ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「残業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「残業」に関する情報が集まったページです。

キャリコネ調べ:
小売業界で残業が最も少ないのは、月間10.5時間の……
企業口コミ・給与明細サイトの「キャリコネ」は、小売業界で残業が少ない企業ランキングを発表した。1位は……?(2018/10/15)

分かりやすい制度に見直しを:
残業時間の上限は本当に720時間なのか?
今年6月に可決・成立した働き方改革関連法案の中で、特に注目されるのは長時間労働を是正するための措置である「残業時間の上限規制」だろう。この内容について疑問点もある。(2018/10/11)

月平均45.3時間:
職種別「残業時間」ランキング、最も長かったのは……?
1カ月当たりの残業時間が長い職種は?――パーソルキャリア調べ(2018/10/3)

働き方の習慣を変えよう:
あなたの残業、本当に必要ですか?
かつてメーカーに勤務していた筆者は、残業と休日出勤が定常化していた。疲労感を抱えながら仕事をすると、集中力は低下し、生産性は落ちていく。その結果、さらなる長時間残業に発展していくという悪循環だった。全ての原因は「働き方の悪い習慣」の積み重ねだったという……。(2018/9/28)

口先だけの「残業減らせ」は無意味:
「浮いた残業代は社員に還元すべき」 アルプス電気・栗山社長
自動車やスマートフォン向け電子部品を製造販売するアルプス電気が、残業時間削減で浮いた人件費を賞与で社員に還元する制度を2018年夏から実施。その狙いを栗山年弘社長に聞いた。(2018/9/19)

2024年に適用される残業45時間/月の規制は喫緊の課題、建設業の人材市場動向8月
ヒューマンタッチ総研は国内における建設業の人材市場動向をまとめた8月のマンスリーレポートをリリース。働き方改革で2024年4月には残業の上限規制が建設業にも適用されるため、残業過多の建設業界には解決すべき喫緊の課題となるとしている。(2018/8/27)

破産寸前の旅館が復活:
サービス業界の働き方改革に、残業削減だけじゃない「ひと工夫」が必要な理由
“ブラックだ”と批判されることも多いサービス業界。生産性の低さや、労働者の裁量性の低さも問題視されている。どうすれば改善できるのかをリクルートワークス研究所の専門家に聞いた。(2018/8/23)

人事評価の見直しも課題:
中小企業、4分の1は働き過ぎ? 「働き方改革法」に抵触する恐れあり
AI(人工知能)を活用した人事評価クラウドを運営するあしたのチーム(東京都中央区)は8月22日、中小企業の残業削減に関する調査結果を発表した。(2018/8/22)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(47):
愛知編:専門学校はリケジョ推し――愛知のリアルなIT就業者数、正社員比率、男女比、残業時間
愛知県のエンジニアの男女比は? 残業時間は?――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」。愛知編の第2回は、統計情報を基に愛知の仕事事情を名古屋在住の若手元エンジニアが解説します。(2018/8/20)

ぶっ飛んだ発想と謎の感動 残業疲れで“布団を身にまとう”ようになった会社員の話がハッピーエンド
ツッコミはないけど車に突っ込まれるのはよくある漫画です。(2018/8/16)

1870社を実態調査:
厚労省の「ブラック企業」指導で支払われた未払い賃金、446億円
厚生労働省が、残業代を支払っていなかった企業に対し、2017年度に行った指導の結果を発表した。1870社の実態を調査し、446億4195万円の未払い残業代を支払わせたという。どんな指導を行ったのか。(2018/8/10)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
「働き方改革」で年収・残業が変わる、失敗しない転職先の選び方
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年7月の製造業全体の求人件数と併せて、働き方改革が進む中で希望通りの転職をかなえるためのポイントをまとめました。(2018/8/6)

テレビ業界にも「働き方改革」の波 現場スタッフを悩ます芸人とは……
国会で可決・成立した「働き方改革関連法」。残業時間の上限が定められることになったが、残業なんてあってないようなテレビ業界にもその波が押し寄せている。しかし、残業を減らせといわれる現場スタッフを悩ませている芸能人がいるというのだ。(2018/7/20)

“本当の残業時間”知るため、企業の消灯時間を撮影 「TokyoWorkers」に話を聞いた
始めたきっかけや、どんな業界が残業が多いかなど聞いてみました。(2018/7/7)

キャリアニュース:
今の会社が「第一志望」と新入社員の80.6%が回答――過去最高値
日本生産性本部が「2018年度新入社員 春の意識調査」の結果を発表した。80.6%が、今の会社が「第一志望」と回答。残業が多く専門能力が高められる職場よりも、自分の時間が持てる職場を選んだ割合など、設問の多くで過去最高値を記録した。(2018/6/26)

ワークライフバランスを実現:
大阪・寝屋川市が「無断残業禁止・業務PC強制終了」 評判上々で他の自治体も関心
職員の長時間労働を抑制しようと、大阪府寝屋川市役所が4月26日から、事前承認なしに残業した場合、定められた終業時間から30分後にパソコンが強制終了するシステムを導入した。(2018/6/14)

働き方改革の基本は“勤怠管理”にあり
マンガで解説:仕事が終わっても直帰できない“タイムカードの呪縛”
「外出先からタイムカードのためだけに会社に戻るなんて面倒だ。その上、残業が多いと言われても困る」。現場からそんな不満を突き付けられた人事・総務が取るべき対策は?(2018/6/14)

大阪・寝屋川市が「無断残業禁止・業務PC強制終了」 評判上々で他の自治体も関心
職員の長時間労働を抑制しようと、大阪府寝屋川市役所が、定められた終業時間から30分後にPCが強制終了するシステムを導入した。「残業減だけでなく、業務の見直しにもなった」と職員の反応は上々だという。(2018/6/13)

霞が関に「デジタル変革」を:
国家公務員で「月100時間超」の残業が常態化、メンタル不調が多発か 慶大調査
国家公務員は、月平均100時間以上の残業をしている可能性があるという。慶應義塾大学大学院の岩本隆特任教授の聞き取り調査で判明した。「待ち時間」の発生を前提とした業務が残業を生んでいるという。(2018/6/6)

「プロ経営者」インタビュー【後編】:
残業手当はすぐになくしたほうがいい カルビー・松本会長
日本を代表する「プロ経営者」として、さまざまな経営改革を推進してきたカルビーの松本晃会長兼CEO。働き方改革にまつわる日本企業の問題点について、真っ先に「残業手当」を挙げる。(2018/6/5)

民間企業全体の先導事例になるか:
男性育休、ベンチャー企業に広がる トップが率先して取得、組織の活性化に一役
ベンチャー企業の間でも、男性従業員が育児休暇を取得する動きが広がっている。創業初期から成長期に至るまでは、従業員も少なく残業や休日出勤は当たり前で、取得をためらう男性は少なくなかったが、夫婦の在り方や働き方に対する意識の変化が、育休に向かわせている。(2018/5/17)

働き方改革の影響で:
オフィス系文具が人気 「働き方改革」で売り上げ2倍に
「働き方改革」で「オフィス系文具」が注目を集めている。残業時間を減らしながら生産性を上げる取り組みが官民で進むのに合わせて、デザインや機能が“進化”。売れ行きも飛躍的に伸びているという。(2018/5/1)

大和総研調査:
サービス残業、2000年比で「70時間」減る 人手不足で待遇改善
2017年に行われたサービス残業は平均1人当たり195.7時間で、00年の266.1時間から70.4時間減った――大和総研がこんな調査結果を明らかにした。同社の廣野洋太研究員に、その要因を聞いた。(2018/4/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
残業削減のためにまた会議? トップの意味不明な指示を生む“罠”
残業削減を唱えながら会議が増える……。トップの意味不明な指示に困っていませんか? 彼らは自分の考えが正しいと信じ、現場の問題に向き合うつもりはありません。そんなとき、私たちができることは何でしょうか?(2018/4/27)

PR:システム監視のアラートメール地獄、戦いはいつ終わる?
ECサイトのダウンタイムを少しでも減らすべく監視ツールを導入したものの、膨大なアラートメールの処理に追われるハメになるとは……。残業続きで情シスチームは崩壊寸前、どうする、チームリーダー、魚住まもる!(2018/4/26)

東京駅の自販機で「売り切れ」続々発生も「頑張れ!」「もっとやれ」の声 背景にサントリーグループの残業代未払い問題
ブラック企業ユニオンや、順法闘争に参加しているジャパンビバレッジの社員にも話を聞きました。(2018/4/19)

“ブラック企業アナリスト”が斬る労働問題:
教師の“ブラック労働”が横行 その根源「給特法」の実態とは
学校法人は「ブラック」な労働環境に陥りがちだ。特に公立校では、「給特法」により、何時間残業しても残業代が支払われない状況が続いている。4月に学校法人「関西大学」のケースが明るみに出たように、私立校でも労務管理があいまいなケースが多く、労働基準監督の指導が相次いでいる。(2018/4/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
なぜメルカリはホワイトな労働環境をつくれるのか?
メルカリの福利厚生がホワイトすぎると話題だ。多くの日本企業は働き方改革を実践するため、残業時間の規制などに躍起になるが、根本的な誤解も多い。メルカリの取り組みを知ることで働き方改革の本質が見えてくるはずだ。(2018/4/12)

無駄な業務を見直し:
クボタが19年末までに残業半減、狙いは?
クボタは事務部門などの残業時間を2019年末までに17年比で半減する。働き方改革を進めることで、海外事業など付加価値の高い業務に社員が注力できる環境を整備するのが狙いだ。(2018/4/5)

残業代の正しい知識を聞けるチャットボット「六法あいこ」がLINEに登場
ユーザーの労働形態で残業代はもらえるのか、どのように請求すればいいのかといった疑問に答えてくれます。(2018/4/5)

残業代の相談に乗ってくれるチャットbot「AI弁護士 六法あいこの残業代相談」がLINE上で開始
日本リーガルネットワークは、同社のLINEアカウント上でチャットbot「AI弁護士 六法あいこの残業代相談」を提供開始。残業代のおおまかな金額や残業代請求の方法・実態を分かりやすく解説する。(2018/4/4)

費用は5年間でおよそ47億円:
熊本市、マイクロソフトと連携し「働き方改革」 AIが助言も
熊本市は、日本マイクロソフトと連携し、市職員と市立学校の教職員、計1万2500人の働き方改革を推進する。プロジェクトでは「Microsoft 365」やAI(人工知能)などを活用することで、業務効率化や残業削減、市民サービスの向上などを目指す。(2018/4/3)

Microsoft Focus:
“昭和の職員室”を“平成の職員室”に “Microsoft 365+Azure”は教師の働き方をどう変える?
毎月80時間以上の残業をしている教員が40%以上を占めている――。そんな過酷な教師の“働き方”を変える取り組みが佐賀県で始まった。どんな方法で学校の仕事を効率化できるのか。(2018/3/3)

PR:リクルートのモバイル決済サービスが人気の理由 残業減+売上増に貢献する新サービスも
リクルートライフスタイルのPOSレジアプリと決済サービスが大きな支持を集めている。同社が1月30日に開催した「Airレジ カンファレンス 2018」でその理由を探るとともに、カンファレンスで披露された、飲食店向けの新しい業務支援サービスを紹介する。(2018/2/28)

キャリアニュース:
月60時間以上の残業――幸福度は上昇するものの、健康リスクが約2倍に
パーソル総合研究所が、日本企業の残業の実態や要因、対策について検証した「希望の残業学プロジェクト」の研究結果を発表。残業が月60時間を超えると幸福度が上昇するが、健康リスクも高まることが明らかになった。(2018/2/26)

やってみて分かった導入の手順
「AIを使った働き方改革」の進め方
人手不足や残業抑制には抜本的な業務見直しが必須。できるところから暫時的に導入できるAI基盤が登場したことで、ようやくAIを活用した働き方改革の実践方法が見えてきた。(2018/2/23)

「ノー残業デーのため、他の日に残業」 “働き方改革”にジレンマ サイボウズ調査
「プレミアムフライデーやノー残業デーに早く帰るために、他の日に残業をしたことがある」――勤務先で働き方改革が始まった中間管理職の36%がそう回答した。(2018/2/20)

残業が常態化している企業の特徴は?:
残業が多い業種、1位は「運輸・郵便業」
日本企業の残業時間の現状は?――パーソル総合研究所調べ。(2018/2/8)

「残業」がテーマのボードゲームがヴィレヴァンに登場 「いつ退勤するか」を巡るかけひきがアツくせつない
残業からの休日出勤コンボで手持ちのライフが減ると負けという、笑えないルール。(2018/2/2)

社員が輝く職場:
PR:週3日はノー残業 島津製作所が働き方改革で目指すもの
「働き方改革」が叫ばれているが、企業の多くは何よりもまず労働環境の是正に力を入れているといった状況だ。そうした中、以前から残業時間を少なくして成果を出し、働き方改革でも先を進んでいる会社がある。島津製作所だ。(2018/1/22)

残業の根本原因とは何か:
残業時間を減らす方法は? ポイントは「時間以外」に注目すること
残業時間を減らすために必要なのは、早期帰宅を促すことだけではありません。仕事量の適正化や負荷軽減など、残業の要因となる問題を解消する仕組みを提供することが重要です。(2018/1/15)

「仕事が楽になる」とは限らない:
“残業減ると競争が激しくなる”? 「働き方改革」のオモテとウラ
2017年は「働き方改革」が大きな注目を集めた。多くの企業がテレワークなどの施策を取り入れ、労働時間の短縮を図った。この流れがさらに加速する18年、ビジネス界はどう変わるのだろうか。(2017/12/31)

総額は不明:
野村不動産、600人に残業代未払い 裁量労働制を不当適用
野村不動産が、一部の従業員に裁量労働制を不当に適用して残業代を支払わなかったため、労働基準監督署から是正勧告・指導を受けていたことを明らかにした。(2017/12/26)

シリコンバレー流「早く帰るIT」:
アメリカのIT企業にじわり広がる「持ち帰りサービス残業」 “定時あがり”の光と闇
米国のビジネスパーソンというと、定時で帰宅して家族との時間を過ごしているイメージがあるが、実は「持ち帰り残業」が増えているという調査結果も? 米国で働く著者が分析する。(2017/12/26)

キャリアニュース:
「働き方改革」――約8割が「実感していない」と回答
日本能率協会が「働き方改革」についての意識調査の結果を発表。約8割が「働き方改革」を実感しておらず、理由として「有給休暇が取りにくい」「正社員と非正規社員の給料の格差がなくならない」「残業が減らない」などを挙げた人が多かった。(2017/12/18)

FM:
オフィス内をドローンが飛行、社員の残業管理とセキュリティ対策に
大成とNTT東日本、ブルーイノベーションは、「住宅・都市イノベーション総合展2017」で、オフィス内自律飛行ドローンによる社員残業抑制・オフィスセキュリティシステム「T-FREND」を展示した。(2017/12/14)

ドローンがオフィス内を定期巡回、残業を監視――大成らが来春からサービス開始
大成、ブルーイノベーション、NTT東日本は、屋内ドローンを利用したオフィスの巡回サービスを開発。夜間警備などに加え、残業状況を遠隔監視し、退社を促すこともできる。(2017/12/8)

オフィス内をドローンが飛んで残業を監視 NTTなどが来年10月にサービス開始
ドローンのパトロールが当たり前になる未来。(2017/12/7)

社内を飛んでパトロール:
NTT東など、「ドローン」駆使した残業防止サービス開始
NTT東など3社が、ドローンを活用した会社員の健康管理サービス「T-FREND」の試行サービスを2018年4月から始める。本格展開は18年10月を予定。(2017/12/7)

夜のオフィスでドローンが残業監視 「働き方改革に貢献」
夜間のオフィス内にドローンを飛ばし、スタッフの残業状態を監視する新サービス「T-FREND」をNTT東などが開発。人が巡回しなくても、残業している人に退社を催促したり、オフィスの警備が可能に。(2017/12/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。