ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「嶋田淑之の「リーダーは眠らない」」最新記事一覧

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
MBAの時代は終わった!? “事業構想力”で日本のビジネスを元気に
今年4月に開学した事業構想大学院大学。1学年30人という少人数制で行われる教育は、“事業構想”に特化したものだという。従来の社会人大学院などとはどのような点が異なっているのか、東英弥理事長に尋ねた。(2012/4/20)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
「激安婚は幸せな結果を招かない!?」――絆ブーム下のブライダル業界がやるべきこと
近年、“地味婚”や“激安婚”が増えていると言われるようになっており、ブライダル業界でもその流れに対応したプランなどを提供するようになっている。しかし、ブライダル企業のノバレーゼで社長を務める浅田剛冶さんは「激安婚は幸せな結果を招かない」と主張する。その主張の背景にあるものとは。(2012/3/16)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
縮小し続けるボウリング市場、栄光の時代はよみがえるか?
かつて、中山律子さんなどの女子プロがメディアで注目を集めるなど、華々しい時代があったボウリング。しかし今、娯楽の多様化などで市場が急速に縮小しつつある。ボウリング業界の現況と今後取るべき道筋について、日本ボウリング場協会の中里則彦会長に尋ねた。(2012/2/17)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
4分の1に縮小したジグソーパズル市場、老舗のサバイバル戦略は?
市場規模がピーク時の約500億円から、2008年にはその4分の1の125億円にまで落ち込んだジグソーパズル業界。業界をリードしてきた老舗はどのように生き残りを図っているのか。やのまんの矢野成一社長に話を聞いた。(2012/2/3)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
社食レシピ本が425万部! タニタ・39歳社長の素顔
2010年1月に発売されて以来、シリーズ累計425万部という大ヒットを飛ばしている書籍『体脂肪計タニタの社員食堂』。偶然から生まれたヒットを次なる展開につなげようとする、タニタの谷田千里社長にその戦略を尋ねた。(2011/12/16)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
スポーツクラブ経営で営業利益率22.6%、高利益率の秘密とは?
効率的な経営が可能なIT業界などではなく、スポーツクラブというそれほど新しくない業界で22.6%という高い営業利益率をたたき出している東祥。同業他社が数%の利益率にとどまるところ、なぜそんなに高い利益率を出せているのか、沓名俊裕社長に尋ねた。(2011/10/21)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです」の銚子電鉄は今どうなっているのか?
5年前、「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」という前代未聞のフレーズをWebサイトに掲載し、副業で製造販売している「ぬれ煎餅」の購入を広く呼びかけて経営危機を乗り切った銚子電鉄。一時のブームが過ぎた今、どういう状況になっているのか小川文雄社長に尋ねた。(2011/10/7)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
震災後「利用客ゼロ」からの再起――はとバスのいま
東日本大震災以降、福島第一原発の事故の影響で観光業界は大きなダメージを受けている。東京観光ツアーの最大手・はとバスでは、3月12〜31日の利用客がゼロという事態に陥った。震災から5カ月、回復基調にある同社ではどのような手を打っているのだろうか。(2011/8/26)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
ソーシャルビジネスからエヴァの缶詰まで、広がる“おいしい”保存食の活躍(後編)
東日本大震災後、利益度外視で被災者にパンの缶詰を届けたパン・アキモト。保存食として救缶鳥プロジェクトというソーシャルビジネスに役立てられているほか、企業のプライベートブランドにも利用されている。保存食でありながらしっとりした食感でおいしいパンの缶詰はどのようにして生まれたのか。開発秘話を秋元義彦社長に尋ねた。(2011/7/22)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
10万缶の“パンの缶詰”を被災地へ、パン・アキモトの支援活動とは(前編)
保存食なのにふわっとおいしい――2010年のハイチ大地震のとき、子どもたちが「こんなにおいしいパンを食べたのは生まれて初めて」と喜んでいたのがパン・アキモトの「パンの缶詰」だった。東日本大震災発生後、社長の秋元氏は自社も被災していたにもかかわらず、現地へ10万缶のパンを送っている。秋元氏が考える、保存食によるソーシャルビジネスとは?(2011/7/15)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
地中熱システムで、空調22度でも15%節電を――リチャード・A・ゴードンさん
政府からの東京電力・東北電力管内での「ピーク時15%節電」要請により、“我慢の節電”を強いられている企業が多い。そんな中、省エネルギーコンサルタントのリチャード・A・ゴードンさんは「“我慢”をせずとも節電できる地中熱利用ヒートポンプシステムに注目するべき」と訴えている。(2011/7/1)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
15%節電で首都圏企業は“我慢の節電”に――省電舎・川上光一社長
東京電力や東北電力管内における夏の「ピーク時15%節電」が始まろうとしている。企業は節電要請に対してどのように応えようとしているのか。省エネルギー・ビジネスの専業企業として、日本のパイオニア的な存在である省電舎の川上光一社長に話を聞いた。(2011/6/24)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
100円寿司時代に高級路線で成功した理由とは?――金沢まいもん寿司・木下孝治氏
ここ数年、“100円寿司”と呼ばれる低価格路線の大手回転寿司チェーンが、大幅にシェアを伸ばしている。そんな中、回転寿司でも高級路線をウリにして、成功している店もある。その代表である金沢まいもん寿司の強さの秘密を、経営するエムアンドケイ代表取締役の木下孝治氏に尋ねた。(2011/3/11)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
ギネス認定! 世界最古の宿が人気である理由――――西山温泉慶雲館52代当主・深澤雄二氏(後編)
この度、ギネスブックが「世界最古のホテル・旅館」として認定した西山温泉慶雲館。創業から1300年を経ても、人気を集めていられる秘密はどこにあるのか。第52代当主の深澤雄二さんへのインタビューを中心に、同館のスタッフのみなさんからもお聞きした内容をお伝えする。(2011/2/25)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
創業1300年! 世界最古の温泉宿に行ってみた――慶雲館52代当主・深澤雄二氏(前編)
変化の激しい現代、そんな中でも数々の困難を切り抜けて生き残ってきた“長寿企業”がハイライトされる機会が増えている。その1つが西暦705年創業の西山温泉慶雲館である。温泉宿としては世界最古の慶雲館、現代でも人気を保っている理由を第52代当主の深澤雄二氏に尋ねに行った。(2011/2/18)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
なぜ待機児童は減らないのか?――JPホールディングスが保育事業に参入した理由
大都市圏を中心として問題となっている待機児童。要因はさまざまだが、最大の原因は保育所の不足である。そんな保育業界を変えようと、2001年に新規参入し、現在民間トップ企業となっているのがJPホールディングスである。民間企業がなぜ保育業界に参入したのか。代表取締役の山口洋氏に尋ねた。(2011/1/14)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
西川産業の若き社長は、創業444年の老舗をどう率いているのか
今年で創業444年を迎える寝具メーカーの西川産業。江戸時代から続く老舗の指揮をとっているのが、まだ43歳の西川八一行社長である。老舗を率いるに当たって西川八一行社長は、経営理念がベテラン社員たちを説得する上でのキーポイントになったのだと語る。(2010/12/17)

新連載・嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
なぜ談合は悪いのか?――公共工事で余った880万円を返金しようとした、希望社の真意
「公共工事で余った880万円を返還します」。今年8月に岐阜県の建設会社、希望社が岐阜県に対して申し入れた提案が話題を呼んだ。希望社はなぜそんな提案をしたのか。桑原耕司会長にその真意を尋ねると、そこには公共工事の入札に関わる問題点が潜んでいた。(2010/12/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。