ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SCSI」最新記事一覧

関連キーワード

DRBDの仕組みを学ぶ(11):
DRBD+iSCSIでサクッと作れる、Windows 10の「自動データ複製&冗長化システム」
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、Windows 10/Windows Server環境の「自動データ複製&冗長化システムの作り方」を解説します。(2016/9/9)

12Gbps対応RAIDアダプターに4ポートの低価格ラインアップが登場
ピーエムシー・シエラのSAS(Serial Attached SCSI)に対応したRAIDアダプター「Adaptec 8」シリーズに、新たに4ポート製品が加わる。(2014/8/11)

アユート、SATA 6Gbps対応ポートマルチプライヤー
ProjectMブランドからSATA 6Gbps対応ポートマルチプライヤーが登場。PCIブラケットタイプとSCSIブラケットタイプの2モデルを用意する。(2014/3/11)

ネットギア、iSCSI対応の法人向け2Uラックマウント型NAS「ReadyNAS 4220」など3モデル
ネットギアジャパンは、1U/2Uラックマウント型の法人向けNAS「ReadyNAS 2120」「同 3220」「同 4220」の3製品を発売する。(2013/11/25)

実践しながら学ぶ Android USBガジェットの仕組み(11):
Android USBパケットをキャプチャーし、UMSプロトコルを解析する!!
今回は、USBデバイスドライバを効率的に開発するための統合開発環境「UDK(USB Device driver development Kit)」を使用して、UMS(USB Mass Storage)のパケットの流れとSCSIデータを解析する。(2013/4/16)

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(後)
1GbEでも十分なスループットを提供するiSCSI SANの先進機能
ファイバーチャネルや10GbEを用意しなくても、iSCSI SANのストレージ連携機能はパフォーマンス、運用コストの両面で顧客ニーズを満たすことが可能だ。採用企業の声を紹介する。(2012/7/2)

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(前)
10GbEとサーバ仮想化の普及が追い風となったiSCSI SAN
登場から10年がたつ「iSCSI SAN」。当初の懸念を払拭し、より大規模な企業でも採用されるようになった理由は一体どこにあるのだろうか?(2012/6/28)

ホワイトペーパー:
EqualLogic FS7500 ネットワーク接続ストレージ上でのOracle RAC データベースの導入ガイド
本書では、NFS 共有を使用してEqualLogic FS7500 上でOracle Database 11g R2 Real Application Clusters(RAC)環境を構成および導入する手順と、FS7500 ベースのOracleソリューションのパフォーマンスが、ブロックベースのiSCSI ストレージに匹敵することを実証したラボテスト結果を紹介する。(2012/6/22)

LaCie、iSCSIもサポートするRAID-0/1対応NAS「LaCie 2big NAS」
エレコムは、LaCie製となる高速転送対応の小型NAS「LaCie 2big NAS」の取り扱いを発表した。(2012/6/20)

富士通、仮想化環境向けiSCSIストレージ製品を発売
VMware vCenterとの連携機能を搭載した仮想化環境向けストレージ製品2モデルを発売した。(2012/5/10)

日本HP、iSCSI仮想化ストレージにSSDモデルを追加 処理性能を向上
iSCSI仮想化ストレージにSSDを採用した「HP P4900 G2 SANソリューション」を発表した。(2012/2/23)

ホワイトペーパー:
中堅・中小企業のストレージ選びに役立つスペックシート最新版
日々増加するデータ容量の課題を解決すべく、新ストレージ導入を検討する企業へ。本資料は、iSCSIストレージの新製品を含む計11モデルの製品情報をまとめている。製品比較時にお役立ていただきたい。(2012/1/18)

iSCSIストレージ大手のデルがスケールアウトNAS製品に本気
データ増大に立ち向かえ! iSCSIストレージにファイルサーバ機能を追加
非構造化データで需要の高いNAS(ファイルサーバ)だが、簡易的なNASを複数増設し、管理に問題を抱える企業も多い。iSCSI大手のデルは、独自のファイルシステムを搭載したNASゲートウェイという手法でNAS問題解決を図る。(2011/11/22)

NEWS
SAN/NAS混在環境を一元管理するミッドレンジ製品 日本IBM
従来のSAN/iSCSI用ストレージ製品にNAS機能を追加した新製品を発表。NAS環境におけるデータの自動配置機能を備えたソフトウェアを搭載している。(2011/10/24)

ホワイトペーパー:
ラボ検証レポート Dell EqualLogic TCO 分析 Equallogic 仮想化iSCSI ストレージの経済性
拡張性に優れたEqualLogic iSCSIストレージ・ソリューションの経済的優位性を、従来のDAS、FC SAN、マルチプロトコル・ソリューション(FCやiSCSI、NAS接続を提供するシステム)と比較して分析する(提供:デル)。(2011/9/15)

iSCSIストレージ市場をけん引するデル
小規模な企業システムにも最適な“イチオシ”ストレージEqualLogic最新モデル
多くの企業から高い評価を得ているデルのiSCSIストレージEqualLogicに、大幅に機能強化した新製品が登場。中堅・中小企業にも最適な柔軟性はそのままに、増大するストレージ課題を解決する各種機能と管理性が強化された。(2011/9/5)

NEWS
デル、高可用性ファイルシステムを搭載した中小規模向けNASストレージ
デルが中小規模向けのNASストレージを販売開始した。iSCSIストレージアレイと組み合わせることで、ブロック/ファイル単位でのアクセスを単一プラットフォームで可能にする。(2011/4/22)

仮想化管理ツールのトップ10(後編)
仮想化の高度な管理で役に立つ、無料/有料ツール5選
携帯電話によるWebインタフェースを使った、物理/仮想サーバを監視、管理できるツールや、ローカルストレージを共有ストレージに転用し、iSCSIでアクセスすることができるツールなどを紹介する。(2011/4/14)

NEWS
中小規模向けに適したNASソリューション PROMISEテクノロジー
エンタープライズ向け製品のRAIDエンジンの搭載やデータ消失リスクを軽減する技術を搭載した、中小規模企業向けのiSCSI ソリューション。(2011/3/8)

サーバとデスクトップ仮想化時代の最適解:
PR:iSCSI市場を牽引するDellのストレージ戦略
エンタープライズシステムのソリューション分野で頭角を表してきたデルは、「EqualLogic」ブランドのストレージによって国内iSCSI市場をリードしている。近年はサーバやデスクトップの仮想化の普及により、ストレージに対するニーズが多様化しつつある。EqualLogic製品の最新動向をストレージソリューションマーケティング部エバンジェリストの河南敏氏に話を伺った。(2011/2/28)

日立、Hadoopに適したエントリーサーバにiSCSIブートモデルを追加
日立はブレードサーバのエントリーモデル「HA8000-bd/BD10」にiSCSIブート専用モデルを追加する。Hadoopなど分散型システムに向くという。(2011/2/17)

FC、iSCSIにも対応:
日立、企業内に「コンテンツクラウド」を構築する仮想ファイルプラットフォームを発表
日立が発表した「Hitachi Virtual File Platform」は、ファイルシステム容量の拡張やFCおよびiSCSIへの対応で、企業内のストレージ統合を図る製品だ。(2010/10/27)

日本HP、iSCSI仮想化ストレージを発表――中堅中小企業向けにコストパフォーマンス強化
日本HPはiSCSI仮想化ストレージ「P4000 G2 SAN」を発表。ストレージ仮想化に当たっての運用性とコストパフォーマンスを改善したという。(2010/4/5)

QNAP、iSCSI対応のローエンドNASキット「TS-110」
ユニスターは、QNAP製のiSCSI対応NASキット「TS-110」の取り扱いを発表した。(2009/10/28)

富士通、ETERNUS DX60/80にiSCSI、SAS、SSDのサポートモデルを追加
富士通はディスクアレイ「ETERNUS DX60」および「ETERNUS DX80」でサポートするインタフェースとディスクを追加。10月8日に販売開始する。(2009/10/8)

出荷容量は14.8%増の2416ペタバイトに:
世界のディスクストレージ市場、売上高は18.2%減
ディスクストレージ市場全体が景気悪化の影響で縮小するなか、iSCSI SAN市場が40.5%増と力強い伸びを見せた。(2009/6/8)

Solaris ZFS集中講座(3):
ZFSはどう活用できるか
Solaris ZFSは新世代のファイルシステムだ。アプリケーションのOSとしてOpenSolarisを使わない人でもNASあるいはiSCSIストレージを簡単に構築できる。本連載では、Solaris ZFSの基本的なコンセプトやアーキテクチャから、その機能や実用・応用例を解説する(2009/5/28)

サーバ仮想化で拡大する需要に照準:
iSCSIストレージ市場の「空白」を攻略、米ネクサンが宣言
(2009/5/11)

Solaris ZFS集中講座(2):
Solaris ZFSの機能を点検する
Solaris ZFSは新世代のファイルシステムだ。アプリケーションのOSとしてOpenSolarisを使わない人でもNASあるいはiSCSIストレージを簡単に構築できる。本連載では、Solaris ZFSの基本的なコンセプトやアーキテクチャから、その機能や実用・応用例を解説する(2009/4/15)

バッファロー、法人向けRAID 5対応高速NASに8Tバイトモデル
バッファローは業務向けNAS「TeraStation TS-XL/R5」シリーズに大容量の8Tバイトモデル、iSCSI対応HDD「TeraStation ISシリーズ」に6T/8Tバイトモデルを追加。価格は28万5000円から。(2009/4/1)

Solaris ZFS集中講座(1):
Solaris ZFSの基本的な仕組みを知る
Solaris ZFSは新世代のファイルシステムだ。アプリケーションのOSとしてOpenSolarisを使わない人でもNASあるいはiSCSIストレージを簡単に構築できる。本連載では、Solaris ZFSの基本的なコンセプトやアーキテクチャから、その機能や実用・応用例を解説する(2009/3/13)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(10):
VMware Infrastructure 3のストレージ機構[2]
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回はVI3環境におけるストレージ構成に関する3回にわたる解説の第2回として、ファイルシステムVMFSの構築,、およびiSCSI SANの構成と利用方法について解説する(2009/3/2)

アナリストが斬るITトレンド:
iSCSIが牽引する中堅・中小向けストレージ――大手ベンダーの動向は
データの増大にともない、ストレージへのニーズも高まる中、各ベンダーからさまざまなストレージ製品が発売されている。今回は特に、中小・中堅企業向けストレージにおけるベンダーの動きを探ってみよう。(2009/2/20)

UNIX処方箋:
Solaris用SCSIカードのSCSIイニシエータIDを変更する
現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。今回は、SunのマシンでSCSIイニシエータIDを変更する方法を解説します。(2009/1/6)

AdminIT Daily News:
EMC、200万円台で導入できる統合型ストレージを発表
EMCジャパンは10月1日より、NAS、iSCSI、ファイバチャネルに対応したストレージのエントリーモデルを提供する。ユーザー企業は200万円台でストレージ統合を図れるという。(2008/10/1)

UNIX処方箋:
mdbコマンドでSCSIのTagged Command Queueing設定を確認
現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。今回は、SCSIのTCQ(Tagged Command Queueing)にかんする設定について解説する。(2008/9/2)

NEWS
デル、拡張性の高いiSCSI/8Gbps FC対応ミッドレンジストレージ新製品
「Dell/EMC CX3-10c」の後継機種となる「Dell/EMC CX4ファミリ」を発表。従来の2倍の拡張性とパフォーマンスを実現するとともに、UltraFlexにより必要に応じた拡張が可能だ。(2008/8/12)

続・実践! Xenで実現するサーバ統合(2):
iSCSIを用いた仮想化環境の構築手順
仮想化ソフトウェアの「Xen」を用いてサーバを統合するのはいいけれど、肝心のデータやアプリケーションを格納するストレージはどのように配置するのが最も効果的でしょうか? 続編では仮想化とストレージの効果的な活用にフォーカスを当てていきます(編集部)(2008/7/2)

高機能・低価格のエントリー向けストレージ「NetApp FAS2000」
iSCSI・仮想化で先端のストレージ統合を実現
丸紅情報システムズがNetAppの最新ローエンド機種を活用したストレージ統合ソリューションを打ち出した。共有ストレージ環境への移行をためらっていたユーザーにとって魅力的な内容である。(2008/3/10)

PR:iSCSI対応ネットワークストレージ「TeraStation IS」の魅力
バッファローからiSCSI対応ストレージ「TeraStation IS」が登場した。従来、企業のサーバ用外付けストレージにはディスクアレイが用いられてきたが、これは100万円を超える高価なもの。低価格なTeraStation ISによって、ハイパフォーマンスで信頼性の高い環境を手軽に実現できるようになる。(2008/3/17)

バッファロー、iSCSI対応の大容量ネットワークストレージ「TeraStation IS」
バッファローは、ネットワーク接続したドライブをローカルドライブとして認識可能な“iSCSI”に対応する大容量ストレージ「TeraStation IS」シリーズを発表した。ラインアップは1Tバイト/2Tバイト/4Tバイト。(2008/1/30)

イコールロジック、iSCSIストレージアレイ「PS3700X」を発売
イコールロジックは、同社のiSCSIストレージアレイ「PSシリーズ」の新モデルとして「PS3700X」を発表した。(2007/12/6)

iSCSI対応ストレージ・アレイ PSシリーズ
導入コストを抑え、スモールスタートが可能なSANが登場
増大するデータを効率よく取り扱うため、SAN(Storage Area Network)の導入を検討している企業も多いだろう。しかし、従来のSANはコストや管理の手間がかかるなど、手軽に導入できるものではなかった。それらの常識を打破したのが、イコールロジックのiSCSI-SAN製品だ。(2007/11/16)

Dell、EqualLogicを14億ドルで買収
EqualLogicは、iSCSI対応SANの提供企業。この買収でDellは企業向けストレージ事業の拡充を図る。(2007/11/6)

デル、iSCSIストレージ製品を発表
デルは、iSCSI接続コントローラを搭載したストレージ製品「PowerVault MD3000i」を発売した。(2007/9/11)

過剰なストレージ購入が不要に――イコールロジック
イコールロジックは、iSCSIをベースにしたミッドレンジストレージ「PSシリーズ」にシン・プロビジョニング機能を追加したと発表した。(2007/6/26)

HPとマイクロソフトのパートナーシップ:
PR:iSCSI が変える中小企業のストレージ環境
日本HPが中小企業向けに新たに投入した「HP StorageWorks AiO」は、ストレージ知識の少ない管理者でも容易に運用できる。HPとマイクロソフトの強力なパートナーシップに基づいてWindows Storage Server 2003 R2を採用しているのもその理由の1つだ。(2007/4/27)

iSCSI対応ストレージのリーディング企業、イコールロジックが日本法人を設立
(2007/4/13)

iSCSIストレージのイコールロジック、日本進出
米EqualLogicは、日本法人となるイコールロジック株式会社を4月1日付けで設立。代表取締役の秋山将人氏は「米EqualLogicはワールドワイドでは倍々で成長してきた。日本では3倍の成長を遂げたい」と話す。(2007/4/12)

日本工学院、イコールロジックのiSCSIストレージを採用し、DASからSANへの移行によるストレージ統合へ
(2007/4/6)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。