ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ドメイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドメイン」に関する情報が集まったページです。

データの公開範囲に変化が
GDPRで変わる「WHOIS」 どう変わるのか? その影響は?
GDPRの施行は、広く活用されているドメイン所有者情報データベース「WHOIS」にも影響を及ぼしている。管理組織のICANNが示すWHOIS変更の内容と、その影響を整理する。(2018/9/18)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chrome Ver.69でURLから消えたサブドメイン名を復活させる
Google Chromeのバージョン69から、アドレスバー(オムニボックス)のURLに含まれる「www」「m」というサブドメイン名が省略されるようになってしまいました。これを再び表示されるようにするための設定変更手順を説明します。(2018/9/12)

セキュリティ・アディッショナルタイム(25):
動く標的を追いかけて――「Spamhaus」約20年の歩み
「脅威インテリジェンス」の重要性が認識されるようになる前から、ほぼ20年にわたって、スパムメールの送信元IPアドレスや悪意あるドメイン名をリスト化し、コミュニティーに提供し続けてきたSpamhausプロジェクト。その狙いをあらためて尋ねてみた。(2018/9/10)

ロシアから米中間選挙を守るのは手遅れだ──元Facebookのセキュリティ責任者が警告
MicrosoftやFacebook、Twitterがロシアにつながるドメインやアカウントなどを停止・削除したと発表したことを受け、Facebookの元最高セキュリティ責任者が「これはロシアやその他の米国の敵が、米国の選挙介入は簡単だとまだ考えている証拠だ」と警告し、対策を提言した。(2018/8/23)

Microsoft、不正ドメイン6件の摘発発表 ロシアの選挙介入拡大を懸念
11月の米中間選挙に向け、選挙介入を狙った攻撃は一層拡大する恐れがあると予想している。(2018/8/22)

大転換期を迎えた自動車開発:
PR:業界随一の車載半導体製品群と知見で、自動車の新たな時代を切り拓くNXP Semiconductors
自動運転、電動化、コネクティビティといったメガトレンドの実現に向け、自動車のシステム構造が大きく変わろうとしている。自動車のエレクトロニクスを機能ごとにまとめシステム構造でとらえることで、開発効率、フレキシビリティ、さらにセキュリティを高めることが可能になる「ドメイン・アーキテクチャ」への移行が始まりつつある。このドメイン・アーキテクチャのコンセプトに沿った積極的な製品ソリューションの開発を行っている半導体メーカーがある。ドメイン・アーキテクチャ、そして、次世代自動車開発に向けたNXP Semiconductorsの取り組みを紹介する。(2018/8/1)

ITりてらしぃのすゝめ:
存在しない大学、なぜだまされた? 「URL」でWebサイトの安全性が分からない時代
「ドメイン名を見ればWebサイトの安全性が分かる」――そう思っていませんか? 最近はそんな常識を覆す“事件”が多発しているんです。(2018/6/6)

米FBI、マルウェア「VPNFilter」に感染したデバイスのネットワークを分断
FBIは関係機関と連携して、マルウェア「VPNFilter」の制御に使われていたドメインを差し押さえ、FBIがコントロールするサーバにトラフィックをリダイレクトさせる措置を講じた。(2018/5/25)

AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築(3):
実践「AD FS 2016」を使って「Office 365」とのSSO評価環境構築:Azure環境とAD DSの構築編
Windows Server 2016のAD FSを使って、SaaSとのSSO環境構築方法を紹介する本連載。今回は、AD FS 2016によるOffice 365とのSSO評価環境の構築方法として、Azure環境、Azure Active Directoryドメインサービス(AD DS)の構築方法を紹介します。(2018/5/29)

「覚えやすさ」と「セキュリティ」が目玉:
Google Registryが登録管理を行う新gTLD「.app」、ドメインの一般登録が可能に
Google Registryが登録管理業務を行う新gTLD「.app」のドメインの一般登録が可能になった。.appドメインを使うことで「セキュリティ対策が施されたサイト」と示すことができる。(2018/5/16)

内閣府のサイトから風俗体験記にリンク 削除忘れドメイン失効→第三者が再取得
内閣府のWebサイトから、「恋人作るより風俗嬢」というWebサイトにリンクが張られている――5月9日、こんな情報がネットを駆け巡った。その真相は。(2018/5/9)

「au ID」としても使える:
auのEメールで「au.com」ドメインが利用可能に 5月15日9時から
KDDIと沖縄セルラー電話が準備を進めてきた「au.com」ドメインのEメールサービスの利用開始日時が決まった。サービス開始前に取得した「ezweb.ne.jp」ドメインのメールアドレスは引き続き利用可能だ。(2018/4/18)

au、新メールドメイン「au.com」5月15日から
auの新メールドメイン「au.com」が5月15日から提供。(2018/4/18)

OSS脆弱性ウォッチ(5):
ADドメインコントローラーとして動作しているSamba 4.xに関する脆弱性とは
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説していく。今回は2018年3月13日に公開されたSambaの脆弱性情報(CVE-2018-1050、CVE-2018-1057)のうち、特にCVE-2018-1057について解説する。(2018/4/17)

欧州委員会、ブレグジットで英国サイトによる「.eu」ドメイン利用失効へ
EUの欧州委員会が、2019年3月30日に予定されている英国のEU離脱後は、英国の団体および個人は「.eu」ドメインを使う資格がなくなると発表した。(2018/4/2)

ESI:
複数の物理現象を1つのモデル上で表現可能な1D CAE「SimulationX 3.9」発表
仏ESIは、マルチドメイン1Dシミュレーションツールの最新版「SimulationX 3.9」を発表した。(2018/3/28)

CAEニュース:
複数の物理現象を1つのモデル上で表現する1D CAE「SimulationX 3.9」
仏ESIは、マルチドメイン1Dシミュレーションツールの最新版「SimulationX 3.9」を発表した。複数の物理分野に跨る物理現象を1つのモデル上で表現でき、エンジニアのニーズに合わせたカスタマイズができる。(2018/3/16)

セキュリティ企業がサイバー攻撃の被害に、ドメイン登録業者が盲点
セキュリティ企業「Fox-IT」のDNS情報が何者かに改ざんされ、トラフィックが攻撃者のサーバへ一時的にリダイレクトされる被害に遭った。(2017/12/20)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(45):
「Azure Backupエージェント」による「システム状態」のバックアップが正式サポート
これまでプレビュー提供だった「Azure Backupエージェント」による個別サーバの「システム状態」のクラウドへのバックアップが、正式にサポートされました。これにより、オンプレミスのActive Directoryドメインコントローラー、ファイルサーバ、IISサーバのデータとシステム構成を、追加のバックアップサーバやバックアップ装置なしで、クラウドだけで保護できるようになります。(2017/11/15)

Linux基本コマンドTips(159):
【 whois 】コマンド――ドメイン情報を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ドメインの所有者などをはじめとするドメイン情報を表示する「whois」コマンドです。(2017/11/10)

Linux基本コマンドTips(158):
【 dig 】コマンド――ドメイン名からIPアドレスを調べる
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回はドメイン名からIPアドレスを調べる「dig」コマンドです。(2017/11/9)

Linux基本コマンドTips(157):
【 host 】コマンド――ドメイン名からIPアドレスを調べる
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ドメイン名からIPアドレスを調べる「host」コマンドです。(2017/11/2)

Google検索、現在地以外の情報を検索するには設定変更が必要に
Google検索で、従来は任意のトップレベルドメイン(TLD)を検索枠に入力すればそのドメインのコンテンツを検索できたが、アップデートでそれが無効になった。現在地以外のコンテンツを検索するには「設定」→「検索対象の地域」で国を指定する必要がある。(2017/10/29)

Linux基本コマンドTips(156):
【 nslookup 】コマンド――ドメイン名からIPアドレスを調べる
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ドメイン名からIPアドレスを調べる「nslookup」コマンドです。(2017/10/27)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(8):
クラウドを活用し高度なセキュリティを実現するWindows 10の新しい認証テクノロジー
Windows 10では、Microsoft Azureのクラウドサービスを活用した、パスワードを使用しない新しいサインイン方法および追加の認証方法が利用可能です。これらの機能は個人のMicrosoftアカウントでも利用可能ですが、Azure Active Directory(Azure AD)の組織アカウントやオンプレミスのActive Directoryドメインのアカウントでも利用可能です。(2017/10/3)

福田昭のストレージ通信(79) 強誘電体メモリの再発見(23):
強誘電体トランジスタで多値メモリを実現する(後編)
前編に続き、二酸化ハフニウム系強誘電体材料を使った強誘電体トランジスタ(FeFET)で多値メモリを実現する仕組みを解説する。特に、2つのドメインで構成されたFeFETの長期信頼性の評価に焦点を当てる。(2017/10/2)

「2ちゃんねる」が「5ちゃんねる」に名称変更
「2ちゃんねる」(2ch.net)の名称とドメインが10月1日、「5ちゃんねる」(5ch.net)に変更され、ユーザーを驚かせている。(2017/10/1)

Google運営のTLD、HSTSに追加 まずは「.foo」「.dev」が対象
HTTPを自動的にHTTPSに変換するHSTSプレロードリストに、Googleが運営するトップレベルドメインの「.foo」「.dev」などを追加する。(2017/9/28)

Tech TIPS:
Windows 10で現在サインインしているユーザーのアカウント名や種類を調べる方法
現在サインインしているユーザーのアカウント名やドメイン名、管理者/標準ユーザーの区別などの情報を知りたいことがある。だが以前のWindows OSと違って、Windows 10では分かりにくくなっている。本稿では、それを調べる方法をまとめる。(2017/9/25)

「CCleaner」に混入されたマルウェア、標的は日本や米国のIT大手
攻撃目標のドメインの一覧には、CiscoやHTC、Samsung、ソニー、VMWare、Intel、Microsoft、Linksys、D-Linkなどのドメインが含まれていた。(2017/9/22)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(7):
企業のID管理基盤、クラウド&Windows 10時代の3つの選択肢
企業のIT環境において、認証やアクセス管理の中心となるID管理基盤は欠かせない重要なインフラストラクチャサービスです。WindowsベースのIT環境では、Active Directoryドメインサービスがその中心として、長く企業を支えてきました。企業におけるクラウド利用の拡大とWindows 10の登場は、従来型のID管理基盤を維持しつつ、新たな選択肢を提供します。(2017/9/14)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがメアド「ezweb.ne.jp」を「au.com」にチェンジ――「今さら」ではなく、次の秘策に向けた布石か
auのキャリアメールのドメインが2018年4月の新規取得分から「au.com」に変更される。「今さらメールなんて使わない」という冷めた見方もあるが、この変更は予想以上に大きな意味を持っている可能性がある。(2017/9/1)

「ezweb.ne.jp」から:
KDDI、メールのドメイン名を「au.com」に変更
KDDIと沖縄セルラーが、電子メールサービスのドメイン名を「ezweb.ne.jp」から「au.com」に変更すると発表。ブランド戦略の一環という。【更新】(2017/8/22)

au、Eメールドメインを「ezweb.ne.jp」から「au.com」へ メールアプリもリニューアル
KDDIは、2018年4月以降にEメールドメインを「ezweb.ne.jp」から「au.com」へ変更。現行アドレスの継続利用も可能で、2017年秋冬モデルより「auメールアプリ」をリニューアルする。(2017/8/22)

au、メールドメイン変更 「ezweb.ne.jp」→「au.com」に
auが来年4月からメールドメインを「au.com」に変更。従来の「ezweb.ne.jp」を利用中ユーザーは、そのまま利用できる(2017/8/22)

ネオナチサイト「Daily Stormer」、Googleによるドメイン停止を受けダークWebへ
シャーロッツビルで殺害された犠牲者が「死んでよかった」などと書き、利用規約違反でGoDaddyとGoogle Domainから停止されたネオナチサイト「Daily Stormer」がTorネットワークで復活した。(2017/8/16)

Google Domains、白人至上主義サイト「Daily Stormer」のドメインを停止
米バージニア州で発生した極右団体とその反対派の衝突の中で殺害された女性について「彼女が死んで多くの人が喜んでいる」という記事を公開した白人至上主義サイト「Daily Stormer」が、ドメインを登録していたGoDaddyから追い出され、次に登録したGoogle Domainsからも数時間で登録をキャンセルされた。(2017/8/15)

ドメイン管理の仕組み「DNS」が運用変更 総務省が注意喚起
「DNS」で暗号鍵の一部が更改されるのを受け、総務省がネットサービスプロバイダーや企業のシステム管理者などに注意喚起。(2017/7/24)

SQL Serverトラブルシューティング(54):
ドメイン参加後、SQL Serverが起動しなくなった(起動トラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「ドメイン参加後にSQL Serverが起動しなくなった場合の対処方法」を解説します。(2017/7/24)

Let's Encrypt、ワイルドカード証明書を2018年1月から発行
管理者は1つの証明書と鍵の組み合わせを、1つのドメインとそのサブドメイン全てに使うことができ、HTTPSの導入がはるかに容易になるという。(2017/7/7)

DMARCを活用、外部からの通報に頼らずなりすましを把握:
TwoFive、自社を偽る“なりすましメール”の検知サービスを提供
さまざまなマルウェアやフィッシングの経路として悪用される電子メール。TwoFiveでは、なりすましによる不正なメールを見分け、フィルターするための技術「DMARC」を活用し、自社ドメインをかたった不正メールの動向を把握できる「DMARC / 25 Analyze」の提供を開始する。(2017/6/23)

超入門DNS:
ドメイン情報を提供するDNSのコンテンツサーバ
DNSサーバには、ドメインの情報(権威情報)を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく。(2017/6/22)

UPQ、一時サイト閲覧不能に 「ドメイン更新手続きに問題」
現在は復旧しています。(2017/6/14)

第三者に疑似ドメイン名を取られた――「偽ドメイン」奪取の一部始終、JPCERT/CCが公開
情報セキュリティ関係のアドバイスを行うJPCERT/CCが、疑似ドメインを取得される事態に。対処法をブログで公開した。(2017/5/22)

日本のHuluが「happyon.jp」にURL変更 なぜ?
「Hulu」日本版がのURLが「hulu.jp」から「happyon.jp」に変わる。なじみのあるドメインをなぜ今、変更するのだろうか。(2017/5/10)

Tech TIPS:
AzureのTraffic ManagerでカスタムドメインやSSL証明書を割り当てる際の手順と注意
手軽にリージョンをまたいだ分散サイトシステムを構築できるMicrosoft AzureのTraffic Manager。Web Appsを対象として、独自(カスタム)ドメインとそのSSL証明書を割り当てる手順を説明する。特に作業の順序に要注意だ。(2017/5/8)

情報流出で停止していた「都税カード払いサイト」再開 「.tokyo」から「.lg.jp」に移行
サイトのURLは「https://zei.tokyo/」から、地方公共団体のみが使用できる「.lg」ドメインを使ったものに変わったが、問題も指摘されている。(2017/4/25)

タイムラインを“のぞき見” アカウント作成不要のマストドン用Webサービス登場 「Mastodon Timeline Peeping Tool」
インスタンスのドメイン名を入力すると、アカウントなしでタイムラインをチェックできるWebサービスが登場した。アカウント作成前にマストドンの雰囲気を確認できる。(2017/4/20)

ニコニコがSNS「マストドン」のインスタンスを開始 ドメインは「friends.nico」
ジャパリパークかな?(2017/4/19)

AWS Workspaces提供全リージョンで利用可能:
Amazon WorkSpacesでユーザー認証がオンプレミスActive Directoryと完全連携
米Amazon Web Servicesは、仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」において、ユーザーがオンプレミスのActive Directoryの認証情報をそのまま用い、Amazon Workspacesにログインできることになったことを明らかにした。Amazon Workspacesへのログインで、ドメインネームを指定する必要はない。(2017/2/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。