ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「T007」最新記事一覧

KDDI、下取りプログラムに「iPhone 5」を追加 64Gバイト版は2万8000ポイント
KDDIが、「下取りプログラム」にiPhone 5を追加すると発表した。9月20日から適用する。iPhone 5の64Gバイト版は2万8000円相当の28000ポイントがもらえる。(2013/9/13)

KDDI、「Cyber-shot ケータイ」など6機種のアップデートを開始
KDDIは、auケータイ6機種のケータイアップデートを13日から順次提供する。電子証明書関連の仕様変更、またはSMS(Cメール)関連の不具合改善を行う。(2012/9/13)

KDDI、auケータイ24機種のアップデートを実施
KDDIが、au携帯電話のアップデートを7月5日と12日に開始する。電子証明書を用いる、より強固なセキュリティ認証仕様に対応させる。(2012/7/6)

スマホじゃないケータイでもSkypeが使える BREW版「Skype au」を試す(前編)
スマホ向けIP電話サービスの中でも、KDDIがAndroid向けに提供している「Skype au」はキャリア公式のアプリを使う異色の存在。さらに2011年夏以降はauケータイでも利用できるようになった。auケータイで使うSkypeとはどんなものなのか、検証してみた。(2012/1/12)

KDDI、「CA007」「S007」などauケータイ5機種でアップデート
KDDIは、「CA007」「K009」「T007」「T008」「S007」の5機種でケータイアップデートを実施すると発表した。5機種とも、エリア品質情報送信のメニュー構成や確認画面の表示などが改善される。(2011/10/4)

7色展開、こだわりキーイルミの防水防塵フィーチャーフォン――「F001」
auの「F001」は、高速起動の13メガカメラを搭載したフィーチャーフォン。ボディカラーはアクリル絵の具ブランド「Liquitex」とのコラボによる7色から選べる。(2011/9/26)

KDDI、auケータイ5機種のCメール機能を拡張――SMSのキャリア間接続に対応
KDDIは、2011年夏モデルとして発表したauケータイ「CA007」「K009」「S007」「T007」「T008」へのケータイアップデートを開始した。CMメールの機能を拡張し、送受信できる文字数が増えたり、改行の入力が可能になる。(2011/7/13)

KDDI、2011年夏モデル「S007」「T007」を7月8日から順次発売
KDDIが、ソニー・エリクソン製の折りたたみケータイ「S007」と、富士通東芝製のスライドケータイ「T007」を7月8日から順次販売すると発表した。一部地域では発売日が7月9日になる。(2011/7/6)

SMSのキャリア相互接続、7月13日に開始――送信料金の値下げも
ドコモ、KDDI、ソフトバンク、イー・アクセスの4社は、電話番号のみで短い文章を送受信できるSMS(ショートメッセージサービス)の相互接続を7月13日に開始すると発表した。(2011/6/1)

フィーチャーフォンでもSkype、夏モデルから――KDDI
フィーチャーフォンでもSkypeを利用可能に――。KDDIが夏モデルのフィーチャーフォン5機種にBREW版Skypeアプリを搭載する。(2011/5/17)

サウンドフィッター搭載、快適な音にこだわった防水スライドケータイ――「T007」
富士通東芝モバイルコミュニケーションズが“音”にこだわって作った防水ケータイが「T007」だ。個人の耳に合わせて快適なイヤフォンサウンドを提供する「サウンドフィッター」を標準搭載する。(2011/5/17)

auケータイも「Skype au」に対応:
KDDI、auとiidaの2011夏モデル15機種発表――Android版「G'zOne」や「INFOBAR」、「Xperia acro」も登場
KDDIがauとiidaの2011夏モデル15機種を発表した。auのISシリーズ5機種に加え、iida初のスマートフォンとしてAndroid版INFOBARが登場。auケータイ6機種はすべて防水性能を備え、多くが下り最大9.2Mbpsの通信が可能な「WIN HIGH SPEED」に対応する。(2011/5/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。