ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「安全」最新記事一覧

歩行者事故防止へ初導入:
対歩行者自動ブレーキ、マツダ「アクセラ」が最高点
市販車の予防安全性能などの評価結果が公表された。対歩行者の自動ブレーキの評価を初めて実施。マツダ「アクセラ」が最高点だった。(2016/12/2)

JIMTOF2016:
ファナックの“緑の安全ロボット”が小型製品を拡充、部品組み立てで“協働”
ファナックは「JIMTOF2016」において、安全柵なしで人と同じ空間で作業できる安全機能を採用した「緑のロボット」の新製品3機種を披露した。小型モデルを拡充することで、人とロボットが協力して小型部品を組み立てるなど、製造工程のロボットの活用範囲を広げていく。(2016/12/2)

国交省、ASKA容疑者のタクシー車内映像放送に「誠に遺憾」 プライバシーを侵害した映像提供を問題視
ドライブレコーダーの映像は安全対策のために使われるべきだとしています。(2016/12/2)

「なぜPokemon GOしながら運転」 事故で息子亡くした父の叫びで仕様変更 プレイヤーからは脅迫メールも……
Pokemon GO捜査中の運転手が9歳の男児をはねて死なせた事故。「安全な場所だけで遊べるようにしてほしい」。理不尽な死で次男を失った父の願いだ。(2016/12/2)

パブリッククラウドの悩みはこれで解決
マルチクラウドの“セキュリティ崩壊”を阻止するシステム管理術
企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。(2016/12/1)

今までのID管理だけで大丈夫ですか?
“安全な認証 as a Service”を実現するセキュリティ対策の現実解
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?(2016/12/2)

「LINE-安全認証」 LINEをかたるフィッシングメールまた出回る
「LINE-安全認証」という件名のフィッシングメールが出回っている。(2016/11/30)

LINEの偽メール再び出現、「安全認証」と称して情報を盗む
「異常ログインを感知した」とLINEの通知を称するフィッシング攻撃がまた発生した。(2016/11/30)

JIMTOF2016:
工場をスマート化する“箱”、MT Connectで安全に接続
ヤマザキマザックは「JIMTOF2016」において、新たに国内での展開を開始した「MAZAK SMARTBOX」と、IoTを活用したスマート工場実現に向けた提案を披露した。(2016/11/30)

ヤマザキマザック/シスコシステムズ MAZAK SMARTBOX:
「工作機械」と「通信機器」大手が協業、製造業のIoT化推進を目指す
ヤマザキマザックとシスコシステムズは、製造業のIoT化推進に向けて戦略的協業を発表した。工場内の設備機器を安全にネットワーク接続するための製品や、ビッグデータ解析/生産性向上のためのクラウドサービスなどの開発を進める。(2016/11/30)

産業制御システムのセキュリティ:
国内の産業用制御システムは本当に安全か「海外の事例は対岸の火事ではない」
海外に比べ、国内の産業用制御システム(ICS)はセキュアなネットワーク構成を採用していることもあり、マルウェア感染をはじめとするインシデントが発生することはほとんどなかった。しかし、この現状に甘んじることなく、インダストリー4.0などのトレンドで外部と接続されることも視野に、対策を検討してほしいとJPCERT/CCは呼び掛ける。(2016/11/29)

Docker、Kubernetesを効果的に活用:
PR:コンテナ技術を、ITサービス競争の“武器”にするためには
デジタルトランスフォーメーションの波が高まる中、利便性の高いITサービスをいかにスピーディに提供・改善できるかが企業の命運を左右する状況になっている。こうした経営環境を勝ち抜く上では、ITサービスの開発・運用スタイルも従来のやり方を抜本的に変えていく必要がある。その手段として企業の注目を集めているコンテナ技術だが、具体的にはどのように適用すれば、企業が安全に使えるビジネスの武器になり得るのか? コンテナ技術に深い知見を持つレッドハットに話を聞いた。(2016/11/28)

もはや大企業だけの課題ではない
「クラウド指向」の影と希望 運用管理とセキュリティ対策を考える
システム構築の第一の選択肢となったクラウド。システムの立ち上げが迅速になる 一方で、管理対象が膨大になり、全てを確実かつ安全に運用することが困難になってきている。(2016/11/28)

包括的なクライアント環境の視点が必須
「失敗しない働き方改革」に2-in-1デバイスを生かし切るには?
クライアント端末の刷新だけでは真の働き方改革にはならない。安全性や実効性を確保しないと定着しないからだ。失敗しないために何が必要なのか。具体例を交えて紹介する。(2016/11/25)

クラウド上で事故予測、ドライバーに警告 パイオニア、車に後付けできるIoTシステム開発
パイオニアは、事故リスクが高いと予測した場所でドライバーに警告する安全運転機能を、既販売車に後付けできるIoTシステムを開発した。(2016/11/25)

組み込み開発ニュース:
ハンズフリーの顔認証技術で、より安全に印刷できるソリューション
NECは、シーイーシーと協業し、顔認証技術を活用してハンズフリーで印刷ができる認証印刷ソリューションを発表。同日より販売開始した。プリンタのそばのカメラに顔をかざすことで本人認証をし、該当の人物が指示したデータのみを印刷する。(2016/11/24)

企業の個人データ利用、消費者の7割以上が「不快」に感じる
マーケティングなどで企業が消費者のデータを利用することについて大半の消費者が不快感を示した。健康情報などを使った見守り・安全サービスでの利用には一定の肯定意見もみられる。(2016/11/22)

韓国政府、Googleへの詳細地図データ提供を拒否 安全保障上の懸念を理由に
韓国外のデータセンターで運用されているGoogle Mapsに対する制限は続くことになった。(2016/11/22)

TechFactory通信 編集後記:
リスクを制御するため、あらためて確認したい「機能安全」の考え方
木製展示物の火災事故などここ最近、人が作ったモノに起因するトラブルが相次いでいます。製造業に携わる以上、自分たちが作りだしたモノが原因で事故が起こることは可能な限り避けなければなりません。そこで今回は「機能安全」についてあらためて考えたいと思います。(2016/11/19)

ET2016 速報レポート:
Nucleoで作るSmart Homeを提案――LoRaなど活用
STマイクロエレクトロニクスは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」で、快適かつ安全/安心なライフスタイルを実現する「Smart Homeソリューション」を提案した。(2016/11/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
iPhone管理者なら答えられないとまずい「4つの質問」
「iPhoneは絶対に安全だ」と思い込んでいるとしたら、それは間違いだ。iPhoneもセキュリティ問題とは無縁ではなく、適切な対策が求められる。では、何をすればよいのか。(2016/11/18)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
自動運転車が裁判の被告になるとどうなるか、弁護士に聞いてきた
「安全だと思ったから買ったのに!」(2016/11/17)

安全ピンを身につけて「Safetypin」ハッシュタグ トランプ氏当選後に広がるトレンド
不寛容に反対し、マイノリティーに「私といると安全ですよ」と示す「Safetypin」運動が拡大。(2016/11/15)

太陽光:
太陽光の屋上設置に新機軸、ユーザー参加型の体験型施工サービス
屋根上太陽光の設置作業にユーザー自身が参加する、日本初の施工サービスが誕生した。コンセプトは「プロと一緒にみんなで作る」。そこには、クオリティを確保しながら、素人でも安全に参加できる独自の仕組みが築かれている。コスト削減にとどまらない、体験型施工の魅力とは? (2016/11/15)

照明器具がIoT化を促進する
「不審者侵入の即時警報を」──学校の安全を可視光通信とIoTで守る
IoTの普及に当たっては全てのデバイスをネットワークで接続することが重要になる。これが意外と難しい。その活路として期待したいのが無線LAN……、ではなく照明器具を使う可視光通信だ。(2016/11/15)

SSLサーバ証明書にこだわり
常時SSL化はもう“当たり前” 給料前払いサービス「前払いできるくん」はなぜ安全か
給料の前払いを可能にするWebサービス「前払いできるくん」。人事や給与に関わるデータを扱う同サービスのセキュリティ対策は、どうなっているのか。提供元に聞いた。(2016/11/11)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年10月版:
情報処理安全確保支援士、3年維持で15万円の価値はあるの?
2016年のセキュリティクラスタは、IPAの新資格「情報処理安全確保支援士」の制度内容に猛烈な批判を加えるとともに、Twitterのダウンにヒヤヒヤ。一方で、数々のセキュリティイベントは目いっぱい楽しんでいたようでした。(2016/11/14)

クラウドを守る、クラウドで守る:
PR:クラウドのセキュリティ対策に新たな選択肢――Azureリソースを監視し、不適切な構成を「見える化」して対応を促すMicrosoft Azureセキュリティセンター
クラウドサービスを活用する際、多くの企業やIT担当者は、セキュリティ対策について悩むはずだ。これまでオンプレミスで実装してきた対策を実現できるのか、それ以上の安全性を確保できるのか、既存のポリシーに最適化するのは無理ではないか――。マイクロソフトは、そうした不安を払拭するセキュリティサービスとして「Microsoft Azureセキュリティセンター」を提供。どのような特徴があるのか、本当に必要なセキュリティ対策を実現できるのか。(2016/11/21)

ニッポンレンタカー、全車を先進安全機能搭載車に切り替えへ
ニッポンレンタカーは、2年かけて全車を先進安全機能搭載車に切り替える。事故を2割削減できると見込む。(2016/11/11)

「Azure Information Protection」と「Cloud App Security」の連携で:
「クラウドに送信されるファイルの安全性」を、どう確保すればよいのか
マイクロソフトが、「クラウドへ送信されたデータであっても、データ保護と永続的な管理を行う」を実現するソリューション「Azure Information Protection」と「Cloud App Security」の機能を解説した。(2016/11/10)

阪神高速ら、商用車データを活用した交通分析手法を確立 逆走防止などに活用
研究成果は、高速道路入り口の逆走防止、注意喚起情報の表示、大規模補修工事による交通影響の改善などに生かし、道路利用者の安全・安心・快適性向上を目指すという。(2016/11/9)

組み込み開発ニュース:
3軸加速度センサーを搭載したデータ収集システムを提供
NECエンジニアリングは、安全性の高いデータ送信と、920MHz帯無線通信によって電波干渉を低減した「加速度・温度センサ データ収集システム」を発売した。3軸加速度センサーと温度センサーを搭載し、センサー内でデータを1次解析する。(2016/11/9)

Webサイト証明書の安全性検証に新対策
「Google Chrome」でCertificate Transparency準拠が必須に、何が変わる?
GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」では、公的に信頼されるWebサイト証明書の安全性検証にCertificate Transparency(証明書の透明性)への準拠が必須となる。(2016/11/9)

マイクロチップ EERAMメモリ:
無限の書き込み耐性を搭載したEERAMメモリ
マイクロチップ・テクノロジーは、無限の書き込み耐性を搭載したメモリソリューションを発表した。電源喪失時にも、外付けバッテリーなしで安全にデータを保持するという。(2016/11/8)

ハッカー集団Shadow BrokersがNSAの機密データを新たに公開 ハッキング先のIPアドレスなど
NSAから盗み出したという情報によれば、米国家安全保障局の活動は日本にも及んでいるようだ。(2016/11/7)

空中に絵を描ける3Dペン「3Doodler」に子ども向けモデル登場 素材が低温で溶けるので安全
従来製品とは異なるコードレス仕様。(2016/11/3)

九州最西端の地 交通安全を祈願し続ける発明家 金山さん
意外な形で島の交通安全を支える人物がいた。長崎平戸の天才DIYアーティスト、金山さん。(2016/11/2)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ランサムウェア対策としてのバックアップ――データが人質になる前にすべきこと
近年、猛威を振るうランサムウェア。セキュリティ製品を導入しても、社員のITリテラシーが高くとも“100%の安全”はない。そこで、万が一、感染しても被害を出さないためのバックアップについて、確実に押さえておきたいポイントを解説する。(2016/11/4)

車載情報機器:
トヨタがカーシェアを推進、車内に専用端末を置くだけで利用可能に
トヨタ自動車は、カーシェアなどのモビリティサービスの普及を踏まえ「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の構築を推進すると発表した。併せて、カーシェアで安全かつ安心なドアロックの開閉やエンジン始動を実現するためのデバイス「スマートキーボックス(SKB)」も開発した。(2016/11/1)

DELL EMC World 2016:
テロをけん制する「銃声検知」も――銃国家アメリカでみた「安全を守るIoT」
危険が伴う作業現場で見えないリスクを可視化。労働者の安全を守る仕組みで、IoTの利用価値を知った。(2016/10/31)

「LINEーー安全確認」 LINEをかたるフィッシングメールに注意
「LINEーー安全確認」という件名でLINEをかたるフィッシングメールが出回っている。(2016/10/31)

合理化で上方修正 デンソーの17年3月期営業益
デンソーが発表した16年4〜9月期連結決算は、情報安全分野などで生産量が増えたものの、円高の影響で減益に。合理化の成果を織り込み、通期の利益予想は上方修正した。(2016/10/31)

「渋滞予測」「異常検知」 2020年、テクノロジーは東京の安全をどう守るのか
近い将来、テクノロジーの進化によって、あらゆる“渋滞”をなくすことができるかもしれない――。いま、人(集団)の行動を分析して、渋滞や危険を予測する研究が進んでいる。(2016/10/31)

茨城県警「茨城県警−Archive.isは偽サイト」とTwitterで注意喚起 → ネット民から「それ魚拓」の指摘相次ぐ
安全と断言できないのは確か。(2016/10/28)

ハイパーコンバージドインフラ比較【後編】
有名製品がベストとは限らない、「身の丈にあう」ハイパーコンバージドの選び方
大規模なハイパーコンバージドインフラだけに購入時のモデル選択は失敗できない。そうなると安全策になりがちだが、定番の「大手ベンダー」モデルが自分たちの組織に最適とは限らない。(2016/10/26)

MONOistセミナーレポート:
PR:自動運転車の車載ソフトウェア開発で問われる3つの課題
自動車の機能が高度化する中で車載ソフトウェアは複雑化しており、その一方でさらにコストや品質、安全も問われている。自動運転車の実現に向け、自動車メーカーやティア1サプライヤが開発を加速させているが、この自動運転時代における車載ソフトウェア開発には何が必要なのだろうか。(2016/10/25)

セキュリティ国家資格「情報処理安全確保支援士」の詳細発表、2017年4月から
「情報セキュリティスペシャリスト試験」に代わる新たな資格制度の実施体制などを経産省とIPAが発表した。(2016/10/24)

さらなる微細化の実現へ:
EUV光源で「世界最高水準」の発光効率5%を実現
ギガフォトンは、開発中の極端紫外線(EUV)スキャナー用レーザー生成プラズマ(LPP)光源における、半導体量産ラインでの稼働を想定したパイロット光源が完成し、出力105Wの安全運転と、発光効率5%を実現した。最先端半導体製造ラインの実現に向けて大きく前進したという。(2016/10/24)

社外でも安全に業務ができる環境とは
新しい働き方を促進する、デバイスとクラウドIDの統合管理方法
クラウドやモバイルの普及により、ワークスタイルが大きく変化してきている。外出先や自宅で、PCやモバイルデバイスで安全に業務を進めるにはどうすればよいのだろうか?(2016/10/24)

Tesla、全モデルを“完全自動運転対応”で製造販売し、ソフト更新で有効化へ
Teslaが、製造するすべての車両(「Model S」「Model X」「Model 3」)に完全自動運転機能を登載すると発表した。販売段階ではソフトウェアで機能をロックしておき、走行データの解析で安全が確認できた後OTAでロックを解除する。(2016/10/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。