ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「遠隔操作」最新記事一覧

Pepperをスマホで操作、テレプレゼンス体験も
スマートフォンからPepperを遠隔操作できるシステム「VRcon for Pepper」をアスラテックが開発した。他社へも提供している。(2016/5/19)

車外で遠隔操作し自動駐車 BMW7シリーズに機能追加
ビー・エム・ダブリューは16日、BMWの最上級モデル「7シリーズ」に、車外から遠隔操作で自動駐車が行える機能「リモート・パーキング」を追加し、発売したと発表した。(2016/5/17)

自動運転技術:
車外から遠隔操作で駐車が可能に、BMW「7シリーズ」にオプション追加
ビー・エム・ダブリューは、車外から遠隔操作で駐車を可能する「リモート・パーキング」をフラッグシップモデルの「BMW7シリーズ」にオプションとして設定した。税込みオプション価格は7万4000円だ。(2016/5/17)

まるで“魔法のグローブ”? 指先だけでカメラを遠隔操作「BEARTEK」
親指と他の指先を触れ合わせると、GoProカメラを遠隔操作できる――そんなグローブ「BEARTEK」が登場。(2016/4/20)

米司法省、大手銀行やダムへのサイバー攻撃でイラン人7人を訴追
ニューヨーク州にあるダムの制御システムが不正アクセスされた事件では、通常であればダムの水門を遠隔操作されていた恐れもあった。(2016/3/25)

つながるクルマのセキュリティ問題、米FBIも注意喚起
「消費者やメーカーは潜在的脅威を認識し、攻撃者に遠隔操作で脆弱性を悪用される可能性があることを認識しなければならない」とFBI。(2016/3/22)

日産「リーフ」のアプリに脆弱性、他人の車を遠隔操作可能に
アプリのAPIに認証の仕組みがなく、車両識別番号の下5ケタが分かれば、他人の車を制御できることが判明。オーストラリアからインターネット経由で、英国にあるリーフのエアコンやファンを作動させたり、運転履歴を取得することができてしまった。(2016/2/25)

医療機器ニュース:
がん治療に用いるイリジウム192密封小線源線量の国家標準を開発
産業技術総合研究所は、日本アイソトープ協会と共同で、がん治療の1つである遠隔操作密封小線源治療を行う際の照射量を正確に評価するために必要な、ガンマ線基準空気カーマ率の国内のトレーサビリティーを確立したと発表した。(2016/2/24)

Androidに新手のマルウェア、端末を遠隔操作される恐れ
SMS/MMSのリンクをクリックすると感染し、端末を制御されてデータを消去されてしまう可能性もあるという。(2016/2/16)

マルウェアの遠隔操作にDNS悪用の新たな手口、ラックが注意喚起
通常はHTTP(S)通信が悪用されるが、大手企業を中心にDNSプロトコルを使う手口が新たに確認された。企業の管理が手薄になっている場合も多く、確認が急がれる。(2016/2/1)

インターネットの根幹を支えるプロトコルを悪用する深刻な脅威:
ラック、「DNSプロトコルを悪用する遠隔操作ウイルス」への注意喚起情報を公開
ラックは2016年2月1日、DNSプロトコルを悪用し、指令サーバとの通信を行う遠隔操作ウイルスに関する注意喚起情報を公開した。(2016/2/1)

医療機器ニュース:
マニピュレーションシステムがUL安全規格に適合、米国での販売を開始
日本精工は、同社開発の「マニピュレーションシステム」を、北米のUL安全規格に適合させた。高い安全性と耐久性が評価されたもので、遠隔操作や操作の電動化・自動化により、操作者の負担を大幅に軽減できる。(2015/11/18)

FAニュース:
制御盤のIoT/M2Mシステム構築に役立つ小型スマートリレー
DECは、制御盤や小型制御システムのIoT/M2Mシステム構築を支援する、スマートリレー「FL1F形」を発売した。Webサーバ機能を搭載し、PCやスマートフォンからの遠隔監視・遠隔操作・データロギングを可能にした。(2015/11/18)

CEATEC JAPAN 2015:
ラジコン“折り鶴”が空を舞う 超軽量マイコン搭載で遠隔操作
超軽量マイコンを搭載し、ラジコンで遠隔操作できる折り鶴をロームが開発した。(2015/10/7)

全国のお兄ちゃんにとってはご褒美 ファン自作の「うまる」クッションが音声再生機能付きでわがまま聞き放題
謎の技術力でクッションに音声再生機能、遠隔操作による移動機能を搭載。(2015/10/5)

WinRARに脆弱性報告、遠隔操作される恐れ
現時点で修正版は公開されておらず、セキュリティ研究者はファイルを慎重に取り扱うようアドバイスしている。(2015/10/1)

タイムラプス動画に“ひねり”を:
アプリで遠隔操作――「タイムラプス撮影用 パノラマ回転式カメラマウント 『Pan Lapse』」
上海問屋が、電動で360度回転するカメラマウントを発売した。価格は19999円。(2015/9/17)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第478話 イモデス
最近はね、リモートデスクトップで自宅のパソコンに入ってね、ほら、こんなふうに遠隔操作できちゃうんだよね。(2015/9/15)

Fiat Chrysler、遠隔操作問題でJeep Renegadeなど追加リコール
今回のリコールは前回とは別の無線通信機能に存在する同様の問題に対応するもの。ネット接続できる車が遠隔操作される事態を防止する。(2015/9/8)

Androidの遠隔操作ツールに脆弱性、不正アプリが流通
悪用された場合、攻撃者がサポートを装って被害者の端末に悪質なアプリをインストールしたり、端末を制御して個人情報や会社の情報などを盗んだりすることも可能だという。(2015/8/26)

エネルギー管理:
電力の使用量を見ながら家電を遠隔操作、スマートフォン1台で外出先でも
スマートフォンを使って外出先から自宅の家電機器を操作できるアプリが人気を集めている。家庭内に設置したHEMSと連携させれば、部屋別・機器別の電力使用量を確認しながら遠隔操作が可能になる。スマートフォンの画面には日別・月別の電気料金や太陽光発電の売電額も表示できる。(2015/8/20)

「ウイルスが検出されました」 声でだますWebサイトに注意
相手の要求に応じて遠隔操作ソフトをインストールしてしまった人もいるという。(2015/8/4)

Chrysler、車の遠隔操作問題で140万台のリコール発表
「Jeep Cherokee」を無線で遠隔操作できてしまう問題が発覚したことを受け、FCAが米国で約140万台のリコールを発表した。(2015/7/27)

走行中のJeepを乗っ取り操作、セキュリティ研究者が実証実験
セキュリティ研究者が走行中の自動車を乗っ取ってアクセルやブレーキを無線で遠隔操作する実験を披露した。(2015/7/22)

遠隔操作で拳銃を撃つドローンの動画が投稿されて物議醸す
ドローンの規制問題に一石を投じることとなりそうです。(2015/7/20)

スマートホーム:
スマートメーターの簡単管理と家電の遠隔操作が行えるドングル
NTT東日本は、電力小売全面自由化に伴うHEMSサービス活用ニーズの高まりとスマートメーターの今後の普及を見据えて、HEMSサービス「フレッツ・ミルエネ」利用者向けにスマートメーター対応USBドングルを発売した。(2015/7/15)

オンラインで目当てのガシャポンを遠隔操作、自宅に配送 バンダイ、大人向け「ネットdeカプセル」
Web上で実際のガシャポンを遠隔操作し、商品を自宅に配送するサービス「ネットdeガシャポン」をバンダイがスタートする。(2015/6/15)

遠隔操作でガシャポンを回して欲しかったグッズをゲット! 「ネットdeカプセル」7月からテスト販売開始
ネット上で実物のガシャポンを回せます。(2015/6/15)

FAニュース:
緊急時に遮断弁を遠隔操作できる電磁弁操作モジュール
横河電機は、緊急時にプラント配管の弁を無線通信で遠隔から遮断操作できる「フィールド無線用電磁弁操作モジュール」を発売した。緊急遮断の指示から、10秒以内に閉止動作が行える。(2015/4/20)

ネットワーク管理の基本Tips:
SSHサーバーにログインするには? sshコマンド
サーバー管理者にとって、離れた場所からサーバーを遠隔操作することはルーチン業務の一つです。そのとき必須のツール/コマンドが「ssh」です。(2015/3/25)

無線通信技術:
昆虫が人命救助!? ハナムグリの飛行を無線でコントロール
災害発生時などの人命救助の場において、昆虫をラジコンのように遠隔操作して生存者を捜索する、という時代が来るかもしれない。米国とシンガポールの研究チームが、ハナムグリという昆虫の飛翔筋を無線でコントロールし、飛行を自在に操る技術を開発した。(2015/3/20)

FAニュース:
ファイバセンサーをCC-Linkに接続できる通信ユニット
オプテックス・エフエーは、ネットワークでファイバセンサーを管理・制御できるCC-Link対応通信ユニット「UC1-CL11」を発売した。これまで手作業だった受光量・測定値のモニタ、センサーの遠隔操作、設定値のバックアップを簡易化できる。(2015/3/2)

Shellshock攻撃続く、標的マシンのボット化も
「bash」シェルの脆弱性(Shellshock)を狙う攻撃が続いている。不正なPerlスクリプトを使って感染マシンを遠隔操作しようとする兆候も出てきた。(2015/2/27)

遠隔操作ウイルス事件、片山被告に懲役8年 東京地裁判決
4人の誤認逮捕につながった遠隔操作ウイルス事件で、威力業務妨害などの罪に問われた片山祐輔被告に対し、懲役8年(求刑懲役10年)の判決が言い渡された。(2015/2/4)

誰でもロボットをプログラミングできる――「Scratch」で「Romo」を遠隔操作するアプリが登場
MITのメディアラボが開発した教育用プログラミング環境「Scratch」(スクラッチ)を使い、「Romo」を遠隔操作。誰でもコミュニケーションロボットをプログラミングできる環境ができあがった。(2015/2/3)

手軽にリモートデスクトップ:
iPhoneで自宅のPCを遠隔操作してみた
1月にリリースされたiOS版「Chrome リモートデスクトップ」をレビュー。(2015/1/28)

バトルドームをオンライン対戦用に魔改造する超エキサイティンな猛者が登場
遠隔操作でボールを相手のゴールにシュゥゥゥーッ!(2015/1/23)

製造マネジメントニュース:
惑星探査における資材や人間の輸送に自動運転技術を応用へ
日産自動車とNASAは、自動運転車の技術開発と商業的応用を目標とした5年間の共同研究開発プログラムを締結した。日産自動車は自動運転車の実用化の加速、NASAは惑星探査で資材や人間の輸送を行う自動運転車の開発が狙い。2015年内に、NASAの惑星探査車の遠隔操作技術を適用した自動運転車を試作し、検証実験を行う予定である。(2015/1/13)

NEC、送信ファイルによる情報漏えい対策製品を発売
誤って組織外に送信したファイルを遠隔操作で削除できるという。(2015/1/6)

2014 Access Top 100:
年間アクセスランキングTOP100 やっぱり強い「iPhone」 2ちゃんねる「転載禁止」やSTAP論文問題など
ITmedia ニュース年間アクセスランキングTOP100を発表。iPhone新機種や2ちゃんねるに関する話題のほか、STAP論文問題や遠隔操作ウイルス事件も注目を集めました。(2015/1/5)

モバイルマルウェア「Xsser」の脅威拡大、中間者攻撃の恐れも
iOSやAndroidを狙う「Xsser mRAT」がサードパーティのアプリストアで拡散し、感染端末が攻撃者によって遠隔操作されるなどの恐れがあるという。(2014/12/18)

スマホで遠隔家電操作できる「iRemocon Wi-Fi」 Wi-Fiコンバーターや中継局にも
スマホアプリで家電を遠隔操作できる「iRemocon」の新モデルが登場。Wi-Fiコンバーターや中継局としても利用できる。(2014/12/8)

社内で見つかる「遠隔操作ウイルス」、1年で7倍増に
トレンドマイクロによると、企業から解析依頼のあった不正プログラムに占める遠隔操作型の割合が1年で7倍も増加したという。(2014/11/20)

「一太郎」悪用のサイバー攻撃再び、国内組織が標的に
ワープロソフト「一太郎」に新たな脆弱性が見つかり、この脆弱性を悪用してコンピュータを遠隔操作しようとする攻撃が発生している。(2014/11/13)

偽の医療費通知でPCを遠隔操作、年末調整を狙う攻撃か?
健康保険などからの医療費通知メールに偽装して不正プログラムをコンピュータに送り込む攻撃が続いている。(2014/11/7)

遠隔操作を受ける人の不安が増加、行う側が注意したいこと
IPAが月例のセキュリティ注意喚起でコンピュータの遠隔操作について触れている。不安を感じる人が増えているだけに、遠隔操作を行う側も改めて気をつけておきたい。(2014/11/4)

エレコム、暗視撮影対応の無線対応ネットワークカメラ「NCC-EWNP100WH」など2製品
エレコムは、パン/チルト角の遠隔操作にも対応したネットワークカメラ「NCC-EWNP100WH」「NCC-ENP100WH」の2製品を発売する。(2014/10/21)

カスペルスキー、“無線LAN安全診断”機能なども備えた「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」
カスペルスキーは、同社製の個人向けセキュリティソフト「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」シリーズの新版を発表。新たに、Webカメラ遠隔操作の防止機能などを備えた。(2014/10/6)

遠隔操作によりプロバイダーを変更 電話勧誘のトラブル急増で国民生活センターが注意喚起
「電話でプロバイダー変更を勧誘され、よく分からないまま遠隔操作で変更してしまった」といった相談が寄せられている。(2014/9/25)

JALマイレージ会員の個人情報流出 最大75万件 社内PCにマルウェア、遠隔操作か
JALの顧客管理システムが不正アクセスを受け、「JALマイレージバンク」会員の個人情報最大75万件が漏えいした恐れ。社内の一部PCにマルウェアが仕込まれ、遠隔操作でデータが送られた可能性があるという。(2014/9/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。