ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SDIO」最新記事一覧

IoTに向け「産業分野で安心して使える無線を」:
サイレックス、第4世代 11ac対応SDIOモジュール
組み込み用無線LAN関連製品を手掛けるサイレックス・テクノロジーは、ワイヤレスソリューションに関する新製品の発表とともに、IoTに向けて今後何をしていくのかについて発表を行った。(2016/5/10)

アールエスコンポーネンツ XMC4800:
産業機器間のEtherCAT接続を可能にするマイコン/開発キット
アールエスコンポーネンツは、Infineon TechnologiesのEtherCAT機能を搭載したARM Cortex-Mベースのマイコン/開発キット「XMC4800」シリーズの取り扱いを開始した。(2016/4/19)

Officeもついて2万円台!!:
お手ごろ価格の8型Windowsタブレット「8P1150T-AT-FE-Office」を試す
iiyama PCの「8P1150T-AT-FE-Office」は、持ち運びに適したスリムかつ軽量ボディの8型Windowsタブレットだ。Officeプリインストールモデルでも2万7864円(税込み)と安価だが、その実力は?(2015/6/18)

SMK WL-2:
各種IoTプロトコル対応のネットワークスタック内蔵無線LANモジュール
SMKは、ネットワークスタック内蔵無線LANモジュール「WL-2」を開発した。無線LANドライバ部およびネットワーク処理をモジュール側で行うことで、さまざまなIoTプロトコルに接続できる。(2015/4/2)

ファンレスで騒音もなし:
“3万円台前半”で1キロ切りのミニノートPC――「EeeBook X205TA」はどこまで使えるか?
タブレットのプラットフォームで小型ノートPCを作ったら、軽量でファンレス、ロングバッテリー、さらに価格も安い、ありそうでなかったナイスなモバイルPCが生まれた。(2015/2/12)

プロセッサ/マイコン FM4ファミリ:
200MHz動作、フラッシュ容量2MBの高性能ARMマイコンを発表――スパンション
Spansion(スパンション)は2014年10月、プロセッサコアに「ARM Cortex-M4」を搭載したマイコン「FM4ファミリ」として新たに「S6E2CCシリーズ」(96品種)を追加したと発表した。最大動作周波数は200MHzで従来のFM4ファミリと比べ1.2倍程度高速化した他、M2M(Machine to Machine)通信や高性能なヒューマンマシンインタフェース(HMI)などの用途に向けた多数の周辺回路を搭載した製品がそろう。(2014/10/23)

Microsoft、Windows 8.1付き開発ボードを299ドルで予約開始
MicrosoftがIntelと協力し、Atom搭載、Windows Embedded 8.1付属の開発ボード「Sharks Cove」を開発した。299ドルで予約を受け付けている。(2014/7/29)

プロセッサ/マイコン:
最大800MMACSの性能をわずか95mWで実現、ADIがBlackfinコアを拡張
アナログ・デバイセズ(ADI)は、DSPシリーズ「Blackfinプロセッサファミリ」として、最大800MMACS(メガ積和演算/秒)の処理性能を、わずか95mWの消費電力で実現することができる「ADSP-BF70x」を発表した。競合製品に比べて、同じ処理性能であれば消費電力は半分で済むという。(2014/6/13)

SE SP-01の“あっ”と驚く活用法:
PR:GR-KURUMIで高性能デバイスを制御&デバッグ!
ソリューションコラムでは、これまでSE SP-01を使用したさまざまなバリエーションのデモをご紹介してきました。今回ご紹介するのは、アナログ・デバイセズの超低消費電力18ビット1Mサンプル/秒のA/DコンバータAD7982を、なんとGR-KURUMIを使用して制御&デバッグをします!(2014/5/19)

ビジネスニュース 企業動向:
米国で育てた医療向け無線事業を逆輸入するサイレックス
サイレックス・テクノロジーは、米国市場で実績を積んできた医療機器向け無線事業の国内展開を強化する方針。医療市場のニーズに対応した新たな組み込み無線モジュールなどを投入し、医療機器向けビジネス規模の倍増を狙う。(2014/4/8)

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう【番外編】:
「Intel Galileo」ファーストインプレッション
インテルが2014年1月に発売したArduino互換開発ボード「Galileo(ガリレオ)」。今回、Arduinoの連載を執筆している縁で、Galileoのレビューをする機会を得た。本編と同様、電子工作初心者の視点で、Galileoのファーストインプレッションをお届けする。(2014/3/27)

最新タブレット速攻レビュー:
「Mebius Pad」──超高解像度+防水+LTE内蔵、高機能な10型Bay-Trailタブレット(ベンチマークテスト編)
以前掲載した試作機の使用感レビューに続き、製品版評価機でベンチマークテストを実施する。(2014/2/6)

最新タブレット速攻レビュー:
「ThinkPad 8」──「とにかくハイスペック」が魅力、1920×1200液晶搭載8型Windowsタブレット
人気のBay Trail-T世代CPU+Windows 8.1+8型クラスのタブレットに、レノボ・ジャパンからもう1つ物欲が沸くモデルが登場。ThinkPadブランドを冠した「ThinkPad 8」はどこが優れているか、まずは簡易レビューを実施する。(2014/1/29)

最新タブレット速攻レビュー:
「Mebius Pad」──超高解像度+防水+LTE内蔵、高機能な10型Bay-Trailタブレット(外観編)
Bay Trail世代+Windows 8.1タブレットといえば最近は8型クラスの小型モデルが人気だが、10.1型クラスも忘れてはならない。祝Mebiusブランド復活! な、シャープ「Mebius Pad」(試作機)の外観をチェックする。(2013/12/27)

最新タブレット速攻レビュー:
「dynabook Tab VT484」──「映像/テレビ系機能」に優れる8型Windows 8.1タブレット
Bay Trail-T世代のCPU+8型クラスの小型ボディを採用する「Windows 8.1タブレット」が人気だ。スペックはおおむね横並びだが、東芝「dynabook Tab VT484」はどの点がポイントになるだろうか。(2013/12/12)

最新タブレット速攻レビュー:
「Miix 2 8」──「ライバルより、“かなり”軽量」な8型Windows 8.1タブレット
Bay Trail-T世代のCPU+Windows 8.1+8型クラスのタブレット+Office 2013付き=4万円台──コストパフォーマンスに優れる小型Windowsタブレット/ミニノートPCが各社より続々と登場している。レノボ・ジャパン「Miix 2 8」はどこが優れているか、まずは簡易レビューを実施した。【ベンチマーク&バッテリー動作時間テストを追加】(2013/11/26)

最新PC速攻レビュー:
「TransBook T100TA」──キーボードドック付きで4万円台、良コスパな2in1 Windowsノート
タブレットにもノートPCにもなる10.1型Windows 8.1マシンが4万円台からですと? Bay Trail-T世代のプロセッサーを採用した2in1モバイルデバイス「TransBook T100TA」が登場。コストパフォーマンスがどのくらい優れるか+“艦これ機”に適するかをチェックした。(2013/11/22)

組み込み開発/テスト:
カメラ撮影した動画と関数を同期表示できる動的テストツール「CodeRecorder」
コンピューテックスは、組み込み製品の品質向上と開発期間の短縮に寄与する動的テストツール「CodeRecorder(コードレコーダー)」の販売を開始した。(2013/10/15)

スマホも続々11ac化、11ac+Bluetoothコンボも:
Broadcom、“WICED”テーマの「第2世代5G WiFi」新チップ
Broadcomが802.11ac対応製品の戦略説明会を実施。2014年末には全出荷量の半数以上が11ac対応となると見込み、エントリー機器向け/スマホ向けの施策を積極推進。PC、タブレット向けも無線LAN+Bluetoothのコンボチップを投入する。(2013/6/7)

富士通セミコン FM4ファミリ:
“富士通マイコン”最後の新製品!? 「FM4ファミリ」を7月から出荷
富士通セミコンダクターは、「ARM Cortex-M4」を搭載したマイコン「FM4ファミリ」の第1弾製品群84品種を7月からサンプル出荷する。産業機器やインバータ搭載家電向け。(2013/6/6)

ESEC2013 開催直前情報:
工場や病院でも確実で安定した無線LAN接続を、サイレックスが積極支援
確実で安定した通信接続が可能な組み込み機器向け無線LANモジュールを展開するサイレックス・テクノロジー。「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」と同時開催の「第2回 ワイヤレスM2M展」に参加し、家庭やオフィスから、工場や病院などにも広がる無線LAN需要に対応するソリューションを展示する。(2013/4/22)

東芝、モバイル端末向けの「TransferJet」規格に準拠した世界最小の通信モジュールを開発
東芝は、「TransferJet」に準拠した世界最小サイズの通信モジュール「TJM35420XLG」を製品化した。(2012/9/26)

ルネサス R-Home S1:
「STB用は戦略製品」、ルネサスが民生用機器向けSoC「R-Home」第1弾を発表
「開発サイクルの短い民生用機器向けSoCからは撤退する」方針を表明していたルネサスが、民生用機器向けSoCプラットフォーム「R-Home」の第1弾製品「R-Home S1」を発表した。ハイブリッド型セットトップボックス(STB)や家庭用マルチメディアサーバを主な用途としている。(2012/3/19)

ISSCC 2012 無線通信技術:
スマートフォンにも「TransferJet」、ソニーが新LSIを開発
ソニーが新たに開発した近距離無線通信技術「TransferJet」用LSIは、データ伝送速度と受信感度が高いことが特徴。スマートフォンやタブレットPCといったモバイル機器を狙い、消費電力や外付け部品を減らしたことも特徴である。(2012/2/24)

ソニー、“TransferJet”対応の高速転送LSIを開発
ソニーは、近距離無線通信技術「TransferJet」に対応したLSIの商品化を発表した。(2012/2/23)

ET2011 速報:
「集める」「つなげる」「共有する」を意識させないホーム・ヘルス・ハブ
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンとディジ インターナショナルはテレヘルス・アプリケーション向け「ホーム・ヘルス・ハブ」のリファレンスプラットフォームを共同開発。ヘルスケア機器と接続し、データを収集、ネットワーク上での健康管理機能を実現する。(2011/11/16)

ET2011 開催直前情報:
Armadilloシリーズ・進化し続けて10周年――「次世代Armadillo」がそのベールを脱ぐ!?
小型CPUボードを手掛けるアットマークテクノ。主力のArmadilloシリーズ誕生から10年を迎え、「ありがとう10周年! 試作から量産まで安心・いろいろ使える・エコArmadillo」をブーステーマに掲げてET2011に出展する。(2011/10/24)

今度はMacBook Pro対抗か:
デル、15.6型で“世界最薄クラス”をうたうノートPC――「Dell XPS 15z」
デルが予告した新型ノートPCは、アルミニウム+マグネシウム合金ボディの15.6型ワイドモデル「Dell XPS 15z」だった。Windowsの15型ノートPCで最薄クラスの金属ボディが特徴だ。(2011/5/24)

無線通信技術 Wi-Fi:
【ESEC2011】ベースバンドICからファームまで全て自社製、ロームがWi-Fiモジュールを開発
ロームは、白物家電やヘルスケア機器などを対象にした組み込み機器向けWi-Fiモジュールを開発し、ESEC2011に出展した。(2011/5/13)

変換しようそうしよう:
PCから豪快にはみ出る、ExpressCard→PCカード変換──「PCカード−ExpressCard変換アダプタ」
上海問屋で、ExpressCard型のPCカードスロット増設アダプタが発売された。価格は2999円。(2011/4/11)

変換しようそうしよう:
PCからはみ出ない、PCカード→SDIOスロット──「SDIO−PCカード変換アダプタ」
上海問屋で、SDIO対応のSDメモリーカードスロット搭載PCカードが発売された。価格は5999円。(2011/4/11)

岡谷エレクトロニクス、Atom「E6xx」開発者セミナーを開催:
PCIe採用で柔軟なI/Oを実現するAtom「E6xx」
インテル Atomプロセッサ「E6xx」シリーズに関し、岡谷エレクトロニクスは「組込み向けIntel ATOMプロセッサ E600開発者セミナー」を開催(2010/12/27)

2010年PC秋冬モデル:
復活した“XPS”は「個性的なミドルレンジ」に──「XPS 17」「XPS 15」「XPS 14」
デルは、ノートPCの新モデル「XPS 17」「XPS 15」「XPS 14」を発表した。復活したXPSブランドは従来の「adamo」と「Studio」のユーザーをカバーする。(2010/10/26)

ユビキタス社会を“携帯+RFID”で――日立とKDDIが端末を発表
日立製作所とKDDIがRFIDタグの読み書きができる携帯電話を発表。数センチの距離での非接触通信を行うパッシブ型と、十数メートルの距離でも通信できるアクティブ型の双方に対応する。“かざして情報を得る”サービスから“歩くと情報が降ってくる”ようなサービスまで、幅広い用途を見込む。(2010/7/12)

防水デュアルオープンスタイルにSnapdragon採用――「BRAVIA Phone S004」
ソニー・エリクソンが投入するauの「BRAVIA Phone S004」は、映像コンテンツを楽しむのに適したデュアルオープンスタイルと防水ボディをまとった高機能モデル。Snapdragon 1GHzとKCP3.0で快適な操作性を実現する。(2010/5/17)

Snapdragon搭載で高速化したREGZAケータイ――「REGZA Phone T004」
東芝が満を持して投入するauの「REGZA Phone T004」は、高性能プロセッサSnapdragonを採用した防水ケータイだ。これまでよりも操作の快適さを大幅に向上させたKCP3.0で、ストレスなく利用できる。(2010/5/17)

全機種防水、キー交換、13Mカメラ、高速「KCP3.0」――au 2010年夏モデル10機種を発表
KDDIが2010年夏モデルを発表した。今回は全10機種とも防水機能を備えているほか、カメラ機能や映像機能に注力したモデルや、キーパッドを交換できる機種、ソーラーパネル搭載機をラインアップ。チップセットに1GHzの「snapdragon」を採用した新プラットフォーム「KCP3.0」を導入したモデルも投入する。(2010/5/17)

KDDI、法人端末「E05SH」をRFIDリーダー/ライター対応へ
KDDIが、法人端末として提供している「E05SH」をRFIDリーダー/ライターカードに対応させると発表。2010年度中にも商用端末として提供する。(2010/5/10)

こいつは楽しませてくれそうだ:
“初心者お断り”の超小型Linuxマシン「本(Ben)NanoNote」をいじり倒す
Qi(气)Hardware社から、あまりに小さすぎるLinuxマシン「本(Ben)NanoNote」が発売された。海外からの購入となるが、FedEx Priorityで注文すればわずか3〜4日で届く。早速(自腹で)購入してみた。(2010/4/1)

「TransferJet」対応LSI、ソニーが商品化
ソニーは、近距離無線伝送技術「TransferJet」規格に対応したLSI 2種類を世界で初めて商品化した。今月から出荷する。(2009/11/30)

CEATEC JAPAN 2009:
最大2Tバイトの「SDXC」、登場はいつ?
あの中に、最大2Tバイトも──。SDメモリーカードの新規格「SDXC」製品化の発表から約2カ月、CEATEC 2009でSDアソシエーションがメリットや大容量化までの計画を説明した。(2009/10/8)

KDDI、バーコードリーダー搭載の法人端末「E06SH」を発売――8月6日から
KDDIが、バーコードリーダーを搭載した法人向け端末「E06SH」を8月6日に発売する。販売は業務用途向けに限られ、購入にあたっては業務用途で利用することを証明する書類が必要となる。(2009/8/5)

ワイヤレスジャパン2009:
microSDサイズの無線LANカード USB 2.0の赤外線ワイヤレス化――KDDIの新技術
ワイヤレスジャパン2009でKDDIは、無線LANを内蔵しない端末でも無線LAN利用を可能にする“microSD無線LANカード”の展示や、USB 2.0の赤外線ワイヤレス化のデモンストレーションを行っている。(2009/7/22)

「E05SH」を内線電話機に――KDDI、構内PHSカードを7月14日に発売
出先でケータイ、社内で内線――。KDDIが、法人向け携帯電話「E05SH」を社内で内線電話として使えるようにする構内PHSカードを7月14日に発売する。(2009/7/9)

元麻布春男のWatchTower:
袂を分かつインテルのモバイルアーキテクチャ
Intelのモバイル/携帯デバイス分野の次世代プラットフォームについて、いくつか進展があったので、その動きを整理しよう。(2009/5/14)

5分で分かる、先週のモバイル事情――4月25日〜5月7日
3.9Gのモバイルシステム導入を目指し、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが免許を申請した。ドコモの決算は減収増益、ソフトバンクの営業利益は過去最高を更新。KDDIは同社初となるスマートフォン「E30HT」を市場に投入した。(2009/5/11)

スマートフォンが登場:
KDDI、法人向け携帯電話2機種を発売
KDDIは、カスタマイズ可能な「E05SH」と同社初のスマートフォン「E30HT」を4月28日から順次発売する。(2009/4/27)

構内PHSや無線LANに対応:
防水・指紋認証対応の法人端末「E05SH」、4月28日発売
KDDIが、シャープ製の法人向け端末「E05SH」を4月28日に発売する。指紋認証や管理制限などのセキュリティに対応し、防水機能も装備。SDIOスロットは、PHSカードや無線LANカードに対応する。(2009/4/27)

法人顧客に“オンリーワン”サービスを――KDDI、法人ソリューションの新戦略
携帯キャリア各社が法人向けサービスを強化する中、KDDIが法人ソリューションの新戦略を発表。顧客のニーズをくんで最適化した提案ができる体制を整えるとし、柔軟な組み合わせが可能な内線ソリューションを発表した。(2009/1/25)

au、防水・耐衝撃性能備えた法人用端末 .NETアプリにも対応
auの法人向け端末に、防水・耐衝撃性能を備えた法人向け端末「E05SH」「E06SH」が加わった。BREW上で.NET Framework対応アプリを利用できる「.net by au」に対応する。(2009/1/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。