ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「知っておきたい領収書の常識」最新記事一覧

消費税8%時代の確定申告:
個人事業主の賢い節税対策――経費と控除を積み上げろ
サラリーマンにとって「経費を減らせ」はよく聞く言葉。だが、個人事業主は「経費を増やせ」が大きな節税につながることもある。今回は個人事業主ならではの節税対策を考えてみたい。(2014/2/7)

知っておきたい領収書の常識:
自宅兼事務所の家賃や光熱費は経費になるの?
個人事業主やフリーランスの中には、自宅兼事務所にしている人も多いはず。その場合、自宅で掛かる費用のうちどれだけを必要経費にできるか知っていますか?(2014/1/21)

知っておきたい領収書の常識:
マンガやキャバクラ代は経費になりますか?
個人事業主が自分の仕事に直接関係のあるモノやサービスに投資をすることは、将来の収益にとって貢献すると考えるのが自然です。節度を守り、きちんと説明、証明ができれば出版物などの購入代は、必要経費として考えてOKでしょう。(2014/1/16)

知っておきたい領収書の常識:
イベントや映画代は福利厚生費になる?
福利厚生費とは、「従業員のために支出した費用」です。1人会社の場合はどうなるのでしょう。費用になる条件とは?(2014/1/15)

知っておきたい領収書の常識:
CDやゴルフ代も経費で落とせる?
個人事業主の場合、購入品が経費で落ちるかどうかの基準は非常にあいまいです。どのような基準で決めればよいのでしょう?(2014/1/9)

知っておきたい領収書の常識:
領収書のない経費は認められるんですか?
業務にかかわるもので支払ったものはできれば経費で落としたいところ。でももし領収書がなかったら? 領収書の代用になるものってあるの?(2014/1/8)

知っておきたい領収書の常識:
初めての青色申告! そもそも「節税」と「脱税」の違いって何?
これまで白色申告をしてきたフリーランスの中にも2013年度は青色申告に切り替える人もいるのではないでしょうか? まずは基礎の基礎を学びましょう。(2013/12/26)

知っておきたい領収書の常識:
支払った金額の一部だけ領収書をもらってもいいんですか?
取引先の人たちと行った飲食代を折半する場合、どのような方法で領収書をもらうのがいいのでしょうか。(2013/12/25)

知っておきたい領収書の常識:
そもそも「経費と領収書の関係」って何なの?
今回のテーマは「領収書を上手に活用して、経費で落とす」こと。まず、「経費で落とす」ってどういうことか、分かりますか?(2013/12/24)

知っておきたい領収書の常識:
「あらゆる領収書を経費で落とす」ためには、重要な「条件」がある!
知っているようで知らない、フリーランスのための「節税」のカギ。領収書、レシートを経費で落とすコツを具体的に教えます。(2013/12/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。