ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法」最新記事一覧

関連キーワード

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
スランプに陥ったときの対処法
一度スランプに陥るとなかなか脱出できないものです。まずは予防をし、それでもスランプに陥ってしまったときは、自分に合った対処法ですぐに抜け出すようにしましょう。(2014/2/4)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
ストレスを抱え込むのが一番の時間のムダ
仕事をしていると、人間関係やその他のストレスを抱え込むことも少なくありません。今回は、それらを上手に解消する方法を紹介します。(2014/1/28)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
時間がないと悩む人には「土壇場力」が必要
いつも忙しいと言っている人と、時間に余裕がある人の決定的な違いは、いざとなったときに同時に多くのことがこなせる力、すなわち「土壇場力」を持っているかどうかにあります。(2014/1/21)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
定時以降に営業日報を書かない
毎日記入しなくてはいけない営業日報は、どうしても定時以降の作業になりがちです。移動中に日報が書けるならそれがベストですが、難しければ翌朝書くという手もあります。(2014/1/14)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
時間内に「できること」と「できないこと」をはっきりさせる
入社して間もないころは、振られた仕事で経験を積むことも重要です。それと「残業絶対ゼロ」を両立させるための2つのポイントを紹介します。(2014/1/7)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
「残業絶対ゼロ」のブランドを作り上げる
定時で帰ろうとしたときに上司から仕事を振られると、結果として残業するハメになることがあります。残業しないためには、「この人は絶対に残業をしない人」だというブランドを築くことで対処できます。(2013/12/24)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
「残業絶対ゼロ」だからこそ、売れる営業になれる!
日々の残業を「絶対」に「ゼロ」にする。強い意志を持つことで、仕事のムダを省きながらも仕事を定時までに終わらせ、驚くほどの結果を出すことができるのです。なんとなく「残業ゼロ」にしたいと思っただけでは、残業がゼロになることは決してないのです。(2013/12/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。