ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ストレージ管理」最新記事一覧

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
国境を越えて分散するビッグデータのストレージ管理
環大西洋では「セーフハーバー協定」、環太平洋では「TPP」など、多国間協定がデータのロケーションを左右する事態が起きている。クラウド環境が広く利用されるビッグデータのストレージ管理にどのような影響が及ぶのだろうか。(2015/12/1)

FTやvMotionを強化
徹底レビュー:ストレージ管理者に朗報をもたらす「VMware vSphere 6」
米VMwareの「VMware vSphere 6」のリリースから、VMwareが徹底的に仮想化したインフラを備えた完全なるソフトウェア定義のデータセンターを目指していることが見て取れる。(2015/11/4)

ストレージ管理やバックアップの悩みを解決
話題の「VVOL」にも対応 VMware環境の最新ストレージ運用術
米VMwareが発表したストレージ管理技術「VVOL」。仮想マシン単位で細かく管理することで、性能やバックアップ運用の課題を解決する。いち早くVVOLを取り入れた最新のストレージ運用方法を紹介する。(2015/7/24)

シンプルさが魅力のハイパーコンバージド
ローカルディスクに逆戻り、「ハイパーコンバージド」がIT部門を脅かす?
成長を続けるハイパーコンバージドインフラは、IT部門の役割にも少なからぬ影響を及ぼす存在だ。SANからローカルディスクへの逆戻りは、ストレージ管理者に何をもたらすのか。(2015/7/27)

サーバーには異常がないのに、レスポンスは低下!?:
PR:仮想環境のトラブル、今まで見落とされてきた本当の原因とは?
サービス事業者やユーザー企業の間で、サーバー仮想化にあらためて関心が集まっている。サーバー仮想化の浸透に伴い、ネットワークやストレージ管理をサーバー仮想化の技術の中に取り込もうとするトレンドが生まれた中で、これまで気付きにくかった課題が顕在化してきたためだ。19年にわたって「仮想化」を専門領域としてきたピー・ビーシステムズに、サーバー仮想化で「いま最も注目しなければならないポイント」を聞いた。(2014/10/29)

ホワイトペーパー:
サーバ仮想化環境のストレージ管理、5つの「あるある」の解決方法
サーバ仮想化による利点を全て生かすためには、それを補う堅固な基礎となる共有ストレージも必要だ。仮想化環境でよく見られる5つのストレージ課題とその解決方法を解説しよう。(2014/6/19)

企業内ストレージとAmazon S3の連携サービス、日立ソリューションズが提供
日立ソリューションズは、企業内のストレージとAmazon S3を連携させるストレージクラウドサービス「活文 Hybrid Storage Manager」を提供する。(2014/3/5)

2014年 新春インタビュー特集:
セキュリティと情報マネジメントを前進させていく――シマンテック 河村社長
組織や個人の情報を狙う脅威がますます拡大し、企業のIT環境では肥大化し続けるデータへの対応が急務となっている。この2つの問題に対し、セキュリティ対策とストレージ管理の2本柱を持つシマンテックはどんな取り組みを進めるのか。河村浩明社長に聞いた。(2014/1/31)

シマンテック、ストレージ管理ソフト最新版の提供を開始
Storage Foundationの最新版では利用頻度の高いデータをSSDにキャッシュすることでパフォーマンスの向上を図るなどの機能が盛り込まれた。(2014/1/7)

ホワイトペーパー:
読んで分かる! ストレージの課題解決に役立つ2つの最新技術
音声や画像などの非構造データの増大に伴う拡張性、デスクトップ仮想環境での性能問題など、ストレージ管理者を悩ます問題は多い。それらの課題解決には「スケールアウトNAS」「SSD」の導入が効果的だ。その技術的な特徴や実装方法を解説する。(2013/11/4)

国内企業はストレージ専任の運用技術者が少なく、他のインフラとの兼任が多い――IDC調査
IDC Japanは、国内企業のストレージ管理者のプロファイルを分析した「管理者のマインドセットと運用組織体制の変化の方向性」を発表した。(2013/7/22)

企業動向:
米EMCがフラッシュストレージ管理ソフトウェア開発元を買収、製品強化へ
EMCがストレージ管理ソフトウェアを買収。EMC XtremSWの機能拡張などが期待される。(2013/7/16)

運用負荷とコスト低減に効くストレージ運用の最適解とは?
データ容量を50分の1に、ストレージ管理作業を3倍高速化する秘訣
バックアップにかかる時間や保存場所に厳しい制約がある中で、日々増大し続けるデータにどのように対応していけばよいのだろうか? ストレージ管理を大幅に効率化する秘訣を紹介する。(2013/3/1)

Oracle Database専用のストレージ管理ソフトウェアを発表
日本オラクルは、ストレージ管理ソフトウェア製品「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」を発表した。(2013/2/28)

ホワイトペーパー:
ストレージを簡単かつ柔軟に運用し、トータルコスト削減を実現するストレージ管理ソフトウェア
データセンターのコストを削減するためにストレージを集約化・仮想化して利用効率を高めるプライベートクラウド。しかし、集約したストレージは多種多様な業務で利用することになるため管理が複雑になります。ストレージ管理ソフトウェア「Hitachi Command Suite」はストレージ運用を簡単かつ柔軟、動的に行うことでストレージシステムのトータルコスト削減を実現します。(2012/12/13)

EMCジャパン、ストレージ管理ソフトの最新版をリリース
仮想マシンとストレージの性能依存関係や、ストレージの利用状況などを分析できる機能を搭載する。(2012/4/9)

CA、メインフレーム管理のための新製品群を発売
データベース管理およびセキュリティ管理、ストレージ管理の3つの製品を展開する。(2011/12/21)

シマンテック、Veritas Storage Foundation製品群 6.0を発売へ
5年ぶりとなるストレージ管理製品スイートの最新版を発売。Storage Foundation 6.0など12製品で構成される。(2011/12/15)

システム障害のダウンタイムを短縮化 シマンテックの次期ストレージ管理製品
シマンテックがストレージ管理製品「Veritas Storage Foundation 6.0」において、システムの高可用性に関する新機能を発表した。(2011/11/18)

プライベートクラウドに適したストレージ管理機能を披露、シマンテック
シマンテックは、年内にリリースするストレージ管理製品「Veritas Storage Foundation 6.0」での新機能を発表した。(2011/10/17)

「クラウド基盤ソフトでベストの存在になる」――Red HatのピンチェフEVP
米Red Hatは分散ストレージ管理技術のGlusterを買収し、クラウド市場への攻勢を強める。同社の狙いをエグゼクティブ・バイス・プレジデントのアレックス・ピンチェフ氏に聞く。(2011/10/7)

シマンテックがストレージ管理「Veritas」次期版を“予告”
ストレージの最適化や運用管理の平準化を目指したというVeritasの新バージョンを年内に投入するという。(2011/9/22)

ホワイトペーパーレビュー
ストレージ効率化事例を紹介した3つのホワイトペーパー
ストレージ構成が複雑化することでその運用管理の負荷が増大している。本稿では、ストレージ管理の効率化を実現した事例を掲載したホワイトペーパーを紹介する。(2011/9/22)

EMC、vSphere 5.0対応のストレージ管理ソフトを無償公開
仮想マシンにストレージ領域を割り当てる機能や管理者のアクセス制御機能を備える「Virtual Storage Integrator」を公開した。(2011/9/8)

EMC、仮想化環境向けのストレージ管理ソフトを発売
EMCは、エージェントソフトをインストールすることなく、ストレージ上のデータを検出できる「EMC ProSphere」を発売した。(2011/8/25)

SMB向けの共有ストレージ管理製品を発表 ヴイエムウェア
ヴイエムウェアは中堅・中小企業向けの共有ストレージ管理ソフトウェア「VMware vSphere Storage Appliance」を発表した。(2011/7/13)

柔軟なデータ活用を目指す:
PR:“ストレージクラウド時代”におけるサービスマネジメントのあるべき姿
コンピューティングリソースを共用するクラウド環境において、最も注力して取り組まなければならないのが、データを格納するストレージである。これまでシステム単位で扱われてきた運用体系を見直し、ストレージを統合的に管理するための仕組み作りが急務となっている。その成功の鍵を握るのは、ストレージ管理に最適なサービスマネジメントの導入だ。(2011/5/11)

ホワイトペーパー:
高コストなストレージ管理はもう古い
急速に増えるデータ量や、要求が高まるパフォーマンスに対して、ストレージ容量を追加し続けるのはもう古い。パフォーマンス最適化やストレージの低コスト導入・管理を実現する新プロダクトを紹介しよう(提供:日本オラクル)。(2011/2/10)

NEWS
ストレージ管理機能も融合した情報漏えい防止製品「Symantec DLP 11」
シマンテックは機密情報の検出手法として知的財産を容易に検出できる新技術を開発。同社のDLPに組み込んだ。(2011/2/4)

SCVMM 2012新機能 〜ストレージ管理&ネットワーク管理
Microsoft、SCVMM 2012でVMwareのvCloud Directorに挑戦(後編)
Microsoftがプライベートクラウド市場への参入を狙い、2011年下半期にリリースする仮想データセンター管理ツール「SCVMM 2012」。後編では、ストレージ管理とネットワーク管理の分野における新機能について紹介する。(2011/1/12)

高性能、管理性能、低コストを実現
コスト削減に効く! 進化する高性能ストレージを徹底解剖
増大する情報を管理しつつ、同時に情報活用が求められる現代の企業。結果としてストレージ管理は複雑さを増している。管理や設置のコストを低減しつつ、情報活用を加速させる高性能ストレージを紹介する。(2010/11/24)

仮想化での可用性確保とクラウド連携でのストレージ管理、シマンテックが取り組みを説明
シマンテックは、仮想化環境での可用性確保やクラウド利用でのストレージ管理、セキュリティ管理の課題に関する同社の取り組みを紹介した。(2010/9/1)

ホワイトペーパー:
“3社のケーススタディ”から学ぶ!「効率的なストレージ管理とコスト削減の両立」
経済状況の悪化により“データセンター”の欲求や課題は変化している。本Webセミナーでは、実際に現場で発生する問題を“3社のケーススタディ”から具体的なかたちでご紹介する(提供:シマンテック)。(2010/8/16)

変革は今! 最新技術とともに進化するデータセンターの最適な管理
ビジネスを強くする、企業のストレージ管理成功方法
データ量が急増する昨今、より効率的なストレージ管理と高可用性の実現に加え、コスト削減が必須だ。変革が迫られている今、データセンターの最適化に有効なシマンテックの最新ソリューションと新技術を紹介する。(2010/5/24)

統合型ストレージ「IBM XIV」
もうストレージ管理で悩まない。クラウド時代の新発想ストレージ
クラウドコンピューティングの利用が活発化すると企業の情報システムが扱うデータ量はますます増加することが予想される。そうした時代の変化に、大胆な発想で対応するエンタープライズストレージシステムが生まれた。(2010/2/26)

富士通とSymantecが提携強化
富士通と米Symantecは、ストレージ管理や情報セキュリティなどで広範に協業すると発表した。(2010/2/2)

ホワイトペーパー:
Open Storage:仮想化環境に最適なハイコストパフォーマンスストレージ
仮想化に最適な Open Storage、高性能と高可用性を実現しながらコスト削減、ストレージ管理の簡素化、および最新のフラッシュディスクの利用が可能(提供:サン・マイクロシステムズ)。(2010/2/1)

NEWS
ネットアップ、重複排除対応の仮想デスクトップ向けストレージ管理ソフトを無償提供
ネットアップは、デスクトップ仮想化環境に対応したストレージ運用管理ソフトウェアの最新版「Rapid Cloning Utility 3.0」の提供を開始する。(2010/1/21)

Amazon EC2でもサービスイン、シマンテックのクラウド戦略
シマンテックは、クラウドコンピューティング市場に向けた戦略を明らかにした。具体例にはAmazon EC2で利用できるストレージ管理やセキュリティ対策があるという。(2009/12/10)

ホワイトペーパー:
今すぐできる30日でストレージ使用量の約30%を節約・節減する方法とは?
安易なストレージの追加は、さまざまな問題の原因となる。ストレージ管理にまつわる主な課題と、その対策を詳しく解説する(提供:ラネクシー)。(2009/11/20)

ホワイトペーパー:
Webインフラストラクチャ・ストレージのコスト・複雑性・パフォーマンスの管理
サンのOpen Storageソリューションで、Webインフラストラクチャにおけるストレージ管理を大幅に簡素化し、経済性を大幅に向上させる(提供:サン・マイクロシステムズ)。(2009/9/26)

StorageWorks EVAの新モデル投入:
日本HP、仮想ストレージソリューションを強化
日本HPはミッドレンジストレージの新モデルEVA6400/8400を国内投入するとともに、仮想化ソリューション、アセスメントサービスの強化を発表。ユーザー企業におけるストレージ管理コスト削減を図るという。(2009/4/15)

ホワイトペーパー:
コストを掛けないサーバ/ストレージ管理の標準化
企業のデータセンターは、最新サーバの導入とストレージ容量の増加が求められ、基幹系アプリケーションの可用性も向上させなくてはならない。こうした問題にコストを掛けずにいかに対処するのか、その手法を手引きする(提供:シマンテック)。(2009/4/15)

NEWS
ネットアップ、ストレージ管理ソフトウェアの機能強化版をリリース
ネットアップがストレージ管理ソフトウェア「SnapManager」の機能強化版3製品をリリース。それぞれOracleデータベース、SAPアプリ、Microsoft Office SharePoint Serverのデータ管理強化が図られている。(2009/4/6)

運用管理コスト削減:
ネットアップ、ストレージ管理ソフトウェアの最新版を提供開始
ネットアップは、アプリケーション環境のデータのバックアップ/リカバリや災害復旧などを自動化するストレージ管理ソフトウェア製品群「SnapManager」の機能を強化した最新版の提供を4月2日に開始した。(2009/4/3)

ホワイトペーパー:
急激なデータ増加に直面したクアルコムが選んだソリューションとは?
米クアルコムのIT部門では、急激に増加するデータ量に従来の運用手法では対応しきれなくなっていた。そこで同社が選んだ、異機種混在環境にも対応するストレージ管理ソリューションとは? (提供:シマンテック)(2009/3/17)

ホワイトペーパー:
ILM(情報ライフサイクル管理)が抱える問題を解決するには?
階層型ストレージ管理(HSM)、ストレージリソース管理(SRM)、情報ライフサイクル管理(ILM)が実現する管理の容易性とコスト削減。でも、そこには思わぬ落とし穴が……(提供:Pillar Data Systems)。(2009/2/24)

Novell、アイデンティティ主導型のストレージ管理ソフト「Storage Manager 2.5」をリリース
Novellは、ディレクトリサービスと連携したストレージ運用管理の自動化を可能にする「Novell Storage Manager 2.5」を発表した。(2009/1/30)

静岡県立総合病院、EMC製品で20TBの放射線画像を電子保管
静岡県立総合病院はEMCのストレージとストレージ管理システムを導入し、病院内外の放射線画像データを保管するシステムを構築した。3つの病院からなる独立行政機構の共通した情報インフラとしての活用を目指す。(2008/12/10)

ホワイトペーパー:
ストレージ管理で実現する「ITのシンプル化」仮想プロビジョニングの概要
膨大な量の情報をいかに有効活用させるか、企業にとっては大きな課題である。課題解決のヒントをストレージ製品の切り口から取り上げ、「情報インフラの全体最適化」の重要性にせまる(提供:デル)。(2008/10/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。