ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クラウド」最新記事一覧

AIベースのアプリも構築可能:
セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み込む「Salesforce Einstein(セールスフォース アインシュタイン)」を発表した。(2016/9/23)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/09/23
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年9月23日)(2016/9/23)

BIM/CAD:
BIMデータを数分でVRで使えるデータに変換、「Autodesk Live」
オートデスクは「Autodesk Revit」で作成したBIMデータを、VR機器やタブレット端末などで活用しやすいデータに変換できるクラウドサービス「Autodesk Live」を9月下旬から発売する。(2016/9/23)

Oracle OpenWorld 2016 Report:
ハード屋とソフト屋が一緒に作るとシステムはどうなるか?
Oracle OpenWorld 2016最後の基調講演は、クラウドへの移行手段とハードウェア製品の施策が披露された。中でもOracleがこだわったのは、ハードウェアとソフトウェアを一緒に開発することによる効果だという。(2016/9/23)

車載ソフトウェア:
ルノー・日産がソフトウェア開発会社を買収、IoTクラウド基盤をクルマで活用する?
ルノー・日産アライアンスは、フランスのソフトウェア開発会社 Sylpheoを買収した。買収額は非公表。自動車メーカーがソフトウェア開発会社を買収するのは珍しい。クラウドサービスの開発に強みを持つシルフェオをアライアンスの一員とすることにより、コネクテッドカーとモビリティサービスの開発を強化する。(2016/9/23)

特集:Visual StudioとXamarinで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発:
第1回:Xamarinでアプリを作ろう
Visual StudioとXamarinでクロスプラットフォーム開発を始めよう! 今回はXamarinの概要について見た後、Hello Worldプログラムを作成する。(2016/9/23)

Oracle DB最新版はまずDBaaSとして登場:
オラクルのエリソン会長、「Oracle Database」最新版や多数のクラウドイノベーションを発表
米オラクルのラリー・エリソン氏は「Oracle OpenWorld 2016」の開幕基調講演を行い、同社のクラウドコンピューティングプラットフォーム全般にわたる多くのイノベーションを披露した。(2016/9/21)

Oracle OpenWorld 2016 Report:
「AWSはIBMメインフレームより閉鎖的」 エリソン会長が徹底“口撃”
Oracle OpenWorld 2016では、IaaS領域にも切り込む同社のクラウド分野への転換が全面的に打ち出された。エリソン会長兼CTOは2回目の基調講演でもAWSへの対抗心をあらわにした。(2016/9/21)

ベアメタルやアジャイルな開発者向けサービスも:
オラクル、DBaaSを中核に19種類の新たなサービスによるPaaS強化を発表
米オラクルは「Oracle OpenWorld 2016」で、「Oracle Cloud Platform」に新たなIaaSを加えると発表。さらに、PaaSも強化し、「Oracle Database 12c R2」を利用したDBaaSをPaaSの中核に置くことを明らかにした。(2016/9/21)

IBM Edge 2016 Report:
メインフレームでブロックチェーン? ダイヤ取引の変革に挑むEverledger
IBM Edge 2016カンファレンスは2日目を迎え、午前のジェネラルセッションにはテクノロジーで新たなビジネスモデルを創造するイノベーターたちが登場した。ダイヤモンド取引の高い透明性に挑む英国の新興企業が着目したのは、ブロックチェーン技術とIBMのメインフレームだった。(2016/9/21)

SD-WANは、何をしてくれるのか(4):
SD-WANで後発のリバーベッドがやろうとしていること
米リバーベッドテクノロジーは2016年になって新興ベンダーの独Ocedoを買収し、SD-WAN市場に参入してきた。同社はどのようなSD-WAN製品を展開しようとしているのか。元Ocedo CEOに聞いた。(2016/9/21)

ホワイトペーパー:
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
大企業を対象とするユニファイドコミュニケーション市場では、CiscoとMicrosoftがシェアの大半を占めている。この2社が提供するサービスの違いを紹介する。(2016/9/21)

IoT観測所(25):
年間1ドルの通信費で普及を狙う「SIGFOX」
IoTエンドデバイスの普及を考える際、問題となるのが通信手段の確保。携帯電話網やWi-Fi、ZigBeeなどには消費電力や通信費、到達距離などでどこかに課題があり一長一短である。SIGFOXはデータ収集に特化することで、それらの問題をクリアしている。(2016/9/21)

企業動向を振り返る 2016年8月版:
インテルがディープラーニング市場でNVIDIAに挑む!?
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年8月はどのようなM&Aや協業、あるいは事業撤退などが行われたのでしょうか? 各企業の経営戦略に注目です。(2016/9/21)

特選ブックレットガイド:
【まとめ読み】組み込み/IoT機器開発で使えるWindows OS(後編)
CoreとCore Proエディションの違いやクラウド連携活用について紹介。(2016/9/21)

Computer Weekly:
AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣
クラウド市場におけるAWS、Microsoft、Googleの三つどもえの戦いはさらにヒートアップしている。現在の実力差はどれくらいあるのか。各社の決算報告から見えてくるものとは?(2016/9/21)

イーソル UncannyDL QSK:
ディープラーニング画像認識の検証期間が数カ月から1週間へ大幅短縮
イーソル、Uncanny Vision、ビーティージーコンサルティングの3社は、組み込み機器を用いたディープラーニング画像認識の検証を容易に行える「UncannyDL QSK(Quick Starter Kit)」の提供開始を発表した。(2016/9/21)

コストよりも重視した価値とは
「Evernote」がGoogleクラウドへ移行、“ロックイン”は怖くない?
プラットフォームのハイレベルサービスを導入するためなら、クラウドロックインもいとわないという企業が増えている。Evernoteもその1社だ。(2016/9/21)

Microsoftの2016年度事業報告書から見えるもの
Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?
Microsoftはスマートフォン事業からの撤退を推し進め、多くの従業員を解雇している。同社は今後どこへ向かうのか?(2016/9/21)

2020年には市場規模70億円に:
法人向け名刺管理サービス市場、Sansanが約8割のシェア――シード・プランニング調査
シード・プランニングは法人向け名刺管理サービスに関する市場動向調査を実施。2016年は市場規模40億円を超え、2020年には70億円弱に達するとする見通しを発表した。(2016/9/20)

半径300メートルのIT:
盗撮と思われそうで鬱 「iPhone 7をやめたくなった」ある機能と解決策
iOS 10には、撮影した写真を自動でムービーにしてくれる楽しい機能が付いています。たくさん写真を撮りたくなるのですが、iPhone 7のある機能が向上したことから大変な事態に……。(2016/9/20)

GoPro、折りたたみドローン「Karma」(9万円)と新カメラ「HERO5」を10月発売へ
アクションカメラメーカーのGoProが、カメラを付けて飛ばすドローン「Karma」と2年ぶりの新カメラ「HERO5」シリーズを発表した。ドローン単体は10月23日に9万円(税別)で発売の予定だ。(2016/9/20)

IBM Edge 2016 Report:
F1チームに学ぶ、常に進化するプロトタイプでビジネスの未来をデザインしよう
ネバダ州ラスベガスで「IBM Edge 2016」が開幕した。Edgeでフォーカスされる同社のシステム製品は「コグニティブビジネス」の実現を支える機能が盛り込まれてきているという。ITのチカラで常に進化し続けるRed Bull Racingの顧客事例も紹介された。(2016/9/20)

Weekly Memo:
“もの売りからサービス提供への転換”がIoTの本質、でも、どうやって?
IoTの活用によって企業のビジネスはどのように変わるのか。それを踏まえて企業はIoTにどう取り組み始めればよいのか。この疑問についてPwCの話を聞く機会があったので、それを基に考察してみたい。(2016/9/20)

クラウド型医療システムでBCP対応 特定医療法人ダイワ会が導入へ
特定医療法人ダイワ会がクラウド型電子カルテシステムの運用を開始。課題となっていたシステムの冗長化やBCP対応を解決し、24時間救急指定病院としての医療の継続性を確保した。(2016/9/20)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
CAD・CAEの「情報の秋」、到来
私たちも忙しくなります。(2016/9/20)

CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き(5):
デスクトップ仮想化「よくある質問と回答」
設計・解析の現場でも、デスクトップ仮想化の一方式であるVDIに対する関心が高まっている。連載「CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き」では、VDIの基礎解説や導入メリット、運用ポイントなどを分かりやすく解説していく。最終回となる第5回では、デスクトップ仮想化「導入までの流れとポイント」でピックアップできなかった、よくある質問とその回答について紹介する。(2016/9/20)

Skype for Business Onlineで通話の発着信が可能に
ついに実現した固定電話との融合、「Skype for Business Online」は何が画期的か
「Skype for Business Online」にクラウドPBX機能が追加され固定電話との互換性を得た。本稿では、Skype for Business Onlineの機能やプランを紹介する。(2016/9/20)

Oracle OpenWorld 2016 Report:
Javaのこれからは? Oracleが開発への継続的参加を訴求
Oracle OpenWorldと併催されている「JavaOne」もスタート。JDKのDocker対応やJava EE 8/9の状況などが紹介された。(2016/9/19)

Oracle OpenWorld 2016 Report:
OracleのエリソンCTO、IaaS注力でAWSに“宣戦布告”
クラウド分野へのシフトを進めるOracleは、SaaS/PaaS分野の事業が好調に推移していることから、今後はIaaSにも注力するという。ラリー・エリソン会長兼CTOは、「AWSより安く、性能と信頼で勝つ」と力説した。(2016/9/19)

製造業IoT:
「エッジデバイスを知ることが強みだ」Wind RiverのIoT戦略
組み込みOS「VxWorks」で知られる米Wind Riverだが、近年ではIoTに向けた製品とサービスの拡張を進めている。つながる時代となっても、強みはやはり「デバイスを知ること」だという。(2016/9/16)

サービスデザインからビッグデータ分析まで:
「コネクテッドカーアプリ」でIoTのスモールスタートを支援、アピリオとフレクトが協業
フレクトとアピリオが、コネクテッドカー向けのアプリを中心にIoT分野で協業する。IoT関連のスモールスタートビジネスを本格的なサービスへと発展させる支援・推進につなげる。(2016/9/16)

ハギーのデジタル道しるべ:
FinTechブームに踊らされる残念な金融機関の実態
日本の金融業界では「FinTech」ブームが続いている。前回はそれに踊らされる金融機関の実態を紹介したが、今回もその残念な事例を取り上げてみたい。(2016/9/16)

特集:IoT、FinTech時代、「求められるエンジニア」になるためには(1):
デジタルビジネス時代、エンジニアとして「求められ続ける」ために必要なこと
IoT、FinTechトレンドに顕著なように、テクノロジの力で新たなサービス価値を生み出すITサービス競争が国内でも活発化している。これに伴い、既存のビジネスプロセスが変わり、業界構造の破壊すら引き起こされつつある。ITの力によってビジネスのルールが大きく変わりつつある中で、これからも「求められる企業」「求められるエンジニア」であり続けるためには、いったい何が必要なのだろうか?(2016/9/16)

FAメルマガ 編集後記:
勝ち組はどこだ? IT×FAのビッグな協業相次ぐ
映画「アベンジャーズ」的な世界に入りつつあります。(2016/9/16)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/09/15
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年9月15日)(2016/9/16)

安川情報システム MMPredict:
IoT/ビッグデータ/機械学習を活用した故障予知サービス
安川情報システムは、産業用製造装置/検査装置などの異常を、故障が発生する前に検知・通知する故障予知サービス「MMPredict」の提供開始を発表した。(2016/9/16)

IoT、FinTech時代、自社の市場を奪われないために:
PR:「勝てるITサービス」に欠かせない、開発・運用基盤の3要件とは?
テクノロジの力で新たな価値を創出したITサービスが、企業収益・ブランドを左右するほどのインパクトを持つようになって久しい。例えば「Uber」や「Airbnb」のように、既存ビジネスモデルを変え、業界構造の破壊すら引き起こすケースも現れ始めている。こうしたデジタルトランスフォーメーションが日本でも急速に進む中、ITサービス開発競争を勝ち残るためにはどのような開発・運用基盤が必要なのだろうか。その回答として「コンテナ戦略」を打ち出すレッドハットに話を聞いた。(2016/9/16)

クラウドベースのメリットとデメリットは
オフィスソフトを「Office 365」「Google Apps」へ移行、検討すべきは“失う機能”
オフィスソフトウェアをクラウドへ移行する前に、移行によって何を失い、何を得るのかを考える必要がある。(2016/9/16)

特選プレミアムコンテンツガイド
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由
クラウド市場では「Amazon Web Service」(AWS)が依然としてトップを走る一方、「Google Cloud Platform」も大きな成長を見せ、ユーザー企業が再検討するほど魅力的な機能を備えるようになっている。(2016/9/16)

ナビゲーター卒業、そして新世代へ:
PR:SPARC/SolarisやSuperClusterが、SAPに最適な理由とは何ですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、米国のオラクル本社からSAPアカウント担当 バイスプレジデントを務めるゲルハルト・カップラーが来日したので、SAPのお客さまに対して、オラクルはどのようなテクノロジーを提供し、お客さまはどのような価値を享受できるのかを聞いてきました。(2016/9/20)

2016年12月31日、desknet'sのサポート終了
desknet's NEOの乗り換え問題を解決する、月額150円のサービスとは
300万以上のユーザー数を誇るグループウェア「desknet's」が2016年12月にサポート終了を迎える。後継サービスは価格が割高で、乗り換えに二の足を踏む企業が少なくない。代替サービスはないものか?(2016/9/12)

データの分割保存でマイナンバー情報などの安全強化、クラウド3社が連携
IDCフロンティア、さくらインターネット、ニフティが連携。企業などの重要データを各社の環境に分割保存することで、データの搾取や喪失などのリスクに備えられる。(2016/9/15)

「意識させない常時暗号化」、Azure Blob Storageにも対応:
マイクロソフト、「Storage Service Encryption for Azure Blob Storage」を正式リリース
マイクロソフトが、Azure Blob Storageの常時暗号化を実現する「Storage Service Encryption for Azure Blob Storage」を正式リリースした。(2016/9/15)

オンプレミスと同様な対策をクラウドに適用:
SecureWorksがAWS対象のセキュリティサービス、ビッグデータ解析と機械学習を活用
SecureWorks Japanは2016年9月14日、Amazon Web Services(AWS)に特化したマネージドセキュリティサービスおよびセキュリティインシデントへの緊急対応サービスを国内で提供開始すると発表した。ビッグデータ解析に専門家のノウハウを組み合わせている点が特徴。(2016/9/15)

ITソリューション塾:
IoTや人工知能の新規事業を「失敗」させる極意
「IoTや人工知能を使って、うちでも何かできないのか」――。こんな話が経営者から降ってきたときに役立つ考え方と戦略立案に向けたアプローチを紹介します。(2016/9/16)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(4):
「プログラミング教育」はICTを活用した新たな“学び”のシンボル――小学校で成功させるためのポイントと実践事例
政府の新たな成長戦略の中で小学校の「プログラミング教育」を必修化し2020年度に開始することが発表され多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点について聞いていく。今回は小金井市立 前原小学校 校長の松田孝氏。(2016/9/15)

日本型セキュリティの現実と理想:
第31回 「ポケモンGO」まで来たITの進化とその先にあるIoTの衝撃
各種メディアをにぎわしているIoTは、日本も国を挙げて推進しようとしているほどの大きな潮流となりだした。今回から何度かにわたって、セキュリティはもちろん、このIoTの本質や課題、その将来性などを記す。まずはIoTの本質から考察したい。(2016/9/15)

いざというとき、本当に役に立つか
不安ばかりのモバイルデータバックアップ、転ばぬ先のテスト法
企業でリモートワークを活用する場合、バックアップとリストアの問題が浮上する。モバイルデータの保護を高めるためには、バックアップとリストアの機能をテストしておくことが不可欠だ。(2016/9/15)

コスト最適なサイバー攻撃対策を考える
感染しても被害を拡散させない「セキュリティスイッチ」の有用性
標的型攻撃で崩れ去った企業システムの「境界防御」。技術者不足、運用コスト高騰に悩む企業に何ができるのか? 情報漏えいを予防するためのコスト最適な解決法を探る。(2016/9/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。