ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネイティブが使う英語 使わない英語」最新記事一覧

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「ハイキングには何をはいて行く?」
「ハイキングには何をはいて行く?」と聞かれて……。(2014/5/22)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「お腹の具合がちょっと」
「食欲がないね」と言われて……。(2014/5/21)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「トイレを借りるのに何か問題でも?」
トイレを借りようと思って……。(2014/5/20)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「くたびれてるね」
元気のない友人に……。(2014/5/19)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「何だと〜!」
取引先の話し声がとても小さいので……。(2014/5/16)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「トイレ行ってくる!」
接待ディナーの席で……。(2014/5/15)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「チクショー!」
好きなサッカーチームが負けて……。(2014/5/14)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「やだよ〜ん!」
仲間から「もう一杯飲めよ」と言われて……。(2014/5/13)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「私は絶対に水を飲むわよ!」
ちょっとのどが渇いたので……。(2014/5/12)

Biz.ID Weekly Top10:
改札でピカッ、レジでキラッ――スマホ連携の光るネイルシールって!?
おサイフケータイを使うと、指先が“魔法の杖”のようにピカッと光る――。こんなネイルデコシール、使ってみたくなりませんか?(2014/5/10)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「ラフな服装で来てください」
「ラフな服装で来てください」と言おうとして……。(2014/5/9)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「やわらかいクリームをください。」
ソフトクリームを注文しようとして……。(2014/5/8)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「寿司、食いねぇ」
外国人に寿司をすすめようと思い……。(2014/5/7)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「会議は中止です」
会議を中止することとなり……。(2014/5/2)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「残念だったね」
試験に落第した人をなぐさめて……。(2014/5/1)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
“Yes.”にひと工夫で、会話を楽しく
電話で“Are you from Japan?”(日本からですか?)と聞かれて……。(2014/4/30)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「ボクだよ。」
職場の電話で「●●さんはいますか?」と聞かれて……。(2014/4/28)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「これで満足かよ!」
恋人に「幸せかい?」と尋ねようとして……。(2014/4/25)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「私は先週、おぼれて死んだ。」
「おぼれそうになっちゃったの」と言おうとして...。(2014/4/24)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「お前んちのガキどもはやかましい!」
隣の家の子どもたちが大騒ぎ……。(2014/4/23)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「休暇をいただいております」
取引先からの上司あての電話を取って……。(2014/4/22)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「手ぶらできてね」
パーティーに招待した友達に「手ぶらで来てね」と言いたくて……。(2014/4/21)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「あなたにはその能力がありますか?」
「できる」を意味する“can”もネイティブにはこう聞こえているようです。(2014/4/18)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「よく聞け!」「えっ?」
ちょっと話を聞いてほしいときには、強要しないほうがいいですね。(2014/4/17)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「キミ! 何をやっているのだ?」
丁寧に話しているつもりが、逆効果のこともあるようです。(2014/4/16)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「ご機嫌いかが?」
中学校では、“Mr.”や“Mrs.”など、敬称をつけるよう習ったのですが……。(2014/4/15)

ネイティブが使う英語 使わない英語:
「ねえ元気?」「……まあね」
How are you doing? と聞かれたときの模範解答も、ネイティブにはこう聞こえるようです。(2014/4/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。