ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「らくらくホン プレミアム」最新記事一覧

「N906iL」「らくらくホン プレミアム」「L705i」に不具合、ソフト更新で対応
NTTドコモが「N906iL onefone」「らくらくホン プレミアム」「L705i」のソフトウェアアップデートを開始した。各モデルに複数の不具合があるため、ソフト更新で対応する。(2008/8/26)

「らくらくホン プレミアム」に電子マネー関連の不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモは、ユニバーサルケータイのハイエンドモデル「らくらくホン プレミアム」に、Edy決済関連の不具合があると発表した。無線経由で改修済みソフトを提供するソフトウェア更新で対応する。(2008/4/23)

「らくらくホン プレミアム」、バリューコースは一括5万7750円/分割は月々2275円から
4月14日、使いやすさに配慮したユニバーサルケータイのハイエンドモデル「らくらくホン プレミアム」が店頭に並んだ。バリューコースの端末価格は、新規の一括払いが5万7750円。分割払いは頭金3150円、月々の支払いは2275円(24回分割の場合)から。(2008/4/15)

「らくらくホン プレミアム」、幻の金属パネルモデル+スケルトンモデル公開
F905iをベースに原研哉氏がデザインを監修して誕生した「らくらくホン プレミアム」。富士通の報道陣向け体験イベントで、アルミ素材を採用した開発初期のデザインコンセプトモックや検討段階のカラー見本、スケルトンモデルなどが公開された。(2008/4/12)

声で文章作成──らくらくホンプレミアムの「音声入力メール」を試す
国内の携帯として初めて、音声で文字を入力できる「音声入力メール」機能を搭載するらくらくホン プレミアム。「意外に使えるぞ──」と思える、この機能のコツを富士通のらくらくホン プレミアム担当者に聞きながら試してみた。(2008/4/12)

富士通、グローバル対応の「らくらくホン プレミアム」発売
富士通は、グローバルローミングに対応した「らくらくホン プレミアム」を発売する。(2008/4/11)

ワンセグ+音声入力メール搭載「らくらくホン プレミアム」、4月14日発売
ドコモは「らくらくホン プレミアム」を4月14日に発売する。“違いが分かるオトナ”向けのハイエンドらくらくホンとして、ワンセグ、FeliCa、GPS、国際ローミング、音声入力メールなど、905iシリーズに大きく劣らない機能と、高級感のあるデザインやカラーが特徴。(2008/4/11)

写真で解説する「らくらくホン プレミアム」(ソフトウェア編)
ワンセグ、FeliCa、国際ローミング、320万画素AFカメラなどを搭載する多機能な「らくらくホン プレミアム」。携帯の最新機能がらくらくホンシリーズに載るとどうなるのか。どの機能にも「あぁ、なるほど。使いやすいかも」と感心できる“ひと仕事”が加えられていた。(2008/3/18)

写真で解説する「らくらくホン プレミアム」
らくらくホンの使いやすさと905iシリーズなみの高い機能を両立した“ハイエンドらくらくホン”が「らくらくホン プレミアム」。F905iをベースに余計な装飾を省いたデザインと高級感のある“オトナ”なカラーリングを採用し、ワンセグやFeliCa、GPS、「音声入力メール」など、多彩な機能を搭載する。(2008/3/17)

まるで“すずり箱”――「らくらくホン プレミアム」はこうしてデザインされた
ドコモ、富士通、そしてデザイナーの原研哉氏がコラボレートして生まれた「らくらくホン プレミアム」。その開発の裏側には「3者が“信じる物”をぶつけあった」という、デザインに対する熱いやり取りがあった。(2008/3/17)

GPS搭載の「らくらくホンIV」がバリューコースに対応──「らくらくホンIVS」
らくらくホンの最上位モデル「らくらくホン プレミアム」の登場に合わせ、らくらくホンIVもバージョンアップを果たし、「らくらくホンIVS」として発売する。(2008/3/17)

905iクラスの高性能、国内初“音声認識入力”メール搭載──「らくらくホン プレミアム」
ハイエンドらくらくホン登場──。905iシリーズに劣らない高い機能に、らくらくホンシリーズならではの特徴を盛り込んだ富士通製の「らくらくホン プレミアム」。F905iと同じサイクロイドスタイルに、3.1インチディスプレイ、ワンセグ、国際ローミング、320万画素AFカメラ、GPS、FeliCaなどの機能を搭載する。(2008/3/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。