ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「先生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「先生」に関する情報が集まったページです。

一番大事なのは「先生の教育」――マイクロソフトが取り組むこれからの学校教育とは
日本マイクロソフトは6月20日、同社が取り組む学校教育への取り組みについて報道向けに説明し、「未来を支える人材となる子どもたちの教育に一番大事なのは、先生方の教え方だ」と同社の文教営業統括本部 統括本部長の中井陽子業務執行役員が語った。(2018/6/21)

舞台「魔法先生ネギま!」、生駒里奈のネギ先生に原作者・赤松健もべた褒め 全生徒のキャストも明らかに
美少年なネギ先生に変身した生駒ちゃん。(2018/6/20)

犬猫好きは必読 谷口ジローの名作『犬を飼う』がカラー完全収録の決定版として刊行
タイトルは『犬を飼う そして…猫を飼う』。谷口先生の飼い犬エッセイも収録。(2018/6/12)

あの場面のかわいいニャンコ先生がストラップに! 夏目友人帳「ニャンコ先生徒然ストラップ」第6弾が登場
ウリ坊バージョンのニャンコ先生も。(2018/6/14)

大川ぶくぶ先生の凍結Twitterアカウントが復活 原因は「ガンキャノンの絵」へのDMCA虚偽申請か
アンチ〜!(2018/6/9)

『ポプテピピック』大川ぶくぶ先生のTwitterが凍結 「一体なぜ」「竹書房の仕業か」驚き広まる
凍結理由については調査中です。【追記あり】(2018/6/8)

横浜市立大、教職員らに届いたメール3512通盗み出される フィッシングメールでパスワード詐取され
横浜市立大学の教職員などにフィッシングメールが届き、教職員などが利用している29のアドレスで受信したメール3512通が不正に外部に転送されていた。(2018/6/7)

ちゃおっス、『家庭教師ヒットマンREBORN!』が舞台化だぞ リボーン役にアニメと同じニーコ、ツナ役に竹中凌平
幻覚じゃないですよね……?(2018/6/4)

「ずっと私の先生でいてほしい」 魔法が使えないおばあちゃんが少女に“魔法”を教える漫画に心が温かくなる
2人の関係にほっこり。(2018/6/4)

脊髄損傷の滝川英治、電動車椅子でのリハビリに笑顔 左手で操作し「いけるいける」
先生とのやりとりがすてき。(2018/6/3)

『魔法先生ネギま!』が初の舞台化 ネギ先生役の生駒里奈「見た目はきっと誰にも負けない」
原作者の赤松健さんも「ボーイッシュで小柄で似合いそう。可愛いなぁ〜(^^)」と絶賛。(2018/5/29)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
しっぱいはせいこうのもとです! こぐまのケーキ屋さん(24)「だめじゃないです」
ケーキ作りの先生として、お勉強する生徒として、小学校を満喫する“くま先生”です!(2018/5/27)

豪華なキャプテンシートも付属 「銀英伝」ラインハルトがねんどろいど化、ヤン・ウェンリーのサンプル公開
ヤン先生もねんどろいどに。(2018/5/26)

先生の声をリアルタイムでテキストデータに 授業AIアシスタント「Josyu(ジョシュ)」発表
黒板メーカーのサカワが開発しました。(2018/5/21)

refeia先生が「Wacom Intuos」をねっとりとレビューするよ
人気プロイラストレーターのrefeia氏が「Wacom Intuos」をレビュー。せっかくだから俺はベリーピンクちゃんを選ぶぜ(担当編集)(2018/5/18)

「ソフトバンクセレクション」10周年記念iPhone Xケース登場 「うんこ漢字ドリル」コラボと“鉄アレイ”をラインアップ
スマートフォンケースを始めとするデジタルアクセサリーのブランド「SoftBank SELECTION」が、2017年に設立10周年を迎えた。それを記念して「うんこ漢字ドリル」とのコラボレーションケースと、重さ約10kgの鉄アレイ型ケースを発売。うんこ漢字ドリルとのコラボでは、非売品の「ビッグうんこ先生ケース」が抽選で当たるキャンペーンも実施する。(2018/5/17)

「サンデーうぇぶり」で『週刊少年サンデー』24号が無料公開 安室の日常を描く『名探偵コナン ゼロの日常』掲載
青山剛昌先生による赤字入りの『ゼロの日常』下絵も。(2018/5/16)

いい仕事しすぎ! 矢吹健太朗が描く中島美嘉×「ダリフラ」ゼロツーのコラボイラストが刺激的
さすがです矢吹先生……。(2018/5/14)

うどん屋「ドタキャン受けた」とTwitter投稿 「気の毒」と拡散したが、店も加害者も架空
「50人分の料理を用意したら、ドタキャンされた。国際信州学院大学の教職員の皆さん、二度と来ないでください」――「うどん屋」を自称するアカウントによるこんなTwitter投稿が話題になったが、このうどん屋も大学も、架空のものだ。(2018/5/14)

授業で「わかりません」って言ったら教師に怒られたの、なんでだろう
いまだに納得いってない。(2018/5/12)

どこを見ても美女だらけ! 「チア☆ダン」土屋太鳳、朝比奈彩らの女子会が「可愛いの極み」
先生(オダギリジョーさん)は来ないのかな。(2018/5/11)

漫画家・赤松健さんに聞いた、「海賊版サイトをつぶす唯一の方法」
「海賊版サイトをつぶす方法は、ブロッキングでも広告収入を断つことでもない」と話すのは、「ラブひな」「魔法先生ネギま!」などのヒット作で知られる漫画家の赤松健さん。これまで漫画業界発展のためにさまざまな活動をしてきた赤松さんに、海賊版サイト問題について聞いた。(2018/5/11)

希望とか夢とか語ったりするな――「病院訪問教育」の現場描く漫画『マジスター〜見崎先生の病院訪問授業〜』が連載開始
教育って何だろう。(2018/5/11)

新垣結衣がお鼻を「ふーん」 園児と遊ぶ“ゆい先生”が入園しなおしたくなるかわいさ
ゆい先生、僕の鼻血もフキフキしてください!(2018/5/7)

「カマキリに前髪はない!」 元AKB48前田亜美、香川照之から猛ツッコミを受けた“子カマキリ”姿がすごいぜ!
今回も熱かったカマキリ先生。(2018/5/3)

GWエンプラこぼれ話:
人間よりも精度が高い「ダイヤモンド鑑定AI」 その仕組みとは
宝飾品店チェーンを展開するケイ・ウノが、人工知能が鑑定したというダイヤモンドを発売した。人間よりも高い精度で鑑定を行えるのだという。最近では、プロの判断基準を教師データにすることで、数値化しにくい問題に取り組む事例が増えてきている。(2018/5/2)

量子情報技術のノイズ問題解決へ:
阪大ら、逆回転する電子と電磁波の一体化を実証
大阪大学大学院基礎工学研究科の馬場基彰招へい教員らは、互いに逆回転する電子と電磁波が一体となって回転(一体化)することを実証した。量子コンピュータにおけるノイズ問題の解消につながるとみられている。(2018/4/27)

「出版社頼れない」「子供は漫画無料でいい」 海賊版サイト問題と漫画家たちの苦悩
4月24日に、阿佐ヶ谷ロフトAで「海賊版サイト」をめぐる問題について識者らが議論。森田崇先生と鈴木みそ先生が漫画家・クリエイターの立場から海賊版サイト問題について語った。(2018/4/27)

美香先生のバスト講座! 叶美香、Qカップは“計算上おかしい”の声に理詰めで反論
説明図まで用意してくれた美香先生。(2018/4/26)

寺沢先生の完全監修カルタ「コブラ・パーティ」が発売 絵札を取って命令する王様ゲーム的要素も
「まじめになっちゃダメだ その方がうまくいくんだ」(2018/4/23)

押切蓮介先生が“ドグサレ海賊版サイト”の運営集団を描いた衝撃漫画、コミックDAYSで緊急公開
ドグサレ海賊版サイト「漫画沼」に鉄槌を……!(2018/4/20)

“ブラック企業アナリスト”が斬る労働問題:
教師の“ブラック労働”が横行 その根源「給特法」の実態とは
学校法人は「ブラック」な労働環境に陥りがちだ。特に公立校では、「給特法」により、何時間残業しても残業代が支払われない状況が続いている。4月に学校法人「関西大学」のケースが明るみに出たように、私立校でも労務管理があいまいなケースが多く、労働基準監督の指導が相次いでいる。(2018/4/17)

朝ドラのような読後感 和菓子が一人一人の人間ドラマに寄り添うマンガ『であいもん』
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第92回。社主が中学生の頃から好きなガンガン出身作家・浅野りん先生の最新作を紹介。(2018/4/16)

特集・音声言語インタフェース最前線:
さみしい「独り身」を救う? 3人の音声アシスタントと会話して可能性を探ってみた
昨今、クラウドAIベースの「音声認識アシスタント」が流行の兆しを見せている。中にはある程度“対話”できるものもあるという。どの程度の対話がこなせるものだろうか。ある高名な「先生」が、実践を通して可能性を探る。(2018/4/14)

クラウドとタブレットで学校をサーバレスに――小金井市とNTT Comら、総務省「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証に参画
東京都小金井市、NTTコミュニケーションズ、凸版印刷、コードタクト、eboardが、総務省の「『次世代学校ICT環境』の整備に向けた実証」に参画。クラウドと低価格タブレットの導入により、整備コストの削減や教職員の運用負担の軽減などを目的とした実証に取り組む。(2018/4/12)

新卒採用でAI活用:
横浜銀行が人工知能で新卒採用の書類を選考、教師データは過去のエントリーシート
横浜銀行は、2019年度の新卒選考に人工知能を採用する。専門家が自己の経験に基づいて重要と感じ取る「暗黙知」や「感覚」を学習可能な、FRONTEOの人工知能エンジン「KIBIT」を活用する。(2018/4/9)

思い出がよみがえる! 金八先生の誕生日会に杉田かおる、“腐ったミカン”直江喜一らレジェンド卒業生が集結
金八先生うれしそう!(2018/4/8)

人気プロ絵師による「Cintiq Pro 24」完全レビュー
プロ向け液晶タブレットの大本命「Cintiq Pro 24」を人気イラストレーターのrefeia先生がガチでレビュー。その完成度に迫る。(2018/4/7)

「次世代の教員」が知っておくべきこと【第2回】
「動画活用授業」を手軽に実現するWindowsアプリ、iOSアプリはこれだ
撮影や編集に手間が掛かり、難しいといった先入観から、動画活用に二の足を踏む教員は少なくないだろう。いち早く動画活用を進めてきた教員が薦める、手軽に使える動画活用支援アプリケーションを紹介する。(2018/4/5)

風邪の時に目を閉じると万華鏡のようなものが見える? Twitterで「あるある」と共感の声集まる
眼科の先生に原因を聞いてみた。(2018/4/11)

市長が「不満が相当あった」 熊本市、日本マイクロソフトと働き方改革 地方自治体では“最大規模”
熊本市と日本マイクロソフトが、市職員と教職員1万2500人を対象に働き方改革を推し進める。「Microsoft 365」導入の他、AIが職員の働き方を分析し、助言する施策も。(2018/4/3)

費用は5年間でおよそ47億円:
熊本市、マイクロソフトと連携し「働き方改革」 AIが助言も
熊本市は、日本マイクロソフトと連携し、市職員と市立学校の教職員、計1万2500人の働き方改革を推進する。プロジェクトでは「Microsoft 365」やAI(人工知能)などを活用することで、業務効率化や残業削減、市民サービスの向上などを目指す。(2018/4/3)

インターネットを守る翼竜:
業界初! クリオネを食べるバーチャルYouTuber月ノ美兎
漫画家・小林銅蟲先生との謎コラボで「Vtuberによるクリオネの食レポ」が実現しました。(2018/3/31)

「どんな絵にも描いた奴の努力は出る!」 東京五輪マスコットを描いた元“専門学校の先生”のエピソードに反響
東京五輪のマスコットキャラクターをデザインした谷口亮さんとの思い出が描かれています。(2018/3/30)

Apple、教師向け無料教育カリキュラム「Everyone Can Create」今秋提供開始へ
Appleが無料教育カリキュラム「Everyone Can Create」を今秋提供開始する。教師が授業にiPadを使ったスケッチや音楽などのスキルを取り込むのをサポートする。宿題管理アプリ「Schoolwork」も発表した。(2018/3/28)

純白の瀬戸焼きが美しい! 「夏目友人帳」ニャンコ先生の招き猫型貯金箱が登場
ニャンコ先生がうちにやってくる!(2018/3/26)

犬と猫どっちも叱れないのはなぜ? いたずらがバレた天然わんこと策士にゃんこの対応を描いた漫画がかわいい
松本ひで吉先生の犬猫漫画、漫画アプリ「Palcy(パルシィ)」でも掲載開始です!(2018/3/24)

アニメ「ハイスコアガール」7月放送決定! 押切先生「今度は大丈夫だ問題ない」
紆余曲折経てコンティニュー(再始動)。(2018/3/24)

マンガ大賞授賞式に”ニワトリの被り物(超高額)”で出席 『BEASTARS』板垣巴留先生が作品以上にぶっ飛んでた
担当編集者はハイイロオオカミ「レゴシ」に扮して登場。(2018/3/23)

「その力はもう封印しておいてね」 生意気な生徒も言うことを聞きたくなる先生の神対応が見事
先生のさじ加減がいい塩梅。(2018/3/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。