ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「試作品」最新記事一覧

「わが国の防衛の第一線だ」:
トランプ米大統領、国境の壁試作品を視察
トランプ米大統領がカリフォルニア州のメキシコ国境を訪れ、不法移民や麻薬の密輸を防ぐため建設すると公約している壁の試作品を視察した。(2018/3/14)

がんばれ開発担当! 本人鬼監修の“叶姉妹フィギュア”が試作品から超ファビュラス
サカタさんを応援したい。(2018/2/12)

3Dプリンタニュース:
シルバニアファミリーの試作品をフルカラー3Dプリンタで製作、「最終製品に匹敵」
玩具メーカーのエポックがストラタシスの3Dプリンタ「Stratasys J750」の活用事例紹介動画を公開。同社のドールハウスシリーズ「シルバニアファミリー」の試作製作におけるStratasys J750の活用事例を紹介した。(2018/1/25)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(5):
契約するとは言いましたが、確約まではしてません――約束の耐えられない軽さ
プロトタイプは作ってもらいましたが、発注は別の会社にします。あ、試作品のコピーは頂きましたからね――契約をにおわせて契約前作業を強要したクライアント。開発会社は泣き寝入りするしかないのか???(2018/1/22)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(4):
御社に決めた、なんて誰が言いました?――愛(AI)と追装の日々
正式受注を目指し、AIを活用したシステムのプロトタイプ制作に励むソフトウェア開発企業「マッキンリーテクノロジー」の面々。だが、顧客の要求は日増しに増え、もはや試作品の域を超えようとしていた。ところが……!(2018/1/19)

新構造のSWITCH-MOSを開発:
耐圧1200V級のオールSiCモジュールを可能に
産業技術総合研究所(産総研)の研究グループらは、耐圧1200V級のショットキーバリアダイオード内蔵SiC(炭化ケイ素)トランジスターを開発し、量産試作品レベルでその性能や信頼性を実証した。【訂正】(2017/12/26)

2017国際ロボット展:
造林作業向けアシストスーツと“後ろから乗る”電動車いす、国際ロボット展で披露
NEDOは「2017 国際ロボット展(iREX2017)」に出展し、林業用アシストスーツの試作品「TABITO-03」や、新型電動車いす型ロボット「RODEM(ロデム)」などを展示する。(2017/11/29)

グッドイヤー、AI搭載の「球体タイヤ」公開 路面状況など検知
タイヤの未来を占う試作品として注目を集めそうだ。(2017/10/27)

自動運転技術:
世界最小クラスの長距離ミリ波レーダー、従来比50%以上の小型化で2020年に量産
日立オートモティブシステムズは、車両走行中に遠距離の障害物を検知する、遠距離レーダーとして世界最小クラスの77GHz前方ロングレンジミリ波レーダーを開発した。従来の試作品では対応していなかった上下方向の検知が可能になった。(2017/10/25)

福田昭のストレージ通信(83) 反強誘電体が起爆するDRAM革命(4):
試作された反強誘電体キャパシターの長期信頼性
二酸化ジルコニウムを、仕事関数が異なる材料の電極で挟んだ不揮発性メモリ用のセルキャパシター。この試作品の長期信頼性を確認するために、NaMLabやドレスデン工科大学などの共同研究グループが、書き換えサイクル特性とデータ保持特性を測定した。(2017/10/17)

カシオの2.5Dプリントシステム:
試作品の開発費用や期間を50分の1以下に
カシオ計算機は、独自の新素材「デジタルシート」上に、より細かな凹凸を施しリアルな質感を表現できる2.5Dプリントシステム「Mofrel(モフレル)」を、「CEATEC JAPAN 2017」に出展した。(2017/10/4)

メカ設計と試作:
カシオの2.5Dプリンタで触感を伴う試作品を手軽に製作
カシオ計算機は「CEATEC JAPAN 2017」で、紙上に微妙な凹凸を施した印刷ができる2.5Dプリントシステム「Mofrel(モフレル)」を展示する。現在はユーザー企業に機器を貸し出ししながら評価と改善を実施しており、2018年2月発売を目標に開発を進めている。(2017/9/27)

電気自動車:
アウディ、電気自動車に太陽電池を実装へ
Audi(アウディ)は、電気自動車ににフレキシブルな薄膜太陽電池を実装する計画を明かした。太陽電池を組み込んだガラス製ルーフの試作品を、2017年末までに完成させる計画だという。(2017/9/1)

1.5Tバイトのパッケージ品も:
東芝がQLCの3D NANDを試作、96層プロセスの開発も
東芝メモリは、同社の3D NAND型フラッシュメモリ「BiCS FLASH」について、4ビット/セル(QLC)技術を用いた試作品と、96層積層プロセスを用いた試作品を開発し、基本性能を確認したと発表した。(2017/6/28)

大人の女性も欲しくなる! エポック社による和風化粧飾りの試作品カプセルトイが話題に
職人的技巧を感じるかわいさ(2017/3/30)

nano tech 2017:
導電性高分子を用いた熱電変換素子、50枚でLED点灯
産業技術総合研究所(産総研)は、「nano tech 2017」で導電性高分子「PEDOT:PSS」を用いた小型有機熱電モジュールの試作品を展示した。試作品は大きな出力密度を達成している。(2017/2/21)

アークのモノづくり技術:
PR:Webから届ける、3Dプリンタと技術の匠が織り成す高品質な試作品
1948年創業以来、60年以上にわたり大手企業の試作を請け負い続けてきた、試作のリーディングカンパニー・アークのノウハウが、今、オンラインサービスを経由して誰もが利用できる。同社では3Dプリンティングの技術に、生産技術者の手作業を交えることで、多様化した顧客ニーズに応える。今回はその技術の一部と、その裏に秘められた仕事への思いなどを紹介する。(2016/11/7)

Computer Weekly製品ガイド
3Dプリンタがかき乱す業界
この技術は新興企業による試作品のモデル作成や、サプライヤーによるサプライチェーンコストの削減を支援している。(2016/11/4)

次世代のロボットアームを目指す:
力触覚通信を35mm角のボードで実現
慶応義塾大学ハプティクス研究センターは「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4〜7日/幕張メッセ)で、ロボットアームの位置情報・力情報を遠隔に伝える「力触覚通信」技術のデモを行った。同研究センターは、この力触覚通信技術を試作品などに手軽に実装できるよう、35mm角の小型ボードを開発、それもCEATECで披露した。(2016/10/13)

独自のフィルターで明るい色調を再現:
「世界最大」32インチの曲がるカラー電子ペーパー
凸版印刷と台湾のE Ink Holdingsは、1枚のTFT駆動背面版で構成されたフレキシブルでフルカラーの電子ペーパーとして、「世界最大」となる32インチの試作品開発に成功したと発表した。(2016/9/16)

3Dプリンタニュース:
高発色・高彩度のフルカラー樹脂による3Dプリントサービスを開始
アイジェットは、従来のフルカラー石膏(せっこう)素材に比べ、色にじみが少なく、鮮やかな発色と微細な形状を再現できるフルカラー樹脂素材の3Dプリントサービスを開始した。試作品だけでなく、最終製品の小ロット生産手法としての利用も見込まれる。(2016/8/17)

1.3μWの電力を生成:
米大学が紙ベースの微生物燃料電池を開発
米大学の研究チームが、紙を使った微生物燃料電池を開発したと発表した。細菌とフェリシアン化カリウムを使うもので、試作品では1.3μWの電力を生成したという。(2016/7/11)

CADニュース:
3D技術をワンストップ提供する「3Dデータセンター」サービスを開始
2D/3D CADソフトのアンドールと3Dプリンタによる試作品製作を手掛けるアリエルが業務提携。3Dモデルデータ作成から3D造形サービスまで、3次元化技術をワンストップ提供する「3Dデータセンター」サービスを開始した。(2016/6/9)

エルナー Flexlayer-Hybrid:
ADAS向け車載カメラなどに最適な“折り曲げて組み込み可能”なコネクターレス基板
エルナーは、車載製品向けに折り曲げて組み込み可能なコネクターレス基板「Flexlayer-Hybrid」を開発。既に試作品の生産、評価サンプルの提供ができる状態にあり、2017年度以降の量産に向けて受注を開始するという。(2016/3/17)

電気自動車:
日立造船が全固体リチウムイオン電池を開発、車載用に2020年に製品化
日立造船は、「第7回国際二次電池展」において、全固体リチウムイオン電池を展示した。既に試作品が完成しており、−40〜100℃の範囲で正常に充放電することを確認している。2020年に車載用を主なターゲットとして製品化することを目指す。(2016/3/4)

メイドインジャパンの現場力(5):
3Dプリンタの“脱・試作”は日本式モノづくりでこそ生きる――GE 刈羽工場
“夢の製造装置”として期待を集める3Dプリンタ。しかし、描いた夢とは裏腹に、いまだに20年前から定着する試作品用装置の域を抜け出せずにいる。こうした中でいち早く金属3Dプリンタでの最終製品製造に取り組む工場がある。新潟県刈羽郡刈羽村のGEオイル&ガス 刈羽事業所だ。(2016/3/3)

470μF品量産中の太陽誘電:
CEATECで静電容量1000μFのセラコン展示へ
太陽誘電は2015年9月17日、同年10月7〜10日に開催される「CEATEC JAPAN 2015」で、静電容量1000μFを実現した積層セラミックコンデンサの試作品を展示すると発表した。(2015/9/17)

256GB容量、11日から米国で試作品を展示へ:
TSV用いた16段積層NANDを開発――東芝「世界初」
東芝は2015年8月6日、TSV(Through Silicon Via/シリコン貫通ビア)技術を用いてNAND型フラッシュメモリチップを積層した試作品を開発したと発表した。(2015/8/6)

組み込み開発ニュース:
まるで“ばんそうこう”、電池不要の薄型ビーコン
富士通研究所が電池交換が不要で曲げ伸ばし可能な薄型ビーコンを開発した。太陽電池を搭載したシリコンベースの試作品は厚さ2.5mm、3グラムで、ばんそうこうのように人体への装着も可能だ。(2015/3/25)

蓄電・発電機器:
太陽電池の出力アップ、網目電極とセルの裏返しで実現
長州産業は東京で開催された「スマートエネルギーWeek 2015」において、高性能な太陽電池モジュールを展示した。特徴は太陽電池セルの表面電極や層構造を一新したこと。波長変換材料と組み合わせた試作品や、より細く品質の高い電極を製造する技術も見せた。(2015/3/5)

ディスプレイ技術:
先進ガラス技術を搭載した次世代ホワイトボード用液晶をISEで展示
コーニングは、オランダ・アムステルダムで開催された展示会「Integrated Systems Europe(ISE)」(2015年2月10〜12日)に、堺ディスプレイプロダクト(SDP)製インタラクティブホワイトボード用液晶ディスプレイ(LCD)モジュールの試作品を出展した。(2015/2/12)

CEATEC 2014:
通信モジュール+センサーで多様なウェアラブル機器を実現――アルプス電気
アルプス電気は、「CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)」において、指輪型端末の試作品や、通信モジュールとセンサーを搭載したモジュールなど、ウェアラブル機器向けの開発品を出展した。(2014/10/7)

手ごろな4Kディスプレイがまた1つ登場:
マウスコンピューター、4Kディスプレイの試作機を出展──8月下旬に発売予定
TNパネルを使った、手ごろな価格の4Kディスプレイの発売が相次いでいる。マウスコンピューターは展示会会場で8月出荷開始予定の製品の試作品を出展していた。(2014/7/2)

プロフェッショナルなあなたのために:
EIZO、4K「ColorEdge」の試作機を出展──2014年度中に2機種発売へ
4K動画を映せるテレビが人気だ。4K動画を編集する環境も充実させていきたいところだろう。EIZOは4K動画の編集などに向けた大型液晶ディスプレイの試作品を公開した。(2014/7/2)

人とくるまのテクノロジー展2014:
リチウムイオンキャパシタ、ラミネートタイプを展示
太陽誘電は、ラミネートタイプのリチウムイオンキャパシタや、車載用LEDドライブユニット、最大出力が1kWで効率が92%と極めて高い充電器などの試作品を、「人とくるまのテクノロジー展2014」で展示した。(2014/5/26)

入門クラウドファンディング:
クラウドファンディングと従来の資金調達の違い
クラウドファンディングは資金調達の手法の1つですが、基本的に従来の資金調達とは役割が分かれています。特に寄付型や購入型は、アイデアやコンセプトの検証、および試作品段階のものが合っているとされています。(2014/4/25)

第24回ファインテックジャパン:
3D形状のインモールド透明タッチセンサー、半球面やくぼみにも対応
Canatuは、CNB(Carbon NanoBud)タッチセンサーを用いた3D形状のインモールド透明タッチセンサーの試作品を公開し、デモ展示を行った。CNBタッチセンサーは、さまざまな形状に成形できるため、滑らかな半球面や鋭角なくぼみなどのある操作パネルなどを比較的容易に作ることができる。(2014/4/18)

LED照明:
LED照明を追い抜くか、「有機EL」で131ルーメン/ワットを達成
コニカミノルタが白色有機ELパネルの発光効率を急速に高めている。2014年3月に発表した開発品の効率は131ルーメン/ワット。これは2013年10月に公開したパネルと比較して27%も向上しており、世界最高記録を主張する。調光機能や極薄パネルなど効率改善以外の開発も続けており、いずれも試作品のデモを公開する予定だ。(2014/3/6)

LEDスポーツウェアを試作:
「多機能リボン」の実現へ――LEDやセンサーなどを布にはんだ付けする技術
SHINDO、福井県工業技術センター、産業技術総合研究所は、リボンの上にLEDを配線する技術と、衣服に取り付けられるよう熱融着性と防水性を備える材料による樹脂加工技術からなる「電子テキスタイル製造技術」を確立。これを応用し、冬山や夜間での視認性を高める「LEDスポーツウェア」の試作品を共同開発した。(2014/1/22)

ビジネスニュース サプライチェーン:
RSが無償3DCADを提供、コンセプト設計や試作品の製造を容易に
アールエスコンポーネンツは、コンセプト設計や試作品の製造を容易に行え3次元CADツール「DesignSpark Mechanical」を無償で提供する。CADツールに関して十分な専門知識がない技術者でも比較的容易に設計作業が行え、設計の変更にも柔軟に対応できるという。(2013/9/19)

3Dプリンタの最新事例:
マテリアライズ、3Dプリンタ・ファッションショーで顧客作品を紹介
マテリアライズのユーザーカンファレンス内で、ユニークなイベント。ファッションショー形式で、デザイナ−の3Dプリンタ作品を次々と紹介した。ファッション業界の事例だけではなく、豊田中央研究所によるシートの試作品も。(2013/9/5)

ワイヤレスジャパン2013:
世界初!クーポンも受け取れるウルトラマンのNFCアプリ
Ui2は、円谷プロダクションと共同でウルトラマンのNFCアプリを開発した。NFC決済機能やクーポンサービスなどを一体化したアプリで、ワイヤレスジャパン2013で試作品を展示した。(2013/6/3)

セガ幻のハード「プルート」がオークションに出品中 現在約75万円!
現存が確認されているのは試作品2台のみという激レアハード。価格のゆくえは!?(2013/4/26)

リテールテックJAPAN 2013:
曲げられる42インチ電子ペーパーサイネージ世界初公開
凸版印刷と英Plastic Logicは2013年3月4日、フレキシブル大型電子ペーパーサイネージの試作品を2013年3月5〜8日の4日間、東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN 2013」で共同展示する。(2013/3/4)

高橋尚子さん監修のランニング用サングラス、Zoffから
マラソンの五輪メダリスト高橋尚子さんが試作品でテストランを行った。(2013/2/27)

プロセス技術:
ST、28nm FD-SOIチップの生産準備を完了
STは、28nmプロセスを適用したFD-SOIの試作品を生産する準備が整ったと発表した。同社は、「FD-SOIは、プレーナ型バルクCMOSやFinFET CMOSなどに比べて、性能や消費電力、製造性の間のトレードオフが少ない」と主張している。(2012/12/13)

エネルギー管理:
家電の制御や機器の推定も可能、新世代HEMSの実験が始まる
NTT西日本とNTTは家電を制御する機能などを搭載した次世代のHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を開発した。熊本市内の一般家庭50世帯に試作品を設置し、利便性などを評価する実験を始める。実験の期間は2013年2月から8月。(2012/11/13)

CEATEC 2012:
音声の方向を検知する指向性マイク、助手席や後部座席でもハンズフリーが可能に
ホシデンは、「CEATEC JAPAN 2012」において、音声の方向を検知する指向性マイク「オートビームフォーミングマイクロホン」の試作品を展示した。2014年春から車載用途での量産を始める予定。(2012/10/10)

CEATEC JAPAN 2012:
3年後には実用化も?――東大とNEC、ワイヤレス充電機能を備えるテーブルを展示
CEATEC JAPAN 2012で、ワイヤレス充電機能を内蔵したテーブルの試作品を発見。2014年〜2015年の実用化を目指しているという。これは製品化が待ち遠しい!(2012/10/2)

コクヨ、“上に置くだけで充電できる”ワイヤレス充電内蔵オフィスデスクを試作
コクヨファニチャーは、インテルと村田製作所との協働となるワイヤレス充電機能内蔵デスクの試作品を発表した。(2012/9/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。