ニュース
» 2019年06月28日 15時35分 公開

サードウェーブ、筆圧感知ペン対応Windowsタブレット「raytrektab」にPentium搭載の新構成モデル

サードウェーブは、同社製WindowsタブレットPC「raytrektab」にPentium Silver搭載の新構成モデル「DG-D10IWP2」を追加した。

[ITmedia]

 サードウェーブはこのほど、同社製WindowsタブレットPC「raytrektab」にPentium Silver搭載の新構成モデル「DG-D10IWP2」を追加、販売を開始した。価格は8万2800円だ。また今回の発売を記念して、購入時に三菱鉛筆コラボデザインの筆圧感知ペン「三菱鉛筆9800デジタイザペン」がプレゼントされるキャンペーンも開始されている。

photo DG-D10IWP2

 1920×1200ピクセル表示対応の10.1型ワイド液晶を搭載するペン入力対応のタブレットPCで、CPUにPentium Silver N5000(4コア、1.1GHz/最大2.7GHz)を採用し従来モデルから処理能力を引き上げているのが特徴だ。

 メモリは8GB、ストレージは128GB SSDを内蔵。4096段階の筆圧検知に対応したWacom製デジタイザペンも標準で付属する。また指紋認証センサーやUSB Type-C×1なども標準で利用可能だ。

 OSはWindows 10 Pro 64bit版を導入。本体サイズは245(幅)×176(奥行き)×9(高さ)mm、重量は約657g。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう