ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「知っておきたい領収書の常識」最新記事一覧

消費税8%時代の確定申告:
個人事業主の賢い節税対策――経費と控除を積み上げろ
サラリーマンにとって「経費を減らせ」はよく聞く言葉。だが、個人事業主は「経費を増やせ」が大きな節税につながることもある。今回は個人事業主ならではの節税対策を考えてみたい。(2014/2/7)

知っておきたい領収書の常識:
自宅兼事務所の家賃や光熱費は経費になるの?
個人事業主やフリーランスの中には、自宅兼事務所にしている人も多いはず。その場合、自宅で掛かる費用のうちどれだけを必要経費にできるか知っていますか?(2014/1/21)

知っておきたい領収書の常識:
マンガやキャバクラ代は経費になりますか?
個人事業主が自分の仕事に直接関係のあるモノやサービスに投資をすることは、将来の収益にとって貢献すると考えるのが自然です。節度を守り、きちんと説明、証明ができれば出版物などの購入代は、必要経費として考えてOKでしょう。(2014/1/16)

知っておきたい領収書の常識:
イベントや映画代は福利厚生費になる?
福利厚生費とは、「従業員のために支出した費用」です。1人会社の場合はどうなるのでしょう。費用になる条件とは?(2014/1/15)

知っておきたい領収書の常識:
CDやゴルフ代も経費で落とせる?
個人事業主の場合、購入品が経費で落ちるかどうかの基準は非常にあいまいです。どのような基準で決めればよいのでしょう?(2014/1/9)

知っておきたい領収書の常識:
領収書のない経費は認められるんですか?
業務にかかわるもので支払ったものはできれば経費で落としたいところ。でももし領収書がなかったら? 領収書の代用になるものってあるの?(2014/1/8)

知っておきたい領収書の常識:
初めての青色申告! そもそも「節税」と「脱税」の違いって何?
これまで白色申告をしてきたフリーランスの中にも2013年度は青色申告に切り替える人もいるのではないでしょうか? まずは基礎の基礎を学びましょう。(2013/12/26)

知っておきたい領収書の常識:
支払った金額の一部だけ領収書をもらってもいいんですか?
取引先の人たちと行った飲食代を折半する場合、どのような方法で領収書をもらうのがいいのでしょうか。(2013/12/25)

知っておきたい領収書の常識:
そもそも「経費と領収書の関係」って何なの?
今回のテーマは「領収書を上手に活用して、経費で落とす」こと。まず、「経費で落とす」ってどういうことか、分かりますか?(2013/12/24)

知っておきたい領収書の常識:
「あらゆる領収書を経費で落とす」ためには、重要な「条件」がある!
知っているようで知らない、フリーランスのための「節税」のカギ。領収書、レシートを経費で落とすコツを具体的に教えます。(2013/12/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。