ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「安全」最新記事一覧

加入者の安全運転を支援
機械学習はUberやAirbnbのようなイノベーションを自動車保険業界にもたらすか
機械学習ツールを活用できる分野はデジタルマーケティングだけではない。自動車保険会社のHiRoad Assuranceは、保険加入者の安全運転に機械学習ツールを役立てている。(2018/2/22)

ドローンの安全運用、携帯電話網で手助け 法人向け「docomo sky」始動
ドコモが、法人のドローン運用をサポートする「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発。ドローンが携帯電話網と接続し、遠隔地から自動飛行が可能。(2018/2/21)

食品添加物「無添加」「不使用」のほうが安全なのか
保存料や着色料などの食品添加物は、「使っていない食品のほうが安全」だと考える人も多い。しかし、例えば保存料を適切に使えば、食中毒のリスクを下げる。食品関連業界に対して、「無添加」「不使用」の表示の自粛を求める動きも。(2018/2/21)

確実かつ高速なメール配信を実現
「メールマガジンが届かない」という厄介事はなぜ生じるのか? その解決策は?
顧客との重要な接点であり、マーケティング活動に欠かせない「メール」。確実かつ安全にメールを配信するには、確かな技術とノウハウに裏打ちされた仕組みが不可欠だ。(2018/2/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
クルマのコモディティ化と衝突安全
ここのところ繰り返し書いているテーマの1つが、「クルマはコモディティ化していく」という安易な理解への反論だ。今回は衝突安全の面からこの話をしたい。(2018/2/19)

「Windows 10 S」の選択や「Intune」「AutoPilot」の導入が鍵
「Windows 10」の安全性を限界まで高めるには? 楽して導入する方法とは?
「Windows 10」を可能な限り安全に運用するには、どうすればよいのか。Windows 10デバイスの導入に伴う作業負荷を軽減する方法とは。これらの課題の解決策を考える。(2018/2/19)

デンソー 普及型画像センサー:
撮像素子を高感度化した普及型画像センサー
デンソーは、周辺環境を認識し、車両の安全性能の向上を図る普及型の新型画像センサーを開発した。新たなレンズの開発と撮像素子の高感度化により、夜間の歩行者など認識対象を拡大した。(2018/2/16)

ここがヘンだよ、セキュリティの常識:
「iPhoneだから安全」とたかをくくってませんか?
ほかのスマホと違って、iPhoneはセキュリティが強固だから安全――そんな話、聞いたことありますよね。それってホントなの?(2018/2/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
自己成長するAIは「医療機器」として安全なのか
多くの業界でAIによる従来業務の置き換えが検討されているが、医療はこうした動きが激しい業界の1つである。特に診断の領域では、AIが医師に圧勝するケースが続出しており、業務のAI化が一気に進みそうな状況となっている。業務のどの範囲までAI化を行い、人の責任の範囲をどこまで設定すべきなのか。医療分野における取り組みはあらゆる業界にとって参考となるだろう。(2018/2/15)

PR:Webサイトの安全性は誰が証明する? “SSL証明書”のデジサートが語る、IoT時代のセキュリティに必要なもの
(2018/2/15)

コインチェック、人材不足で早期の安全対策は困難 営業再開できない恐れも
日本円の出金を約半月ぶりに再開したコインチェック。ただ、人材確保などが円滑に進まないとみられ、顧客保護に万全を期することができるのか不安視されている。(2018/2/14)

自動運転技術:
自動運転時代のライティング技術、「次どっちに進む?」をアニメで表示
三菱電機は路面へのライティングにより、クルマの進行方向やドアの開け閉めなどを分かりやすく示す「安心・安全ライティング」技術の進化について紹介した。(2018/2/14)

コインチェック「事業続ける」「仮想通貨の出金は安全を確認し次第」
コインチェックは、金融庁へ業務改善命令に係る報告書を提出したことを受け、東京都渋谷区の本社内エントランスで記者会見を開き、同社の大塚雄介取締役が現在の状況を説明した。(2018/2/13)

愛犬の冬のお散歩を安全で快適に 足のトラブルになりやすいのはこんなワンちゃん
元気にお散歩行きたいワン。(2018/2/10)

自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは?
自動運転車における重要な基盤「ダイナミックマップ」。刻々と変化する道路の状況を伝え、正確で安全な運転を助けるデータベースあるいはセンサーとなる。その実際について、ダイナミックマップ基盤株式会社の中島務社長に詳しい話を聞いた。(2018/2/9)

HTTPを使うWebサイトはすべて「安全ではない」――Google Chromeで明示へ
2018年7月にリリース予定の「Chrome 68」からは、HTTPを使っている全てのWebサイトについて、アドレスバーに「非安全」(not secure)の文字を表示する。(2018/2/9)

製造ITニュース:
労働力不足解消のためのIoTサービス提供に向け、実証実験を開始
NTT東日本と日本マイクロソフトは共同で、労働力不足解消のためのIoTサービス提供に向けた実証実験を開始すると発表した。物流倉庫で作業者が安全かつ効率的に作業できる環境を提供し、省力化や人材の早期育成などについて効果を検証する。(2018/2/9)

ここがヘンだよ、セキュリティの常識:
まさか「パスワードを定期的に変えていれば安全」なんて思ってませんよね?
パスワードの定期変更って、正直なところメンドクサイですよね。これってホントに意味あるの?(2018/2/9)

ソフトバンク、「ジュニアスマホ」2月9日に提供開始 子どもの安全なスマホライフをサポート
ソフトバンクが、Androidスマートフォン用の無料サービス「ジュニアスマホ」を開始する。「キャリア決済利用禁止」「フィルタリングサービス」などが適切に設定されるため、より安心して子供がスマホを使える環境が整うという。(2018/2/8)

テクノロジーが可能にすること
建設業界を変えるIoTとVR/AR、具体的なメリットは?
モノのインターネット(IoT)とセンサーベースのテクノロジーは、作業員の安全やコストの削減、予知保全といった面で、建設現場に大きなメリットをもたらす可能性がある。(2018/2/7)

台紙に写真や詳細データ:
相鉄、新型車両20000系の「デビュー記念入場券」発売
相模鉄道が、2月10日に「20000系デビュー記念入場券セット」を発売する。写真、図面、詳細データを掲載した台紙に、普通入場券8枚をまとめた。「20000系」は相鉄グループ創立100周年を記念した車両で、快適性・安全性が特徴。(2018/2/6)

医療機器ニュース:
モーター制御で足の動きを補助する足首アシスト装置を発売
安川電機は足首アシスト装置「CoCoroe AAD」を発売した。歩行に求められる足首の底屈、背屈の動きをモーター制御で補助することで、長時間、安全な歩行練習を繰り返すことができる。(2018/2/6)

日商エレが提供するデジタルレイバーを安全に戦力化するサービスとは!?
日商エレクトロニクスとRPAテクノロジーズおよびABBYYジャパンが販売代理店契約を締結し、デジタルレイバー総合サービスの提供を始める。(2018/2/5)

「なぜ対策を怠ったのか」:
仮想通貨流出、「安全だと……」 怒りと不安 投資額数倍の含み益も
仮想通貨流出問題で、顧客らが開いた被害者団体の設立会議では、コインチェックのずさんな管理態勢への怒りや、出金見通しが立たないことへの不安をあらわにした。(2018/2/5)

NXP 冷凍食品自動解凍レファレンスデザイン:
冷凍食品を素早くムラなく解凍するレファレンスデザイン
NXPセミコンダクターズは、冷凍食品を高速・安全かつ高品質に解凍できる、冷凍食品自動解凍レファレンスデザインを発表した。このデザインによって、家電OEM企業は最小の作業で迅速に製品を市場投入できる。(2018/2/5)

現場も情シスも喜ぶ、逆転の発想:
知っていた? 現場へ移管できるファイルサーバアクセス権管理手法
ファイルサーバのアクセス権管理は、情報漏えいリスクに直結するため放置はできない。安全にアクセス権管理の手間を省くには?(2018/2/2)

モバイルバッテリー、PSEマーク必須に
経済産業省は、モバイルバッテリーに対し、電気用品安全法(PSE法)の規制対象とすると発表した。(2018/2/2)

ここがヘンだよ、セキュリティの常識:
「パスワードだけ別メールで送れば安全」、それってホント?
メールでよく見かける「パスワードは後ほど別メールでお送りします」ってやつ、ホントに安全なの?(2018/2/2)

危険性の認識を:
加熱式たばこ、安全なの? 専門家警鐘「有害物質含む」
加熱式たばこは“安全”なのか。(2018/2/1)

LINE出澤社長「仮想通貨事業は安全第一」 18年度はFintechとAIに集中投資
LINEの出澤社長が、2017年度の通期決算説明会で仮想通貨事業やAI分野への取り組みについて語った。(2018/1/31)

「世界一安全」をうたう火炎放射器、イーロン・マスクの会社が発売 初回生産分2万丁が完売の勢い
ていねいなことに消火器も同時発売。(2018/1/31)

メルカリで「ハードウェアウォレット」が出品禁止に
利用者の安全のためとしています。(2018/1/31)

製造マネジメントニュース:
既存事業が地盤沈下するNEC、再建のカギを握る「安全」と都市・クルマ・工場
NECは、現行の3カ年中期経営計画の達成が難しくなったことを受け、目標を再設定した2020年度までの3カ年の中期経営計画を発表した。再建に向けては「収益構造の改革」「成長の実現」「実行力の改革」を3本柱とし、成長の原動力として監視システムなどのセーフティ事業を位置付けた。(2018/1/31)

安全システム:
「Toyota Safety Sense」第2世代、デンソーがセンサーの小型化を実現
デンソーは、運転支援システム向けに普及タイプの新型単眼カメラを開発した。トヨタ自動車の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の第2世代版で採用される。(2018/1/31)

不在時でも宅配受け取り スマートロック完備の“IoTマンション”登場
スマートロックを完備した“IoTマンション”が登場。スマホ連携する監視カメラも備え、自宅にいなくても安全に宅配物を受け取れるという。(2018/1/30)

マルチクラウド環境の安全性と利便性を両立するには:
PR:クラウド時代のビジネスインフラに適した、新しいセキュリティ対策
SaaSの普及に伴い、社内と社外を分け、ファイアウォールの内側に保存されたデータを境界線で守るという“セキュリティの定石”に限界が見え始めている。KDDIとシマンテックが提案する「クラウドを安全に活用しながら、企業の力を最大限に発揮させる新たなセキュリティ対策の姿」とは?――両者の対談にその具体像を探る。(2018/1/29)

IHS Future Mobility Insight(1):
本当に望まれているのは「自動運転」なのか「予防安全」なのか
現在、自動車業界は、自動運転技術、コネクテッドカー、モビリティサービスなどの次世代技術による大きな変革の真っただ中にある。本連載では、これら次世代技術に焦点を当てながら、自動車が未来のモビリティへ移り変わる方向性を提示していく。第1回は、自動運転技術の導入がどのように進むかについて分析する。(2018/1/30)

甘いセキュリティ:
コインチェックの巨額流出、匿名通貨や安全性の問題点が噴出
外部の不正アクセスで仮想通貨取引所大手コインチェックから巨額の仮想通貨が流出した。セキュリティの甘さや財務の不透明性も浮上。仮想通貨取引所が抱える「問題点」がくっきりと浮かび上がっている。(2018/1/29)

組み込み開発ニュース:
数分でムラなく食品の自動解凍が可能に、家電メーカー向けレファレンスデザイン
NXPセミコンダクターズは、冷凍食品を高速・安全かつ高品質に解凍できる、冷凍食品自動解凍レファレンスデザインを発表した。設計済みの同レファレンスデザインを搭載することで、家電OEM企業は最小の作業で迅速に製品を市場投入できる。(2018/1/29)

Cxクラウド:
ソースコードの脆弱性をクラウド上で解析するサービス
東陽テクニカは、ソースコードの脆弱性解析をクラウド上で実施できる「Cxクラウド」の提供を開始した。コンパイル前、ビルド前のソースコードの脆弱性を開発者自身で診断して安全性を早期に把握できるため、修正によるコストを削減する。(2018/1/29)

ウェアラブルデバイスで安全管理と業務効率化――労働力不足を解決するIoTサービスに向けた実証実験を開始
東日本電信電話(NTT東日本)と日本マイクロソフトは、IoTやAI技術を活用して労働力不足を解決するIoTサービスの提供に向けた実証実験を開始する。ウェアラブルデバイスから取得するバイタルデータや位置情報を活用し、人材の有効活用や省力化などにつなげる。(2018/1/26)

リンクス/ESPROS epc611:
受光感度が従来比30%向上したToF方式の新世代センサー、幅広い用途で活用可能
リンクスは、スイスのESPROSが開発した8×8ピクセルToF(Time of Flight)方式の新世代センサー「epc611」の販売を開始。ジェスチャー認識の他、ロボットやドローン、自動運転車、機械の安全性確保など、さまざまな分野や用途で活用できるという。(2018/1/26)

現在の自動車安全装置は完全自動運転じゃない 国民生活センターが注意喚起
所有者の2割弱が理解していない。(2018/1/24)

現場管理:
VRで除染土のう輸送の“事故”体験、奥村組が安全教育に活用
奥村組は除染土のうの運搬する運転手の教育向けに、VRを活用したシステムを開発。未経験ルートの運行や、実体験が許されない重大事故などを体験学習できるという。(2018/1/23)

組み込み開発ニュース:
ソースコードの脆弱性をクラウド上で解析できるサービスを提供
東陽テクニカは、ソースコードの脆弱性解析をクラウド上で実施できる「Cxクラウド」の提供を開始した。コンパイル前、ビルド前のソースコードの脆弱性を開発者自身で診断して安全性を早期に把握できるため、修正によるコストを削減する。(2018/1/23)

設計工数や負荷、コストを削減:
車載向けオペアンプ、ノイズ設計フリーを実現
ロームは、「オートモーティブ ワールド 2018」で、未来のクルマの「安全」「快適」「環境」を実現するためのSiCパワーデバイスやオペアンプIC、オーディオシステム向けソリューションなどを紹介した。(2018/1/23)

老舗「新宿バッティングセンター」が大雪で倒壊との誤解広まる 店「積雪に備え天井ネットを引き下げただけ」
新宿の老舗バッティングセンターが雪の重みで倒壊したとのうわさが広まっていますが、実際は安全対策で天井ネットを地面に引き下げていただけでした。(2018/1/22)

スマートドライビング向け:
より安全、よりコネクテッド、より環境に優しい
STマイクロエレクトロニクスは、「オートモーティブ ワールド 2018」で、「より安全」「よりコネクテッド」「より環境に優しい」自動車を実現するための半導体ソリューションを紹介した。(2018/1/19)

その名は「AKXY(アクシー)」:
旭化成、次世代の「走るコンセプトカー」を展示
旭化成は、走行可能な次世代コンセプトカー「AKXY」を公開した。自動車の安全性や快適性の向上、環境対応などを考慮した、さまざまな自社製品や新技術が搭載されている。(2018/1/19)

マキシム MAX17843:
ASIL D準拠のバッテリー管理システム
Maxim Integrated Productsは、自動車分野向けの機能安全規格「ISO 26262」の最も厳しい安全レベル「ASIL D」の要件に準拠した、バッテリー管理システム「MAX17843」を発表した。(2018/1/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。