ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「歌唱」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「歌唱」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「声聴けてほっとした」「復活ライブ最高でした!」 ロックバンド・flumpool、ストリートライブで約1年ぶりに活動再開
ボーカル・山村隆太さんの「歌唱時機能性発声障害」のため活動休止していました。(2019/1/13)

小池徹平、城田優とコブクロを歌うカラオケ動画にファン「二人とも上手すぎ」 左手薬指の指輪に反応する人も
永遠に聞いていられるな。(2019/1/9)

「ボカロで覚える」参考書、高校版発売 日本史・世界史・英単語をボカロ曲に乗せて
初音ミクなどが歌うVOCALOID曲で勉強できる参考書「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える」シリーズに、「高校英単語」「高校日本史」「高校世界史」が追加。(2019/1/9)

AbemaTVでエヴァ「:序」「:破」を無料独占一挙配信 緒方恵美×高橋洋子生放送初共演も
「残酷な天使のテーゼ」の歌唱も盛り込まれた“奇跡の5時間”。(2019/1/6)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
郷ひろみ、紅白でチコちゃんと共演! 平成最後の紅白に「GOLDFINGER '99」選んだ理由語る
郷さん「歌っていて自分自身も元気になる」。(2018/12/31)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
まいやん、かわいすぎるコスプレで紅白リハ! 乃木坂、欅坂、HKT、AKBが「ひょっこりひょうたん島」歌う
ひょっこりするまいやんかわいすぎる……。(2018/12/30)

BTS落選、韓国からはTWICEのみ:
紅白出場歌手42組が決定 初出場に「純烈」ら6組
NHKは14日、大みそかに放送される第69回NHK紅白歌合戦の出場歌手を発表した。紅白計42組が出場し、紅組ではあいみょんさん、DAOKOさん、白組では「King&Prince(キング・アンド・プリンス)」「純烈」ら計6組が初出場。今月再始動した人気グループ「いきものがかり」が2年ぶり、松任谷由実さんが7年ぶりに紅白に復帰する。最多出場は、白組の五木ひろしさんで48回目。これとは別に特別企画枠で椎名林檎さんと宮本浩次さんが出場し、デュエット曲を歌う。(2018/11/15)

キズナアイらが大みそかに「VR歌合戦」 人気VTuberが共演、Viveや劇場で視聴可能
大みそかに、キズナアイなどバーチャルキャラクターが歌うライブイベントがVRプラットフォーム「VR SPARC」で開催される。劇場でのライブビューイングも実施。(2018/11/13)

“マジでダンディなおじさま”声優・立木文彦はなぜ「ラップを歌うイエティ」を演じたのか
立木さん、ムー民だった。(2018/10/18)

早見沙織がさすがの歌唱力! 28カ国の吹き替え声優が歌いつなぐ「スモールフット」劇中歌が公開
ブラボー! おお……ブラボー!!(2018/10/1)

「一緒に紅歌ってほしい!」 高畑充希、初対面のYOSHIKIとの“Xポーズ”にファン沸き立つ
紅に染まった。(2018/9/30)

「ありがとうの言葉しか出ません」 高橋真麻、“大ファン”安室奈美恵の楽曲を大熱唱 アムラー時代の思い出も明かす
全身全霊で歌ってる。(2018/9/16)

「平成の歌姫」の生きざま:
なぜ安室奈美恵は私たちの心を揺さぶり続けるのか?
歌手の安室奈美恵さんが引退する。メジャーデビューから26年、「平成の歌姫」と呼ばれた彼女は、全力で歌い、踊り続け、多くの人たちから愛されてきた。引退を目前に控えて、今再び安室フィーバーが起きている。安室さんの何がここまで私たちを引き付けてやまないのだろうか。(2018/9/15)

ミクさんが即興で作詞して歌ってくれる Googleアシスタントに「初音ミクトーク」登場
あいさつにも応じてくれる。(2018/9/4)

「逃げちゃダメだアハハハ!!」 樽美酒研二、Mステ生歌唱に緊張MAX 初のボーカル担当曲で出演
ファンもドキドキ。(2018/8/26)

歌声の進化っぷりがすごい 女子高生AI「りんな」が歌う新曲のハイレゾ音源が無料配信中
これがマイクロソフトさんの本気か。(2018/8/25)

飼い主さんが“ちゅ〜る”のうたを歌うと…… どこからともなくひょっこり現れる猫ちゃんがかわいい
これはパブロフのにゃんこ。(2018/8/22)

上下に激しくダンシング! 「パヤパヤ♪」と歌うと踊りながら体重計に乗るインコ
※ただし正確な体重は読み取れません。(2018/8/20)

「天使のはぁ〜ねぇぇい!」 DAIGOが歌う「天使のはね」バラードver.の癖がすごい
誰かノブさん呼んできて!(2018/7/19)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「蔵元見学(清龍酒造)」の取材をレポートする
感想「飲〜んで笑って〜歌でも歌って騒ごうよ(大合唱)」(2018/7/13)

ドラマ「高嶺の花」出演の「銀杏BOYZ」峯田和伸、ファンを熱狂させるバンドマンが役者をやる理由とは
汗だくになって歌っていた「銀杏BOYZ」峯田和伸は変わってしまったのか。(2018/7/11)

「ブラック★ロックシューター」楽曲が10周年! ニコニコ動画でお祝いのコメントが盛り上がる
いま動画を観て歌ってあの頃を思い出す……!(2018/6/14)

「ア〜ッ! アッア〜ッ!」 まるで人間のような歌声のワンちゃんが衝撃的
歌い上げているという表現がぴったり。(2018/6/9)

iOS用音楽視聴体験アプリ「au 音のVR」配信開始 ハロプロと共同制作
KDDIとKDDI総合研究所が、ハロー!プロジェクト(ハロプロ)と共同制作した音楽視聴体験アプリ「au 音のVR」の配信を開始した。「モーニング娘。'18」が歌う「I WISH(updated)」、「アンジュルム」が歌う「大器晩成」を提供し、360度の映像・音を自由自在にズームしながら楽しめる。現時点ではiOS版のみ用意されている。(2018/5/31)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第586話 AIが採点しています
田舎のノド自慢大会で賞を総ナメにしたオレだからな。特に30年歌い込んだこのオハコには絶対の自信があんだよ。(2018/5/29)

サブスクの波がカラオケにも:
月額1500円で“歌い放題” 「カラオケの鉄人」の新提案
「カラオケの鉄人」の鉄人化計画が月額定額制サービス「カラ鉄ホーダイ」をスタート。アイドルタイムの活用やコアファンの利用を見込む。新たな利用者層を取り込む狙いも。(2018/5/14)

「ガンダムは運命の作品」 森口博子、「全ガンダム大投票」の栄誉に名曲への思い明かす
森口さん「水の星へ愛をこめて歌い続けます」。(2018/5/8)

68歳のおばあちゃん、英オーディション番組でAC/DC「Highway to Hell」を熱唱 観客と審査員が超ノリノリに
完全にロックアーティストの風格……!(2018/5/6)

赤い公園、新ボーカルに元アイドルネッサンス石野理子が加入! 「心を揺るがすような素敵な音楽を」
「VIVA LA ROCK 2018」でお披露目。(2018/5/4)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「君の名は。」から「東方Project」まで 合唱で歌えるアニメ・ゲームソングをまとめた同人誌が実にマニアック
そんなアニメ・ゲームソングを歌うサブカル合唱団もいるんです。(2018/4/29)

正しい心臓マッサージのやり方、覚えてます? 医師で漫画家の永田礼路さんによる解説イラストが分かりやすい
「アンパンマンのマーチ」を頭の中で歌いながら行うと良いそうです。(2018/4/7)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
特捜最前線と化すMONOist
記事を書き終わったらいつも心の中で「私だけの十字架」を歌っています。(2018/4/3)

カービィが歌う姿がかわいい! 音符の形の電子楽器「オタマトーン」の「星のカービィ」モデルが発売
カービィの曲を弾いたら楽しそう!(2018/3/31)

楽曲アレンジに歌詞まで変わるだと…… スマートスピーカー「Echo」のAlexaスキルに「初音ミク」が歌ってくれる新機能
一家に一台置きたくなってきた。(2018/3/31)

家入レオ、ライブでのペンライトを「お休みしたい」 ファンからは賛同の声
家入さん「目を閉じても、照明がなく真っ暗でも、みんなを感じて、歌いたいと思いました」。(2018/3/29)

お花見にぴったり! スマホとつなげるゴッパ「Bluetooth カラオケマイク」がどこでも歌えて便利
アプリを使えばカラオケ採点ゲームも楽しめる!(2018/3/26)

「セカイノオワリって知ってる?」 益若つばさ、タクシー運転手に“セカオワ”の魅力を熱弁されニッコリ
まさか相手がボーカルの恋人とは……。(2018/3/21)

りんなの“歌唱力”がネクストステージへ――感情と創作力をAIに学習させる日本マイクロソフトの取り組み
日本マイクロソフトが“感情”と“創作力“をAIに学習させる「Emotion Computing Framework」の取り組みを発表。女子高生AI「りんな」を自然な歌声で歌えるようにする取り組みでは、最新のAIベースの歌唱モデルを採用し、より自然で表現力に富んだ歌声を実現するという。(2018/3/13)

最上もが、歌って踊るソロMVでコスプレ七変化! グループ脱退後初の歌声にファン感動
歌詞ももがさんに合わせた内容に。(2018/3/1)

「キングダムハーツ 3」に「モンスターズ・インク」ワールド登場決定! 宇多田ヒカルが歌う主題歌も公開に
ブーもいるよ!(2018/2/10)

「素敵な時間でした」 谷村奈南&井岡一翔、披露宴の写真を公開
「I Just Can't Stop Loving You」を熱唱しました。(2018/2/5)

作家のぶみさん作詞の「あたしおかあさんだから」は“呪いの歌”? Twitterで物議、作詞の意図は
母親の視点で「眠いまま朝5時に起きるの」「大好きなおかずあげるの」「いいおかあさんでいようって頑張るの」など、子育てに関する苦労を歌い上げる。(2018/2/5)

「小動物みたい!」 橋本環奈、よちよち歩きの“初体験”にファンのときめき跳ね上がる
さすが歌って踊れる女優。(2018/2/3)

「アングレーム、遊びましょう」 浦沢直樹が「アングレーム国際漫画祭」で熱唱、“伝える力”を海外ファンに示す
いつのまにか浦沢ワールドに引き込まれる私たち。(2018/2/1)

「アイアイアイアイ愛知県〜」 松平健、ノリノリで歌って踊る子ども番組の“おじさん”と化す
松平さんはどこに行ってしまうのか。(2018/1/24)

ソニー、「Kalafina」とコラボしたウォークマン&ヘッドフォン
ソニーマーケティングは女性3人組ボーカルユニット「Kalafina」(カラフィナ)とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマンとヘッドフォンのセットモデルなどを発表した。期間限定販売。(2018/1/18)

スマホでカラオケ、“Bluetoothスピーカー合体マイク”
スマートフォンとこれさえあればカラオケが楽しめる――そんなスピーカー一体型マイクをアイ・オー・データ機器が販売している。スマホとBluetooth接続すれば、家や車など好きな場所で歌えるらしい。(2017/12/28)

「Alexa、歌って」――スマートスピーカーが歌う「Wi-Fiに感謝するうた」が切ない【楽譜書き起こし】
Alexaが歌う。(2017/12/19)

「m-flo」に初代ボーカルLISA復帰! 15年ぶりにオリジナルメンバーで新曲リリースへ
みんなの青春が帰ってくる。(2017/12/15)

斉藤和義、トータス松本らが全力の「シェー」 アニメ「おそ松さん」EDのMVがフェスを開けるレベルの豪華さ
こんなすごいメンバーにED歌ってもらえるとかやっぱり世界一幸せな6つ子。(2017/11/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。