未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2020年08月03日 12時15分 公開

富士通、学習用Windowsタブレット向けの支援サービスを無償で提供

富士通は、学校に導入されるWindowsタブレットの利用に向けたオンライン学習支援サービスを発表した。

[ITmedia]

 富士通は8月3日、学校に導入されるWindowsタブレットの利用に向けたオンライン学習支援サービスを発表した。利用開始から1年間無償で利用が可能だ。

photo オンライン学習環境支援サービスのイメージ図

 オンライン学習の利用を支援してくれるサービスで、オンラインツール(Microsoft Teams、Google Meets、Zoomなど)を通じて先生と児童/生徒の間でオンライン学習予定を簡単に共有することができる。対象となるのは、Windowsタブレットを導入する全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校。利用受付開始は2020年9月30日からの予定だ。

photo 「future瞬快 コネクト」の概要図

 また、Windowsタブレットのネットワーク接続を学校用と家庭用に簡単に切り替えできる設定アプリ「future瞬快 コネクト」の無償提供も行われる(2020年8月3日予定、利用は永続無償)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう