ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法」最新記事一覧

関連キーワード

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
スランプに陥ったときの対処法
一度スランプに陥るとなかなか脱出できないものです。まずは予防をし、それでもスランプに陥ってしまったときは、自分に合った対処法ですぐに抜け出すようにしましょう。(2014/2/4)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
ストレスを抱え込むのが一番の時間のムダ
仕事をしていると、人間関係やその他のストレスを抱え込むことも少なくありません。今回は、それらを上手に解消する方法を紹介します。(2014/1/28)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
時間がないと悩む人には「土壇場力」が必要
いつも忙しいと言っている人と、時間に余裕がある人の決定的な違いは、いざとなったときに同時に多くのことがこなせる力、すなわち「土壇場力」を持っているかどうかにあります。(2014/1/21)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
定時以降に営業日報を書かない
毎日記入しなくてはいけない営業日報は、どうしても定時以降の作業になりがちです。移動中に日報が書けるならそれがベストですが、難しければ翌朝書くという手もあります。(2014/1/14)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
時間内に「できること」と「できないこと」をはっきりさせる
入社して間もないころは、振られた仕事で経験を積むことも重要です。それと「残業絶対ゼロ」を両立させるための2つのポイントを紹介します。(2014/1/7)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
「残業絶対ゼロ」のブランドを作り上げる
定時で帰ろうとしたときに上司から仕事を振られると、結果として残業するハメになることがあります。残業しないためには、「この人は絶対に残業をしない人」だというブランドを築くことで対処できます。(2013/12/24)

「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法:
「残業絶対ゼロ」だからこそ、売れる営業になれる!
日々の残業を「絶対」に「ゼロ」にする。強い意志を持つことで、仕事のムダを省きながらも仕事を定時までに終わらせ、驚くほどの結果を出すことができるのです。なんとなく「残業ゼロ」にしたいと思っただけでは、残業がゼロになることは決してないのです。(2013/12/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。