ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

「URL短縮サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「URL短縮サービス」に関する情報が集まったページです。

半径300メートルのIT:
漏えいパスワードのリストを見て分かった“強いパスワード”の作り方
「l」を「1」にする、頭を大文字にする――といった“昔ながらの強いパスワード作りの常識”が通用しなくなった今、私たちはどうやって強いパスワードを作ればいいのでしょうか。(2018/4/24)

Googleも手を引いた「URL短縮サービス」、終了後にユーザーはどうなる?
収益化困難、詐欺への悪用……。(2018/4/13)

実際のURLへのリダイレクトは継続:
Google、短縮URLサービスを終了、「Firebase Dynamic Links(FDL)」を推奨
Googleは、短縮URLサービス「Google URL Shortener」(goo.gl)の終了計画を発表し、同社の「Firebase Dynamic Links(FDL)」などを推奨する方針を明らかにした。(2018/4/3)

「goo.gl」で始まるGoogleのURL短縮サービスが終了へ 既存のリンクは引き続き有効
匿名ユーザーなどは、4月13日から新しい短縮URLが作れなくなります。(2018/4/2)

Google、URL短縮サービス「goo.gl」を2019年3月30日に終了へ
Googleが2009年から提供してきたURL短縮サービス「Google URL Shortener」(goo.gl)を終了する。同社は自社のスマートURL「Firebase Dynamic Links」あるいはBit.lyやOw.lyなどの他社サービスへの移行を勧めている。(2018/4/2)

ITりてらしぃのすゝめ:
すぐに消え、永久に残る ネット情報、矛盾する“2つの顔”
ネットの情報はすぐに消えるし、永久に残る。そんな一見矛盾するネットの2つの顔について考えていきたい。(2018/3/6)

Flashの脆弱性を仕込んだ不正Word文書見つかる 大量の迷惑メールを送る攻撃に利用
攻撃者は当初の標的型攻撃にわずかに手を加えただけで、静的な防御をかわしていたという。(2018/3/1)

話題の「Coinhive」とは? 仮想通貨の新たな可能性か、迷惑なマルウェアか
「Coinhive」というサービスが注目を集めている。「仮想通貨の新たな可能性を示している」などと期待する声から、「ただのマルウェアだ」と批判する声もあり、賛否両論が渦巻いている。一体どんなサービスなのか。(2017/10/11)

「p.tl」、いままでありがとう pixivの短縮URLを復元する「p.tlの墓」がオープン
これでリンク切れも復元できる。(2017/10/10)

情報を盗むマルウェア「FormBook」、感染メールが各国で流通 日本でも確認
情報を盗み出すマルウェア「FormBook」に感染させようとする電子メールが、この数カ月で大量に出回っているという。(2017/10/10)

ブルートフォース攻撃の餌食に
短縮URLはなぜ「使ってはいけない」といわれるのか? セキュリティ面から考える
短縮URLは長いURLと比べて安全性が低く、攻撃者にマルウェア拡散の足掛かりを与えかねないという見方がある。それはなぜなのか。(2017/10/2)

pixivの短縮URL「p.tl」終了 888万URL発行、「既に99%にアクセスなし」
ピクシブの短縮URLサービス「p.tl」が9月29日に終了。過去に発行した約888万件のURLがリンク切れになる。(2017/9/19)

ツイートや印刷物はどうする? pixivの短縮URLサービス「p.tl」終了へ
既に880万件の短縮URLを発行済み。(2017/9/19)

Twitterに女性の名で9万件の不正アカウント、大量の誘惑ツイート投稿
女性名の不正アカウント約9万件で構築するボットネットから、ユーザーをポルノサイトや出会い系サイトに誘導するツイートが大量に投稿されていた。(2017/7/19)

ブリトニーのInstagramに不正なコメント、水飲み場型攻撃に利用
ブリトニー・スピアーズの公式Instagramページに投稿されたコメントを利用して、「水飲み場型攻撃」を仕掛けようとする手口が発見された。(2017/6/9)

クラウド対応機能やコネクター機能などを強化、iOSアプリも公開:
クリック・テクノロジーズ、セルフサービスBIツール「Qlik Sense」の最新版を発表
米クリック・テクノロジーズがセルフサービスBIツール「Qlik Sense」の最新アップデート(2017年6月)版をリリース。クラウド対応が完了し、接続可能なデータソースの種類も増やした。また、iOS対応クライアントも用意される。(2017/5/24)

統計で見るサイバーセキュリティ群像劇(3):
657万1727件のツイートをセキュリティ視点で分析してみて分かったこと
筆者が独自に収集した統計データを基に、サイバーワールドの裏側を探る本連載。今回は657万1727件のツイートを分析してみました。(2017/3/6)

Google Playの日本語偽サイト出現、SMSで誘導か
トレンドマイクロが日本語版Google Playのフィッシングサイトへの注意を呼び掛けた。SMSで誘導する手口が確認されている。(2017/2/16)

ESETが手口と対策方法を解説:
「PayPalユーザー」を狙う巧妙なフィッシングメールにご注意
PayPalユーザーを狙う新手のフィッシング詐欺が報告されている。セキュリティ企業のESETが公式ブログでその手口と対策方法を解説した。(2017/1/31)

「Twitter」をC&Cサーバとして悪用
Twitterアカウントに操作される――Android版トロイの木馬「Twitoor」の恐怖
Twitterアカウントをコマンド&コントロール(C&C)サーバ代わりにしてAndroid端末に侵入する「Twitoor」というマルウェアがばらまかれている。その手口と対策は。(2017/1/19)

「サポート詐欺」の報告が増大 うその警告で不安をあおり偽のサポートセンターに電話させてだます手口
通話中に相手のいいなりになると、実体のない有償サポート契約を結ばされてしまうそうです。(2016/11/2)

Microsoft、企業向けIFTTT的サービス「Microsoft Flow」を正式公開
Microsoftが4月にプレビュー公開した企業向けワークフロー自動化ツール「Microsoft Flow」を公式版として公開した。有料プランは1人当たり月額5ドルと15ドルの2種類あり、Salesforceとの連係は有料プランでのみ可能になる。(2016/11/1)

日本語によるネットの「サポート詐欺」、5月から増加傾向に
海外では2012年頃から継続的に発生しているが、日本語による手口が最近になって増え得ている。(2016/10/31)

ワンクリでユーザーの秘密を暴けるiOSの脆弱性、半数がいまも危険に
Appleが「iOS 9.3.5」で解決した脆弱性が無差別攻撃に悪用されれば、多くのユーザーのプライベートが暴かれかねないが、アップデートしたユーザーは半分程度という。(2016/9/7)

ブラウザの「ユーザー調査」装ったフィッシング詐欺が横行 セキュリティ企業が注意呼びかけ
SNSでは「Chrome:ユーザー調査」の名で怪しまれていた事例だが、実際はほかのブラウザにも表示される。(2016/8/30)

突然表示の「本日のラッキーな訪問者」画面、実態はアンケート詐欺
Webサイト閲覧中に「2016年年次訪問調査」などと称するタブ画面などが開くケースが増えているが、実態は「アンケート詐欺」だという。(2016/8/29)

SMSで「IDが一時的にロックされている。解除はこちら」と誘導:
Apple IDの奪取を狙うSMSフィッシング詐欺が複数発生、どんな手口?
インテルセキュリティのモバイルリサーチチームが、iOSユーザーを狙い、Apple IDの情報を盗むSMSフィッシング詐欺が複数発生していると告知。注意を促した。(2016/8/3)

タイムアウト東京のオススメ:
夏の風物詩を啜る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2016/6/28)

TwitterでシェアされるURLの59%はクリックされない──コロンビア大学とINRIAによる研究
人は記事を読むよりもシェアすることを好み、記事のまとめやまとめのまとめに基づいて自分の意見を形成すると、研究者は指摘する。(2016/6/20)

Tech TIPS:
Google Chart APIを使ってQRコードを作る
Google Chart APIを使ってQRコードを作成する方法を紹介する。Webページ内に埋め込むことで、エンコードするURLの変更にも容易に対応できるというメリットがある。(2016/2/26)

Tech TIPS:
Googleの短縮URLサービスを使って、長いURLを短くする
メールなどでURLを送る際に、受信側のソフトウェアによっては、長いURLでは改行されてリンクが機能しなくなるといったトラブルが起きることがある。このような場合、短縮URLを使うとよい。短縮URLを作成するサービスにはさまざまなものがあるが、本稿ではGoogleが提供する「Google URL Shortener」を紹介する。最新の状況に合わせて記事を更新した。(2018/3/9)

R25スマホ情報局:
スマホをクラッシュさせるURL拡散中
ブラウザでWebサイトを開くとブラウザがクラッシュする悪質なURLが拡散。イタズラ目的でSNSに投稿する人が多いようですが、加害者にも被害者にもならないように気を付けましょう。(2016/1/29)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(4):
なぜ、「フィッシング詐欺」に気付けないの?
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第4回のテーマは、「フィッシング詐欺」です。銀行やクレジットカード会社などを装った文面や差出人やリンクテキストの偽装により受信者を「偽サイト」へ誘導し、IDやパスワードなどの情報を盗み出そうとするこの手口。被害に遭わないために注意すべきポイントについて整理しておきましょう。(2016/1/13)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(59):
グーグルのAPIを使うときに欠かせないGoogle OAuthの作り方と使い方
Gmail、Google Maps、YouTube、Google DriveなどをAPIとして活用する際に必要となるGoogle OAuthの作り方と、Androidアプリを例にした使い方を解説する。(2015/9/15)

ABC 2015 Summerリポート:
Windows 10移植、ドローン、Eddystone、Blink――プラットフォームを超えるAndroidの今を知る
2015年7月20日に開催されたAndroid Bazzar and Conference 2015 Summerのセッションの中からクロスプラットフォームに関連する4つの模様をリポートする。(2015/8/20)

年末年始でも忘れずに:
冬休みに気をつけたいセキュリティ対策(家庭編)
毎度おなじみですが、年末年始の長期休暇で注意すべきセキュリティ対策のポイントをお届けします。休暇中の自宅や実家における利用が対象です。(2014/12/18)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly 新たなセキュリティリスクと対策
さまざまな分野で新しいセキュリティリスクが生じており、予想もしなかったものがプライバシーの漏えい源となったり、信頼できるサイトがフィッシングサイトの誘導元になる時代になった。その最新動向と、対策方法をまとめた。(2014/11/17)

Bit.lyのリンク、ChromeとFirefoxで一時ブロックされる
Bit.lyは、GoogleのSafebrowsing技術の誤判断と説明している。(2014/10/26)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :企業はApple製品を受け入れるべきか?
社員はApple製品を好むが、Appleは企業サポートに消極的。それでもApple製品を導入すべきなのか? 他に、AppleとIBMの提携がMicrosoftに与える影響、短縮URL悪用事件の分析リポート、インメモリデータベース技術・市場動向解説などをお届けする。(2014/9/22)

有名サイトでも過信は禁物
Bitlyの短縮URL悪用事件に見る、正しい短縮URLの使い方
米国のテレビ局MSNBCを標的としたサイバー攻撃は、ニュース放送局やニュースWebサイトに寄せられる一般からの信頼がサイバー犯罪者によって悪用されたことを意味するとWebsense Security Labsは指摘する。(2014/9/4)

Tech TIPS:
Windows IIS/Azure WebサイトのURL Rewrite機能でURLを書き換える(基本編)
Webサイトを運用していると、本来のURLとは異なる別のURLでアクセスできるようにしたいことがしばしばある。だが、いちいちHTMLファイルの名前や配置を変えるのは非効率だ。これをIIS/Azure Webサイトの「URL Rewrite」機能で手間なく実現する方法を解説する。(2014/7/23)

Biz.ID Twitterフォロワー増加計画:
目指せ1万フォロワー!! の大風呂敷を広げてみる
なんだかそっけない感じがするBiz.IDのTwitterタイムライン。ファンを増やすためにやっているのに、これでは何の効果もない……と思っていたところに現れたのが「Biz.ID、フォロワー1万人いけますよ!」と豪語するTwitterコンサルタント。「明日から本気出す」と約束させられたBiz.ID編集部は……。(2014/6/13)

ソフトニック:
初めて行く場所だって怖くない! 方向音痴の心強い味方――「Waaaaay!」
「Waaaaay!」は、目的地までの方向と距離を案内するナビアプリです。矢印の指す方角に歩いて行くだけなので、方向音痴で地図を読むのが苦手な人にオススメです。(2014/6/5)

Amazon公式アカウント、まとめサイトのアフィリエイトID入り商品URLをツイート 「人為的なミス」と謝罪
Amazon.co.jp公式Twitterアカウントがツイートした商品ページへのリンクに、大手まとめサイトのアフィリエイトIDが含まれていたとして騒ぎに。(2014/5/14)

Bitly、不正アクセスの疑いでパスワード変更他を呼び掛け
短縮URLサービスのBitlyが不正アクセスの疑いがあったとして、APIキー、OAuthトークン、パスワードを変更するようユーザーに呼び掛けている。(2014/5/9)

会社と家庭+モバイル、GW前のセキュリティチェック事項
ゴールデンウィークが近づき、IPAが長期休暇におけるセキュリティの点検事項を紹介している。毎年恒例だが、ぜひ確認しておきたい。(2014/4/22)

1ミリ秒でも早く〜次世代Web技術が支えるこれからのEコマース(3):
年末商戦の裏側でECサイトには何が起きた?
今回はまず、2013年の年末商戦の時期に観測できた変化をご紹介。また、幾つかのツールを用いて、新興Eコマース事業者の1つであるEtsyのEコマースサイトの構成を技術的に深堀りしてみます。(2014/2/20)

英語表示やスタンプ機能、伝わるグループウェア目指す「desknet's NEO」
ネオジャパンは、グループウェア「desknet's NEO」をver2.0にアップデート。Webクリッピングや短縮URL生成、スタンプなど計100以上の新機能を追加した。(2014/2/19)

「Mステでポロリ」などスパムツイート拡散 アプリ連携の不用意な許可で意図せず投稿、注意を
「Mステでおっpいポロリ放送事故ww」「ドラえもん放送打ち切りが決定」など、デマを含むスパムツイートが拡散している。ツイート内のURLをクリックして連携アプリを認証すると、自分のアカウントからもスパムツイートが自動投稿されてしまう。(2014/2/3)

冬休み注意したいPCとスマホのセキュリティ11カ条
年末年始の長期休暇は、普段よりもPCやスマートフォンなどを利用する機会が増えるだろう。IPAの呼び掛けから、プライベート利用時での注意点や対策を紹介する。(2013/12/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。