ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

Windowsタブレット に関する記事 Windowsタブレット に関する質問

「Windowsタブレット」最新記事一覧

PC USER 週間ベスト10:
両極端な2つの「Windowsタブレット」が話題に(2015年5月18日〜5月24日)
今回のアクセスランキングは、2つのWindowsタブレット新機種に注目が集まりました。(2015/5/25)

USモデル先行レビュー:
「Surface 3」を2週間使って分かったこと――Surface Pro 3/新MacBookとの違いは?
サンフランシスコに在住し、「Surface Pro 3」と「新しいMacBook」を使っているソフトウェアエンジニアの筆者が、いち早くUSモデルの「Surface 3」を入手。日本モデルの販売開始を前に、2週間ほど使ってみたレビューをお届けします。(2015/5/24)

「Internet Explorer」とはどこが違う?
Microsoftの新ブラウザ「Edge」を先取りレビュー、“最強ブラウザ”の片りんを見た
「Internet Explorer」の後継として開発が進められるWebブラウザ「Microsoft Edge」。その開発版を試用すると、荒削りながらも“特別な存在”となり得る可能性が感じ取れる。(2015/5/24)

価格を超えるプレミアム感
徹底レビュー:「Surface 3」、誰もが購入を検討する“圧倒的な正しさ”とは
人気のSurfaceシリーズに比較的低価格な「Surface 3」が登場した。Atomプロセッサーを搭載するが製品の質感や使い勝手は従来製品と変わらない。「Windows 8.1」搭載のプレミアム端末を見る。(2015/5/23)

VAIO Z/Pro 13と横並び比較:
「VAIO Z Canvas」の圧倒的パフォーマンスを徹底検証する
数あるPCブランドでも高性能なモバイルPCに定評あるVAIO。モンスタータブレットこと「VAIO Z Canvs」は、既存の「VAIO Z」や「VAIO Pro 13」といった人気モデルに比べてどれくらいの性能を実現できているのだろうか? 横並びで徹底検証した。(2015/5/22)

レノボ、着脱キーボード搭載の10.1型Windowsタブレット「Lenovo MIIX 3」
レノボ・ジャパンは、Windows 8.1を搭載した着脱キーボード付き10.1型タブレットPC「Lenovo MIIX 3」を発表した。(2015/5/22)

ティーザーサイトを開設:
「VAIO Z Canvas」は今秋に米国でも発売へ
ソニーから分離した新生VAIOの製品は日本国内のみで販売されているが、クリエイター向けタブレット「VAIO Z Canvas」は初めて海外でも販売されるモデルとなる。(2015/5/21)

3連ファンで4コアCore i7を放熱:
「VAIO Z Canvas」受注開始――クリエイター向け“怪物タブレット”の全容が明らかに【詳報】
VAIOは、クリエイターに最適化した超高性能Windowsタブレット「VAIO Z Canvas」の受注を開始した。試作機の初公開から7カ月半の月日を経て、ついに発売となる。(2015/5/21)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新Atom x7を搭載した「Surface 3」の気になる性能は?――米Microsoft担当者に聞く
「Surface 3」の国内発表に合わせて、米Microsoftで同製品のセールスとマーケティングを担当するジェネラルマネージャのブライアン・ホール氏が来日。早速、新モデルへの疑問をぶつけた。(2015/5/20)

PR:「Surface 3」国内発売――各モデルの特徴は? 使用感は? 購入前にチェックすべき“4つのポイント”
ついに日本で発売となった「Surface 3」。個人/法人向けモデルそれぞれの特徴やメリット、入手方法など、購入前に必ず確認しておきたいポイントを聞いてきました。(2015/5/20)

Surface 3も登場:
スマートデバイスで生活が変わる――2015年夏の“新”ソフトバンクはAndroidにも注力 ヤフーとの連携はさらに強化
ソフトバンクモバイルが久々に大規模な発表会を開催した。ワイモバイルを統合し、商号を「ソフトバンク」に改める同社は、モバイルインターネットのNo.1コアカンパニーを目指す。(2015/5/19)

「Surface 3」はY!mobileのニュースタートにふさわしい製品――ソフトバンク エリック・ガン専務
ソフトバンクとマイクロソフトが「Surface 3」の国内販売を発表。個人向けにはY!mobileブランドで取り扱う。ソフトバンクのエリック・ガン専務は、「Y!mobileのニュースタートにふさわしい製品」とアピールした。(2015/5/19)

MS本気「Surface 3」 法人PC市場へのインパクト
マイクロソフトが新型のWindowsタブレット「Surface 3」を発表。622グラムで6万円台から、LTE内蔵でSIMフリー。ソフトバンクと戦略的パートナーシップを結び、特に「法人PC市場」への訴求を加速させる。(2015/5/19)

「Surface 3」一般向けは8万1800円から 初のLTE対応で「申し分ないタブレット」
Surface 3が日本で発売。日本マイクロソフトの樋口社長は「大きさ、価格帯、そして初のLTE対応と、申し分のないタブレットを提供できるようになった」と話す。(2015/5/19)

Wi-Fiモデルは法人で展開:
「Surface 3」は個人向けにLTEモデルのみ国内販売――6月19日発売、8万1800円(税別)から【詳報】
米国で5月5日に発売された10.8型Windowsタブレット「Surface 3」がついに日本上陸。フルのWindowsが動作するシリーズ最薄最軽量の新モデルだ。個人向けには4G LTEモデルのみを販売する。(2015/5/19)

「Surface 3」Wi-Fi+LTE版、Y!mobileから国内発売
Y!mobileが「Surface 3」のWi-Fi+LTEモデルを世界で初めて発売する。(2015/5/19)

日本上陸:
「Surface 3 LTEモデル」はY!mobileブランドで販売
10.8型Windowsタブレット「Surface 3」のLTEモデルをソフトバンクモバイルが取り扱うことが明らかになった。(2015/5/19)

ソフトバンクモバイル、Y!mobileブランドでLTE版「Surface 3」を販売
ソフトバンクモバイルは、Y!mobileから「Surface 3」のWi-Fi+LTE対応モデルを販売すると発表した。(2015/5/19)

2015年PC/タブレット夏モデル:
Windows 10アップグレード対策を施した9機種投入――東芝「dynabook」夏モデルの見どころ
大画面ノート、低価格コンパクトノート、液晶一体型デスクトップと、東芝は個人向け主力PCを夏商戦に向けてモデルチェンジした。Windows 10のアップグレート対策を施しているのが特徴だ。(2015/5/19)

米国版を一足先に入手!――10.8型タブレット「Surface 3」ファーストインプレッション
Windows 8.1を搭載したMicrosoftの10.8型タブレット「Surface 3」が日本でも発売されます。米国在住の筆者が一足早くWi-Fiモデルを手に入れたので、開封リポートとファーストインプレッションをお届けします。(2015/5/19)

富士通、企業向けのCore M搭載11.6型Windowsタブレット「ARROWS Tab Q665/L」
富士通は、防水/防じん仕様を実現した11.6型フルHD液晶搭載の企業向けWindowsタブレット「ARROWS Tab Q665/L」を発表した。(2015/5/18)

2015年PC/タブレット夏モデル:
シンプルデザインを追求した主力の15.6型ノートPC――「FMV LIFEBOOK AH」
富士通主力の15.6型ノートPC「FMV LIFEBOOK AH」は、シリーズ全体をシンプルなデザインにまとめた。4コアCore i7のハイスペックな構成から、Celeronのエントリー構成まで4機種を用意する。(2015/5/18)

PC USER 週間ベスト10:
すべてのアプリを飲み込もうとする「Windows 10」(2015年5月11日〜5月17日)
今回のアクセスランキングは、Microsoft関連のトピックが目立ちました。(2015/5/18)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia Z4」はソフトバンクからも出る?/「ZenFone 2」の“ブラック”が発売延期に
4月後半のWeekly Access Top10は、ソニーモバイルが発表した「Xperia Z4」の話題が中心でした。格安スマホでは「ZenFone 2」が登場。こちらも人気ブランドになりつつあります。(2015/5/15)

3つのデバイスを1台に集約:
LTE SIMフリー×Core Mで攻めるWindowsタブレット――「Venue 11 Pro 7000」徹底検証
Core M搭載のファンレスボディ、しかもLTE SIMロックフリーに対応。「実はこんなWindowsタブレットが欲しかった」という人も少なくないのでは?(2015/5/15)

ESEC2015:
汎用Windowsタブレットを業務タブレットに、東京エレクトロン デバイスが提案
業務に使えるタブレットが欲しい。でも「産業用タブレット」は高い。Windows Embedded 8.1 Industry Pro for Tabletsを導入した汎用Windowsタブレットがその課題を解決する。(2015/5/13)

シリーズ最薄最軽量の新モデルが日本上陸へ:
「Surface 3」は5月19日に国内発表
シリーズ最薄最軽量でフルのWindowsが動作する10.8型タブレット「Surface 3」。その国内発表は5月19日に行われる。(2015/5/12)

2015年PC/タブレット夏モデル:
自然な会話で音声検索できるLAVIEボイス導入──NEC「LAVIE Tab W」
LAVIEシリーズのWindowsタブレットも10.1型と8型のそれぞれで新モデルが登場。LAVIEボイス導入で屋外でさらに使いやすくなった。(2015/5/12)

パラゴン、法人向けのWindowsタブ用バックアップツール「Paragon Drive Backup for Tablet」
パラゴン ソフトウェアは、同社製バックアップツール「Paragon Drive Backup」シリーズにWindowsタブレット用製品となる「Paragon Drive Backup for Tablet」を追加した。(2015/5/12)

2015年PC/タブレット夏モデル:
LaVieからLAVIEへ。ロゴマークを一新して2in1モデルを拡大──NEC「LAVIE」夏モデルの見どころ
NECの個人向けPCラインアップのロゴがすべて大文字に変更。Hybridには“Standard”シリーズが登場。アプリ機能を強化した夏モデルの見どころをチェックする。(2015/5/12)

Unite 2015 Tokyoリポート:
Windows 10、DirectX 12、Kinect、PlayStation 4、VRヘッドセット対応、Unity 5への移行に見るUnityの可能性と課題
クロスプラットフォーム対応のゲームエンジンとして多くのユーザーを抱える「Unity」。このUnityの開発者向けに、最新動向と技術情報を紹介する公式イベント「Unite 2015 Tokyo」が、4月13、14日に東京お台場で開催された。この記事では、4月13日に行われた、ソニー・コンピュータエンタテインメント、マイクロソフト、コロプラによる各セッションのダイジェストをお伝えする。(2015/5/11)

「Surface Pro 3」値上げ 最大3万6000円アップ
Surface Pro 3の国内価格が値上げ。本体価格は10〜17%程度の値上げとなる。(2015/5/11)

新型MacBookより5万円安い:
ASUSのコスパは化け物か――税別10万円切りのCore M搭載モバイルノート「ZENBOOK UX305FA」
省電力性に優れたCore Mを採用することで、厚さ12.3ミリの薄型ファンレスボディを実現した新型「ZENBOOK」は、税別10万円を切るコストパフォーマンスが魅力だ。(2015/5/8)

MousePro、カバー一体型キーボード付属のビジネス向け10.1型Windowsタブ「MousePro P101A」
マウスコンピューターは、ビジネス向けとなるWindows 8.1 Pro導入の10.1型タブレットPC「MousePro P101A」を発表した。(2015/5/1)

ホワイトペーパー:
「iPad」じゃないのはなぜ? Windowsタブレットを選んだ教育機関に聞く
教育機関のタブレット導入において、iPadではなくWindows搭載のタブレットが選ばれるケースが増えつつある。背景には何があるのか。Windowsタブレットを選んだ教育機関に聞いた。(2015/5/1)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iOS/Androidアプリも巧みに取り込む「Windows 10」でMicrosoft復権なるか?
Microsoftの開発者会議「Build 2015」が始まった。初日の基調講演では、2018年までにWindows 10搭載機が10億台に達するという予測、そしてAndroid/iOSアプリの開発者がWindows 10向けアプリをコード流用で移植できる支援策が強調された。(2015/4/30)

あのライバル機とも比較:
極薄ファンレスボディに秘められたCore Mの実力は?――「ASUS TransBook T300 Chi」徹底検証(ベンチマークテスト編)
Core Mと高精細ディスプレイ搭載の極薄ファンレスボディが際立つ「ASUS TransBook T300 Chi」。今回はさまざまなテストを行い、モバイルPCとしての実力をチェックする。(2015/4/28)

ビジネスニュース 業界動向:
Apple Watchの初年度出荷数は4000万個? スマートウオッチ市場は好調に推移
米国の市場調査会社は、ウェアラブル端末の中でもスマートウオッチ市場は群を抜いて成長すると予測している。同社のアナリストは、「『Apple Watch』を模倣した製品が次々に登場し、50米ドルほどで販売されるようになるだろう」と予測している。(2015/4/27)

ThinkPadタブレット導入事例集
「Windowsタブレットでなくちゃダメだった」、成功企業が語る製品選びのコツ
タブレットを導入したものの使いこなせない、業務効率が上がらないという企業は、目的に応じたタブレットを使っていないのかもしれない。タブレット導入の成功企業から製品選びのコツを学ぼう。(2015/4/30)

業務アプリInsider 読者調査レポート:
Windows 10/Visual Studio 2015への期待と課題
2015年の技術トレンドと業務アプリ開発について2015年3月に実施したアンケートの調査結果を紹介する。(2015/4/24)

週間記事ランキング
Apple、Googleも思わず拍手? 「Windows 10」の完成度
ユニバーサルアプリとホログラム技術など「Windows 10」の革新的な新機能を紹介。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2015/4/24)

箱も見せられません:
楽天ならではの「革新的なスマホ」がまもなく登場――平井副社長が予告
2015年の春夏モデルとして、スマホ2機種/タブレット3機種を取りそろえた楽天モバイル。実はもう1機種、楽天ならではの革新的なスマホを準備中だという。(2015/4/23)

楽天Edyが使える:
楽天モバイルが「Xperia」を販売、LTE対応Windowsタブレットなども
楽天モバイルが新たに「Xperia J1 Compact」の取り扱いを開始する。おサイフケータイ対応で「楽天Edy」に対応した。またLTE通信が利用可能なタブレット3機種も販売する。(2015/4/23)

校長や教員、児童の生の声から探る
杉並区立天沼小学校はなぜ「iPad」「Windowsタブレット」を両方導入したのか
教育現場におけるWindowsタブレットのメリットと課題とは何か。iPadとWindowsタブレットを併用する杉並区立天沼小学校の取り組みから、その答えを探る。(2015/4/17)

Miix 2 8をまだ仕事で使っています:
ZAGG「Auto-fit 8 Folio Keyboard For Android & Windows」で8型Windowsタブレットは快適になるか
どんなに狭いテーブルでも使える8型Windowsタブレットの機動力。しかし、それは、快適に使える外付けキーボードがあってこその話だ。(2015/4/15)

カフェで味わう最新のPCとタブレット:
期間限定オープン 「Dell Cafe 〜次世代ワークスタイル〜」ってどんなとこ?
カフェにノートPCやタブレットを持ち込んで作業するワークスタイルは、もはや定着したと言える。そんなオフィスにとらわれない新しい働き方を提案するデルのカフェ「Dell Cafe 〜次世代ワークスタイル〜」が虎ノ門に期間限定でオープンした。(2015/4/14)

ハノーバーメッセ2015:
まずは植物工場から――富士通とマイクロソフトが製造業向けIoTで協業
富士通と米国マイクロソフトは、製造業分野におけるIoTを活用した技術展開において協業することを発表した。まずは富士通の会津若松の植物工場で実践を行う。(2015/4/14)

ローム BD2613GW:
次世代インテルAtomプロセッサ向けの高集積パワーマネジメントIC
ロームは、パワーマネジメントIC「BD2613GW」の量産・出荷を開始した。次世代インテルAtomプロセッサ向けに開発されもので、タブレットの超薄型化と低消費電力化に寄与する高集積性と電力変換効率を備えた。(2015/4/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
国内販売が迫る「Windows Phone」と「Windows 10」対応で知っておきたいこと
Windows 10のリリースに向けて国内でも期待が高まっているWindows Phone端末。日本再上陸を前に、PC版Windows 10との違い、対応するハードウェア要件、そしてどのようなスマートフォンが出てくるのか、Microsoftが公開した最新情報を整理し、考察していく。(2015/4/3)

15周年のC#とVisual Studioの現在:
プログラマーは本当に料理が得意なのか――クックパッドで「C丼」作って検証してみた
3月中旬、東京・恵比寿のクックパッドにおいて、少し変わった試みが行われた。日本マイクロソフトとクックパッドの6人のエンジニアが力を合わせて「料理」に挑むというものだ。果たして、この試みの目的は何なのか。そして、出来上がった料理はどんなものだったのか。その過程とともにリポートする。(2015/4/6)

日本での投入は検討中:
世界26地域で「Surface 3」発売――新世代Atom、10.8型3:2ディスプレイ、Windows 10に無料アップデート可能で499ドルから
「Surface 3」はAtom x7プロセッサとWindows 8.1を搭載し、シリーズ最薄最軽量に仕上げた10.8型タブレット。価格は499ドルから。世界26地域で販売する(日本での投入は検討中)。(2015/4/1)

Microsoft、Atom搭載「Surface 3」を499ドルで発売へ
Microsoftが、Windows 10にアップデートできる安価なSurfaceタブレット「Surface 3」を発表した(日本での発売は未発表)。プロセッサはARMベースではなく、Intel Atom x7で、価格はSurface Pro 3より300ドル安い499ドルから。(2015/4/1)

電子書店完全ガイド:
「電子書店パピレス」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第1回目は「電子書店パピレス」を紹介する。(2015/4/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
2枚買いも続々! 「GeForce GTX TITAN X」カードが登場
GTX 980の上位GPUとなる「GTX TITAN X」を搭載したグラフィックスカードが各社から登場している。1枚16万円前後する高価なモデルながら、2枚買いするユーザーも!(2015/3/30)

PR:絵が描けなくても漫画は描ける……のか? 超初心者が2時間チャレンジ
小さなころから身近な漫画。読むのは大好きでも描こうと思ったことなんて今まで1度もないですが……? “大人のお絵かき入門”、第2弾は(無謀にも?)漫画にチャレンジします。(2015/3/30)

PR:2015年度に知っておきたい、いますぐ働き方を見直す“3つの方法”
(2015/3/27)

撮影してからピント合わせが可能:
3Dカメラと美しい有機ELを備えた“世界最薄”Androidタブレット――「Venue 8 7000」徹底検証
デルの「Venue 8 7000」は、高精細な8.4型有機ELディスプレイ、撮影後にピント合わせができる3Dカメラを搭載し、6ミリ厚という世界最薄ボディに仕上げたAndroidタブレットだ。その実力をチェックする。(2015/3/25)

変形機構、液晶、キーボード、ペンの品質に迫る:
ソニーから独立しても“最強伝説”は健在か?――新生「VAIO Z」徹底検証(後編)
ベンチマークテストで圧倒的な性能を見せつけた13.3型ハイエンドモバイルPC「VAIO Z」。レビュー後編は、その使い勝手をじっくり確かめていこう。(2015/3/24)

PR:「生体認証ソリューション」はID・パスワード認証に代わる手段となるか?
IDとパスワードによる認証は、情報管理の基本だ。しかしユーザー側・情シス側のそれぞれが、利便性の低下や、運用負荷を感じているのが現状だ。こういった課題を解決する手段として注目されているのが「生体認証」。富士通の「生体認証ソリューション」を例にとり、その有用性を解説する。(2015/3/23)

石川温のスマホ業界新聞:
VAIOと日本通信が「VAIO Phone」を正式に発表 ━━2社の幹部がメディアからの素朴な疑問に答える
VAIOと日本通信が「VAIO Phone」を発表し、ネットでもさまざまな声が挙がっている。両社のキーマンにVAIO Phone投入の背景を聞いた。(2015/3/20)

PR:「絵を描くなんて美術の授業以来」? 液晶ペンタブレットで始める“大人のお絵かき入門”
小さいころは飽きずにお絵かきしていたはずなのに、いつから止めてしまったのか――そんなあなたのための“大人のお絵かき入門”、液晶ペンタブレットでいかがですか?(2015/3/18)

県教育委員会が率先した教育ICT導入の好例 熊本県×Lyncの場合
熊本県教育委員会が、県全域の小学校、中学校、県立高校など計480校にテレビ会議システム「Lync Server」を導入。学校間で交流学習、合同打ち合わせ、教職員の研修や会議などのほか、遠隔地や離島の小規模な学校の勉強や活動に役立て、効果を上げている。(2015/3/17)

法人向け2in1タブレットの本命登場:
PR:戸田 覚が東芝「dynabook R82」の使い勝手を徹底レビュー
ビジネスに最適なタブレットとは何か? 数々のタブレットを検証してきた戸田覚氏が、東芝「dynabook R82」を徹底レビュー。戸田氏が注目する「dynabook R82」の注目ポイント、そしてビジネスの現場での使い勝手は?(2015/3/16)

ホワイトペーパー:
LTE内蔵タブレットPCで訪問看護業務効率化と紛失・盗難対策強化を実現
訪問看護業務のIT化を推進した名古屋市療養サービス事業団は、看護師の携帯時の負担減にタブレットPC採用を決定。セキュリティ対策強化を実現した同財団が選択したのはLTE内蔵のWindows 8搭載のタブレットPCだ(2015/3/16)

東芝情報機器、教育現場向きソフト「dynaSchool」シリーズの販売を開始――ノートアプリなど3製品を用意
東芝情報機器は、教育支援用となるWindowsタブレット用ソフト「dynaSchool」シリーズ3製品の販売を開始する。(2015/3/12)

2015年PC/タブレット春モデル:
東芝ダイレクト、Core M-5Y71など高性能な構成が選べる「dynabook R82」Web限定モデル
東芝ダイレクトで取り扱うWebオリジナルモデルの「dynabook」シリーズに、Core M搭載の12.5型2in1モデル「dynabook R82」が加わった。店頭モデルにはない、より高速なCPUや8Gバイトメモリ、Officeなしの構成が選択できる。(2015/3/9)

ディスプレイ部は世界最軽量のWindowsタブレットに 東芝、キーボード着脱式Ultrabook「dynabook R82」
Windowsタブレットとしても使えるキーボード着脱式Ultrabook「dynabook R82」が登場。下位モデルはディスプレイ部単体の重さ699グラムと、Windowsタブレットとして世界最軽量に抑えた。(2015/3/9)

東芝、「dynabook R82」の入札モニター販売を開始――計100台限定
東芝は、このほど製品発表を行った着脱式液晶付属のWindowsタブレット「dynabook R82」のモニター販売を開始した。(2015/3/9)

2015年PC/タブレット春モデル:
東芝、世界最軽量の12.5型Windowsタブレットとしても使える2in1――「dynabook R82」
「dynabook R82」は世界最軽量となる約699グラムの12.5型Windowsタブレットとして利用できる2in1デバイス。付属のキーボードドックと接続すれば、完全なクラムシェルのモバイルノートPCとして扱える。上位機は電磁誘導式デジタイザペンも利用可能だ。(2015/3/9)

PR:テーマは「社員が帰ってきたくなる場所」――空間デザイナーが“最新IT”で考えた「理想のオフィス」とは?
(2015/3/9)

マルチOS対応モバイルキーボード:
iPad用キーボードの有力候補か? 「Universal Mobile Keyboard」発売記念レビュー
日本マイクロソフトが3月6日から販売するタブレット向けモバイルキーボード「Universal Mobile Keyboard」を試用してみた。(2015/3/6)

MetaMoJi、Windowsタブレット用「MetaMoJi Note」の法人向けライセンス版販売を開始
MetaMoJiは、同社製のWindowsタブレット用手書きノートアプリ「MetaMoJi Note」のライセンス版販売を開始した。(2015/3/5)

Mobile World Congress 2015:
デジカメスマホ「VIBE Shot」が注目を集めるLenovoブース――Dolby Atoms搭載のミッドレンジモデルも発表
Lenovoブースでは、カメラ機能を重視したスマートフォン「VIBE Shot」、8〜10.1型のAndroidタブレット、コンパクトなモバイルプロジェクターなどを展示している。日本での発売はいずれも未定だ。(2015/3/4)

Mobile World Congress 2015:
Lenovo、Windowsタブレット「MIIX 300」などタブレット3モデルを発表
MIIXの8型ディスプレイ搭載タブレットに新モデルが登場。8型ディスプレイ搭載Androidタブレットは“Lollipop”を導入した。(2015/3/2)

PR:生体認証はここまで進化した――第一人者、横浜国立大学大学院の松本教授に聞く
「なりすましができない」と言われ注目を集める生体認証技術。この分野に詳しいセキュリティ研究者・松本勉教授に、安全性や最近の動向について話を聞いた。(2015/3/5)

講義も学務もこれ1台
「Surface Pro 3」が大学教員の“理想的タブレット”である理由
もはや初等教育のみならず、大学でも活用が進むタブレット。ただし、その採用に当たっては、大学教員や学生の生産性を低下させかねない落とし穴も存在する。リスクを回避するための対処法とは。(2015/2/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
8型より小さい「Windows 10タブレット」で考えられる3つの問題
「Windows 10」とひとくちに言っても、PCや8型以上のタブレット、8型未満のタブレットやスマートフォン、IoTデバイスでは中身が異なる。特に小型タブレットでは注意が必要だ。(2015/2/26)

「新生活を楽しくするタブレット」:
デルから10.1型タブレット「Dell Venue 10/Venue 10 Pro」が登場
「Dell Venue」シリーズ初の10.1型モデルが登場した。Windows 8.1またはAndroidを搭載した2シリーズを用意。アクティブスタイラスに対応し、オプションでワコム製スタイラスペンも追加できる。(2015/2/25)

性能、スタミナ、騒音、発熱をじっくりテスト:
復活した“モンスターPC”の驚くべき性能とは?――新生「VAIO Z」徹底検証(前編)
かつて秀逸なハイエンドモバイルPCとして人気を誇った「VAIO Z」が最新仕様で帰ってきた。VAIO新会社とともに生まれ変わった“Z”の実力を徹底的にチェックする。(2015/2/24)

半径300メートルのIT:
レノボのプリインストールソフトに大欠陥、“セキュリティの基本”以前の問題にどう向き合う?
Lenovo製PCにプリインストールされていた広告表示用のプログラム。こっそりSSL通信を傍受する仕組みも入れていたことが発覚して大問題になっています。(2015/2/23)

お手軽8型Windowsタブレット:
PR:「Endeavor TB01S」は営業マンにとって理想のマシンか?
エプソンダイレクトから登場したWindowsタブレット「Endeavor TB01S」は、8型IPS液晶を搭載し、Officeをプリインストールしながら税抜き3万円を切るコスパが魅力だ。実際に営業ツールとして活用した結果は……。(2015/2/20)

PR:「オフィスより自宅のほうがはかどる」「電車内でも仕事している」――グローバル調査で見えた“働き方の新常識”とは?
(2015/2/19)

これ、本気で描けますよ:
液晶ペンタブ業界に嵐を巻き起こす!?――「VAIO Z Canvas」を漫画家が速攻レビュー
新生VAIOが放つクリエイター向けタブレット「VAIO Z Canvas」は、ハイスペックな“お絵描きマシン”としても使える。ワコム一強の液晶ペンタブ業界に嵐を巻き起こすのか──PC USERでおなじみの漫画家が、試作機を触った。Cintiq Companion 2との比較も!(2015/2/17)

テックウインド、タブレットPC「CLIDE」の法人モニター募集キャンペーン
テックウインドは、同社取り扱いのタブレット端末「CLIDE9」「CLIDE10」を対象とした法人モニター募集キャンペーンを開始した。(2015/2/16)

2015年PC/タブレット春モデル:
新生VAIOがハイエンドモバイルPCの“Z”を復活――「VAIO Z」
TDP 28ワットの第5世代Core i7、16Gバイトメモリ、512GバイトPCIe SSD、長時間駆動のバッテリー、そして独自の変形機構と筆圧ペンまで盛り込み、ハイエンドモバイルPCの「VAIO Z」が生まれ変わって帰ってきた。(2015/2/16)

2015年PC/タブレット春モデル:
VAIOの超高性能タブレットが“Z”シリーズとして正式発表――「VAIO Z Canvas」
クリエイター向け超高性能タブレットの試作機として話題を集めた「VAIO Prototype Tablet PC」が、「VAIO Z Canvas」の名で正式発表された。発売は5月の予定だ。(2015/2/16)

PC USER 週間ベスト10:
低価格モバイルノートPCもここまで来たか(2015年2月9日〜2月15日)
今回のアクセスランキングは、ASUS JAPANの低価格モバイルノートPC、ワコムのクリエイター向けWindowsタブレット、ストレージ新製品の発売情報がトップ3でした。(2015/2/16)

Air対抗:
「ASUS TransBook Chi」は“Air”より薄くてパワフルな究極のドリームマシン
ASUSが2015年PC/タブレットの春モデルを披露。実機を写真で見ていこう。(2015/2/13)

2015年PC/タブレット春モデル:
ASUS、2万円台でワコムの筆圧ペンを備えた8型Windowsタブレット――「VivoTab Note 8」
ペン付き8型Windowsタブレット「VivoTab Note 8」の2015年春モデルは、ワコム製スタイラスペンを継承しながら、OSにWindows 8.1 with Bingを採用し、より低価格になった。(2015/2/13)

ファンレスで騒音もなし:
“3万円台前半”で1キロ切りのミニノートPC――「EeeBook X205TA」はどこまで使えるか?
タブレットのプラットフォームで小型ノートPCを作ったら、軽量でファンレス、ロングバッテリー、さらに価格も安い、ありそうでなかったナイスなモバイルPCが生まれた。(2015/2/12)

PR:東京で働くのは「無理だと思った」――徳島県の“田舎”で働くITベンチャー、Sansan社員に働き方を聞いてみた
Sansanが徳島県神山町にサテライトオフィスを設置してから4年3カ月。そこで実際に働く人々はどのような成果を上げ、企業としてどんな価値が得られたのか。徳島の市街地から30キロほど離れたその地に向かい、“中の人”たちに聞いてきた。(2015/2/12)

「ロマンスカーVSE」を見る目も変わる? 小田急×タブレットのよい関係
新宿−箱根を結ぶ小田急ロマンスカーをはじめ、関東近県の観光地や都市を結ぶ小田急電鉄。最近、駅係員の手にタブレットがあるのを見かける。この新たに導入したWindows タブレット+Office 365+Intuneの組み合わせは、顧客満足度の向上にどんな役割を果たすのだろうか。(2015/2/10)

エプソンダイレクト、薄型軽量デザインの8型Windowsタブレット「Endeavor TB01S」
エプソンダイレクトは、デジタイザーペン入力にも対応する8型WXGA液晶を備えたWindowsタブレットPC「Endeavor TB01S」を発表した。(2015/2/10)

モバイルワークを推進する佐賀県庁、iOSとWindows端末を統合管理
2014年10月に稼働した全職員を対象とするテレワークなどのデバイス管理には、複数OSに対応した仕組みが利用されている。(2015/2/10)

画素密度アップでさらに使いやすく:
こんな液晶ペンタブが欲しかった! 漫画家による「Cintiq Companion 2」徹底検証
たいへん気に入りました。(2015/2/9)

タブレットフレンドリーだが、タブレット主眼ではない
Windows 10プレビュー:タブレットユーザーから一言、言いたい
“かつてのWindows”に戻るとも指摘されているWindows 10。だが、Windowsタブレットユーザーは従来のWindows 8/8.1を便利に使ってきた。彼らからWindows 10はどう見えるのか。(2015/2/8)

【ITmedia ニュース読者感謝祭】最新の巨大液タブ「Cintiq 27QHD」、触れます
「読者感謝祭」にはワコムの最新液晶ペンタブレットも。お絵かきしましょう!(2015/2/6)

販促資料やマニュアルの電子化:
ビービーシステム、資料を電子化して営業ツールとして利用する「ContentsLook」を提供開始
ビービーシステムは2月6日、商材の販促資料やマニュアルを電子化してWindowsタブレットやPCに格納し、営業ツールとして活用できるソリューション「ContentsLook」の提供を開始した。クラウド型のサービスなので、初期費用は不要。(2015/2/6)

2015年PC/タブレット春モデル詳細レビュー:
見たらきっと欲しくなる!360度開く2in1 PC「LaVie Hybrid ZERO HZ750/AA」
あるときはクラムシェル型ノート、またあるときはタブレット。そんな13.3型 2in1 PCが“LaVie Zの後継”として登場した。薄さと軽さと多様性で話題の実力は? (2015/2/6)

山市良のうぃんどうず日記(26):
祝、Windows 7のWindows 10無償アップグレード! でも、古いPCで動くの?
Windows 7/8.1は「Windows 10」の提供開始後1年間は無償でアップグレードできることが発表されました。わが家には10年前の古いWindows 7 PCがあります。無償ならWindows 10にしたいところですが、果たして古いPCで動くのか。ちょっと心配になってきました。(2015/2/6)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。