ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネット中毒」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ネット中毒」に関する情報が集まったページです。

“真のUC”実現の第一歩に
“脱メール依存”に本気なら「チームコラボレーションツール」を検討しよう
さまざまなコミュニケーション手段で共同作業を活発化させる「チームコラボレーションツール」は、今までのコミュニケーションツールと何が違うのか。具体例を挙げながら解説する。(2017/12/8)

Weekly Access Top10:
デバイスは悪くない
ネット中毒、ゲーム依存、いろいろ言われますが結局は当然……。(2014/6/23)

小寺信良「ケータイの力学」:
青少年のネット依存を考える(1)
メールやSNSが気になってケータイやスマートフォンが手放せない。そんなネット依存の予防法を、PCによるネット中毒が社会問題化した韓国の事例から考えてみたい。(2012/10/22)

日々是遊戯:
「うちの夫、売ります」――旦那のゲーム中毒に困った奥さんがとった行動とは
うちの旦那がゲームばかり遊んでて――。相談サイトなんかではわりとよく見かけますが、そういう時はいっそ売ってしまうのも手かもしれません。(2011/11/24)

せかにゅ:
ネットゲーム中毒はゲーム会社のせい――米男性が訴訟
「オンラインゲームに心理的に依存する危険性を警告しなかった」として、リネージュII中毒の男性がNCsoftに訴訟を起こした。(2010/8/23)

あなたの不安、見積もります:
「休日にテレビゲーム」はダメですか?
「ゲーム脳」という言葉をときどき耳にします。しかし、ゲーム中にゲームをしている脳の状態になっていたとしても、それの何が悪いのかわたしには分かりません。(2009/10/1)

子供ゲーマーのおよそ10人に1人が「ゲーム中毒」 米大学調査
子供ゲーマーの8.5%に、「ゲームをやめようとするといらいらする」といった中毒的症状が見られたという。(2009/4/22)

“メール依存”に中学生はどう向き合う――MIAUが授業
「3分で返事が来ないと不安になる」「メールし過ぎて勉強できないことがある」――“今どき”の子どもたちが通う都内の私立中学校で、MIAUメンバーとメール依存について考える授業が行われた。(2008/10/23)

MS、Xbox 360のプレイ時間を制限するタイマー提供へ
ゲーム中毒を防止するタイマーが登場する。(2007/11/8)

「ネット・ゲーム中毒を精神障害に分類」――米学会が推奨
米医療情報学会は、「インターネット/ビデオゲーム中毒」を「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)IV」に正式な診断名として含めることを推奨している。(2007/6/15)

8人に1人がネット中毒予備軍?
米大学の調査で、「数日間インターネットから離れているのが難しい」と答えた人が13.7%に上った。(2006/10/18)

CEATEC JAPAN 2006:
ブログ依存症のロボット
UNS2006のブースには、ブログを読んだり、書いたり、ペットの写真を貼り付けたりするのが大好きなロボットがいる。彼は、今日も自分のブログにコメントが付くのを待っている。(2006/10/6)

“国策”としてのゲーム産業 政府が初の報告書
国内では市場縮小で苦戦しているゲーム産業だが、コンテンツ立国を目指す政府にとっては重要な“資源”だ。「ゲーム脳」などマイナスイメージと産学官連携で向き合いながら、輸出産業として育てていく。(2006/8/29)

中国の若者の13%がネット中毒
中国のネット中毒者のほとんどは13〜17歳、中学生の23.2%がネット中毒だと報告されている。(IDG)(2005/11/24)

Weekly Access Top10
「対象」のままでいいんでしょうか?
先週のトップはゲーム脳記事。E3締めくくり座談会も2本がランクインしており、まだまだE3熱も冷めやらぬといった感じ。だが、ここで注目したいのはアニメの記事。アニメもITmedia Gamesの管轄となっているのだが、今回は何と2本がランクイン。そのうち、ゲームとアニメの比重が逆になったりして……。(2005/6/15)

Weekly Access Top10
やっぱり“新しいもの”は好きなのです。みんな。
先週のトップは「ゲーム脳」記事。そしてE3締めくくりの座談会記事が3本ランクインした。次世代機や、その上で動くタイトルについての情報はまだ少ないが、やっぱり新プラットフォームに対する興味は尽きないのでありました。(2005/6/9)

東京大学大学院情報学環教授 馬場章氏インタビュー 後編
ゲーム脳、言われているのは日本だけ
前編において、医療的効果や教育的効果はもちろん、人格形成にも利用できることが判明した「シリアスゲーム」。とは言え、「ネット中毒」や「ゲーム脳」など、ゲームのマイナス面があるのも確かだ。これらの問題は、どのように捉えていくべきなのだろうか?(2005/6/1)

ITは、いま──個人論
「mixi依存症なんです」――ソーシャルネットで人生が変わった26歳女性
たくさんの友人ができ、新しい仕事まで舞い込んだ。ネット上の自分のイメージと、現実の自分とのギャップが悩みの種だ。(2004/8/31)

ゲーム中毒のヘビーユーザはオンラインゲーム事業者の収益に貢献しない!? ―東大ゲーム研究プロジェクト
成蹊大学経済学部の野島美保氏は、東京大学ゲーム研究プロジェクトの定例研究会で、『オンラインゲーム産業にみる「ネット・アイデンティティ戦略」』と題した発表の中で、ゲーム中毒のヘビーユーザは事業者の収益に貢献しないと述べた。(2004/6/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。