ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クラウド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラウド」に関する情報が集まったページです。

企業における「ID管理」【第1回】
いまさら聞けない「ID管理」 その役割からライフサイクル管理のポイントまで
ITシステムを利用する企業にとって、ID管理は重要な仕組みだ。認証や認可といった基本的な部分からID管理のポイントまでを幅広く解説する。(2018/10/17)

クラウド勤怠管理システムの選び方
勤怠管理システム3つの選択肢を徹底比較、自社に合った製品選びのポイントは?
勤怠管理のITツールは3つに大別できる。高機能タイムレコーダー、オンプレミスの勤怠管理システム、クラウド勤怠管理システム、という3つの製品の違い、メリットとデメリットを比較する。(2018/10/18)

Computer Weekly日本語版
WindowsマシンをChromebook化する方法
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/10/20)

テレポーテーションを実現? 遠隔操作で“分身”のように動くロボットの仕組み
離れた場所にいる人間の動きを反映して分身のように動く「遠隔操作ロボット」がCEATECに登場した。いったいどんな仕組みなのか、開発企業に聞いた。(2018/10/19)

MPOWER 2018:
「常に変化する脅威をどう特定するか」がカギに McAfee CEOがクラウド時代のセキュリティ対策に言及
McAfeeは2018年10月17日、18日にかけて年次カンファレンス「MPOWER 2018」を開催。企業のクラウドシフトを背景に、2018年夏に発表したクラウドベースのポートフォリオ「MVISION」の強化を発表した。(2018/10/19)

モバイルPC、Microsoft 365、保守・運用を“まるっと”提供――月額制のLCMサービス、パシフィックネットから
パシフィックネットは、モバイルPC、Microsoftの統合ソリューション「Microsoft 365」、それらの保守・運用をオールインワンで提供するLCMサービスを開始。モバイルワークやテレワークに適したセキュアな運用環境を提供する。Windows 10への移行ニーズにも対応する。(2018/10/19)

ServiceNow、東京と大阪にデータセンターを開設 2019年春からサービスを開始
SaaS型ITサービスクラウド「ServiceNow」を提供するServiceNow Japanは、協業するNTT Comの「Nexcenter」を活用し、国内初のデータセンターを開設。2019年春からServiceNowの全サービスの提供を開始する。(2018/10/19)

車載情報機器:
クルマの操作に関する音声認識は自前で、だからこそ「ハーイ、メルセデス」
メルセデス・ベンツ日本は2018年10月18日、東京都内で会見を開き、コンパクトカー「Aクラス」の新モデルを発表した。音声認識機能を充実させた新開発のインフォテインメントシステム「MBUX(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)」を初めて採用したモデルとなる。(2018/10/19)

エンタープライズソフトウェアが高い伸び:
2019年の世界IT支出は3.2%増の3.8兆ドル、Gartner予測
Gartnerは、2018年の世界IT支出が3.7兆ドルとなり、2019年にはさらに3.2%増えて3.8兆ドルに達するとの見通しを示した。IT市場では、「所有からサービスの利用へ」の流れが広がっていると分析した。(2018/10/19)

BCP対策にも役立つ:
IIJ、Active Directoryをクラウドで提供する「IIJディレクトリサービス for Microsoft」を開始
IIJは、Windows ServerのActive Directory(AD)機能をクラウドで提供する「IIJディレクトリサービス for Microsoft」を発表した。ADの運用管理負荷を低減でき、冗長化による可用性向上などのメリットを享受できる。(2018/10/19)

CEATEC 2018:
TOP500国内1位のAIスパコン、計算ノード内部を初披露
産業技術総合研究所は、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、幕張メッセ)で、AI(人工知能)やビッグデータ処理向けスーパーコンピュータ(スパコン)「人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(AI Bridging Cloud Infrastructure、以下ABCI)」を利用した機械学習技術などについて展示を行った。(2018/10/19)

Gartner Insights Pickup(81):
ハイパーコンバージドインフラを将来にわたって活用するための4つのポイント
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、オンプレミスインフラの柔軟化、アジャイル化の推進に貢献する。I&Oリーダーが今、HCIを今後にわたり活用するための4つのポイントをまとめた。(2018/10/19)

必要なシステムは、業務部門がその場で作る:
月250時間の残業がゼロに G Suiteで生まれ変わったヤッホーブルーイングの働き方
スーパーやコンビニで人気の「よなよなエール」を製造するヤッホーブルーイング。今では現場で必要なシステムを社員がその場で作るなど、業務の自動化を進めているが、数年前は現場の在庫カウントが煩雑化し、社員が長時間残業する状況に悩まされていた。(2018/10/19)

LucidShape CATIA CAA V5 Based Version 2018.09:
ヘッドランプ曲面の照度結果の3D表示に対応した自動車用照明設計ソフトの最新版
サイバネットシステムは、Synopsys(シノプシス)が開発する自動車用照明設計ソフトウェアの最新バージョン「LucidShape CATIA CAA V5 Based Version 2018.09」の提供開始を発表した。(2018/10/19)

TechFactory 特選ブックレットガイド:
失敗が許されない現場……ならばバーチャルだ! 設計現場でCAEを活用せよ
“設計者が行うべき解析”をテーマに、「構造解析/固有値解析/流体解析」「公差解析」、そして「トポロジー最適化」の押さえるべきポイントと、CAEを取り巻く技術革新について解説する。(2018/10/19)

AIシステムのブラックボックス化を解消
人工知能(AI)の不公平な判断を指摘するツール IBMが提供開始
日本IBMが企業のAI技術活用を支援するためのサービス/ツール群の提供を開始した。中でも注目のツールは、AIエンジンが使った判断材料を分析し、検証する「Trust and Transparency capabilities」だ。(2018/10/19)

StarWindは完成度が低かった……
製品選定失敗の果てに行き着いた、中小企業向けハイパーコンバージド製品
寿命を迎えたSANの代わりに導入した製品は、完成度が低く保守や更新が難しかった。次に選んだのは、ソフトウェアのハイパーコンバージド製品。中小企業でも手が届く価格でエンタープライズレベルの冗長性を確保した。(2018/10/19)

日本で急成長するSynology メッシュ対応ルーターや新OS「DSM 7.0」も披露
Synologyが毎年実施しているユーザーイベント「Synology 2019 Tokyo」にあわせて新製品発表会が行われた。2018年4月に日本法人を設立した同社は、国内市場で40%を超える増収を実現したという。(2018/10/18)

AIとプライバシー、SNS、クラウドの動向を視野に:
Gartner、2019年以降の「戦略的展望」トップ10を発表
Gartnerは、IT部門やユーザーにとって重要な意味を持つと同社が考える2019年以降、2023年までの「戦略的展望」トップ10を発表した。企業内のAI利用は今後もなかなか進まないが、社会に与えるAIの影響は大きいという。プライバシー情報をより入念に扱わなければならなくなり、企業活動に与える影響が大きくなるとした。(2018/10/19)

最新技術で武装:
メルセデス・ベンツ、新型「Aクラス」国内発売
メルセデス・ベンツ日本は10月18日、新型「Aクラス」を国内発表した。内外装を一新したほか、最上級車種と同等の安全運転支援技術、音声対話によるインフォテインメントシステムなどを搭載している。(2018/10/18)

RFCで定義された新しいデータモデルを利用:
ネットワーク構成の可視化ツール、ハイブリッドクラウド環境も対象に
TISとフィックスポイントは共同で、ネットワーク構成の可視化、分析ツールを開発する。ネットワーク構成情報を自動収集し、ネットワーク運用業務の効率化を目指す。成果物は、オープンソースとして公開する予定。(2018/10/18)

Arm TechCon 2018:
Arm、「Neoverse」で再びサーバ市場を狙う
Armは2019年をメドに、パートナー企業との協業により、サーバやネットワーク、ストレージシステムなどに向けて最適化されたコアやIP(Intellectual Property)、SoC(System on Chip)などを発表していく予定だという。(2018/10/18)

今日のリサーチ:
電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数冊以上読む人では電子書籍が上回るなど、変化もみられるようです。(2018/10/18)

実用性を測る“3つの検証”:
データ分析をクラウドでやれば、コストは4分の1に――みずほ銀行が「BigQuery」を試して分かったこと
データ分析の高度化と分析に使うデータ量の増加に伴い、オンプレミスでの環境に限界が見えてきたというみずほ銀行。分析基盤をクラウドに移すため、Google Cloud Platformを試したという同社が得た知見とは。(2018/10/18)

U&Iターンの理想と現実(51):
徳島編:東京でそこそこだったエンジニアが、地元で輝きを取り戻した日
地方のIT企業の仕事は公共の受託開発がメイン。いつまで続けられるか分からない。そんな不安にかられた筆者がとった行動は?――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実 徳島編」。最終回のテーマは、地方での仕事の作り方です。(2018/10/18)

いずれはSaaS型のシェアが勝るか
SAP S/4HANAの導入オプション、いまだにオンプレミスが大人気な理由
「SAP S/4HANA Cloud」はS/4HANAのSaaSバージョンとして登場したが、いまだほとんどの企業はS/4HANAをオンプレミスで運用することを好んでいるようだ。(2018/10/18)

Azure、AWS、Googleの三つどもえ
クラウド“三国志”、Microsoft AzureはAIとIoTに賭ける
あらゆる企業がデジタル企業に変わりつつある今、デジタル戦略の巧拙が、ビジネスの成否に直結する可能性がある。企業がデジタル戦略を進める際の注意点を、Microsoftのサトヤ・ナデラCEOが指摘する。(2018/10/18)

SAPの2025年問題
リスクが多過ぎる、S/4HANAへのアップグレード
ECC6からS/4HANAへのアップグレードが問題になっている。S/4HANAの導入には多くのリスクがあるという。2025年のECC6サポート終了を前に、企業はSAPシステムの意義を見つめ直す必要がある。(2018/10/18)

Sansanが運用を開始:
DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、その結果を受けて共同でのプロモーションを開始した。(2018/10/17)

iPhoneで広まる新時代のAIアプリを林信行が解説
手術中の出血量やバスケットボールのシュート角度など、これまで人が勘に頼っていた部分を数値として補完してくれる新しいアプリの登場が期待されている。「A12 bionic」と「CoreML」で世界はどう変わるのか。(2018/10/17)

「4年前のPC利用は約35万円の損失」――マイクロソフト「最新PC買った方が得」
4年未満のPC利用コストは15万円。差額の20万円で最新PCを買う方が生産性が上がるとする考え。(2018/10/17)

AWSのネットワーク構成図を自動で描画――クラウドで作図できるコラボレーションツール「Cacoo」に新機能
ヌーラボは、クラウドで作図、共同編集できる「Cacoo」に、Amazon Web Services(AWS)の構成図を自動で描画する新機能を追加した。AWSと通信し、AWS構成に沿ってコンポーネントを示すアイコンが自動で配置されるため、簡単に素早く描画できる。(2018/10/17)

製造ITニュース:
デジタルツインの最初の一歩、日立が生産工程のデータ連携を最適化を支援
日立製作所は、生産設備の稼働状況や環境情報などのOTデータと、生産計画や在庫管理などのITデータをデジタル空間で簡単にひも付けられ、生産工程全体の最適化を支援するソリューション「IoTコンパス」を発売する。(2018/10/17)

製造業IoT:
Wi-Fiの付いた重量計がIoT機器に、消耗品の在庫管理と自動発注を実現
スマートショッピングは、消耗品をはじめさまざまな物品の重量を計測/監視し、減少した重量を基に在庫の自動発注を行える「スマートマット」を発表した。オフィスや飲食店、工場、倉庫、小売、病院などさまざまな業種向けの法人向けソリューションサービスとして展開を始める。(2018/10/17)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
調査結果のトレンドから見る「ベストオブブリードの進む道」――シスコ
@ITは、2018年7月24日、札幌で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、シスコシステムズの講演「多層防御って言うけどエンドポイントの次の勘所は?〜2018年セキュリティレポートから読み解く」の内容をお伝えする。(2018/10/17)

IoTの障壁を取り除く:
Pelionでx86も管理できる、IntelとArmがIoTで提携
IntelとArmは、IoT(モノのインターネット)導入における主な障壁をなくすことを目指した戦略的パートナーシップを発表した。IoTデバイスのオンボーディングプロセスの複雑さを軽減し、顧客が1つのデバイスアーキテクチャやクラウドプロバイダーのサービスに限定されることなくIoTオンボーディングシステムを選択できるようにする。(2018/10/17)

CEATEC 2018:
その打ち合わせ本当にうまくいった? 「NAONA」が会議室内のやりとりを見える化
村田製作所は、「CEATEC JAPAN 2018」において、センシングデータプラットフォーム「NAONA」を用いて、会議室内の打ち合わせなど人と人のコミュニケーションの質を見える化するソリューションを提案した。(2018/10/17)

音声認識率で世界第2位の評価:
複数話者でも個別に音声をテキストへ、日立が音源分離技術を製品化
日立製作所は会話音声をテキスト化する「音声書き起こし支援サービス」の販売を開始した。雑音が含まれていたり、複数人の音声が重なっていたりしても、話者を識別して、話者ごとに分離したテキストを生成できる。(2018/10/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
有事の事態対処は“シンプル"に――柔軟に対応できる能力を身に付ける
「100%防ぐセキュリティ対策」は幻想であり、侵入される前提で、被害を最小限に食い止め、短期間で復旧させる組織体制が求められる。そこで企業の経営層は、リスク管理、危機管理として、セキュリティ対策に取り組む必要がある。(2018/10/17)

クラウドコスト節約Tips(後編):
クラウドにも必須の資産管理を実現する重要なピース
クラウドコストの適正化には、ソフトウェア資産管理のベストプラクティスが有効だ。しかし、事業部門による資産管理には限界がある。そこで重要度が増す要素とは?(2018/10/17)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(8):
Windows 10の動作検証が面倒? そんなにイヤなら、やめればいいじゃない
半年ごとにアップデートされるWindows 10のアップデートに合わせて動作検証を行うのはリソース的に厳しい――ならば、どうすればいいのでしょうか。その答えは、ズバリ「動作テストをやめること」にあるのです。(2018/10/17)

AI画像判定サービス:
PR:画像検査適用が難しかった製造現場、その課題をエンジニアリングAIが解決
産業設備や装置などのエンジニアリング系データを対象としたAIのノウハウを体系化した「Paradigm」を核に、安川情報システムが新たなソリューションを打ち出した。エッジ端末を利用し、製造現場においてリアルタイムのAI画像判定を実現する「MMEye」と呼ばれるサービスだ。(2018/10/17)

データ分析プロセスや人事情報システムの整備が急務
HRテクノロジー活用を考える人が目指すべき9つの役職
人材管理はテクノロジーの発展とともに進化し、複雑化している。人事部門とIT部門の新しい仕事には、アナリティクスの活用やHRシステムの管理も含まれる。人事戦略の実行や人事データ活用に必要な9つの役職とは。(2018/10/17)

IIoT対応コネクテッドエンタープライズシステム:
PR:信頼できる産業用オートメーションの実現を図るには?
新旧の装置が入り交じる今日の工場では、ネットワークのエッジで取得したデータを安全に伝送するようなコネクテッドエンタープライズシステムを構築するのは、容易ではありません。センサーからクラウドまで一貫して高い信頼性が確保されたIIoT対応コネクテッドエンタープライズシステムによる産業用オートメーションの実現に必要なことを考えていきましょう。(2018/10/17)

製造現場のIoT活用を成功に導く5つのポイント(1):
IoT導入の目的と取り組みの方向性を考える
IoTコンサルタントとして、主に製造業でのIoT導入を支援してきた筆者の経験を踏まえ、工場(製造現場)におけるIoT導入を進める上で「まず考えておくべきこと」や「気を付けておきたいポイント」などを詳しく解説する。連載第1回は「IoT導入の目的と取り組みの方向性」について取り上げる。(2018/10/17)

メリットはコストだけか
クラウド導入企業の半分以上がコスト削減できず
Druvaが発表したレポートによると、クラウド導入企業の53%はクラウドへ移行してもコストを削減できていないという。だが、クラウドへの移行のメリットはコストの削減だけだろうか。(2018/10/17)

会議音声を自動でテキスト化 話者も識別 日立が新サービス
会議を録音した音声ファイルから自動で書き起こすクラウドサービスを日立製作所がスタート。音源の方向から話者を識別し、話者ごとに会話をテキスト化する。(2018/10/16)

CloseBox:
Winamp復活で思い出す、嫁ぎ先で変わる運命
Winampと同時代のMP3プレーヤーアプリが後にiTunesとなった話は知ってますよね。(2018/10/16)

懐かしの音楽プレーヤー「Winamp」、公式サイトが突如復活 クラウドやストリーミングに対応の最新バージョンを2019年に提供
スキンに凝ったあのころが再び?(2018/10/16)

ブラザー、硬質カード読み取りもできる省スペース型のA4ドキュメントスキャナー
ブラザー販売は、省スペース設計を実現したA4判対応ドキュメントスキャナー「ADS-1700W」を発売する。(2018/10/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。