ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「佐村河内守」最新記事一覧

作曲家・新垣隆さん、13年ぶりとなる交響曲の新作発表 佐村河内守さん名義の「HIROSHIMA」以来
広島県、東京都、福島県のコンサートで披露。(2016/7/20)

“ゴーストライター騒動”佐村河内守氏に迫るドキュメンタリー「FAKE」 森達也監督15年ぶり新作
ゴーストライター問題で話題を集めた作曲家・佐村河内守氏に迫るドキュメンタリー映画「FAKE」が6月4日に公開。「A」の森達也監督15年ぶりの新作だ。(2016/6/3)

「ゴーストライター騒動」佐村河内守氏の記録映画「FAKE」、6月に公開 森達也監督
「A」の森達也監督、15年ぶりの最新作。(2016/3/11)

作曲家・新垣隆がアイドルに楽曲提供 さらにPVやライブにも出演しちゃうらしい
ノリノリだ!(2016/2/29)

小林正弥の「幸福とビジネス」:
相次ぐ企業不祥事、アリストテレスならどう見る?
ビジネスにおいて「美徳」は必要なのだろうか? 最近相次いで起きている企業の不祥事を見ていると、その答えは「Yes」と言わざるを得ないだろう。(2015/12/25)

TBSテレビ「アッコにおまかせ!」に人権侵害があったとしてBPOが勧告 佐村河内守さん謝罪会見に関する放送で
「聴覚障害」というテーマに対して正確な説明がなされる必要があった。(2015/11/17)

集英社が一部の“久保帯人先生ネタ”行為に警告 「別人の肖像を久保帯人先生であるかのように紹介」「悪質な場合法的措置も」
別人の画像の方が検索結果で上位に来てしまうなど問題視されていました。(2015/9/4)

出版社のトイレで考えた本の話:
「ゴーストライター」のホントのお仕事
「ゴーストライター」と聞いて、「なんだか怪しいなあ」と感じた人も多いのでは。しかし、ビジネス書や実用書などの世界では、非常にポピュラーな存在だ。なぜなら……。(2015/7/9)

BPO、佐村河内氏を紹介した番組に対して見解示す 「裏付け取材は不十分だが、放送倫理違反とまでは言えない」
ただし、各局の自己検証結果の公表を要望している。(2015/3/6)

「完全な『パクリ』レポート」を作成せよ──大阪市大の課題、その狙い 常識や先入観を逆手に
「完全な『パクリ』レポートとして作成せよ」――ネットや書籍から引用した文章だけでレポートを作成する大学の講義課題が話題を集めている。出題者である大阪市大の増田聡准教授に意図を聞いた。(2015/2/16)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
Business Media 誠 年間アクセスランキング〜2014年編
2014年もあと数時間で終わり。御嶽山噴火などの自然災害や、STAP細胞やゴーストライター騒動などの「ウソ」が話題になることが多かった今年、Business Media 誠でもっとも多く読まれた記事は何だったのか。ランキング形式で発表します。(2014/12/31)

フジ「IPPONグランプリ」を佐村河内氏が申し立て BPOで審理入りへ
名誉を傷つけ、さらに「児童・青少年に対する集団いじめ」を容認・助長すると訴え。フジテレビは反論している。(2014/12/17)

あなたの名字はある? 「日本人の名字マップ」立命館大が公開
地域別に多い名字を並べて日本地図にした「日本人の名字マップ」が立命館大のサイトで公開されている。(2014/12/5)

いい加減怒られるぞ……「第65回裏紅白歌合戦」出場メンバー今年も発表!
毎年恒例です。(2014/11/24)

TBS「アッコにおまかせ!」、BPOで審理入り決定 佐村河内氏申し立てで
人権侵害はあったのか。(2014/10/22)

窪田順生の時事日想:
「アイスバケツチャレンジ」にある種の「いかがわしさ」を感じてしまう理由
先日放送された『24時間テレビ』の平均視聴率は、歴代6位の17.3%――。「アイスバケツチャレンジ」に挑戦した人の姿が、次々にネット上にアップ――。こうした“善意”に違和感を覚える人も少なくないのでは。その理由は……。(2014/9/2)

ゴーストライター騒動の新垣隆さんが交響曲「HARIKOMI」を披露 ニコニコで音源公開
ニコニコ内での2次創作も可能。(2014/7/22)

誠 Weekly Access Top10(2014年6月30日〜7月6日):
2014年上半期を、検索キーワードで振り返る
先週のBusiness Media 誠は、「きかんしゃトーマス」やコンビニについての記事、そしてFacebookのセキュリティ自衛策についての記事に注目が集まりました。(2014/7/11)

ニコニコの夏――全国9カ所で「町会議」、ファイナルに小林幸子 「23時間テレビ」では新垣隆さん生演奏
ドワンゴは今夏、3年目となる「ニコニコ町会議」を全国9カ所で開催。新企画「ニコニコ23時間テレビ」には作曲家・新垣隆さんが登場する。(2014/6/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
世界をまとめて読む
これから生きていくうえで大事なものはなんだろうか? 世界中の優れたビジネス書から得る知識、知見、考え方、生きる姿勢、最新のビジネスモデルは助けとなるだろう。(2014/6/19)

「ASKA」関連商品、オークションでの取引数が急増
「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者が逮捕されたことを受け、さまざまなところで影響が出ているが、ネットオークションではどのような動きを見せているのだろうか。オークション比較サイトを運営しているオークファンが調べたところ……。(2014/5/30)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第18回:
高度に発達した出落ちマンガ「出落ちガール」 思わずノリツッコミしたくなります
「坂本ですが?」「聖☆おにいさん」など「マンガ界の一大トレンド(?)になっている「出落ち」のなかで、社主がお気に入りなのはこの「出落ちガール」です。(2014/4/4)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年3月第4週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。3月第4週は書店向け“デジタルラック”や、村上春樹氏の新刊が発売前に重版などが話題になりました。(2014/3/31)

ニセ佐村河内も登場 毎年恒例「京大コスプレ卒業式」が今年もすごい
コスプレが本気すぎる。(2014/3/25)

文芸春秋、佐村河内守事件の記事を電子書籍化
文芸春秋は、佐村河内守氏のゴーストライター事件に関する一連の記事を電子書籍化して発売。(2014/3/20)

佐村河内氏「譜面を書くのは神聖な作業」 なぜ“ゴースト”見抜けなかった? NHKが調査報告書を公開
なぜ「記譜シーン」を撮影できなかったのかなど明らかに。(2014/3/17)

NHK、佐村河内氏「Nスペ」調査報告書を公開 「本人が作曲していないと気づかなかった」
NHKは、ゴーストライター問題が発覚した作曲家・佐村河内守氏について、「NHKスペシャル」などで取り上げた経緯を説明する調査報告書を公開し、検証番組を放送した。「本人が作曲していないことや、全聾でないことに気づくことができなかった」としている。(2014/3/17)

佐村河内氏の謝罪会見、ネットでも大きな注目
ゴーストライター問題が発覚した作曲家・佐村河内守氏の記者会見が3月7日午前に行われ、ネットでも大きな注目を集めている。(2014/3/7)

伊吹太歩の時事日想:
佐村河内氏を叩くメディアは、ゴーストライターだらけだという矛盾
「現代のベートーベン」と呼ばれた作曲家によるペテン師騒動を海外メディアはどのように報じているのか? 記事に寄せられる読者のコメントも読んでみると興味深い。(2014/2/27)

窪田順生の時事日想:
ゴーストライターの私はこう思う、新垣隆さんは「ゴースト」ではない
“現代のベートーベン”と言われた佐村河内氏に代わって、譜面を書いていた新垣隆氏。メディアは彼のことを「ゴーストライター」と呼んでいるが、本当にそうなのか。有名人の「ゴースト」を務めてきた筆者の窪田氏は、「新垣氏はゴーストではない」ときっぱり。その理由は……。(2014/2/25)

週刊文春スクープ第2弾:
文春e-Books『徹底取材第2弾 佐村河内守の「正体」』を緊急発売
文藝春秋は、佐村河内守氏に関する週刊文春の衝撃スクープ第2弾を、文春e-Books『徹底取材第2弾 佐村河内守の「正体」』(神山典士+『週刊文春』取材班)として緊急発売する。(2014/2/19)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年2月第1週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。2014年2月第1週は、佐村河内氏の著書を出版各社が自主回収する動きが話題となりました。(2014/2/10)

JASRAC、“全聾の作曲家”佐村河内守氏の作品の利用許諾を保留 CDは出荷停止
全聾の作曲家・佐村河内守さんの楽曲の一部が別人によって作曲されていた問題で、JASRACは同氏の作品の利用許諾を保留。コロムビアはCDを出荷停止した。(2014/2/6)

「別人が作曲」判明の佐村河内さん Amazonレビューも炎上
「贋作を見抜けなかったレベルの低いリスナーの一人として自省したい」など、ファンから辛らつなコメントが相次いでいます。(2014/2/5)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。