤香菜)に恋する“先輩”役は星野源さん。(2017/1/26)

「夜は短し歩けよ乙女」アニメ映画化 “先輩”役に星野源さん、主題歌はアジカン
ベストセラー小説「夜は短し歩けよ乙女」のアニメ映画が4月に公開。主人公の声優には星野源さんを起用した。(2016/12/15)

森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」、星野源主演でアニメ映画化 湯浅監督ら「四畳半」のメンバーが再集結!
2017年4月7日に全国公開。(2016/12/15)

アニメ「有頂天家族2」の成功祈願イベント、舞台の下鴨神社で開催 ファンも関係者もたぬたぬしよう!
矢三郎役や弁天役など声優陣、原作者の森見登美彦さんなど登場。「モフモフたぬきポンチョ」ももらえるたぬ。(2016/11/28)

20人の作家が「20」をモチーフに小説を執筆 『小説TRIPPER』創刊20周年記念で
円城塔、原田マハ、阿部和重、伊坂幸太郎などの有名作家が400字詰め原稿用紙20枚程度の作品をしたためた。(2015/6/18)

第28回三島由紀夫賞に上田岳弘『私の恋人』、山本周五郎賞に柚木麻子『ナイルパーチの女子会』
ピース又吉『火花』は受賞逃す。(2015/5/14)

『comicスピカ』からの移籍作も掲載:
幻冬舎コミックスがWebコミックサイト「デンシバーズ」オープン
いくえみ綾さんとくるねこ大和さんが、ねこあるあるを「いろはカルタ」風イラストで制作する「ねこあるあるカルタ」など、特別企画も用意している。(2015/4/30)

幻冬舎の無料漫画サイト「デンシバーズ」オープン 「有頂天家族」など掲載
「ヘタリア」アニメ新シリーズに向けてコミックス第6巻を少しずつ無料公開する特別企画も。(2015/4/30)

『comicスピカ』休刊、4月30日始動の新装刊誌&Web誌の情報が明らかに
『comicスピカ』休刊号にて、新装刊誌『月刊バーズ』とWeb漫画誌『デンシバーズ(仮)』への移籍作品が発表された。(2015/3/27)

向井理がトップランナーたちに聞いた「仕事へのこだわり」
(2015/3/10)

前作から5年ぶり――中村佑介の画集第2弾『NOW』12月17日に発売
セブンネットショッピングで購入すると、表紙イラストを採用した限定トートバッグが手に入る。(2014/11/17)

たぬきの耳にたぬきのしっぽ! たぬきの矢三郎になりきれる「有頂天家族」コラボパーカーがカワイイ
これを着れば「逃げの矢三郎」に化けることが可能。(2014/10/14)

叡山電車が「有頂天家族」とコラボ 「偽叡山電車」を走らせる
「有頂天家族」に登場した「偽叡山電車」が現実に。(2014/9/12)

第27回三島由紀夫賞・山本周五郎賞が決定――三島賞に本谷有希子、山本賞に米澤穂信
新潮文芸振興会主催の第27回三島由紀夫賞・山本周五郎賞の選考会が開かれ、三島賞に本谷有希子さん、山本賞に米澤穂信さんが選ばれた。(2014/5/16)

2014年本屋大賞、大賞は和田竜『村上海賊の娘』
全国の書店員が今一番売りたい本を選ぶ「本屋大賞」。今年は和田竜『村上海賊の娘』が大賞を受賞した。(2014/4/8)

2014年本屋大賞ノミネート10作品が発表――二次投票もスタート
全国書店員が選ぶ「本屋大賞」の2014年ノミネート10作品が発表。(2014/1/24)

Amazon、ユーザーが支持した小説100冊「オールタイムベスト」公開
Amazonユーザーが支持した小説100冊「オールタイムベスト小説」が公開。100冊の概要とカスタマーレビューを収録したKindle本も。(2013/11/11)

10%ポイント還元:
Kindleセレクト25情報――9月28日から10月4日
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/9/30)

10%ポイント還元:
Kindleセレクト25情報――9月21日から9月27日
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/9/24)

第15回大藪春彦賞/第33回日本SF大賞贈賞式レポート
東京・丸の内の東京會舘で催された大藪春彦賞、日本SF大賞の表彰式の様子をレポート。(2013/3/5)

出版業界ニュースフラッシュ 2012年8月第5週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。先週は、集英社や光文社の決算発表、an・an完売店続出などが話題となりました。そのほかのニュースダイジェストと合わせてどうぞ。(2012/9/4)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(2月10日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/2/10)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(2月3日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/2/3)

色と香りを再現:
入浴剤と人気作家の書き下し作品がセットに バンダイ「ほっと文庫」
バンダイは、角川書店とのコラボ―レーション商品として、人気作家の書き下ろし作品1冊と入浴剤1包をセットにした「ほっと文庫」を発売する。(2011/5/24)

色と香りに包まれてゆっくりお風呂 文庫本と入浴剤がセットになった「ほっと文庫」
人気作家の書き下ろし作品と入浴剤がセットになった「ほっと文庫」が、8月3日より順次発売される。(2011/5/24)

Amazon.co.jpに著者や出版社が情報発信できる「著者ページ」
書籍の著者や出版社が、作品一覧や略歴などの情報を更新できる「著者ページ」がAmazon.co.jpでスタートした。(2010/9/1)

Amazon.co.jp上にWeb文芸誌「マトグロッソ」
Amazon.co.jpからのみアクセスできる無料のWeb文芸誌「マトグロッソ」が創刊。人気作家の森見登美彦さんの新作などを連載する。(2010/5/24)

サイエンスフューチャーの創造者たち:
技術に「希望を見いだしたい」――「東のエデン」神山監督×セカイカメラ井口氏
ARサービス「セカイカメラ」の開発者・井口尊仁氏とともにネットやテクノロジーの未来を探る連載企画。第2回はARが若者の情報インフラとして描かれるアニメ「東のエデン」の神山監督を迎え、作品に込められた思いや、現実のネットサービスとの関わりを読み解く。(2010/5/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。