ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
スランプに陥ったときの対処法
一度スランプに陥るとなかなか脱出できないものです。まずは予防をし、それでもスランプに陥ってしまったときは、自分に合った対処法ですぐに抜け出すようにしましょう。(2014/2/4)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
ストレスを抱え込むのが一番の時間のムダ
仕事をしていると、人間関係やその他のストレスを抱え込むことも少なくありません。今回は、それらを上手に解消する方法を紹介します。(2014/1/28)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
時間がないと悩む人には「土壇場力」が必要
いつも忙しいと言っている人と、時間に余裕がある人の決定的な違いは、いざとなったときに同時に多くのことがこなせる力、すなわち「土壇場力」を持っているかどうかにあります。(2014/1/21)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
定時以降に営業日報を書かない
毎日記入しなくてはいけない営業日報は、どうしても定時以降の作業になりがちです。移動中に日報が書けるならそれがベストですが、難しければ翌朝書くという手もあります。(2014/1/14)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
時間内に「できること」と「できないこと」をはっきりさせる
入社して間もないころは、振られた仕事で経験を積むことも重要です。それと「残業絶対ゼロ」を両立させるための2つのポイントを紹介します。(2014/1/7)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
「残業絶対ゼロ」のブランドを作り上げる
定時で帰ろうとしたときに上司から仕事を振られると、結果として残業するハメになることがあります。残業しないためには、「この人は絶対に残業をしない人」だというブランドを築くことで対処できます。(2013/12/24)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
「残業絶対ゼロ」だからこそ、売れる営業になれる!
日々の残業を「絶対」に「ゼロ」にする。強い意志を持つことで、仕事のムダを省きながらも仕事を定時までに終わらせ、驚くほどの結果を出すことができるのです。なんとなく「残業ゼロ」にしたいと思っただけでは、残業がゼロになることは決してないのです。(2013/12/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。