ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「全体最適」最新記事一覧

「売上高1兆円」を支え、円滑に動かすIT基盤:
PR:インダストリー4.0時代を見据えた日本精工のIT戦略とは
システムごとにサイロ化/個別最適化が進んだITインフラを全社統合し、ガバナンス強化、コスト削減、安定運用を図る──日本精工が中期経営計画の下で進めるITインフラ全体最適化において、データベースの統合基盤に選ばれたのは「Oracle Exadata」であった。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/3/24)

即席!3分で分かるITトレンド:
【図解】コレ1枚で分かる「ERPと他の手法との関係」
ERPの他にも、経営や業務の全体最適を目指す手法があります。その代表的なものを、製造から物流・販売、人事、財務といった一連の企業活動に沿って整理しながら解説します。(2016/1/18)

【連載】ざっくり分かりたいマーケターのための「AI」超入門 第4回:
AIは面倒見の良いコンシェルジュ、マーケティングを「全体最適」へ導く
マーケティングオートメーションにAIが実装される意義について、個々の施策の精度を高める「部分最適」と最終的な成果を高める「全体最適」の視点で考える。(2015/10/23)

ホワイトペーパー:
部分的な仮想化からプライベートクラウドへ〜ステップアップで仮想化共通基盤を実現
部分的な仮想化導入では思ったほどの効果を得られない。システムごとの個別最適化ではなく、プラットフォーム全体最適を実現するための効果的なアプローチ法とは?(2015/7/13)

戦略立案からシステム開発まで:
ビッグデータ分析を含むマーケティングソリューション、電通とNTTデータが開発/提供
電通とNTTデータは1月23日、ソーシャルメディア・ビッグデータの解析を核に、マーケティング領域の新規ソリューション開発/提供で協業することを発表した。これに伴い、両社の協業を加速する推進母体として「Social Insight Lab」(ソーシャル・インサイト・ラボ)を設立し、さまざまな部門にまたがるマーケティング課題を全体最適の視点から見直し、課題の解決に当たっていく。(2015/1/26)

ハード集約の次のステップへ:
PR:スマートなプライベートクラウドを実現する秘訣とは?
コスト削減や事業のスピードアップなどを目的に、仮想化技術やプライベートクラウドに対する企業の関心は高い。だが、その一方で、クラウド導入する上で大きな障壁となっているのが、既存の個別最適なシステムをクラウド環境にどうやって構築していくかだ。その指針となるのが「全体最適なシステム」を作るという観点だ。そのために、ITリソースに加え、ミドルウェアの共有と標準化が鍵となる。(2014/2/13)

運用自動化製品紹介【第4回】
全体最適に向けた自動化を実現する「HP Operations Orchestration software」
本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は日本HPの運用自動化製品群「HP Business Service Automation」の中核となる「HP Operations Orchestration software」を紹介する。(2013/1/18)

ホワイトペーパー:
トムソン・ロイターがクラウドERPを選んだ理由
個別最適で導入されたシステムの連携をどうするか。トムソン・ロイターが選んだのはクラウドERP導入による全体最適だった。同社の導入担当者が製品選択のポイントや導入効果を説明する。(2012/12/26)

永年の協業で培ってきた「新Hyper-VとPRIMERGYの検証実績とノウハウ」でサポート:
PR:いまこそ、乱立し煩雑化した仮想化環境をまとめる“統合仮想インフラ”が必要に
多くの企業が導入している仮想化だが、現状その多くが部門ごとに運用しており、全社レベルでの全体最適化にはほど遠い状況だ。そこで富士通は、最新の仮想化技術を駆使して、全社レベルで仮想化基盤を統合する「統合仮想インフラ」という考え方を提唱している。その統合仮想インフラの中核となるのが同社のPCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」と最新OS「Windows Server 2012」の組み合わせだ。(2012/11/30)

人的リソースの全体最適を図る
【事例】大和ハウス工業がSAP ERP導入期間を25%短縮、その鍵は「CCPM」
SAP ERPの大規模導入プロジェクトが停止寸前まで追い込まれた大和ハウス工業。同社は人的リソースの全体最適を図る「CCPM」を採用することで工期を短縮し、プロジェクトを成功させた。担当者が全容を語る。(2012/11/7)

省エネ機器:
複数台でグループを作って全体最適で節電、新機能を盛り込んだサーバが登場
オフィス全体の消費電力量の中で、サーバが占める割合は決して小さいとはいえない。しかし、節電のためとはいえ強引に止めることもできないため、定常運転を続けている例が多い。NECは、重要なサーバの性能を維持しながら、節電を実現する機能を盛り込んだ製品を発表した。(2012/7/20)

NEWS:
ルネサスがグローバル調達体制強化の組織変更を発表
ルネサス エレクトロニクスがグローバル調達を強化。全体最適に向けた調達専門のチームを2012年4月1日から立ち上げる。(2012/3/1)

製造マネジメントニュース:
ルネサスがグローバル調達体制強化の組織変更を発表
ルネサス エレクトロニクスがグローバル調達を強化。全体最適に向けた調達専門のチームを2012年4月1日から立ち上げる。(2012/2/29)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
なぜ私たちは“全体最適”を受け入れるのか
「全体の最大利益のために、個人の最大利益を捨てる」という“全体最適”の考え方。私たちはその全体最適の考え方をどこで学んできたのでしょうか。(2011/4/11)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
全体最適への早道、それは良い物を公開し共有すること
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「闘うマネジャー vol.4」をお届けします。(2011/3/23)

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(4):
全体最適を目指すグローバルPLMのグランドデザイン
「国内予選」で疲弊している場合じゃない! グローバルで最適な調達・製造を実現する基盤「グローバルPLMのグランドデザイン」とは(2011/2/8)

SCM製品一覧
製造業や流通業において、生産から最終需要(消費)に至る商品供給の流れにおけるビジネスプロセスの全体最適を支援するSCM製品を紹介する。(2010/12/24)

サービス提供から運用までNECがフルサポート:
PR:中堅・中小企業を伸ばすクラウド活用がここにある
今、多くの企業がクラウドサービスやSaaSの活用に注目している。電子メールやスケジューラなどのフロント業務だけでなく、基幹業務の領域まで含めたサービスを利用することで、IT活用を全体最適化する動きが広がっているのだ。こうした中、NECは「SaaS型ソリューション」を提供し、中堅・中小企業の経営や事業の強化をもたらそうとしている。同サービスの内容と実態に迫る。(2010/8/30)

ホワイトペーパー:
【運用管理コストの削減に効果】ITインフラの全体最適を目指す「仮想化」の導入事例
ネットワーク機器も集約と仮想化することでどのような効果があるのだろうか? ネットワークリソースを共有、余剰投資を回避できること。アプリケーションやトラフィックの成長に合わせて簡単に拡張できること……(提供:F5ネットワークスジャパン)。(2010/1/6)

Dreamforce 2009 Report:
Chatterは次の世代のための技術――クラウドが企業の全体最適に踏み込む日
「SharePointやLotus Notesは時代遅れ。Chatterは企業の中で起きていることを集約していく」とsalesforce.comで製品とマーケティングを担当するジョージ・フー代表取締役副社長は語る。企業における全体最適の横串として機能することが予想されるChatterは次の世代のための技術であると強調する。(2009/11/21)

ウィン-ウィンで不況をチャンスに変える戦略術(3):
ボトムアップ型組織改革 成功のヒントと問題共有の方法
決していいとはいえない景況だからこそ、地に足の付いた戦略づくりが重要。不安にあおられることなく、全体最適を目指す戦略づくりのヒントを紹介します。(2009/9/1)

リスク可視化を実現する「McAfee Risk Advisor」
コスト削減を図りながら全体最適を目指すセキュリティ対策
さまざまなセキュリティリスクに、その都度対処してきた結果、企業のセキュリティ対策は継ぎはぎだらけになっていないだろうか。そのような対策から、総合的に、全体最適を図るセキュリティ対策はないのか?(2009/8/31)

ウィン-ウィンで不況をチャンスに変える戦略術(2):
それってわざと!? 利益から遠ざかる企業に特徴的なパターン
決していいとはいえない景況だからこそ、地に足の付いた戦略づくりが重要。不安にあおられることなく、全体最適を目指す戦略づくりのヒントを紹介します。(2009/8/4)

ウィン-ウィンで不況をチャンスに変える戦略術(1):
不況時の企業戦略は間違いだらけ
決していいとはいえない景況だからこそ、地に足の付いた戦略づくりが重要。不安にあおられることなく、全体最適を目指す戦略づくりのヒントを紹介します。(2009/7/8)

中堅・中小企業の賢いERPパッケージ選び【第1回】
継続して使う「半製品」――多様化するSMB向けERPの今を読み解く
競争力向上や全体最適化は中堅・中小企業でも重要なテーマ。だが、ERPの次の主力市場では大企業にはない独自のニーズや傾向がある。パッケージの選択眼を養うため、まずはSMB向けERP市場のトレンドを追ってみよう。(2009/6/2)

闘うマネジャー:
良いものを公開し共用する、という全体最適への早道
システムの全体最適というと、まずは関係各所の意見をまとめて…というスキームが基本のように思われるが、本当にそんな方法で全体最適は実現できるのだろうか。(2009/5/13)

Efficient ITを実現する情報インフラの全体最適化
コストを削減しながらビジネスに貢献する戦略的ITを実現する、情報を中心としたEfficient IT。それを実現するのが情報インフラストラクチャの全体最適化だ。企業は今、何をすべきか? そのヒントになるホワイトペーパーを集めた。(2009/3/11)

ホワイトペーパー:
地域医療を支える情報共有インフラ、その刷新を可能にした最新ソリューションとは?
地域医療連携のための情報共有基盤を提供する、長野県松本市の相澤病院。そのシステムインフラは年々複雑化の一途をたどっていたが、サーバルームを刷新することにより全体最適化されたシステムへと変ぼうを遂げた(提供:エーピーシー・ジャパン)。(2009/1/23)

サバイバル方程式:
慣例人事の中でCIOを埋没させてはならない
コストを最小限に抑えながら、事業そのものや業務の全体最適化を進めるには、CIOの役割がますます重要になる。そんな中で、持ち回りの慣例人事の一部としてCIOを位置づけてはいないだろうか。(2009/1/16)

ホワイトペーパー:
コスト削減とITガバナンス強化を同時実現! 情報インフラストラクチャ全体最適化
コスト削減とITガバナンスの強化を両立させるのは難しい。この2点を同時実現するためには情報インフラストラクチャの全体最適化を行うのが最も近道となる(提供:EMCジャパン)。(2008/11/21)

2011年の開発費を35%低減:
「仮想化してコストを削減できるか見極めを」――大分県庁のVMware活用法
大分県庁は、ヴイエムウェアの仮想化技術でサーバを統合し、県庁のシステムを全体最適化する計画を進めている。(2008/11/20)

ホワイトペーパー:
ストレージ管理で実現する「ITのシンプル化」仮想プロビジョニングの概要
膨大な量の情報をいかに有効活用させるか、企業にとっては大きな課題である。課題解決のヒントをストレージ製品の切り口から取り上げ、「情報インフラの全体最適化」の重要性にせまる(提供:デル)。(2008/10/23)

NEWS
関東自動車工業、EMCのコンサルティングサービスでITコスト40%削減へ
関東自動車工業のITインフラ全体最適化プロジェクトでEMCのコンサルティングサービスを採用。4カ月間のアセスメント作業で、調達費や設置スペースを40%削減するITインフラ構想を策定した。(2008/8/28)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「レガシーシステムの方が良かったという声も」――経産省の情報政策課企画官
ITによる企業の「全体最適」が叫ばれる一方で、日本企業の多くはいまだ部門内最適の域を抜け出していない。業務プロセスのやみくもな見える化が悪循環を引き起こしているという。(2008/6/17)

NEWS
日本HP、ITIL v3に準拠したITサービス管理ソフトを発表
IT全体の戦略からサービスの設計・開発、運用までを全体最適化する製品の1つとして、企業のITサービス管理プロセスの運用をサポートする。(2008/3/13)

米IBMの上級副社長、「データセンターの課題はエネルギー」
日本IBMは2月26日、企業がITの全体最適化を図る上で利用できる同社の製品やサービスを紹介するイベント「IBM IT VISION 2008」を都内で開催。基調講演では米IBMの上級副社長が、次世代のエンタープライズ・データセンターへの取り組みについて話した。(2008/2/27)

ホワイトペーパー:
先進企業に聞くIT全般統制の実施方法と効果
日本版SOX法の要となるIT全般統制は、手段であって目的ではない。目的はIT価値の向上であり、全体最適を達成することにある。ここでは、どのようにそれを実現すべきか解説する。(2007/8/15)

経営者、ユーザー、IT部門すべてのニーズを満たすITアーキテクチャのシナリオ
個別最適化システムはどうすれば全体最適化できるのか?
昨今、「変化に強い柔軟なシステムアーキテクチャ」が叫ばれている。しかしそのアーキテクチャは、経営者やエンドユーザーにとって本当に役立つものなのか。そもそも、変化に強いアーキテクチャを実現できないのはなぜか。企業システムを取り巻くニーズと現実の姿から、真に「変化に強いアーキテクチャ」とは何かを考察する。(2007/7/9)

オラクルデータベースの新潮流:
重厚長大なデータウェアハウスから全体最適化されたBI基盤へ
データウェアハウスと言うと、基幹業務システムからあらゆるデータを抽出し、蓄積する重厚長大なシステムというイメージがある。しかし、Oracle Databaseに搭載されているデータウェアハウス機能を利用すれば、わざわざデータを抽出する必要もないのだ。(2007/4/10)

BIとの連携で現場の意思決定もサポートする
全社規模で1つの顧客情報基盤を共有する「Siebel」の実力
顧客指向や、製品、サービスに対するコンプライアンスなど新たな要求で、再び注目を浴びているCRM。成功には、統一した顧客情報基盤で全体最適化されたシステムが必要だ。さらにBIを融合させ、顧客のライフサイクル管理をリアルタイムに実現しなければならない。(2006/12/5)

製品市場地図を読む「座礁しないERP」:
「ウチは特殊だから」という偏見を捨て見直してみる――パッケージ製品の底力
ERPを含む業務アプリケーションの市場では、長年にわたって複数のベンダーが入り乱れ、激しい競争を繰り広げてきた。各ベンダーの製品戦略を追いながら、中堅・中小企業が取り組む「全体最適」の実現のヒントを探る。(2006/10/27)

座礁しないERP導入:
目先のコスト削減を最終目標にするな
経営の全体最適を目指し、中堅・中小企業でもERP導入は進んでいる。しかし、導入を断念したり、導入されてもフル活用とは程遠いというケースもあるようだ。こうした結果に至る原因を探ってみた。(2006/10/6)

動き出したSOAのいま:
SOAを実現しやすくする組織と人材
システムの全体最適化やシステム連携によって、ビジネスに俊敏性をもたらすSOA。それを支えるシステムを運用するのは、ハードでもソフトでもなく「人」なのである。(2006/9/22)

連載第3回:
PR:全体最適化された統合基盤を――Oracle Grid Weekイベントリポート
日本オラクルは8月29日〜9月1日の4日間、同社セミナールームにおいて「Oracle Grid Week 2006」を開催した。同イベントはIT関連の技術者を対象に、Oracle Gridの幅広いソリューションとテクノロジーを紹介するもの。企業運営に欠かせない「ビジネス基盤」というテーマで構成された、イベント初日の模様を中心に紹介する。(2006/9/14)

連載第2回:
PR:「Oracle Grid」を支える先進テクノロジー
Oracle 10gのローンチによってベールを脱いだOracleのGridテクノロジーは、企業のIT基盤を全体最適化できる技術として成熟が進んだ。全体最適化を実現する一連の技術として、「データベースとアプリケーションサーバの連携」「仮想化」、および「セキュリティ」を紹介する。(2006/8/21)

連載第1回:
PR:IT基盤の全体最適化を目指すOracleのGridテクノロジー
2003年秋、Oracle 10gのローンチによってベールを脱いだOracleのGridテクノロジーは、それまでの科学技術分野で利用されてきた「グリッド」の定義を満たさなかったため、ライバルたちからは「マーケティングのためのグリッド」と揶揄(やゆ)された。あれから3年、Gridテクノロジーのその後を追った。(2006/8/7)

ホワイトペーパー:
高性能サーバを用いたエンタープライズ全体最適化
エンタープライズ全体最適化を実現するには、エンタープライズ向け高性能サーバとSOA/BPM製品群を組み合わせが最適だ。さらに、EAIコンソリデーションを実現する手法を探る。(2006/7/31)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:全体最適化されたBIシステムを提供できるSASの強み
BIを取り巻く状況が大きく変わりつつある中、SASはBI専業ベンダーとして全体最適化されたBIシステムを提供していることで定評がある。BIシステムの基盤となるSAS® Enterprise Intelligence Platformに求められる4つの要素、そのすべてを備えたSASの実力に迫る。(2006/7/20)

BI革命を起こす日本オラクルの新プラットフォーム 【連載第4回】
PR:「1つのエンジン」の強みは絶大――Oracleが提示するOLAPの新境地
ビジネス・インテリジェンスをシステムとして全体最適化するためには、データウェアハウスの質をいかに高めるかが鍵になる。さまざまなデータソースに対応し、優れた分析機能を持ち、パフォーマンスも高いシステムを構築するための選択肢として、筆頭に挙がるのはやはりOracleであることが分かる。(2006/7/18)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:Enterprise SOAで新たな時代の要請に応える
エンタープライズ領域で「ビジネス」を意識した上でSOAを活用するトレンドが生まれつつある中、SAPでは「Enterprise SOA」に基づくソリューションでそうしたニーズに応えている。従来のSOAは何が問題だったのか? そしてそれをSAPはどのように変えたのか? ハードウェアとのコラボレーションによる相乗効果でビジネスの全体最適を実現しようとするSAPの今を追った。(2006/7/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。