ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プログラミング言語」最新記事一覧

質問!プログラミング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプログラミング関連の質問をチェック

Android Studioで始めるKotlin入門(5):
Kotlinにおける継承、オーバーライド、抽象クラス、インタフェースとスマートキャスト
Android Studio 3.0を使い、最近話題のプログラミング言語「Kotlin」の特徴を解説する連載。今回は、「継承」など、「クラス」周りの機能を扱っていきます。また、継承に関連して「スマートキャスト」機能についても解説します。(2018/4/24)

Dev Basics/Keyword:
Document Object Model:HTML/XMLドキュメントとプログラミング言語をつなぐAPI
DOMはHTMLドキュメントなどをツリー状のデータ構造として取り扱い、これを参照/操作するためのデータ構造やインタフェースを定義したもの。(2018/4/6)

Android Studioで始めるKotlin入門(4):
Kotlinにおけるクラス、プロパティ、コンストラクタ、データクラス、シングルトン
Android Studio 3.0を使い、最近話題のプログラミング言語「Kotlin」の特徴を解説する連載。今回は、Kotlinプログラミングでも重要な位置付けとなる「クラス」関連の機能について扱います。(2018/4/2)

Android Studioで始めるKotlin入門(3):
「null安全」とは――Javaプログラマーが血と汗と涙を流さなくてすむ理由
Android Studio 3.0を使い、最近話題のプログラミング言語「Kotlin」の特徴を解説する連載。今回は、特にJavaプログラマーに注目していただきたい「null安全」について解説します。(2018/3/15)

「C言語の派生でオブジェクト指……」→「C++!」 特徴から言語名を選ぶ「プログラミング言語かるた」制作中
追加言語や読み札のアイデアも募集中。(2018/3/7)

組み込み開発ニュース:
新たな言語に対応した静的コード解析ツールの最新版
シノプシスは、静的コード解析ツール「Coverity」の最新版「2018.01」を発表した。新しいプログラミング言語とコーディング標準規約への対応、開発ツール統合環境のサポートが拡充された。(2018/2/19)

Android Studioで始めるKotlin入門(2):
Javaプログラマーが使うと揶揄されなくなる「Kotlin」の基本構文
Android Studio 3.0を使い、最近話題のプログラミング言語「Kotlin」の特徴を解説する連載。今回は、変数定義、パッケージ定義とimport、関数、制御文、文字列周りの便利機能などについて。(2018/2/1)

iPhoneアプリ開発にはSwift? Objective-C?
モバイルアプリ開発言語をどう選ぶ? ビジネスユーザーも知るべきその違い
モバイルアプリを開発する際には、ビジネス要件と機能要件に基づき、最も適した開発言語を選ぶ。本稿では、ビジネスユーザーも参考になる主要な開発言語の特徴を紹介する。(2018/1/29)

Java、Node.js、C#、Pythonに続き対応言語を増加:
AWS、サーバレスの「AWS Lambda」でGo言語と.NET Core 2.0をサポート
AWSは2018年1月15日、サーバレスコンピューティングサービス「AWS Lambda」で、プログラミング言語のGoと.NET Core 2.0をサポートしたと発表した。(2018/1/17)

Microsoft、量子コンピュータ向け開発キット「Quantum Development Kit」プレビュー公開
Microsoftが予告通り、量子コンピュータ向けアプリ開発キット「Quantum Development Kit」のプレビュー版を公開した。新たに開発したプログラミング言語「Q#」やローカルで稼働するシミュレータなどを含む。(2017/12/12)

Android Studioで始めるKotlin入門(1):
Kotlinとは――読み方、メリット、「Java」とのコード比較、実行までのチュートリアル
Android Studio 3.0を使い、最近話題のプログラミング言語「Kotlin」の特徴を解説する連載。初回は、メリット、「Java」言語とのコード比較、Android Studioの環境構築、実行までのチュートリアルなど。(2017/12/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
SwiftやObjective-Cから開発者が離れつつある? Xamarinのトレンドは本物か
Appleのアプリエコシステムを支える開発環境において、SwiftやObjective-Cといったプログラミング言語は重要だが、とあるランキングデータから、こうした状況に異変が起きつつあるのではないか、との指摘が出ている。(2017/11/29)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(33):
機械学習で注目のPythonを学ぶVisual Studioで始めるPythonプログラミング入門
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第33弾は、機械学習で注目を集めているプログラミング言語「Python」の基本をまとめた「Visual Studioで始めるPythonプログラミング入門」だ。(2017/10/26)

Microsoft Ignite発表まとめ Microsoft 365の強化、Linux対応SQL Server正式版など:
Microsoft、「量子コンピュータ」向けプログラミング言語とシミュレーターを公開
Microsoftが法人顧客向け年次イベント「Microsoft Ignite」で多数の新世代技術や新サービスを発表。クラウド、AI、MRといった技術を用いて顧客のビジネスを積極支援していく方針を示し、量子コンピュータ関連の研究開発の取り組みや、法人向けの広範な製品やサービスの新展開も発表した。(2017/9/27)

Microsoft、量子コンピュータ向けプログラミング言語を年内プレビュー公開へ
70年代から量子コンピュータの研究に取り組んできたMicrosoftが、「Visual Studio」と統合した量子コンピュータ向けプログラミング言語のプレビュー版を年内に無料で公開する。(2017/9/26)

求人情報約250万件から平均値を集計:
2017年プログラミング言語別平均年収ランキング、1位は「Scala」 平均626万円
ビズリーチは、「プログラミング言語別 平均年収ランキング2017」を発表した。第1位はScalaで平均年収は626万円、第2位はPythonで601万円、第3位はKotlinで577万円だった。SwiftやRuby、Javaなどもランクインした。(2017/8/14)

シノプシス Software Integrity Platform:
Software Integrity Platformの機能を強化、MISRAに完全対応
シノプシスは、ソフトウェアインテグリティプラットフォーム(Software Integrity Platform)の機能強化を発表した。新しいプログラミング言語のサポート拡充、MISRAガイドラインへの完全対応、自動化ならびにインテグレーション機能と柔軟性を強化した。(2017/8/14)

プログラミング言語別の平均年収ランキング、1位は「Scala」
国内のプログラミング言語別の平均年収ランキングを、ビズリーチが発表。1位は「Scala」の626万円だった。(2017/8/10)

組み込み開発ニュース:
ソフトウェアインテグリティプラットフォームの機能を強化
シノプシスは、ソフトウェアインテグリティプラットフォームの機能強化を発表した。新しいプログラミング言語のサポート拡充、MISRAガイドラインへの完全対応、自動化ならびにインテグレーション機能と柔軟性を強化した。(2017/8/7)

特集:C# 7の新機能詳説:
第3回 型による分岐の改良
変数の型によって処理を分岐したり、その際にキャストをしたりするのは、多くのプログラミング言語でよく行われることだ。C# 7ではこれをとても簡潔に記述できる。(2017/8/2)

Dev Basics/Keyword:
Brainfuck
Brainfuckは8種類の命令とバイト配列、バイト配列を参照するポインターで構成される極めてシンプルなプログラミング言語。コードの可読性は著しく低い。(2017/7/25)

Dev Basics/Keyword:
Haskell
Haskellは静的型付け、型推測、並行性、遅延評価といった特徴を持ち、強力なリスト操作機能やパターンマッチ機構などをサポートする純粋関数型プログラミング言語。(2017/7/4)

Google I/O 2017:
ロシア出身の「Kotlin」がAndroidの正式開発言語に
ロシア生まれのオブジェクト指向プログラミング言語「Kotlin」がAndroidの正式開発言語になり、「Android Studio 3.0」の一部として提供される。(2017/5/18)

DevOps環境に適応
Googleのプログラミング言語「Go」のメリット、その今後
プログラミング言語「Go」や「サイト信頼性エンジニア」(SRE)という新しい職種など、Googleは着々とDevOps文化への貢献を果たしている。ただし、まだ道のりは長い。(2017/4/27)

Dev Basics/Keyword:
R(プログラミング言語)
Rは主に統計解析やその可視化を行うためのオープンソースのソフトウェア環境。さらに機械学習を行うためのツールとしても広く使われている。(2017/4/11)

iPadでプログラミング学べる「Swift Playgrounds」、日本語に対応
iPadでプログラミング言語「Swift」の基本を学べるアプリ「Swift Playgrounds」の対応言語に、日本語などが追加された。(2017/3/21)

「けもフレ」のセリフで書けるプログラミング言語爆誕 「たーのしー!」連発で言葉を忘れたフレンズでも書けそう
なお、「Hello World!」の出力で1000文字超。(2017/2/10)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年1月版】:
プログラミング言語に見る、ガラパコス化した日本製造業
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回はIIoTが製造業にもたらす変化について取り上げ、製造現場の“ガラパゴス化”を解消するためのヒントを提示する連載が1位となりました。(2017/2/9)

fabcross for エンジニア 開発言語とOS調査:
組み込みエンジニアに最も愛されている開発言語とOSは?
エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、200人の製造業エンジニアを対象に、「組み込みエンジニアが『業務で使う』『好きな』開発言語/OS」に関する調査を実施、その結果を発表した。(2017/2/2)

IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する(3):
ガラパゴス化しつつある日本の製造業、取り残されるプログラミング言語
日本のみならず世界的に盛り上がりを見せる「IIoT(Industrial IoT)」の技術で、製造業はどう変化していくのか? 日本の製造業がその変化に追従していくためのボトルネックとなる“ガラパゴス化”について解説する。今回は、国内製造業で広く浸透している「ラダー言語」について取り上げる。(2017/1/26)

Tesla、AppleのSwift責任者を引き抜き、自動運転ソフト担当幹部に指名
完全自動運転を目指すTeslaが、Appleのプログラミング言語「Swift」を開発したクリス・ラトナー氏を自動運転ソフト担当副社長に迎える。(2017/1/11)

Appleの「Swift」開発者でプロジェクトリーダーのクリス・ラトナー氏が退社
Appleのオープンソースプログラミング言語「Swift」を開発し、プロジェクトのトップを務めてきたクリス・ラトナー氏がAppleを退社する。【UPDATE】同氏はTeslaの自動運転ソフト責任者に就任する。(2017/1/11)

Dev Basics/Keyword:
FizzBuzz問題
「FizzBuzz問題」とは、英語圏での言葉遊びであるFizz Buzzをプログラミング言語で記述する行為。さまざまな言語によるさまざまな解法がある。(2016/12/20)

「Bluemix Runtime for Swift」が正式リリース
Appleの開発言語「Swift」にBluemixが対応、iOSアプリ開発に変化は?
IBM技術を使う開発者は、Appleのオープンソースプログラミング言語「Swift」を使ってネイティブなiOSアプリケーションを作成できるようになった。(2016/10/6)

FeliCa対応はどう? Siriの「関ジャニ∞発音問題」はどうなった?:
「iOS 10」の新機能/APIに関する開発者向けTips 100本、クラスメソッドのエンジニアが公開
クラスメソッドが、「iOS 10」に関する100本の技術情報を自社サイト「Developers.IO」で公開。FeliCaに対応した「Apple Pay」、プログラミング言語「Swift 3」、開発ツール「Xcode 8」に関する技術情報を集約している。(2016/9/15)

Dev Basics/Keyword:
OCaml(関数型言語)
OCamlは記述性が高く、型安全なプログラミングを実現する関数型言語であり、静的型付けと強力な型推論、バリアント型などがその特徴として挙げられる。(2016/9/15)

Dev Basics/Keyword:
Erlang(関数型プログラミング言語)
Erlangは、並行処理/分散処理/耐障害性といった特徴を備えた関数型プログラミング言語およびその実行環境だ。(2016/8/30)

Dev Basics/Keyword:
Elixir(関数型プログラミング言語)
Elixirは、動的型付けを持つ関数型言語だ。スケーラビリティ、耐障害性、並行プログラミングなどの特徴を持つ。(2016/8/23)

開発成功に導くチェックポイント
iPhoneアプリ開発で「心が折れない」ために知っておくべきこと
Apple「iOS」用のアプリの開発は、適切なデザインプラットフォームとプログラミング言語の選択から始まり、ユーザーフレンドリーなネイティブアプリの完成に至るまでの多層的なプロセスだ。(2016/8/5)

2年の実践的実習で学位も取れる
人材難時代の最後の手段、“使えるIT技術者”は自社で育成
小売業者のSainsbury’sは、各種開発言語、ビジネススキル、チーム開発などの実習を提供する計画を発表。IT技術者不足が常に取り沙汰される昨今、こうした動きは広がるのだろうか。(2016/7/12)

Dev Basics/Keyword:
Checked C(プログラミング言語)
Checked Cは、C言語に境界チェック機能が追加されたものであり、より安全な形でCプログラミングを行えるようにするものだ。(2016/6/29)

組み込みRuby「mruby」をロボットで習得できるキット
プログラミング言語Rubyを組み込みシステム向けとした「mruby」をロボット(レゴ マインドストーム)を通じて習得できるキットが販売される。(2016/6/24)

Dev Basics/Keyword:
Scala(プログラミング言語)
ScalaはJava仮想マシン上で動作する「スケーラブル」で、オブジェクト指向言語と関数型言語の双方の性質を持った言語だ。(2016/6/16)

“楽しく簡単に学べる”よう工夫:
アップル、Swiftプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」を発表
オープンソースのプログラミング言語「Swift」を学べるiPad向け学習アプリ「Swift Playgrounds」が登場する。(2016/6/15)

音声認識などのディープラーニングモデルで、高い処理速度を実現:
マイクロソフト、無償ディープラーニングツールキットの最新版「CNTK 1.5」を公開
マイクロソフトは、プログラミング言語やツール機能、テキスト/音声読み取り機能を強化したオープンソースのディープラーニングツールキット「CNTK 1.5」をリリースした。(2016/6/14)

Dev Basics/Keyword:
Go(プログラミング言語)
GoはGoogleによって開発されているオープンソースなプログラミング言語であり、静的言語と動的言語のよいとこどり、並列処理などの特徴を持っている。(2016/5/30)

FAニュース:
IEC 61131-3準拠の新世代産業用コントローラー
コンテックは、新世代産業用コントローラー「PAC」シリーズを発売した。プログラミング言語の世界標準規格IEC 61131-3に準拠しており、EtherCATおよびModbusのフィールドネットワークに対応する。(2016/5/23)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:新トランジスタで蘇るムーアの法則
巻頭特集は、半導体分野で生まれたブレークスルーを紹介。従来の性能を大幅に引き上げる可能性を秘めた新トランジスタとは? 他に、PowerShellが新たなセキュリティ脅威になった現状、関数型言語Erlang活用事例、医療分野にコスト革命を起こしたRaspberry Pi、オールフラッシュアレイ動向などをお届けする。(2016/5/23)

企業のErlang利用を阻むものとは?
関数型言語「Erlang」のススメ──なぜCやJavaではダメなのか?
並行処理、分散処理に優れたプログラミング言語であるErlangだが、企業利用例は多くない。Erlangを活用しているbet365は、Erlang普及のための活動を始めた。(2016/5/18)

画像処理ツール「ImageMagick」に脆弱性、広い範囲に影響の恐れ
PHP、Ruby、NodeJS、Pythonなど多数のプログラミング言語にも使われているImageMagicに脆弱性が見つかった。(2016/5/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。