ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パナソニック」最新記事一覧

松下電器産業から社名変更

パナソニック AIS:
高精度な姿勢・位置情報の検出が可能なロボット用モーションセンシングユニット
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、産業用ロボットやサービスロボットなどの姿勢検出、位置推定を行う「モーションセンシングユニット」を開発したことを発表した。(2016/7/28)

産業用ロボット:
ロボット新戦略を追い風に、“姿勢”に最適化したセンサーをパナソニックが開発
パナソニックは、ロボットの姿勢検知用途に絞り込み、センサーを組み合わせてパッケージ化した「モーションセンシングユニット」を開発。ロボット新戦略などにより、需要が増すロボットの開発を簡略化し、開発期間やコストを低減する狙いだ。(2016/7/27)

デモの様子を動画で紹介:
ロボット用センサーユニット、荷台をピタリと制御
パナソニックのオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、2016年7月19日に発表したロボットの姿勢検出、位置推定を行う「モーションセンシングユニット」の技術説明会を開催した。(2016/7/27)

パナソニック AIS 熱電方式冷却ローラー:
熱電変換デバイス搭載の冷却ローラー、冷却システムの小型化に貢献
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、熱電変換デバイスを搭載した「熱電方式冷却ローラー」を製品化し、2016年7月から量産を開始する。(2016/7/25)

アートな4Kテレビ? ビエラ「DX800シリーズ」が新登場
パナソニックは、4Kテレビの新製品「DX800シリーズ」を8月下旬に発売する。コンセプトは「Art&Interior」。背面のケーブル処理にも気を配った。(2016/7/21)

姿勢情報を高精度検出する、パナソニックのロボット用センシングユニット
パナソニックがジャイロと加速度センサーを組み合わせ、高精度な姿勢情報を検出するロボット用センシングユニットを開発した。事前にパラメーターを設定しての出荷にも対応する。(2016/7/20)

FAニュース:
マルチホップ機能を搭載した高速電力線通信システムのライセンス提供を開始
パナソニック AVCネットワークス社は、高速電力線通信「HD-PLC」を使用する「HD-PLC」IPコアのライセンス提供を開始した。マルチホップ機能搭載で、通信距離を数kmまで拡張し、最適な通信経路を自動選択する。(2016/7/20)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
なぜNECは「製造業×IoT」に全力を振り切れたのか
IoTがもたらす革新は、製造業にどういう影響をもたらすのだろうか。ITベンダーでありながら製造業としての立場を持つNECはその強みを生かして早くから製造業のIoT活用を支援する「NEC Industrial IoT」を推進してきた。同活動を推進するNEC 執行役員 松下裕氏に話を聞いた。(2016/7/19)

ずばぬけた耐久性とパフォーマンス
「TOUGHBOOK CF-20」は他にないタフネス2-in-1、日常使いもあり?
デザイン上の小さな問題はあるものの、パナソニックの「TOUGHBOOK CF-20」はずばぬけて優れたデバイスだ。このレベルの耐久性とパフォーマンスを備えたデバイスは他にない。(2016/7/17)

FAニュース:
水を使用しない熱電方式を採用した冷却ローラーを開発
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、熱電変換デバイスを搭載した「熱電方式冷却ローラー」を製品化した。水を一切使用しない熱電式の冷却ローラーを採用し、冷却システムを小型化できる。(2016/7/13)

ビーコンと自律航法、地図マッチングを融合:
屋内でも誤差3m以内の位置情報を提供できる技術
パナソニックは2016年7月、地下街や屋内でも位置誤差3m以下という高精度の位置情報をスマートフォンなどの端末を使って取得できる測位システムを開発したと発表した。(2016/7/13)

FFRI/パナソニック:
IoT時代に必要なセキュリティ対策について共同研究を開始
FFRIは、IoT機器のセキュリティについて、パナソニックと共同研究を開始すると発表した。(2016/7/8)

変転する太陽光発電市場(3):
HITの実力と家庭用エネマネで差別化を図るパナソニック
太陽光発電市場は2015年度でモジュール出荷量が前年割れをし、市場環境は転機を迎えようとしている。こうした中、主要メーカー各社は何を考え、何に取り組んでいくのか。第3回ではパナソニックの考えと取り組みを紹介する。(2016/7/7)

2020年に向けて開発中:
JR新橋駅前に都会のオアシスが誕生――「グリーンエアコン」実証実験
2020年に向けてパナソニックが開発している「グリーンエアコン」が、8月にJR新橋駅前の西口広場に設置される。東京都港区と共同で行う実証実験だ。(2016/7/6)

パナソニック、ハイエンドのナノケア「EH-NA98」を発売――「ナノイー」の発生量と風量を約20%アップ
パナソニックは、ヘアドライヤー「ナノケア」シリーズのハイエンドモデル「EH-NA98」を9月1日に発売する。本体カラーは、ルージュピンク、ピンクゴールド、ホワイトの3種類。(2016/7/6)

PR:【速報】男女のエアコン“温度戦争”に終止符!? パナソニックが進化した「エコナビ」でついに仲裁に乗り出す
一般的に男性は暑がり、女性は寒がりといわれ、同じ空間にいればエアコンの温度設定を巡って衝突することもある。日本全国で繰り返されてきた、そんな状況を変えてくれそうなエアコンがパナソニックから登場した。新製品の「WXシリーズ」だ。(2016/7/4)

いきなり氷漬け、鉄球落下に砂まみれ……パナの頑丈PC「タフ」シリーズが受ける“スパルタ”
パナソニックの頑丈ノートPC/タブレット端末の「タフ」シリーズは、米軍が使う機器の調達基準をクリアするほどの堅牢さが売り。氷漬けになったり、鉄球を受けたり……その頑丈さは“スパルタ”の賜物だ。(2016/7/1)

安全・省電力を両立 イベント演出用に大型風船で包んだ新型ドローンをパナソニックが開発
この発想は素晴らしい。(2016/6/30)

コンテンツ東京2016:
パナソニック、風船型ドローン「バルーンカム」開発 イベント演出に活用
パナソニックが、巨大な風船型のドローン「バルーンカム」の試作機を開発。イベントの演出などに活用を見込み、2016年度内の実用化を目指す。(2016/6/30)

パナソニック、空飛ぶ“風船ドローン”開発
パナソニックが空を飛ぶ風船型ドローンを開発。プロジェクターなどと組み合わせたイベント演出などの用途を想定する。(2016/6/29)

「柔らかい産業用ドローン」がスタジアムを舞う
ドローンとバルーン、2つの無人機の“いいとこ取り”を目指した産業用ドローンをパナソニックが「先端コンテンツ技術展」に出展している。(2016/6/29)

議事録の収録を活性化?:
リモートカメラの自動追尾は多様な学びを創造する
パナソニック AVCネットワークス社は2016年6月28日、イベントやスポーツ施設などで活用されるリモートカメラの新しい技術「人物自動追尾ソフトウェア」に関するセミナーを開催した。(2016/6/29)

パナソニック AIS ZKシリーズ:
車載用導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサー
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、ハイブリッド車(HEV)、電気自動車(EV)、ガソリン車などの車載ECUの電源回路に適した車載用導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサー「ZK」シリーズを製品化した。(2016/6/29)

「リモートカメラで人物を自動追尾」、使われる2つの技術
遠隔授業の撮影などに用いられる「リモートカメラ」に、自動人物追尾の機能を追加するソフトウェアをパナソニックが提供している。そこには、3年前のPCでも快適に自答追尾を行う「2つのコア技術」が用いられている。(2016/6/28)

足先から太ももまで“しぼり上げる”ようにマッサージ――パナソニックの「レッグリフレ」が進化
パナソニックは、エアーマッサージャー“レッグリフレ”の新製品「EW-RA96」を9月に発売する。ひざや太ももに巻きつけるアタッチメントを開発し、脚全体を絞り上げるようにマッサージできるようになった。(2016/6/28)

製造マネジメントニュース:
IoT機器のセキュリティについて共同研究を開始
サイバー・セキュリティの研究開発に取り組むFFRIは、パナソニックとIoT機器のセキュリティについて、共同研究を開始する。研究成果をIoT機器、製造プロセス、運用の仕組みなどに適用し、予測される新たな脅威に対抗していくという。(2016/6/24)

リオ五輪は放送時間が遅くて……“寝落ち”対策に「全自動ディーガ」とパナソニック
8月に開幕するスポーツの祭典「リオデジャネイロオリンピック」。時差が約12時間あり、中継によるテレビ放送は深夜になると予想されている。(2016/6/23)

人工知能の人材開発狙い、大阪大学とパナソニックが「国内初」の共同講座
大阪大学とパナソニックが、人工知能技術とそのビジネス応用に関する人材開発を共同で行う「人工知能共同講座」を開始。2017年春からは他大学/他企業にも門戸を開く。(2016/6/21)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
史上最高の画質が手に入る! パナソニックのUltra HD Blu-rayプレーヤー「DMP-UB900/UB90」を試す
Ultra HD Blu-rayタイトルの発売に合わせて投入されるパナソニックのプレーヤー「DMP-UB900」「DMP-UB90」。先に発売された「DMR-UBZ1」と合わせ、その実力を評価した。(2016/6/20)

パナソニック ファクトリーソリューションズ NPM-VF:
幅広い大型部品や異形部品に対応したプリント基板実装工程向け異形部品挿入機
パナソニック ファクトリーソリューションズは、プリント基板の実装工程向けに、電子部品の実装を行う異形部品挿入機「NPM-VF」を発表した。(2016/6/20)

パナソニック ZKシリーズ:
車載ECUの小型化に貢献するアルミ電解コンデンサー
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、車載ECUの電源回路に適した車載用導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサー「ZK」シリーズを製品化した。(2016/6/15)

東大で8社による寄付講座を開始:
パナが成長の「キモ」とするAI、人材育成も強化へ
東京大学は2016年6月、パナソニックなど8社による9億円の寄付で、大学院理工学系研究科知能機械情報学専攻に「先端人工知能学教育寄付講座」を設置すると発表した。寄付講座を開始する狙いについて、パナソニック技術戦略部でソフトウェア戦略担当理事を務める梶本一夫氏に話を聞いた。(2016/6/14)

サプライズ! パナソニックが普及モデルを含むUltra HD Blu-rayプレーヤー2機種を投入
“次世代ブルーレイ”ことUltra HD Blu-rayのタイトル発売に合わせ、パナソニックから対応するプレーヤー2機種が発表された。欧州などで販売している「DMP-UB900」に加え、初の普及モデルもラインアップし、早期の普及を目指す。(2016/6/8)

パナソニック CV2008シリーズ:
コアレスパッケージ基板向けのシート状封止材
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、コアレスパッケージ基板の絶縁層に適したシート状封止材「CV2008」シリーズを発表した。20μ〜200μmシート膜厚に対応する。(2016/6/8)

EIZO、パナソニック ヘルスケアの手術/内視鏡用モニター事業を買収
EIZOは、パナソニック ヘルスケアの手術/内視鏡用モニター事業を買収すると発表した。(2016/6/7)

FAニュース:
大型・異形部品の手挿入工程を自動化する異形部品挿入機を発売
パナソニック ファクトリーソリューションズは、プリント基板の実装工程向けに、電子部品の実装を行う異形部品挿入機「NPM-VF」を発表した。長さ130×幅35×高さ60mmの部品寸法に対応した。(2016/6/7)

パナソニックが開発したシステムを活用:
オムニバス、ケーブルテレビ向けIP動画広告配信実験を開始
オムニバスは、パナソニックが開発したケーブルテレビ向けに提供しているセットトップボックス(STB)に対してインターネット経由で動画広告を配信する実験を開始した。(2016/6/8)

パナソニック、Wi-Fiにも対応したお風呂ワイヤレススピーカー「SC-ALL05」
パナソニックは、IPX5/7相当の防水性能を備えたワイヤレススピーカーシステム「SC-ALL05」を6月24日に発売する。Bluetooth 3.0とWi-Fiの両方をサポートした。市場想定価格は3万円前後(税別)。(2016/6/6)

COMPUTEX TAIPEI 2016:
富士通とパナの合弁会社ソシオネクスト 三人称視点でカメラをグリグリ動かせるドローンがまるでゲームの世界
富士通とパナソニックの半導体部門が統合したソシオネクストが、COMPUTEX TAIPEI 2016にさまざまなイメージング技術を出展。ドローンに搭載した360度カメラで、まるでゲームの3D空間上でカメラを動かしているかのような体験ができる。(2016/6/4)

パナ、テレビ用液晶パネルから撤退、9月末で生産終了 国内生産はシャープ系のみ
パナソニックがテレビ用液晶パネルの生産から撤退する方針を固めたことが分かった。(2016/6/1)

パナソニック、テレビ用液晶パネルの生産終了へ―― 今後は海外メーカーからパネル供給
今後はテレビ用以外の液晶パネルを引き続き継続して生産する。(2016/5/31)

パナソニック、ダイソン、フィリップス「時代を変えた」家電たち
フィリップスの回転式シェーバー、ダイソンのロボット掃除機、パナソニックの炊飯器を紹介します。(2016/5/31)

ノズルを変えずに“すき間”も掃除、パナソニックのスティッククリーナー「iT」登場
パナソニックは、コードレススティック掃除機「iT」(イット)を6月20日に発売する。手首を半回転させるとノズルが「T字型」から「I字型」に変化する「くるっとパワーノズル」を搭載。ノズルを付け替えずにすき間を掃除することができる。(2016/5/30)

ワイヤレスジャパン/WTP 2016:
最適セルを探して即座に接続、5G HetNetに向けて
パナソニックは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2016」(2016年5月25〜27日、東京ビッグサイト)で、5G(第5世代移動通信)向けHetNet(Heterogeneous Network)において、ユーザーにとって最適なセルを選択し、より接続しやすい環境を構築するためのプロジェクトの成果を披露した。(2016/5/27)

コアレスパッケージ基板に向けたシート状封止材
パナソニックが半導体パッケージの薄型化を実現するコアレスパッケージ基板むけシート状封止を量産開始する。(2016/5/26)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
Ultra HD Blu-rayの実力を堪能できる4Kテレビはコレだ!(後編)
先月のパナソニック、LGエレクトロニクスに続き、今月はソニー、東芝、シャープの最新4Kテレビをじっくりチェックした。そのインプレッションを記したいと思う。(2016/5/26)

総合電機メーカーの面目躍如、既存技術の活用で水中点検ロボットを実用化
パナソニックが保有する技術を多く転用したダム点検用の「水中点検ロボット」を開発、2016年度内の事業化を狙う。バッテリーは電動アシスト自転車用のバッテリーを利用している。(2016/5/25)

交換レンズ百景:
マイクロフォーサーズで常用しやすい標準ズーム――パナソニック「LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」
サイズを優先した薄型の標準ズームより画質がよく、F2.8通しのハイエンド標準ズームより軽くて価格もリーズナブル。そんな使い勝手がよくてコストパフォーマンスが高いレンズが登場した。普段の撮影はこれ1本でだいたい済んでしまう万能さが魅力だ。(2016/5/19)

ピンクあります:
頭が大きく見えない!?――女性にうれしいハイレゾ対応ヘッドフォン、パナソニック「RP-HD7」登場
パナソニックはハイレゾ対応ヘッドフォン「RP-HD7」を6月17日に発売する。頭の形に沿うように作られたヘッドバンドにより、ふんわりと包み込まれるような着け心地で、頭が大きく見えることもないという。(2016/5/18)

IPX4相当の防滴仕様:
パナソニック、耳にフィットして外れにくいスポーツ用Bluetoothイヤフォン「RP-BTS30」を発売
パナソニックは、防滴仕様でスポーツ仕様のBluetoothイヤフォン「RP-BTS30」を6月17日に発売する。(2016/5/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。