ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポルシェ」最新記事一覧

工場ニュース:
最先端の生産方式によって管理された、V型8気筒エンジンの生産工場を新設
ポルシェは、ドイツ・シュトゥットガルト―ツッフェンハウゼンの中心にV型8気筒エンジンの生産工場を新設した。最先端の生産方式によって管理される新工場では、今後、フォルクスワーゲングループのV型8気筒エンジンが製造される予定だ。(2016/7/29)

モータースポーツ:
トヨタがダウンサイジングでル・マンに挑む、リチウムイオン電池で8MJ対応
トヨタ自動車は、「ル・マン24時間レース」を含むFIA世界耐久選手権(WEC)の2016年シーズンに挑戦する新型車両「TS050 HYBRID」を発表。レギュレーションの改正や、2015年シーズンを通して、Porsche(ポルシェ)、Audi(アウディ)の後塵を拝したことを受け、パワートレイン構成を大幅に変更した。(2016/3/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
一周して最先端、オートマにはないMT車の“超”可能性
クルマの変速機においてマニュアルトランスミッションは少数派である。フェラーリやポルシェといったクルマでさえATが主流で、MTは風前の灯火かと思われていた。ところが……。(2016/3/7)

電気自動車:
充電時間4分で100キロメートル走る、世界初800ボルトの電気自動車が誕生へ
ドイツのポルシェが電気自動車のコンセプトカー「Porsche Mission E」を発表した。注目すべきはリチウムイオン電池に充電する電力の電圧を通常の電気自動車の2倍強にあたる800ボルトに引き上げた点だ。100キロメートル走行するのに必要な電力をわずか4分で充電することができる。(2015/9/16)

モータースポーツ:
ポルシェの「ル・マン」17年ぶり勝利を支えた「攻め」のマシン設計
ポルシェが1−2フィニッシュを飾った2015年の「ル・マン24時間耐久レース」。それまでのWECのレースで圧倒的な早さを記録しながら、耐久性に一抹の不安を残していたが、それをも拭い去る17年ぶりの勝利だった。後塵を拝したトヨタ自動車との違いは、「攻め」のマシン設計にあった。(2015/8/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
Apple Watchは自動車の応用力を試す存在
世界で初めてApple Watchによるクルマのリモートコントロール機能を搭載したポルシェ。具体的に、Apple Watch+ポルシェでどんなことができるのか。そして、Apple Watch+クルマのコラボにはどんな未来があるのだろうか……?(2015/5/11)

安全システム:
ポルシェがクラリオンのサラウンドビューを採用、「パナメーラ」のオプションで
クラリオンは、車両の前後左右に搭載した車載カメラの映像を使って上方からの俯瞰(ふかん)映像を確認できる「全周囲俯瞰カメラシステム」が、Porsche(ポルシェ)の「パナメーラ」の工場装着オプションとして採用されたと発表した。「CEATEC JAPAN 2014」では、同システムを搭載したパナメーラを展示する。(2014/10/6)

ポルシェでさっそうと走り去るワンコの唇が風になびいてプルンプルン
クールに決まったワン?(2014/9/23)

BlackBerry、ポルシェデザインのQWERTY端末「P'9983」を発表
BlackBerryがPorsche Designとのコラボ端末「P'9983」を10月初旬に発売する。先代で消えたQWERTYキーボードが復活した。(2014/9/18)

LAオートショー2013:
重要度を増すLAオートショー、「マカン」や「WRX」などワールドプレミアも充実
「東京モーターショー2013」とほぼ同時期の開催となった「LAオートショー2013」。ポルシェの中型SUV「マカン」や、メルセデス・ベンツの「AMG ヴィジョン・グランツーリスモ」、スバルの「WRX」など、東京モーターショー2013の向こうを張って22台のワールドプレミアが公開された。(2013/12/11)

フランクフルトモーターショー2013:
フォルクスワーゲンが電動車両を続々投入、世界トップシェアに向け布石着々
フォルクスワーゲングループは、フォルクスワーゲン、アウディ、ポルシェの主要3ブランドから、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの電動車両を続々と市場投入する。これで、2018年までに世界一の自動車メーカーとなるための布石は全て投じられた感がある。(2013/9/11)

INSIGHT NOW!:
ニッチ戦略の本質とは? 好調なポルシェは正念場だ
ニッチ戦略の本質は、無競争市場を創りだしブランドイメージをキープすることです。フェラーリはセオリーを徹底しているようです。(2013/7/24)

【豆知識】グラム単価で考えると「ポルシェよりのりたまの方が高い」←だいたいあってる
のりたまが高級品にみえてきた!(2013/5/24)

LaCie、“ポルシェデザイン”コラボHDDにUSB 3.0対応モデルを追加
エレコムは、LaCie製外付けHDDのラインアップにUSB 3.0接続対応モデル計3シリーズを追加した。(2013/5/22)

「攻殻機動隊ARISE」とコラボしたレーシングチームがSUPER GTに参戦
マシン名は「NAC攻殻機動隊ARISE DRポルシェ」。(2013/3/19)

シャア専用オーリスから痛ポルシェ、ドリフトデモランまで 史上最大の「東京オートサロン2013」
今年のオートサロンは幕張メッセ全ホールを使った史上最大規模。カッコいい車には夢がたくさん詰まっています。(2013/1/13)

車載半導体:
「カレラカップ」レースカーで研究開発を推進、フリースケールが新たな取り組み
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは、同社がメインスポンサーを務める「OGT! Racing」のレースカーを活用した研究開発に取り組んでいる。「ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012」では、レース中のドライバーのバイオメトリクス計測や、予防安全技術についての研究開発を行った。(2012/11/26)

LaCie、USB 3.0接続対応のアルミ製外付けHDD
エレコムは、ポルシェデザインを採用した外付けHDDのラインアップにUSB 3.0接続対応モデル計2シリーズを追加した。(2012/9/26)

ポルシェ、「ポルシェ ボクスター」と「ポルシェ ボクスターS」を発売
3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たした新型ボクスターの受注が始まりました。価格は584万円〜。(2012/7/2)

電気自動車:
CHAdeMO対抗の充電規格を米独8社が発表、1個のコネクタで普通/急速充電が可能に
GM、フォード、クライスラー、BMW、ダイムラー、フォルクスワーゲン、アウディ、ポルシェといった米国とドイツの大手自動車メーカー8社が、電気自動車(EV)の充電システムの新規格「Combined Charging System」を発表した。国内自動車メーカーが推進するEV用急速充電システム向けのCHAdeMO(チャデモ)規格に対抗するもので、1個の充電コネクタで普通充電と急速充電の両方を行えることを特徴とする。(2012/5/7)

ポルシェの自転車に専用ローンが登場――最大36回払いで憧れのポルシェが手に入る
ポルシェ ジャパンが2月に発売した自転車「ポルシェ バイク S」は45万6750円、カーボンフレームの「ポルシェ バイク RS」は81万5850円。これら専用のローンの取り扱いも開始した。(2012/4/17)

ポルシェ カレラ カップ ジャパン 2012で実装確認:
時速285kmの世界で車両情報、心拍数・心電図をリアルタイム把握
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは、アクティブセーフティ、そして、バイオメトリクスデータのリアルタイム取得・発信を可能とする、新コンセプトの「ドライバーアシストシステム」をレーシングカーに実装する計画を発表。まず、3月31日、4月1日に岡山国際サーキットで開催される「ポルシェ カレラ カップ ジャパン 2012」の第1、2戦において実装確認試験を行う。(2012/3/29)

ポルシェの技術が集結した「ポルシェ バイク」
ポルシェ ジャパンは2月1日から「ポルシェ バイクS」「ポルシェ バイクRS」を発売する。価格は45万6750円と81万5850円。(2012/2/2)

ポルシェがFacebookカー製作 200万「いいね!」記念で
ポルシェがFacebookページの「いいね!」数200万を記念して、Facebookユーザーのプロフィール写真を敷き詰めた記念車を作った。(2012/1/26)

ポルシェ新型「911カブリオレ」を初公開
ポルシェはデトロイトモーターショーにおいて、新型「911カブリオレ」を初公開した。(2012/1/24)

ポルシェ「ボクスター」がフルモデルチェンジ
ポルシェは1月12日、ミッドシップロードスター「ボクスター」のフルモデルチェンジを発表した。(2012/1/16)

東京モーターショー、BMW・ポルシェ・ホンダ
第42回東京モータショー2011現地速報。「BMW i」「ポルシェ911」「ホンダ EV-STER」など。(2011/12/8)

ポルシェは4モデルを日本初公開、東京モーターショー
ポルシェ ジャパンは、東京モーターショー2011において「911カレラ」「パナメーラGTS」など4台を日本初公開する。(2011/11/28)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
間違いなく“ポルシェの走り”を楽しめる「カイエンS ハイブリッド」
ポルシェのハイブリッドカーはカイエンからスタートしました。モーターと組み合わせたことで、システム最高出力/最大トルクは、380馬力/580ニュートンメートルにまで引き上げられています。(2011/11/9)

大つけ麺博を生中継! つけ麺アイドルのライブも
“世界最大のつけ麺祭”こと「大つけ麺博」(9月23日〜10月16日、東京都・浜松町)の模様を、会場から生放送する。人気つけ麺店の店主が、現場で作ったつけ麺を持って登場するほか、掟ポルシェさんがプロデュースした“つけ麺アイドル”「トッピング☆ガールズ2.0」のライブパフォーマンスも。配信は9月24日20時0分〜。(2011/9/21)

ムービー:ポルシェ 911「カレラ」「カレラS」
9月13日からのフランクフルトモーターショーで初公開される、ポルシェ 911「カレラ」「カレラS」のムービー。(2011/9/5)

ポルシェ新型911シリーズ「カレラ」「カレラS」
ポルシェAGは8月23日、新型911シリーズ「カレラ」「カレラS」の写真を公開した。911シリーズのフルモデルチェンジはおよそ7年ぶり。(2011/8/26)

LaCie、“ポルシェデザイン”コラボのUSB 3.0外付けHDD
エレコムは、LaCieとポルシェデザインの共同開発モデルとなるUSB 3.0外付けHDD「LaCie Mobile Porsche USB3.0」など計4製品を発表した。(2011/8/24)

レストアされた「ポルシェ 911 Tクーペ北米仕様車」
ポルシェAGは、コレクターズアイテムとして名高い1973年式の911 T北米仕様車をレストアするプロジェクトを進めている。(2011/7/27)

ポルシェデザインがスタイリッシュな水たばこ開発
「Porsche Design Shisha」は、アルミニウム、ステンレススチール、ガラスを使ったモダンな水たばこだ。(2011/7/22)

ポルシェミュージアムで「ポルシェ エンジニアリングの80年」
ドイツのポルシェミュージアムでは、6月21日から特別展「ポルシェ エンジニアリングの80年」を開催中だ。(2011/6/30)

松田雅央の時事日想:
ドイツが生んだ傑作、ポルシェの魅力に迫る
多くのドイツ人はクルマが好きだ。中でも別格の人気を誇るのがポルシェ。今回はポルシェ本社工場に隣接する博物館に足を運び、ポルシェの魅力に迫ってみた。(2011/5/31)

ハイブリッドのポルシェ「ポルシェ918スパイダー」予約開始
ポルシェジャパンは「ポルシェ918スパイダー」の予約受注を13日に開始した。918台限定のハイブリッドスーパースポーツカーだ。(2011/5/13)

矢野渉の「クラシック・デジカメで遊ぶ」:
生まれながらに完成していたポルシェデザインと呪い――富士フイルム「FinePix 4800Z」
ポルシェデザインによって、見た目の美しさと使いやすさを併せ持った富士フイルム「FinePix 4800Z」。過渡期に登場したことによる悲運もあるが、ヌケの良い写りは今でも魅力的だ。(2011/3/24)

ポルシェ「パナメーラS ハイブリッド」が初公開へ
ポルシェAGは、3月1日から開催のジュネーブモーターショーにおいて、ポルシェのライナップで最も優れた環境性能を誇る新しいハイブリッドモデル「パナメーラS ハイブリッド」を初公開する。(2011/3/3)

フォトギャラリー:ポルシェ「パナメーラS ハイブリッド」
写真で見る、ポルシェ「パナメーラS ハイブリッド」。2011年のジュネーブモーターショーで公開。(2011/3/3)

ポルシェ限定モデル「911ブラックエディション」
ポルシェは、最高出力254キロワット(345馬力)の3.6リットルエンジンを搭載する911カレラをベースとした限定モデル「911ブラックエディション」の導入を発表した。(2011/2/17)

デザイン、マーケティング、ブランドと“ナントカ”は使いよう。:
ブランドの魅力とは「これまでの歴史」×「これからの未来観」
ブランディングは、今や中小企業でも無視できない。今回はクルマ、その中でも少し派手なクルマである、フェラーリとポルシェをネタにしつつブランド価値について考えてみよう。(2011/2/3)

ポルシェ、最新ハイブリッド技術の結晶「918RSR」
ポルシェは、1月10日に開幕したデトロイトモーターショーにおいて、最新のハイブリッドスタディモデル「918RSR」を初公開した。(2011/1/14)

次世代カーの競演に注目 北米国際自動車ショー
米デトロイトで開かれる世界最大級の自動車展示会「北米国際自動車ショー」の様子を、15日の一般公開に先立って現地からライブ配信。4年ぶりのショー復帰となるポルシェの新型車や、トヨタ自動車が初公開したワゴン型プリウスなど、次世代カーの競演に注目! 配信は1月12日1時0分〜。(2011/1/11)

GT2 RSやヴェイロンなどが参戦――「ニード・フォー・スピード ホット・パースート」、追加車種を配信開始
世界最速の公道マシンといわれるブガッティの「Bugatti Veyron 16.4 Super Sport」や、 最速のポルシェ「Porsche 911 GT2 RS」など3車種が有料ダウンロードコンテンツとして配信を開始する。(2010/12/23)

ポルシェ、GTレーシングカー「911 GT3 RSR」2011年モデル
ポルシェは12月11日、GTレーシングカー「911 GT3 RSR」の2011年モデルをヴァイザッハの研究開発センターでお披露目。エアロダイナミクスの最適化やエンジンの出力アップなどの改良を施した。(2010/12/18)

フォトギャラリー:「911 GT3 RSR」2011年モデル
写真でみる、ポルシェ「911 GT3 RSR」2011年モデル。ヴァイザッハの研究開発センターでお披露目された。(2010/12/18)

フォトギャラリー:ポルシェ「ケイマンR」
写真でみる、ミッドシップクーペ「ケイマン」シリーズのフラッグシップ「ケイマンR」。ロサンゼルスオートショーにおいて世界初公開となるミッドシップポルシェの最新モデル。(2010/11/30)

ポルシェ ケイマンに軽量の新型「ケイマンR」
ポルシェ ジャパンは、ミッドシップクーペ「ケイマン」シリーズのフラッグシップ「ケイマンR」の予約受注を、12月14日より開始する。「ケイマンR」は、ロサンゼルスモーターショーで発表された最新モデル。(2010/11/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。