ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シグナルトーク」最新記事一覧

優勝賞金500万円の麻雀選手権、北海道の一般人がプロに勝ち優勝 「賞金は帰りの飛行機代にします」
決勝卓には麻雀プロ1人・一般人3人が集結。(2014/8/3)

全国のアカギさん、宮永咲さん、出番ですよ! 賞金総額1000万円「全国麻雀選手権」開催決定
優勝賞金は500万円、しかも参加費無料!(2014/4/21)

4つのテストで認知症の早期発見!――シグナルトーク、認知機能をチェックできるWebサービス「脳測」を7月12日開始
早期発見が鍵といわれる認知症かどうかを、ブラウザから手軽にチェックできるサービスがスタート。8月14日までは無料サービス期間として、登録だけで無料体験も可能となっている。(2012/7/12)

オンライン麻雀「Maru-Jan」で東北関東大震災のチャリティイベント実施
3月29日午後7時〜午後10時の期間、「チャリティー卓」が開かれる。(2011/3/25)

日々是遊戯:
少しでも早い復興を――ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援を発表
大地震の影響を受けて、国内ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援や、節電への協力を表明しています。【※情報は随時追記しています】(2011/3/14)

シグナルトーク代表取締役 栢 孝文氏に聞く:
“麻雀ゲーム”ではなく“麻雀”を再現する「Maru-Jan」の試み
耐久といえば8時間だろう――。そんな軽い気持ちで始まった生放送企画「マルジャン放送局8時間スペシャル『全面対決!プロ雀士 vs 丸雀士!』」を振り返る。(2011/2/14)

プロ雀士ってどのくらい強いの? マルジャン放送局8時間スペシャル「全面対決!プロ雀士 vs 丸雀士!」放送決定
オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」の公式サイトコンテンツ「マルジャン放送局」において、8時間ぶっ通しのプロ雀士と戦うイベントが開催される!(2011/1/19)

オンライン麻雀ゲームMaru-Janを使った認知症予防効果の研究開始
シグナルトークは10月26日、麻雀ゲームと認知症の関係について調査研究を開始することを発表した。(2010/10/26)

「HEROES」の続きを“みんなで作るケータイ小説”に 投稿サイトオープン
米国ドラマ「HEROES」のオリジナルストーリーを、ユーザー同士のリレー小説で作成できる携帯電話向け投稿サイト「HEROS TREE」のβテストが始まった。(2008/9/16)

“超リアルな麻雀ゲーム”の次は“誰も作ったことのないゲーム”を作りたい――シグナルトーク栢孝文社長
オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」を展開しているシグナルトーク。徹底してリアルな表現を求め、細部にこだわるのが特徴だ。現在取り組んでいるCGM的な新作の構想を打ち明けた。(2007/5/23)

化学反応を起こせば新ビジネスが誕生? 関東経済産業局の試み
才能のある人間が集まってアイデアを持ち寄れば、新たなビジネスが生まれるかもしれない。企業の枠を超えて、人が集う「場」を提供した関東経済産業局……その結果は?(2007/4/27)

アジア オンラインゲーム カンファレンス 2006 東京:
ガンホーは「コミュティメントメディア」企業へ――森下社長基調講演
2月9日、10日の日程で、東京・千代田区にある日本教育会館で「アジア オンラインゲーム カンファレンス 2006 東京」が開催されている。第1日目、一番最初のセッションでは、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの森下社長による基調講演が行われた。(2006/2/9)

シグナルトーク・コーポレーション 栢孝文氏インタビュー:
「ゲームは開発メンバーのもの」――シグナルトーク・コーポレーションはクリエイターの理想郷となるか
前例のないプロジェクトファイナンスによる資金調達で話題を集め、ゲーム開発の現状に一石を投じたシグナルトーク・コーポレーション。代表取締役の栢 孝文(かや たかふみ)氏へインタビューを行った。(2006/1/26)

会員2万人突破のオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan2」、4時間限定の無料テストを実施
シグナルトークは、PC用オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan2」の会員数が2万人を突破したと発表。あわせて、Maru-Jan2の新バージョンの無料テストを、時間限定でおこなうと発表した。(2005/1/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。