レビュー
» 2008年03月17日 21時48分 UPDATE

写真で解説する「らくらくホン プレミアム」

らくらくホンの使いやすさと905iシリーズなみの高い機能を両立した“ハイエンドらくらくホン”が「らくらくホン プレミアム」。F905iをベースに余計な装飾を省いたデザインと高級感のある“オトナ”なカラーリングを採用し、ワンセグやFeliCa、GPS、「音声入力メール」など、多彩な機能を搭載する。

[岩城俊介,ITmedia]
photo

 「らくらくホンが使いやすそうなのは知っている。でも、多くの人が持っているし、自分には機能も少し物足りない。また、年寄りっぽく思われるのも困る」──。「らくらくホン プレミアム」は、らくらくホンシリーズの特徴を継承しながら携帯の最新サービスや機能にも対応する、そんな違いが分かるミドル・シニアユーザー向けの“ハイエンドらくらくホン”として登場する。

 本体デザインは富士通製「F905i」をベースに、落ち着いた色合いとフォルムに仕立てて上質さや存在感を演出。過度な装飾をなくし、多くの経験を重ねたユーザーに向く「オトナのシンプル」(デザイナーの原研哉氏)を表現した。

 らくらくホン プレミアムの主な特徴は「らくらくホンIV」で好評の「しんせつ・かんたん・見やすい・あんしん」機能をそのままに、3.1インチのワイドディスプレイ、ワンセグ、FeliCa、GPS、3G/GSM国際ローミング、320万画素AFカメラなど、携帯の最新機能を両立して搭載するところにある。

photophoto ワンセグ、FeliCa、GPS、320万画素AFカメラ、3G/GSM国際ローミング機能などを搭載する「らくらくホン プレミアム」(富士通製)。カラーは、ゴールド、レッド、ブラックの3色を用意する。いずれもつやのある塗装が施され、ゴールドとブラックはごく微妙にラメが入っている。ベースカラーに「クリア+微粒クリスタルパウダー」と「UVプロテクトクリアコート」の層を重ねて落ち着きのある色調を表現したという
photophoto 過度な装飾を省いたシンプルなデザインを採用。背面に320万画素AFカメラと0.9インチのサブディスプレイを搭載。時計や日付、歩数計など、サブディスプレイは常時表示しておける(左)。ディスプレイは3.1インチのワイドQVGA(432×240ピクセル)半透過TFT液晶。半透過型の液晶は屋外でも視認性がよく、見やすい特徴がある。らくらく本IVより高コントラストのパネルを採用したという。ダイヤルキーは押した感触をより得られる凸形状のボタンを採用。3つのワンタッチダイヤルキーも備わる(右)

Get Macromedia FLASH PLAYER らくらくホンシリーズの最新版「らくらくホン プレミアム」(富士通製)。らくらくホンの特徴をそのままに、ワンセグ・FeliCa・320万画素AFカメラ・国際ローミング(3G/GSM)・GPS・「音声入力メール」など、905iシリーズに大きく劣らない高い機能も盛り込んだ

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

photophoto 押すと、カコっと小ぎみよい感触が得られる凸形状のダイヤルキー。次にどのボタンを押せばいいのかをキーが光って知らせる「光ガイド」機能もある(左)。裏面も凹凸がほとんどないフラット形状。FeliCaマークと外部スピーカーがある。外部スピーカーから約100デシベルの緊急ブザーも鳴らせる
photophoto 厚さは20ミリ。本体左側面はボリューム調整(+/−)キーとmicroSDスロット(最大2Gバイト)、本体右側面は[音声読み上げ]キーと[ワンタッチブザー専用]キー、スライド開閉式の平型イヤフォン端子を備える。ワンタッチブザーは、らくらくホンIVなどにあったスライドスイッチではなくキーの3秒以上長押しで鳴らす。誤操作防止以外に、ターゲットユーザーが“かなり携帯の扱いに慣れた”人を想定するので、今までのらくらくホンシリーズでは避けていたと思われる「長押し」操作も解禁されたようだ
photophoto 本体底面は赤外線ポート(ディスプレイ側)と充電/通信端子(本体側)、上面にワンセグ用のロッドアンテナがある。アンテナトップは指でつまんで引き出しやすい形状に工夫してあるという
photophotophoto 富士通製携帯でおなじみのスイング連動機能がある。ディスプレイを左に倒すとカメラ起動、右に倒すとワンセグが起動する
photophoto ベースモデルの「F905i」と形状を比較。F905iは、背面上部にアルミ素材を用いるとともにメッキの枠などがあり、並べてみると受ける印象が少し違う
photo 過度な装飾をなくし「デザインを主張しない」デザインを目指したという、デザイナーの原氏。サイクロイド機構による背面パネルの“段差”も、より自然に目立たない仕上げになっている
photophoto ダイヤルキーは大きく異なる。とくに十字キーが大きく、操作しやすいうえ、キーの刻印もくっきり視認できる(左)。F905iに備わる指紋センサーは省かれる。ただ、閉じると自動的にロックする「開閉ロック」やICロックなどのセキュリティ機能はきちんと備える
「らくらくホン プレミアム」の主なスペック
機種名 らくらくホン プレミアム
サイズ(幅×高さ×厚さ) 50×109×20ミリ
重量 約140グラム
連続通話時間 約140分(テレビ電話:約110分)
連続待受時間 約465時間(歩数計オフ時)
アウトカメラ 有効320万画素CMOS AF付き
インカメラ 有効32万画素CMOS
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 3.1インチワイドQVGA(240×432ピクセル)半透過型TFT液晶
サブディスプレイ 0.9インチモノクロSTN液晶(常時点灯対応)
アドレス帳 1000件(3番号3アドレス)
音声読み上げ
音声認識
ワンタッチダイヤルボタン
連文節変換
ワンタッチブザー
待受カレンダー・スケジュール
光ガイド
歩数計
開閉ロック
電話帳お預かりサービス
おまかせロック
ケータイお探しサービス
FOMAプラスエリア
テレビ電話
FOMAハイスピード
国際ローミング ○(WORLD WING 3G/GSM)
プッシュトーク
2in1
iモードメール
デコメール △(デコメールの編集、テンプレートダウンロード非対応)
デコメ絵文字
チャットメール
iモーションメール
SMS
エリアメール
音声入力メール
iメニュー ○(専用ページ用意)
アクセス制限サービス
フルブラウザ
おサイフケータイ
DCMXクレジットアプリ
トルカ
専用Edyアプリプリインストール
地図アプリプリインストール
「しゃべって翻訳」プリインストール
イマドコサーチ ○(ワンタッチブザー連動)
バイオ認証
拡大もじ
iチャネル
iアプリ
メガiアプリ
直感ゲーム
着うた・着モーション
着うたフル
WMV
うた・ホーダイ
iモーション
ビデオクリップ(10Mバイトiモーション)
Music&Videoチャネル
Vライブ
Flash Lite 3
きせかえツール
マチキャラ
キャラ電
音声通話とパケット通信を分離したネットワークコントロール
データ通信(64k/パケット)
ボディカラー ブラック、レッド、ゴールド
発売 2008年4月予定

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.