ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NEX-fi」最新記事一覧

+1575円のauケータイ向けテザリングサービス ソニーが「アタッチWiFi」提供
ソニーマーケティングが、auケータイ向けに低価格なテザリングサービス「アタッチWiFi」を提供する。auケータイのパケット通信料に月額1575円をプラスするだけで、月に1Gバイトまでのデータ通信が安価に利用できる。(2011/9/28)

ソニー、au携帯向けテザリングサービス
au携帯に専用アダプタを接続することで無線LAN機器をau回線経由でネット接続できるようにする「アタッチWiFi」サービスをソニーマーケティングが始める。(2011/9/28)

誠編集長ヨシオカのライフタッチ日記:
PR:スマートフォンよりもすごいヤツ、「LifeTouch NOTE」って何だ
スマートフォンにできることは全部できて、しかもSNSやTwitter、ブログの更新もキーボードでラクラクという「LifeTouch NOTE」。まだ発売前の本製品を、Business Media 誠編集長の吉岡綾乃がじっくりテスト。3回にわたり、連載形式でレビューをお届けします!(2011/2/16)

auケータイをモバイルWi-Fiルーター化する「NEX-fi」、12月23日から順次発売
KDDIが、auケータイでテザリングを利用可能にするモバイル無線LANターミナル「NEX-fi」の発売日を発表した。(2010/12/22)

au、定額モバイルデータ通信サービスの上限料金を値下げ
KDDIは、au端末をノートPCやPDAに接続してインターネットに接続するモバイルデータ通信について、定額サービスの上限額を3255円値下げする。(2010/11/8)

「もう一度、みんなが期待できるauに」 Androidで反転攻勢
auがAndroidスマートフォンで反転攻勢。「もう一度、みんなが期待できるauにしたい」と意気込む。(2010/10/18)

auのAndroidスマホや電子書籍端末を写真でチェック
au新機種のうち、スマートフォン3機種とAndroidタブレット、電子書籍端末など注目の端末を写真で紹介する。(2010/10/18)

既存のauケータイを“無線LANテザリング”対応にする周辺機器――「NEX-fi」
「NEX-Fi」は、既存のauケータイに差すだけで“無線LANテザリング対応”になる新機軸のケータイ周辺機器。携帯電話の共通接続端子に差すだけとする手軽さが特徴。(2010/10/18)

KDDI、Android端末3機種発表 電子書籍端末、Samsung製タブレット、ルータも
KDDIが「REGZA Phone IS04」とシャープ製Android 2.2端末「IS05」、Android 2.2搭載のグローバルモデル「SIRIUSα」を発表。電子ペーパー搭載の電子書籍専用端末、Samsung製タブレット、au初のモバイルルータも。(2010/10/18)

REGZA Phone、小型フルタッチ、Android 2.2、Wi-Fiルーターも――IS seriesやデータ端末、タブレット端末が登場
「Android au」を掲げてスマートフォン市場でのプレゼンス拡大を目指すKDDIは、2010年秋冬モデルと2011年春モデルでAndroidスマートフォン4機種をラインアップ。さらにモバイルWi-FiルーターやAndroidタブレットなども投入し、“攻め”に転じる。(2010/10/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。