ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ロボットカー」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
「ロボット」特集 ― MONOist

自動運転車市場の参入に向けて着々と準備?:
Appleが中国の配車サービス大手に10億ドルを出資
Appleが、中国の配車サービスを手掛けるDidi Chuxingに10億米ドルを出資する。これによってAppleは、中国での配車サービス関連の情報を集めるとともに、自動運転車市場に参入する市場機会を探るのではないかとみられている。(2016/5/18)

NVIDIA、「ROBORACE」のロボットカーが「DRIVE PX 2」採用と発表
NVIDIAが、自動車用スーパーコンピュータ「DRIVE PX 2」が、来年から開催される自動運転車のカーレース「ROBORACE」の全車両に搭載されると発表した。ROBORACEでは10チームが同じ条件の車両に搭載する人工知能の性能を競う。(2016/4/6)

自動運転技術:
10分の1スケールの自動運転実験用ロボットカーが最新版に、開発環境も充実
ZMPは、自動運転や遠隔操縦、センシングの研究開発向けに10分の1スケールのロボットカー「RoboCar 1/10 2016」の受注を開始したと発表した。最新モデルとなる同製品は、従来製品として開発環境を充実させた他、新たにレーザーレンジセンサーをオプションで搭載する。税別価格は一般向けが80万円、アカデミックが68万円から。(2016/1/12)

ET2015:
第3世代「R-Car」向け3Dマッピング技術、日立超LSIが「KINECT」でデモ
日立超LSIシステムズは、「組込み総合技術展 Embedded Technology 2015(ET2015)」において、複数の赤外線カメラから取得した3D情報を用いてリアルタイムで高精度3D地図データを作成する「協調型ローカルダイナミックマップ構築(3Dマッピング技術)」を披露した。(2015/11/25)

Skype共同創設者が新ビジネス ロボットカーで日用品を配達
Starship Technologiesは、小さなロボットカーで近所の店から日用品を配達するサービスを計画しています。(2015/11/3)

4種類のロボットを組み立て可能! お絵描きロボットキット「mDrawBot(えむどろーぼっと)」がかわいい
ロボットにペンを持たせて絵を描けます。(2015/7/28)

自動運転技術:
アウディの自動運転車とサーキットで対決、人間のドライバーは勝てるのか
アウディが米国カリフォルニア州のソノマ・レースウェイで自動運転車の体験試乗会を開催。アウディの「RS7」ベースの自動運転車「ロビー」と、かつて自動車レースで腕を鳴らした筆者が運転するRS7で、どちらが早く周回できるかで対決した。果たしてその結果は!? ロビーの自動運転の仕組みなどについても紹介する。(2015/7/14)

メイカーズバザール大阪 vol.2 リポート:
「作りたいから作っちゃった」が面白い、大阪発メイカーズ
ラズパイでピザを焼き、段ボールで家作り。市場調査と販売予測を立てない、そんな“作りたいから作った”面白いモノがある。モノ作りを楽しむヒトが集まった、「メイカーズバザール大阪 vol.2」をご紹介。(2015/7/6)

Google Carの自動運転技術大解剖(2):
自動車を制御するロボットの思考と行動の仕組み――Google Carが現実世界を認識する際の3つのアルゴリズムと実用化への課題
本連載では、公開情報を基に主にソフトウエア(AI、アルゴリズム)の観点でGoogle Carの仕組みを解説していきます。今回は、制御AIの思考と行動のサイクル、位置推定の考え方「Markov Localization」における3つのアルゴリズムと、その使い分け、現実世界の認識における課題などについて。(2015/7/3)

Google Carの自動運転技術大解剖(1):
あなたの知らない自動運転技術の歴史とGoogle Carの自動運転に使用するセンサーの基礎知識
本連載では、公開情報を基に主にソフトウエア(AI、アルゴリズム)の観点でGoogle Carの仕組みを解説していきます。初回は、自動運転の歴史やGoogle Carの位置付け、Google Carで使われているセンサーの基礎知識などについて。(2015/5/29)

ロボットカー:
ZMPとDeNAが「株式会社ロボットタクシー」設立、自動運転の実用化目指す
ZMPとディー・エヌ・エー(DeNA)が自動運転の実用化を目指して「株式会社ロボットタクシー」(仮名)を設立した。(2015/5/12)

インタビュー:
「“スマホの次”は小型コミュニケーションロボ」ロビ産みの親、高橋氏が考える近未来
家庭用ロボット「ロビ」の産みの親、高橋智隆氏は「スマホの次はコミュニケーションロボットだ」という。スマホにおけるiPhoneのような、コミュニケーションロボットの離陸に必要な「キラーハードウェア」は何か。(2015/3/11)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
生き物に学ぶモノづくりをめぐる国際競争、日本はどうなる?
生物からモノづくりを学ぶ「バイオミメティクス」ってご存じですか?(2015/2/26)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
自動運転車はロボットなのか
Googleの自動運転車はロボットっぽいですよね。顔が。(2015/1/27)

CEATEC 2014 フォトギャラリー:
日産がいなくなったCEATEC、コックピット展示は大幅増加
7年連続出展していた日産自動車がいなくなった「CEATEC JAPAN 2014」だが、自動車色は年々強くなるばかり。今回は、コックピット展示を使って技術や製品をアピールする企業が多かった。(2014/10/28)

安全システム:
ZMPが「Core i7」搭載の自動運転用コントローラを開発、2015年7月に発売
ベンチャー企業のZMPはインテルの高性能CPU「Core i7」を搭載した自動運転技術開発用のコントローラボックス「IZAC」を開発する。今後、設計試作とテストマーケティングを行い、2015年7月に発売する予定である。(2014/7/3)

クルマのIT化はビジネスチャンス――排出量ゼロ、重大事故ゼロを目指す
早稲田大学 IT戦略研究所は、ビジネスチャンスとしての自動車IT化の加速をテーマに「第42回 インタラクティブミーティング」を開催。日産自動車 総合研究所 モビリティ・サービス研究所 所長の三田村健氏が「自動車の電動化と知能化が目指すもの」をテーマに講演を行った。(2014/5/26)

Arduinoで始めるWeb技術者のためのIoT入門(1):
JavaScriptでも制御できる! Arduinoの基礎知識
今注目のInternet of Thingsを実現するセンサーデバイスのインターフェースとしてArduinoを使い、電子工作の基礎から実装までを紹介する連載。初回は、Arduinoの概要と注目を集める理由、4つの面白い利用例を紹介します。(2014/5/21)

車載半導体:
車載マイコンにARMを採用したフリースケール、中国市場を攻略へ
Freescale Semiconductor(フリースケール)が、ARMの「Cortex-Mシリーズ」を採用した車載マイコン「Kinetis EAシリーズ」を発表した。Kinetis EAシリーズ投入の狙いは、中国市場の攻略にある。(2014/4/2)

Mac 30年の歩みを林信行が振り返る:
Macは30年を経ても「最高の自転車」であり「最良の紙」
個人のクリエイティビティを増幅するコンピュータ、Macの30年を林信行氏が振り返る。Macは何が“特別”なのか。(2014/1/24)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/24)

日本NI グラフィカルシステム開発コンテスト2013:
社会人/大学生に交じって遠隔制御ロボットで受賞! “C言語が苦手な中学生”に聞く
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、NI製品を使ったアプリケーションを表彰する「グラフィカルシステム開発コンテスト2013」を実施し、「未来のエンジニア賞」として、中学3年生の野口宙さんを表彰した。中学3年生ながら、NI製品を使いこなし、誰でも操作可能な遠隔制御ロボットを製作した野口さんにインタビューした。(2013/11/15)

フリースケール・カップ世界大会:
世界レベルの戦いはかくも厳しい――それでも東大チームの挑戦は続く
ロボットカー競技会「The Freescale Cup(フリースケール・カップ)」の世界大会には、総計約1000チームの中から予選を勝ち抜いた9カ国の代表が参加した。前日練習の際にアウェーの洗礼を受けた日本代表の東大チームだが、本戦の結果はどうなっただろうか。(2013/9/9)

日本代表を襲う逆境:
これがアウェーの洗礼か――東大チームがフリースケール・カップ世界大会に挑む
ロボットカー競技会「The Freescale Cup(フリースケール・カップ)」の世界大会に参加した東大チームを待っていたのは、アウェーの洗礼だった。(2013/8/27)

ルネサス/マルツエレック MMCR-FS:
ルネサス 中学必修の「プログラム制御」を学べる“マイコンカー”を発売
ルネサス エレクトロニクスなどは、小学校高学年/中学生でも簡単にマイコンのプログラミングを体験できるロボットカーを開発し、2013年7月末から販売を始める。(2013/7/22)

2013年は3倍以上に規模を拡大:
上位3チームがデッドヒート! 「フリースケール・カップ」決勝は手に汗握る展開
2012年10月22日、大学生と高等専門学校(高専)生を対象にしたロボットカー競技会「The Freescale Cup(フリースケール・カップ)日本大会」の決勝が開催された。上位3チームがデッドヒートを繰り広げるなど盛り上がりを見せた決勝レースの模様をリポートしよう。(2012/11/12)

7チームが世界挑戦を賭けて決勝へ:
ロボットカー開発は難しい――第1回「フリースケール・カップ」予選から
大学生と高等専門学校(高専)生を対象にしたロボットカー競技会「The Freescale Cup(フリースケール・カップ)日本大会」の予選が、東海大学高輪キャンパスで開催された。15チームが参加した同大会の結果から、自律走行するロボットカーの開発の難しさが垣間見えた。(2012/10/17)

全世界で1万5000人の大学生が参加:
フリースケールがロボットカー競技会を国内開催、優勝チームは世界大会へ
全世界で約1万5000人の大学生が参加するロボットカー競技会「フリースケール・カップ」の国内大会開催が決まった。優勝チームは、各国代表と世界一を争うチャンピオン大会に出場する。(2012/1/30)

悪路だって運転手いらず!――ゼットエムピー、一人乗りロボットEV「RoboCar MEV」に四輪駆動モデルを追加
運転手なしで走れるロボットカー「RoboCar」を開発してきたゼットエムピーが、1人乗りEVとして新たに四輪駆動モデルの受注をスタートする。(2011/11/22)

ロボ・カー研究開発の裾野を広げる:
ZMP、「RoboCar 1/10」のKinectセンサー搭載モデルを発表
ゼットエムピーは、同社の次世代自動車研究用プラットフォーム「RoboCar 1/10 Lite」に、マイクロソフトのXbox 360用「Kinectセンサー」を搭載したモデル「RoboCar 1/10 Lite&Kinect」の受注を開始した。(2011/8/1)

再検証「ロボット大国・日本」(3):
「ロボット技術で安全と環境の問題を解決したい」〜ロボットカーに挑戦するZMPの狙い(後編)
ロボットベンチャー・ZMPの自動車分野での取り組みは? 後編ではロボットカーのメリットや日本の課題などを探る。(2011/6/15)

セグウェイが歩道を走る つくばでロボットの公道走行実験スタート
つくばの「モビリティロボット特区」でロボットの公道走行実験がスタートした。ナンバー付きセグウェイが歩道を走行する。街を走るロボットカーの映像を撮影してきた。(2011/6/2)

再検証「ロボット大国・日本」(2):
「自動車メーカーにケンカを売るつもりはない」〜ロボットカーに挑戦するZMPの狙い(前編)
日本発ロボットベンチャー「ZMP」が自動車分野へ参入した狙いとは? 前編では「なぜロボットカーなのか」を探る。(2011/5/25)

次世代自動車やパーソナルモビリティの研究開発を促進:
ZMP、研究向けロボットカー「マイクロ・ロボットEV」
ZMPが次世代EVプラットフォーム「マイクロ・ロボットEV」を販売すると発表。次世代自動車やパーソナルモビリティの研究開発を促進。(2010/2/24)

次世代自動車やパーソナルモビリティの研究開発を促進:
ZMP、研究向けロボットカー「マイクロ・ロボットEV」販売
ZMPが次世代EVプラットフォーム「マイクロ・ロボットEV」を販売すると発表。次世代自動車やパーソナルモビリティの研究開発を促進(2010/2/24)

CEATEC JAPAN 2009:
ヒノキケータイ、ロボットカー、ムラタセイコちゃん――CEATECを彩ったモノたち
10月10日に閉幕したCEATECには、“ヒノキケータイ”や、衝突を避けながら走るロボットカー、155V型の有機ELディスプレイなど、見て面白い製品が目白押しだった。(2009/10/13)

“反射的に”衝突避ける「ロボットカー」 日産、ハチの行動を応用
ハチが障害物を避けて飛行する仕組みを応用し、反射的に衝突を回避できるロボットカーを日産が開発した。(2008/9/29)

2006 International CES:
PalmのWindows PDAからテレビ付き冷蔵庫まで、こんなものもありました
とにかくスケールの大きなInternational CES。会場も広大なら、展示物のバリエーションも実に豊富だ。これまで紹介できなかったユニークなアイテムをご紹介しよう。(2006/1/8)

スタンフォード大チーム優勝、5台が完走――ロボットカーレース決勝
砂漠を舞台に行われた「自走」するロボットカーのレースで、初めて完走車が出た。(2005/10/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。