ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

Windowsタブレット に関する記事 Windowsタブレット に関する質問

「Windowsタブレット」最新記事一覧

PC USER 週間ベスト10:
「Surface Pro 3」はもう触りましたか?(2014年7月14日〜7月20日)
今回のアクセスランキングは、ついに日本で販売が開始された「Surface Pro 3」の実機レビューに注目が集まりました。(2014/7/21)

メモリ4Gバイトは非常にうれしい:
ThinkPad 8、CPUとメモリを強化した構成を追加
Atomは従来モデルから動作クロックを上げ、システムメモリは4Gバイトになり、OSでは、64ビット版と“with Bing”を追加した(2014/7/18)

「Microsoft Office」といってもいろいろある
徹底比較:iPad vs. Windowsタブレット――“Office信者”にベストな選択は?
タブレットでMicrosoft Officeを使うなら、iPadとWindowsタブレットのどちらが適しているのだろうか。iPad版のOfficeと、Windowsタブレットで動かすクライアントPC版Officeを比較した。その結果を紹介しよう。(2014/7/18)

週間ランキング
「Surface Pro 3」ではなくあえて「2」を買うユーザーに拍手を
大きく違う「Microsoft Surface Pro 3」と前年発売の「2」を比較し、選択のポイントを探ります。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介。(2014/7/18)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
転載・再配布OK!「別冊Computer Weekly Windows Phone/タブレットの逆襲」無料ダウンロード
転載・再配布も可能な、Computer Weekly Windows特集号(PDF)を無料ダウンロード提供中!(2014/7/18)

Wi-Fiモデルは2万2980円から:
デル、SIMフリーLTE対応の8型Androidタブレット「Venue 8」
デルの「Venue」シリーズに、8型Androidタブレットの「Venue 8」が加わった。Wi-Fiモデルに加えて、SIMフリーLTE対応モデルも用意している。(2014/7/17)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
本日発売の「Surface Pro 3」を使って感じたこと――本気でタブレット市場の攻略に乗り出すマイクロソフト
マイクロソフト純正の最新Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、歴代モデルの中でも特に大きな進化を遂げた。従来機との比較も交えながら、ファーストインプレッションをお届けしよう。(2014/7/17)

マイクロソフトFY15戦略:
既存の資産を生かした「Io"Your"T」が日本のICT活用をドライブする
(2014/7/17)

Microsoftが本気で挑むクロスプラットフォーム戦略
99ドルの格安Windowsタブレットで“帝国の逆襲”となるか
Microsoftは、これまでもWindowsを中心に据えた戦略から、モバイルデバイスを含めたクロスプラットフォーム戦略へと大きく転換を図っている。その姿勢は、ますます鮮明になってきた。(2014/7/17)

デルがお勧めするWindows 8.1
盗難・紛失による回収実績は100%、1台から始めるモバイル端末管理
業務でのモバイル/タブレットが無くてはならない存在になる一方で、課題となっているのがセキュリティ対策を含めたモバイルデバイスの運用管理だ。あなたは、どこまでの対策が必要だと思いますか?(2014/7/17)

動画で丸分かり:
「Surface Pro 3」の注目ポイントを試す――スタンド、タイプカバー、ペン入力
「Surface Pro 3」の進化したキックスタンド、タイプカバー、そしてペン入力機能について、インプレッションを動画とともにお届けする。(2014/7/14)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ついに入手! 「Surface Pro 3」日本版を速攻レビュー
7月17日の販売開始を直前に控え、「Surface Pro 3」の日本版を試用する機会が得られた。今回はその利用スタイルを3つに分類し、それぞれの使いやすさをレビューする。(2014/7/14)

富士通、約400グラム以下の法人向け8型Windowsタブレット「ARROWS Tab Q335/K」を開発
富士通は、法人向けモデルとなるWindows 8.1搭載タブレットPC「ARROWS Tab Q335/K」の開発を発表した。(2014/7/14)

ビーチでタブレットの貸出も:
レノボはなぜ「海の家」を始めたのか? 国内初公開のテーブルPCとともに見てきた
海水浴とタブレットを結びつける斬新な海の家「Lenovo House Beach Marche」がオープン。レノボ・ジャパンはなぜ海の家を始めたのか、実際に行って確かめてきた。(2014/7/14)

うちの会社に幼馴染がIT担当者として入ってきたんだが。:
PR:第3話:プレゼンとプレゼント
(2014/7/14)

PR:今なお残る、隠れXPパソコンが企業を破滅に追い込む?――ユーザー調査が明らかにしたビジネスパソコンの真の実態と今後
早いもので、Windows XPのサポートが終了してからおよそ3カ月が経過した。サポートが切れたOSでのパソコンを使い続けるリスクは、企業の命運を左右しかねない範囲に及ぶだけに、多くの企業は新しいビジネスパソコンに入れ替えたり、OSを移行するなどの対策を講じたと思われていた。だが、そんな予想を覆す、衝撃的な事実が明らかになった。日経BPイノベーションICT研究所の所長、桔梗原富夫氏に詳しく聞いた。(2014/7/10)

法人タブレットも続々、Surface対抗モデルも レノボが法人向け10インチタブレット
レノボ・ジャパンが10インチのビジネスWindowsタブレット「ThinkPad 10」を投入。業務シーンに望まれる堅牢性や作業性、セキュリティ機能を備え、低廉モデルは6万円台を実現。「業務PCの入れ替えならこちらを」と提案する。(2014/7/8)

SoftBank 4G LTE対応タブレット「ThinkPad 10 for SoftBank」が登場
ソフトバンクモバイルの高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」および「SoftBank 4G」に対応したタブレット「ThinkPad 10 for SoftBank」が登場する。発売は9月中旬以降。(2014/7/8)

東芝、企業向けの薄型軽量Windowsタブレット「dynabook Tab S38/S50」
東芝は、OSとしてWindows 8.1 Pro Updateを導入した企業向けタブレット端末「dynabook Tab S38」「同 S50」を発表した。(2014/7/8)

PC USERアワード:
2014年上半期の「タブレット」おすすめ“10選”
さまざまなタブレット新モデルが市場をにぎわせた2014年上半期。今回はその中からITmedia PC USER編集部が特におすすめのモデルを選出する(PC USER 20周年特別企画)。(2014/7/8)

2014年PC夏モデル:
LTE対応モデルも9月中旬に──レノボ・ジャパン「ThinkPad 10」
ThinkPadシリーズに10型ディスプレイ搭載タブレットの新モデルが登場。ThinkPad Tablet 2と比べて2倍の性能を発揮。キーボードなどオプションも充実している。(2014/7/8)

de:code 2014まとめリポート:
マルチデバイス&クラウドの時代、開発者が進む道を「理と情」で語る──そしてアーキテクトは新しい課題に直面する
日本マイクロソフトが開催した開発者向けイベント「de:code」の基調講演とアーキテクト向けの3つのセッションの模様を凝縮してお伝えする(2014/7/8)

YRPユビキタス・ネットワーク研究所とマイクロソフト、オープンデータを蓄積・活用する基盤開発で提携
坂村健教授が率いるYRP UNLとマイクロソフトが提携し、行政や公共交通機関のオープンデータを蓄積・活用するプラットフォーム開発を進める。(2014/7/7)

@ITメルマガ購読キャンペーン:
Surface Pro 3、プレゼント!
(2014/7/7)

東芝、「dynabook Tab S38/S50」の発売日を確定――7月5日に販売開始
東芝は、6月に発表された同社製Windowsタブレット「dynabook Tab S38」「同 S50」の発売日をアナウンスした。(2014/7/4)

好調の理由は追い風でなく信頼:
「ものすごくよかった。最高の年」──日本マイクロソフト2015年度経営方針記者会見
過去最高の売り上げを達成した2014年度を振り返り、Surface Pro 3の反響、新CEOがもたらす変化、そして、先日大きく報道された「IEの脆弱性」について言及した。(2014/7/2)

大塚製薬、1900台のWindows 8.1タブレットを導入
ノートPCとタブレットによるMRの“2台持ち”を一本化した。(2014/7/2)

うちの会社に幼馴染がIT担当者として入ってきたんだが。:
PR:第1話:PCなんか、いらないよね?
(2014/6/30)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Surface Pro 3」の完成度と、Surface Mini?へ高まる期待
日本での発売が7月17日に迫った「Surface Pro 3」。一足先に米国のマイクロソフトストアにて、店員との会話を楽しみながらSurface Pro 3を試用してきた。(2014/6/27)

サードウェーブデジノス、ノートPCスタイルでも使えるキーボードカバー付きWindows 8.1タブレット
サードウェーブデジノスは、10.1型ワイド液晶を内蔵したWindows 8.1搭載タブレットPC「Diginnos DG-D10IW」を発表した。(2014/6/27)

Windows 8タブレットで仕事はかどる?:
「Venue 8 Pro」とオプションキーボードで長文をバシバシ書いてみる
デルの8型ディスプレイ搭載Windows 8.1タブレットにはオプションの純正キーボードユニットがある。その「ワンクラス上の使い勝手」を試してみた。(2014/6/26)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
FIFAワールドカップ、翠星のガルガンティア、Surface Pro 3、Xbox Oneも――日本マイクロソフト「独自の試み」に注目
Surface Pro 3にXbox Oneといった大型ハードウェアの発売が待たれる中、日本マイクロソフトはFIFAワールドカップの観戦支援アプリや、人気アニメとコラボしたブラウザゲームを投入し、Windowsワールドのさらなる活性化を図っている。(2014/6/23)

2014年PC/タブレット夏モデル:
東芝、Web直販モデルに7機種を追加――Core i7+SSDの高性能モバイル、2in1、タブレットなど
東芝ダイレクトのWebオリジナルモデルに7機種が追加された。Officeの有無が選べるほか、機種によっては店頭モデルより高速なCPUやSSDなどが搭載できる点に注目だ。(2014/6/16)

2014年タブレット夏モデル:
東芝がWindows 8.1 with Bing搭載の10.1型/8型タブレット投入――「dynabook Tab S50/S38」
東芝のWindowsタブレットに10.1型の「dynabook Tab S50」が登場。従来より薄型軽量化した8型の「dynabook Tab S38」も合わせて、2ラインアップ構成となった。OSは32ビット版の「Windows 8.1 with Bing」を採用する。(2014/6/16)

2014年PC/タブレット夏モデル:
東芝が「dynabook」夏の追加モデルを発表――10.1型/8型タブから13.3型モバイル、変形ノートまで8機種
東芝がdynabookシリーズの2014年夏モデルを大幅拡充。32ビット版Windows 8.1 with Bingを搭載した新シリーズの10.1型/8型タブレット、11.6型/13.3型/14型クラムシェルノート、そして15.6型コンバーチブルPCなど、計8機種を6月20日より順次発売する。(2014/6/16)

「de:code」展示会場17ブース:
PR:今見ておきたい、多様化するデバイスやクラウドに対応したソリューションまとめ
(2014/6/16)

「Surface Pro 3」発表の影で考える
不遇のOS「Windows RT」、盛り返しの鍵は“Surface Mini”とユニバーサルアプリ
米Microsoftの新型Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、既に一部の企業が導入を決めるなど、一定の評価を得ている。一方、Windows RTベースの「Surface」はますます影が薄くなっている。今後、生き残るすべはあるのだろうか。(2014/6/12)

価格は5万円台半ば:
レノボ、軽量Windows 8.1タブレット「Lenovo Miix 2 8」に128Gバイトモデルを追加
レノボ・ジャパンは、同社製Windowsタブレット端末「Lenovo Miix 2 8」のラインアップに128Gバイトフラッシュメモリ搭載モデルを追加した。(2014/6/10)

石野純也のMobile Eye(5月26日〜6月6日):
SIMフリー端末を投入するHuaweiの狙い/“規制緩和”進むiOS 8/ドコモ版iPadへの期待
今回はファーウェイ・ジャパンのSIMロックフリー端末投入、AppleのWWDCで発表された「iOS 8」、ドコモからの発売が決まったiPadを取り上げ、ユーザーや業界に与える影響を考察していきたい。(2014/6/6)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
世界最薄の12.5型タブレットや広色域の4KノートPCを披露――ASUS新製品発表イベント
ASUSTeK Computerは、COMPUTEX TAIPEI 2014の開幕前日に新製品発表会を開催し、これから投入を予定している新製品を公開した。(2014/6/3)

「ノートPCの全てを置き換えられるタブレット」 「Surface Pro 3」、7月発売
Windowsタブレットの最新機種「Surface Pro 3」が7月に国内発売される。高性能CPUと12インチディスプレイを備え、ノートPCの代替となるデバイスとうたう。(2014/6/2)

「Surface Pro 3」国内発売 「ヤバイ、すごいデバイス」
マイクロソフトは、Windowsタブレットの新モデル「Surface Pro 3」を国内発売する。(2014/6/2)

第4世代Core搭載の12型で9.1ミリ厚、約800グラム:
「Surface Pro 3」は日本で7月17日に発売――9万1800円から【詳細版】
日本マイクロソフトは12型Windowsタブレット「Surface Pro 3」を7月17日に国内で発売する。価格は9万1800円(税別)から。※発表会の写真や製品の詳細を追加。(2014/6/2)

Windowsタブレットでサッカー観戦をさらに楽しく――日本マイクロソフトが「すぽレット キャンペーン」を展開
日本マイクロソフトがWindowsタブレットを拡販するための施策第2弾を発表。データスタジアムと協業し、タブレット上でサッカー試合の詳細データをリアルタイムで参照できるアプリ「リアサカLIVE」を提供する。(2014/5/30)

マウスコンピューター、「カゲロウプロジェクト」デザイン筐体の10.1型Windowsタブレット
マウスコンピューターは、「カゲロウプロジェクト」デザイン筐体を採用した10.1型WindowsタブレットPC「LP-KP101W8-A」を発売する。(2014/5/30)

199.99ドルから:
米Toshiba、厚さ10ミリの8型/10.1型Windowsタブレット「ENCORE 2」を発表
Windowsタブレット「ENCORE」シリーズの新モデルが登場。8型と10.1型のラインアップを用意し、8型モデルは199.99米ドルから購入できる。(2014/5/28)

狙いは中国の顧客網:
インテルとRockchipが提携へ、低価格タブレット向けSoC「SoFIA」を提供
インテルと中国 Rockchipが、インテルのタブレット端末向けSoC「SoFIA」を提供することで合意した。インテルの狙いは、Rockchipが持つ中国の顧客ネットワークだ。(2014/5/28)

Pro 3の国内展開は?:
日本マイクロソフト、6月2日に新世代「Surface」の発表会を開催
日本マイクロソフトは6月2日14時、新世代Surfaceの国内発表会を開催する。(2014/5/26)

小寺信良「ケータイの力学」:
学校のICT活用のハードルを下げる、ロイロノート・スクール(2)
簡単にインタラクティブな授業を展開できる「ロイロノート・スクール」。Windows 8タブレットとiPadを使って、授業を想定した使い方を試してみた。(2014/5/26)

PC USER 週間ベスト10:
“mini”はなくとも“Pro”の進化が見逃せないSurface(2014年5月19日〜5月25日)
今回のアクセスランキングは、「Surface Pro 3」をはじめ、Windowsの高画素密度対応、Z97搭載で最新機能を備えたmini-ITXマザー、東芝の“7スタイル”変形ノートPCなどが上位につけています。(2014/5/26)

注目PCレビュー:
バランス型のスペックが光る専用キーボード付きWindows 8.1タブレット──「Lenovo Miix 2 11」
レノボのMiix 2 11は、専用キーボードドックを備えた高機能Windows 8.1タブレットだ。今回は性能とバッテリー駆動時間にフォーカスして検証していこう。(2014/5/23)

週間記事ランキング
できれば知りたくなかった「iPad Air 2」事前情報
2014年秋に発表される見通しの第6世代iPad(通称「iPad Air 2」)のさまざまな臆測を検証。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/5/23)

教育ITニュースフラッシュ
東京大学の“国産MOOC”初講義、その受講者数は?
1人1台のWindowsタブレット活用を進める佐賀県のセキュリティ対策から、東日本大震災の被災地域で進む教育支援プロジェクトでのIT活用事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/5/23)

iPad AirやiPad mini向けもいいかもよ:
ここから選ぶ! Bluetooth接続小型キーボード
Windowsタブレットを買うなら、やっぱりキーボードも買っておいたほうがいいですよ。(2014/5/22)

「Windows RT」の今後は?
Windowsタブレットの本命「Surface Pro 3」が狙う“3度目の正直”
米Microsoftが米国時間5月20日に発表した「Surface Pro 3」は、タブレット端末というよりもPCに近い製品といえるかもしれない。企業向けモバイル端末として、ITプロフェッショナルらの関心を集めている。(2014/5/22)

13年度の国内タブレット市場、AndroidがiOSを逆転 Windows成長 MM総研
国内タブレット市場の成長は鈍化傾向に。OS別シェアでは、Androidが初めてiOSを逆転した。(2014/5/21)

タップ or クリック!!:
マイクロソフトの新型タブレット「Surface Pro3」のまとめクイズ11
米Microsoftが5月20日(現地時間)に発表したWindowsタブレット「Surface Pro 3」。何がポイントなのか、クイズ形式でまとめてみた。全部分かれば自慢できる!?(2014/5/21)

「Surface Pro 3」は12インチで“MacBook Airより薄い”PC代わりのタブレット
MicrosoftがSurfaceシリーズ初の12インチタブレット「Surface Pro 3」を発表した。Intel Core i3/5/7を搭載し、価格は799ドルから。日本では8月中に発売する。(2014/5/21)

日本では8月末までに発売:
Microsoft、9.1ミリ厚/800グラムの12型Windowsタブレット「Surface Pro 3」発表【詳細版】
これまで画面サイズが10.6型のみだったMicrosoft純正Windowsタブレット「Surface」だが、初の12型モデル「Surface Pro 3」を投入する。「Surface Pro 2」から画面を大型化しながら、薄型軽量ボディに進化した(詳細情報を追記)。(2014/5/21)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
「10型でも4K」の時代へ――急激なディスプレイ精細化にWindowsはどう対応するか?
スマートフォンやモバイルタブレットの世界でフルHD対応が増えつつある中、よりハイエンドの世界では、その次の世代となる「4K」に注目が集まっている。では、MicrosoftはWindowsで4Kへの対応をどのように考えているのだろうか?(2014/5/20)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly Windows Phone/タブレットの逆襲
スマートフォン/タブレット分野で出遅れたMicrosoft。同社の製品はベストではないかもしれないが、先行する競合製品にはない特長が注目を集めている。WindowsタブレットやWindows Phone を選択する理由とは?(2014/5/19)

日本HPが小型PCやWindows 8搭載タブレットなどビジネス向け製品を投入
日本HPは、容量約1リットルの小型デスクトップPCや、WUXGA表示の10.1型Windowsタブレットなど、ビジネス向け製品を順次発売する。(2014/5/16)

週間記事ランキング
「iPhone 6」にワクワクの日々が始まる
2014年秋ごろに発売するとみられる、通称「iPhone 6」のうわさの真相を徹底調査。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/5/16)

富士通、静脈認証対応の企業向け12.5型タブレットなど計10機種を発表
富士通は、企業向けタブレット/デスクトップPCなど計10機種を発表した。同社初となるゼロクライアントモデルなども用意される。(2014/5/15)

ASUS、8型Windowsタブレット「VivoTab Note 8」に新色ホワイトを追加
ASUSTeKは、同社製となるWindows 8.1搭載タブレットPC「VivoTab Note 8」のラインアップにホワイトモデルを追加した。(2014/5/14)

2014年PC夏モデル:
“Haswell Refresh”と11acを採用した15.6型主力ノート――「FMV LIFEBOOK AH」
富士通がA4主力ノート「FMV LIFEBOOK AH」シリーズの2014年夏モデルを投入。基本スペックと無線機能の強化が見どころだ。(2014/5/14)

PC USER 週間ベスト10:
最薄・最軽量の10.1型Androidタブレットに興味津々(2014年5月5日〜5月11日)
今回のアクセスランキングは、ついに国内モデルが登場した「Xperia Z2 Tablet」、アキバのPCパーツ情報、Windowsの新アプリ戦略、マルチディスプレイに適した製品の選び方などがトップ10に入りました。(2014/5/12)

稟議通過の決め手は「参加しないとMobile/Cloud First時代に生き残れません」:
PR:エバ四天王に聞く、70を超えるセッションが行われる開発者/アーキテクト向けイベント「de:code」の見どころとは
(2014/5/12)

週間記事ランキング
VRがついに現実に? 仰天ヘッドセット「Oculus Rift」の凄さ
ゲーム業界で注目高まる仮想現実ヘッドセット。米Oculus VRの新製品を徹底レビューします。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/5/9)

「Windows 8.1 Update」登場で使い勝手が改善
キラーアプリはタッチ版「Microsoft Office」、WindowsタブレットのiPad超えは可能か
「Windows 8.1 Update」の登場で使い勝手が向上したといわれる「Windows 8.1」。しかし、先行する「iPad」などに追い付くにはタブレットで利用できるタッチ版の「Microsoft Office」が求められる。(2014/5/9)

インフォテリア、「Handbook」契約企業を対象としたWindowsタブレット無償貸し出しキャンペーンを開始
インフォテリアは、同社提供のモバイルコンテンツ管理システム「Handbook」の顧客企業を対象にWindows 8/8.1タブレットを無償で3カ月レンタルするキャンペーンを開始した。(2014/5/8)

PC USER 週間ベスト10:
GWの真っただ中に読まれている記事は?(2014年4月28日〜5月4日)
今回のアクセスランキングは、値下がりした「MacBook Air」の新モデル、“ソニーのVAIO”改め「VAIO株式会社」など、ゴールデンウィークの最中でも注目すべきニュースが飛び込んできました。(2014/5/5)

注目タブレット速攻レビュー:
「HP Omni 10」――10.1型WUXGA&Atom Z3770搭載で5万円を切るWindows 8タブレット
つや消しの黒いボディにBay Trail-T世代のAtom Z3770を搭載する「Omni 10」は、5万円を切る価格を実現した10.1型Windows 8.1タブレットだ。(2014/5/2)

Excelが使えれば「自社用ストアアプリ作成できます」:
企業の“Windows 8.1アレルギー”を解消する、「Project Siena」の可能性
Windows 8系本来の狙いである、共通プラットフォームでスマートデバイスの活用シーンも融合したデバイスの統一化戦略は、特に企業導入層が「なるほど、それなら」と思える魅力的な取り組みが多々ある。近日日本での公開を予定する「あるツール」は、企業のWindows 8アレルギーを意外と簡単に解消できるかもしれない。(2014/5/2)

次第に使いやすくなるWindows 8.1
Windowsタブレット向け 細か過ぎて伝わらない「Windows 8.1 Update」ガイド
利用が増えているWindows 8.1搭載のタブレットデバイス。2014年4月に配布された最新アップデートではユーザーインタフェースなどが改良された。タブレットユーザー注目の機能を紹介する。(2014/5/2)

スマートデバイスの業務利用に関する調査リポート
43.4%の企業がWindowsタブレットの導入に意欲 読者調査が示す期待感
TechTargetジャパンは2014年2月、スマートデバイスの業務利用に関する読者調査を実施した。調査結果からは企業におけるスマートデバイスの導入・検討状況、業務利用の状況などが分かった。(2014/5/1)

Windowsタブレットにも対応:
マグレックス、各種タブレット端末に対応した薄型Bluetoothキーボード2モデル
マグレックスは、各種タブレット端末向きとなる薄型Bluetoothキーボード「MKU9000」「MKU9100」を発表した。(2014/4/30)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
「Windows 8.1 Update」は確かな改善だが、発展途上にある
画面にタッチしなくても、マウスを使った操作がしやすくなった「Windows 8.1 Update」。Windows 8から地道に進化を続けてきたのは確かだが、まだ発展途上ともいえる。(2014/4/30)

メカ設計ニュース:
3Dコンテンツをさまざまな業務で活用する「SAP 3D Visual Enterprise 8.0」
SAPジャパンは、3D CADモデルと業務データを統合して活用できるアプリケーションの新版「SAP 3D Visual Enterprise 8.0」を発表した。サードパーティー製のPDMから直接CADデータを取得可能にした他、2D形式のデータに対応した。(2014/4/28)

PC USER 週間ベスト10:
GWは久しぶりにPCを自作してみる?(2014年4月21日〜4月27日)
今回のアクセスランキングは、Macでの超高解像度ディスプレイ活用、ミニタワーPCの自作構成例、SOHO/SMBに向けた液晶ディスプレイの選び方などが上位となりました。(2014/4/28)

2020年に間に合うか:
タブレットを使う“IT授業”、普及のカギと多くの課題
1人1台のWindowsタブレットを使った「IT授業」の実証研究が東京都目黒区の中学校で始まった。教育関係者や企業の期待は高いが、一方で実現には多くの課題がある。(2014/4/24)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
【最終回】今後のWindows戦略から予想するIT環境の大きな変化
今までWindows XPから移行するポイントを解説してきたが、今回はこれからのWindows OSのロードマップ、そして今後のOS移行をスムーズに行っていくためのポイントを解説しよう。(2014/4/24)

比べて分かった“艦これ”以外の使い道
「Surface Pro 2」と「VivoTab Note 8」を徹底比較、ペン付きWinタブレットの最強はどっちだ?
ワコム製デジタイザやスタイラスペンが標準で付いてくる――。そんな共通点があるWindows 8.1タブレットが「Surface Pro 2」と「ASUS VivoTab Note 8」だ。両者の性能や特徴を徹底比較する。(2014/4/24)

アイ・オー、授業向きのWi-Fiワイヤレスディスプレイアダプタ「ミラプレEducation」
アイ・オー・データ機器は、Windowsタブレット/PCの映像をWi-Fi経由で転送できるワイヤレスディスプレイアダプタ「ミラプレEducation」を発表した。(2014/4/23)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
“Next Windows”の動きを整理する――新UI、ユニバーサルアプリ、小型端末/IoT向けOS無料化
Microsoftの開発者会議で語られたWindows戦略。その中から興味深いトピックを整理すると、おぼろげながら「Next Windows」の姿が見えてくる!?(2014/4/21)

PC USER 週間ベスト10:
ノートPCにも“4K”の波(2014年4月14日〜4月20日)
今回のアクセスランキングは、東芝が他社に先駆けて投入した“4K”ノートPC、ビジネス向け液晶ディスプレイの選び方、ITっぽいマンガ連載が上位でした。(2014/4/21)

「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー:
BaaSとUXガイドラインの活用によるiOS/Androidからの移植の実際
ハウス食品のアプリ「スパイスレシピ」について、移植時のガイドライン活用やAzureを用いた独自機能実装などを担当者から聞いた。(2014/4/23)

提督限定にあらず(条件付き):
Lenovo Miix 2.8を仕事で使っていますがなにか
とはいえ、すべては“ZAGG”なキーボードのおかげです。(2014/4/18)

NEC、教育市場にも向くWindows 8.1タブレットPC「VersaPro タイプVT」など2機種
NECは、教育/ビジネス向けとなる10.1型/12.5型タブレットPC「VersaPro タイプVT」「同 タイプVZ」を発売する。(2014/4/17)

コスパ抜群:
日本HP、WUXGA表示の10.1型ハイパフォーマンスWindowsタブレット「HP Omni10」
Bay Trail-T世代のWindows 8.1搭載タブレットが日本HPから登場。1200×1920ピクセル表示に対応した高精細な10.1型モデルだ。(2014/4/16)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Office for iPadだけじゃない――iOSやAndroidでWindows系サービスを賢く使う方法
「Office for iPad」無償公開のニュースを知って、「MicrosoftもついにiPhoneやiPad向けアプリを出してきたか」と思った方は少なくないだろう。しかし、Microsoftは以前からWindows系サービスを便利に使うためのiOS/Androidアプリをいくつも提供している。今回はこうしたアプリを見ていこう。(2014/4/14)

PC USER 週間ベスト10:
Windowsがランキングを席巻(2014年4月7日〜4月13日)
Build 2014、Windows 8.1 Update、Windows XPサポート終了……。今回のアクセスランキングは、久しぶりにWindowsの記事が多数トップ10に入りました。(2014/4/14)

最新PC速攻レビュー:
Shuttleの「DS81」で知る「ベアボーンの組み立ては簡単だ!」
みんなー! コンパクトなベアボーンでも全然簡単だから、一緒に作ろー!(2014/4/11)

週間記事ランキング
“職場でMac”にWindows管理者が舌打ち
なじみのないMac OSに対処しなければならない状況に立たされるサポートデスク担当者が抑えておくべきポイントとは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/4/11)

8.1 Updateで強化した「企業向け」の機能:
「Windows 8」、オフィスではなぜ避けられてしまうのか
「Windows 8アレルギー」はかなり解消できると思います──MicrosoftがPC向けOSのアップデート版「Windows 8.1 Update」を4月9日に公開する。中でも避けられがちな「企業層」へいかにうまく訴求できるか、更新のポイントをおさらいする。(2014/4/8)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
OS無料化だけじゃない――Windowsタブレットが今後大きな勢力になる要因
米Microsoftの開発者会議「Build 2014」では、9型未満のタブレットとスマートフォンに搭載するWindowsの無料化や、スマートデバイスからPC、ゲーム機まで同じアプリケーションを横展開しやすくする「Universal Windows Apps」が発表された。そうしたMicrosoftの戦略以外にも、Windowsタブレットが今後シェア争いで大きな勢力になると考える理由がある。(2014/4/7)

Windowsはこれからどうなる? Build 2014の発表内容をおさらい
Microsoftが、米国で開発者向けイベント「Build 2014」を開催し、Windowsの今後を占う大きな発表が多数あった。その発表内容をまとめた。(2014/4/6)

例えば「艦これ」に……
徹底レビュー:実はゲームにも最適? Windowsタブレット「ThinkPad 8」の楽しみ方
「ThinkPad 8」は高品質なフルHDディスプレーを搭載したコンパクトで軽量なWindowsタブレットを探している人にはよい選択肢だろう。ビジネス用途に加えて、ゲームなどのパーソナルユースにも最適だ。(2014/4/4)

@ITメルマガ購読キャンペーン:
「艦これ」に最適! Windows 8タブレットをプレゼント
(2014/4/4)

小型Windowsタブレット市場がさらに盛り上がる?:
Microsoft、9型未満タブレットとスマホのWindowsを無料化
iOS/Androidに後れをとっているスマートフォンや小型タブレット市場での拡販を図るべく、Microsoftは9型未満タブレットとスマートフォンのWindowsを無料化する。(2014/4/3)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。