ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オルゴール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オルゴール」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
介護施設職員の配薬業務を軽減する配薬支援装置を開発
東北大学と石神製作所は、介護施設向けの配薬支援装置「HSS-10」を開発した。飲み忘れ防止のランプ点灯などの工夫が施され、職員が入所者の薬を管理し、配薬する時間を大幅に軽減できる。(2018/12/11)

からくり改善:
マツダのからくりを通じた人づくり、工場は創意工夫と成長の場
工場では多品種化と生産性向上の両立が求められており、そこでは人がより効率よく安全に作業するための工夫も欠かせない。マツダは長年からくりを活用した作業改善に力を入れてきた。同社がからくりを用いた改善に取り組む理由を聞くとともに、「からくり改善(※)くふう展2018」(主催:日本プラントメンテナンス協会)に出品された同社の作品の一部を紹介する。(2018/11/14)

製品は3種類:
羽生結弦選手監修のオルゴール ファンの予約殺到
音響機器や電子機器製造の日本電産サンキョー(長野県下諏訪町)は、2月の平昌五輪のフィギュアスケート男子で連覇を達成した羽生結弦選手が楽曲を監修したオルゴールを制作した。熟練の職人による手作りの高級品から手軽に楽しめる普及品までラインアップし、17日から販売を開始する。すでに予約が殺到しており、同社の担当者は「予想外の反応」と熱気に驚いている。(太田浩信、写真も)(2018/10/15)

叶恭子、ファビュラスなシンデレラ姿でファンを魅了 叶美香「かわいそうな感じがみじんもない」
完璧に仕上げてきた。(2018/10/9)

バックアップを中心に根強い支持
「テープ」がいまだに使われ続ける理由 HDDとの違いは
HDDやフラッシュドライブといった他の記憶媒体と比べて、テープにはいまだに明確なメリットがある。バックアップを中心に根強く支持されるテープの魅力とは。(2018/9/5)

「ゼルダの伝説」のフルオーケストラコンサート、東京・大阪で開催 オカリナ、ハープ、アコーディオンの演目も
行くしかない。(2018/8/25)

セーラームーン「星空のオルゴール」モチーフのコスメが登場 うさぎと衛の「愛の象徴」がシャイニークリームに
プレミアムバンダイさんが大人女子を狙い撃ち……!(2018/6/20)

「バルス!」と唱えると輝く 進化した飛行石と音が鳴るロボット兵でラピュタごっこが捗りそう
残念ながら空は飛べないもよう。(2018/6/18)

段ボールで段ボールを鳴らすNintendo Labo「ピアノ」のすごさ
2月15日に公開されたNintendo Laboの新しい動画で、「ピアノ」はピアノだけじゃないことが分かった。(2018/2/15)

「カタカナは20文字だけ」「没アイテムで宝箱がカラッポに」 ファミコンハードの限界に挑んだ制作者たち
あの手この手で容量を節約。(2018/1/7)

Googleさん:
ねえ、Google、あなたとクリスマスの関係を教えて?
不定期連載「Googleさん」、今回はクリスマスイブなのでGoogleのクリスマス風物詩を幾つかご紹介します。(2017/12/24)

ITはみ出しコラム:
寒い冬に心が温まる「AppleのクリスマスCM名作選」
ホリデーシーズンに流れるAppleのCMは、心温まるようなお話が多くて毎年楽しみ。最新(2017年)のCMを紹介しつつ、過去の名作も振り返ります。(2017/12/24)

“音のバリアフリー”を目指す「ミライスピーカー」に新製品、10万円で手に入るキャンペーンも
(2017/4/26)

これぞイノベーション、“音のバリアフリー”を実現する「ミライスピーカー」の仕組みと未来
(2017/4/18)

「アクセス解析」の楽しさに心をうばわれていた頃のこと
暇さえあれば眺めていたアクセス解析。笑いと興奮の「グラフがペッタンコ」。(2016/12/14)

「アクセスカウンタ」と「キリ番」の思い出
「あなたは○○○○○人目の訪問者です」――インターネットがまだまだ牧歌的だった頃のアクセスカウンタとキリ番のお話。(2016/12/8)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ハイパーソニックの伝道師が手がけた「AKIRA」の世界
「AKIRA」のオリジナルサウンドトラック「Symphonic Suite AKIRA」が、DSD11.2MHzでお目見えした。芸能山城組を主催する大橋力氏が手掛けた本作には、ただのハイレゾとは一味も二味も違う。またオマケコーナーの「麻倉印・秀作UHD BD紹介」は「インデペンデンス・デイ」。(2016/11/24)

あやふやな知識で「スタイルシート」や「CGI」と格闘していた頃のこと
スタイルシートって何なんだ、CGIってすごいのか――伝言ゲームの最後尾でページ制作をしていた頃のお話。(2016/11/4)

「同じ趣味の相手とネットでつながる」を初めて体験したときのこと
ネットにつながることで、初めて見つけた同好の士。たとえ「物理まるだし」の方法でのやり取りだったとしても。(2016/10/20)

ブラウザといえば「IEとネスケ」だった頃のこと
あの頃のホームページ制作者の悩みの種、少数派の救済問題について。(2016/10/3)

Spotifyがやっとやってきたのでカラオケ機能を試してみた
ようやく日本でローンチしたSpotify。発表会に参加し、現在Premiumプランをお試し中の筆者が気づいたことがある。(2016/9/30)

昔のホームページにあった「リンク集」を完全再現してみた
2000年頃のホームページには欠かせないコンテンツだった「リンク集」。今思えば数々の不思議なしきたりがあった。(2016/9/5)

ホームページの「軽量化」に命を賭けていたあの頃のこと
病から病へ。(2016/8/8)

オルゴールにしてはでかすぎ ギター・ドラム・キーボードを一斉に奏でる手回し式の自動演奏装置
スケスケなのでどう動いているのか分かります。(2016/7/12)

立ちどまるよふりむくよ:
コンピュータで音楽を作る時代はこうして始まった
1982年、8ビットのコンピュータとシーケンサーを使ってライブをやっていた証拠写真が見つかった。自分のだけど。(2016/6/24)

恥ずかしいハンドルネームでチャットルームに入り浸っていた頃のこと
誰にでもあるネット黒歴史。忘れたいのになぜこんなに覚えているんだ。(2016/6/6)

あの頃の“ホームページ”は、アクセスするたびオルゴールの音が流れていた
インターネットが最高に楽しかったあの頃。孤高のブロガー・上田啓太の新連載、始まります。(2016/5/13)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
麻倉’s eyeで視る“ブルーレイのアカデミー賞”、第8回ブルーレイ大賞レビュー(後編)
前編に引き続き、「第8回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」のレビューをお届けしよう。後編は音質・画質のほかに、Blu-ray Discならではのパッケージ性という点が評価されたタイトルがそろった。(2016/4/4)

本当に音が鳴る「蓄音機型」の観賞用チョコレート
※食べられません。(2015/12/28)

“これからのエンジニア”の働き方(2):
イノベーターに求められる2つの力とは
第1回ではなぜ日本人がイノベーションを起こせないのかについて私の考えを紹介しました。ずっと身についてきた国民性をすぐに変えることなど不可能。であれば、その特性をよく理解して、意識的に打破すればいいのです。第2回となる今回では、イノベーターに「必要な力」についてご説明したいと思います。(2015/12/17)

首グルンが怖すぎた? 「AKBホラーナイト」ぱるる回は地上波での放送中止へ
ネット配信のみで公開。(2015/12/15)

デアゴスティーニとディズニーがコラボ! 週刊「ディズニー・ドリーム・シアター」創刊
最後まで完成したら部屋に飾りたい。(2015/12/1)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
お風呂でリラックスできるカラオケアプリ「フロオケ」
今回紹介するアプリ「フロオケ」は、浴室で使うことを想定したカラオケアプリ。普通のカラオケアプリとはひと味違った、リラックスできる映像や音を取り入れたユニークなアプリになっている。防水ケースなどを使って試してみては?(2015/6/4)

E★エブリスタ「双葉社ホラー&ミステリー大賞」決まる
ホラー大賞には『監禁ゲーム』(貫徹)、ミステリー大賞には『鉄ヲタ探偵』(こにし桂奈)、準大賞には『太宰府オルゴール堂〜独身貴族の探偵帳〜』(篠宮あすか)がそれぞれ選出された。(2015/5/1)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
これは聴きたい! DSD 11.2MHz音源のスゴイところ
「e-onkyo music」で3月上旬にDSD 11.2MHz音源14タイトルの配信が始まり、その音にAV評論家・麻倉怜士氏は舌を巻いた様子。その魅力について熱く語ってくれた。(2015/4/30)

キラキラのアクセサリーに愛と正義があふれてる 「美少女戦士セーラームーン」×「Q-pot.」がコラボ
ネックレスやリング、バングルもかわいすぎる!(2015/4/9)

「世界名作劇場」「ちびまる子ちゃん」など日本アニメーションの主題歌コレクションCDが発売
日本アニメーション創業40周年を記念したもの。どれもこれも名作……!(2015/3/11)

公式二次創作の時代へ ニコニコ動画で利用できる任天堂タイトルが発表 
もはやグレーではない!(2014/12/1)

「ムーンライト伝説」が流れるよ! 「美少女戦士セーラームーン」より「星空のオルゴール」が登場
子供のころ夢見たあこがれのアイテムが復刻。(2014/10/20)

約20路線74曲の“駅メロ”をオリジナル音源で収録 「駅メロ ベストセレクション」で駅メロがいつでも聞き放題ヤッターーー!
同時発売の「車内メロ ベストセレクション」には「ふるさとチャイム」などの貴重な音源も。(2014/10/3)

TECHNO-FRONTIER 2014:
トップランナーモーター百花繚乱! 産業用モーター各社の提案ラストスパート
「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、産業用モーターメーカー各社は2015年春に施行される「トップランナー基準」に対応した、プレミアム効率(IE3)モーターを展示するとともに、高効率モーターの利点を訴えた。(2014/7/29)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/17)

よしもとばななインタビュー:
iBooks Storeからのサプライズギフト『HOLY』――時代を超えて届ける一冊
クリスマスというタイミングに向け、Appleがサプライズギフトとして選んだのは、1988年に刊行されたよしもとばななさんの本だった。よしもとさんに話を聞いた。(2013/12/17)

結婚のタネ×ネタ:
時代の魂が現代も根付いている? 北海道女性の恋愛・結婚観とは
北海道の未婚女性にクローズアップして、「結婚相手に求めること」や「理想の夫婦像」、「カップルの主導権」などの価値観を明らかにするアンケート調査を行いました。東京と比較して、北海道の女性にはどのような特徴があるのでしょうか。(2013/11/29)

楽曲をダウンロードして追加できるハイテクなオルゴール「プリモトーン」
最新技術を駆使したレトロデザインのオルゴールが登場。楽曲をダウンロードして追加したり、プレイリストの作成などが行えるほか、音量やテンポの調整も可能だという。(2013/11/11)

水玉ビキニのミクさんフィギュアがセガのプライズに!
もう水着の季節じゃないって? こまけぇことはいいんだよ!(2013/10/8)

世界Fablab代表者会議Fab9レポ【後編】:
これがFablabスタイル! 世界中の人たちによるワイガヤモノづくりキャンプ「Fab9」
2013年8月21〜27日の7日間、世界のFablab運営者(Fablabマスター)が集まる「第9回 Fablab代表者会議(Fab9)」が、横浜で開催された。今回は、「会議」というか「キャンプ」といった雰囲気の同イベントの内容をお伝えする。(2013/9/18)

D89クリップ(62):
みんな笑顔のお祭り〜Maker Faire: Taipei 2013
ハイテクノロジの国、台湾でもMaker Faireはもちろん大人気。台湾で初開催のMaker Faireでは、100組以上の出展者が集まる盛り上がりになった。(2013/6/19)

スマホ使いのパパ、ママ必見:
“ぎゃん泣き赤ちゃん”が泣き止み、ほほえむ(かもしれない)――iPhoneアプリ11選
今やiPhoneは、育児に奮闘するママ、パパのお助けツールとしても脚光を浴びています。この特集では、「赤ちゃんを泣き止ます」「ほほえませる」「ママと赤ちゃんの健康情報を記録する」という3つの視点から選んだ11本のアプリを紹介します。(2013/2/20)

大階段がスゴいことに! 「京都駅ビルクリスマスイルミネーション2012」をこの目で見てきた
各地でイルミネーションが輝く季節となった。特に全国的に大きな話題となっているのが、京都駅ビルの大階段イルミネーション。音楽に合わせてグラデーションで変化するロマンチックな空間を実際に見てきた。(2012/12/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。