ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビジネスモデル」最新記事一覧

企業が事業を維持・継続し、あるいは拡大・発展させるために行っている業務のやり方や取引先との関係、収益などの構造などを、特定の視点と形式で表現したもの。もしくはその構造そのものを指す場合もある。
ビジネスモデル − @IT情報マネジメント用語事典

質問!ビジネス&キャリア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でビジネス&キャリア関連の質問をチェック

製造業×IoT キーマンインタビュー:
きっかけは「スマホショック」、パナソニックがIoTに舵を切る理由
IoTがもたらす革新は、製造業にどういう影響をもたらしているのだろうか。大手電機のパナソニックでは、自社内や自社外でIoTを活用した業務プロセスやビジネスモデルの変革に積極的に取り組んでいる。危機感の裏付けになっているのが「スマホショック」だ。同社のIoT戦略を取り仕切るパナソニック 全社CTO室 技術戦略部 ソフトウェア戦略担当 理事 梶本一夫氏に話を聞いた。(2016/6/15)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(2):
イノベーションを生み出す2つの環境
「新結合」であるイノベーションを行う環境には「クローズド」と「オープン」の2つがある。「クローズド・イノベーション」は、「社内だけで開発し、市場に最初に製品を投入すれば勝てる」という考え方。一方で「オープン・イノベーション」は、「社外の知見も取り入れ、よりよいビジネスモデルを築くことで勝てる」とする考え方だ。(2016/6/9)

2020年まで生き残れるか
「次のUber」となるか没落か、CIOが気にすべきビジネスモデル“6大変化”
企業の経営リーダーたちは、どうすれば自社が「業界のUber」になれるかについて話し合う前に、企業のデジタル化を促しているITとビジネスのトレンドについて合意形成する必要がある。(2016/6/2)

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

ブラウザを使うだけでビットコインがもらえる?
Mozilla創設者の1人が公開した新ブラウザ「Brave」は、広告を見るだけでユーザーにもアフィリエイトが支払われる、新しいビジネスモデルを提案している。(2016/4/11)

“メガ進化”止まらぬポケモンの20年……時代を拓いたキャラクター戦略、ビジネスモデル
「ポケットモンスター」が発売20周年を迎えた。今春にはスマホゲームの配信が予定されるなど、時を経てなお進化を続けている。(2016/4/11)

発売20周年:
“メガ進化”止まらぬポケモン 時代を拓いたキャラクター戦略とビジネスモデル
人気ゲーム「ポケットモンスター」が発売20周年を迎え、ソフトの世界累計販売本数は2億本を突破。今年は人工知能や位置情報などの最新技術を取り入れたスマートフォン向けゲームの配信を予定し、時を経てなお進化を続けている。(2016/4/11)

ランサムウェアに標的型攻撃化の兆し、脆弱な企業システムは蜜の味?
ランサムウェアが採算の取れるビジネスモデルとなった今、標的型へシフトするのは当然だという。(2016/4/8)

自動運転技術:
自動車保険のビジネスモデルを自動運転車が破壊する――格付け会社が予測
格付け会社のMoody’s(ムーディーズ)は、自動運転車の普及によって自動車保険会社のビジネスモデルが大きな影響を受けるだろうという見通しを発表した。(2016/3/31)

再び成長軌道に戻るために:
半導体業界には新たなビジネスモデルが不可欠
M&Aが相次ぐ半導体業界では、低迷が懸念されている。市場の変化が従来以上に加速する中、半導体業界が勢いを取り戻すためには、これまでよりも利益を生み出しやすい、新たなビジネスモデルが必要だ。(2016/3/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
中古車買い取りビジネスの仕組み
街道沿いなどでよく見掛ける「中古車買い取ります」という看板。こうした中古車買い取り業者のビジネスモデルとは一体どのようなものなのだろうか?(2016/3/14)

直販営業のノウハウ生かしリセラーを支援
直販ビジネスモデルからの大転換を果たした、デルのパートナー事業戦略
2016年、デルは直接販売中心からパートナー販売中心へビジネスモデルを変えた。パートナー企業にとってはどのようなインパクトをもたらすのだろうか。同社マーケティング本部長の清水 博氏に話を聞いた。(2016/3/9)

NTT DATA Innovation Conference 2016リポート:
自由な着想と先端テクノロジーの融合によるイノベーションが、デジタル時代に打ち勝つカギ
ITの発展によってこれまでの制約が無意味になり、異業種でも新たなビジネスに参入することが可能な時代が到来した。従来のビジネスモデルも通じなくなる時代だからこそ、イノベーションをいかに生み出すかが重要である。(2016/2/29)

ホワイトペーパー:
Windows 10移行戦略ガイド
Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか?(2016/2/22)

Weekly Memo:
クラウド進展でソフトベンダーの業績はどうなるか
SAPがソフトウェアのクラウド化を着々と進めながら好調な業績を持続している。ビジネスモデルの変化による業績への影響が注目される中で、果たして今後はどうなるか。(2016/2/8)

ものづくり支援ソフトウェア製品レポート:
複雑化が進むモノづくり、他社の効率化事例がオープンアーキテクチャに?
ソフトウェアそのものは無償で提供するという、サブスクリプション型ビジネスモデルで導入数を伸ばしている米国のPLMベンダーAras。同社では2016年より、パートナー企業での成功事例をベースに開発した一種の“テンプレート”を製品の機能として順次提供していく方針だ。(2016/2/3)

MVNOの深イイ話:
海外のMVNOから学ぶべきこと
MVNOは日本だけではなく世界各国で動いているビジネスモデルです。日本では、MVNOの契約回線数が1000万を超え、中でも格安スマホがブームとなっていますが、世界ではどんなMVNOがビジネスを展開しているのでしょうか。(2016/1/29)

朝マックを深夜に提供する米マクドの“奇策”、日本は?
米ファストフード大手マクドナルドの米国内の店舗で10月から“朝マック”の終日提供が始まった。業績回復を目指し、世界中の「マクド」がさまざまな再建策を打ち出しているが、食生活スタイルが違う日本では、本家の試みはビジネスモデルになりそうもない。(2016/1/26)

製造マネジメントニュース:
米シリコンバレーに新たな研究開発拠点を設立
日立製作所と日立アメリカは、新たな研究開発拠点「北米社会イノベーション協創センター」を設立した。顧客との課題の共有からビジネスモデル設計までを一貫して支援し、米国での社会イノベーション事業をリードしていく。(2016/1/25)

人口減少時代に備えたビジネス変革:
PR:デジタルサイネージを活用する札幌市交通局、業務可視化で価値創出
少子高齢化で人口減少が進む今、生活に欠かせない社会インフラである鉄道がビジネスモデルの変革を迫られている。乗車料金以外の収入源として着目するのは広告。デジタルサイネージに注力する札幌市交通局は、クラウドやBPMといったITの力を使い、広告価値の向上に挑んでいる。(2016/3/10)

自販機のIoTプラットフォーム化:
キリンビバレッジと業務提携も 自販機ビジネス強化目指すダイドー
ダイドードリンコは中期経営計画の中で自販機ビジネスモデルの刷新などを打ち出している。キリンビバレッジとの相互販売提携もその一環といえる。(2016/1/15)

Digi-Key President兼COO デーブ・ドハティ氏:
PR:幅広い在庫をいち早く届け、エンジニアのイノベーションをサポートし続ける
通販型電子部品ディストリビュータの世界的大手であるDigi-KeyのPresident/COO(社長兼最高執行責任者)に2015年、就任したデーブ・ドハティ氏。「Digi-Keyの成功は、非常に幅広い製品を取り扱い、豊富な在庫量を確保し、いち早く製品を届けるというビジネスモデルにある。これからも、このDigi-Keyの良さをさらに強化する」と抱負を語るドハティ氏に、2016年の事業戦略などについて聞いた。(2016/1/12)

ラティスセミコンダクター 社長 竹原茂昭氏:
PR:小型/低消費電力FPGAに最新インタフェースIP群が加わり、新たなビジネスモデル創出へ
Lattice Semiconductorは、2015年3月にSilicon Imageを買収し、新体制となった。標準規格対応の最新インタフェースIPコアを実装した小型/低消費電力のFPGAを容易に実現できるなど、合併によるシナジー効果に期待がかかる。Lattice Semiconductorの日本法人であるラティスセミコンダクターの社長を務める竹原茂昭氏が、2016年の事業戦略などについて語った。(2016/1/12)

マーケターが理解するべき「IoTビジネスモデル革命」(前編):
「人がいなくてもいい世界」のマーケティングはどう変わるのだろうか
IoT(モノのインターネット)は今後、マーケティングという仕事にどのように関わってくるのか。『IoTビジネスモデル革命』の著者が解説する。(2016/1/7)

2016年のトップメッセージ:
デジタルを駆使し、“攻めのIT”で変革と成長を達成しよう
ITベンダー各社のトップのメッセージではデジタル技術を駆使し、従来のビジネスモデルを“破壊”してビジネス変革の推進すべしとの呼びかけが目立っている。(2016/1/5)

電力供給サービス:
電力システム改革後に起こる、総合エネルギー産業化とビジネスモデル変革
ITベンダーであるSAPジャパンは「電力システム改革後」に起こるエネルギー産業のビジネスモデル変革を見据え、IoTやビッグデータを活用したインフラ産業の新たな事業運営を提案する。(2015/12/16)

Renesas DevCon Japan 2015を開催:
「IoTのビジネスモデルは私たちが創る」――ルネサス
ルネサス エレクトロニクスは2015年12月10日、プライベート展「Renesas DevCon Japan 2015」を東京都内で開催した。本記事では、基調講演の内容を紹介する。(2015/12/11)

IT版「マネーの虎」始まる(?):
銀行マンや投資家らがあなたのFintechビジネスモデルをモノにしてくれるかもしれないプログラム
アイデアと技術がある若い企業を銀行などが支援。三菱東京UFJ銀行が4カ月間の集中プログラムの参加者を募集する。(2015/12/3)

成功の鍵はクルマそのものではなくサービス:
デジタル化で変わりゆく自動車業界
ドイツのコンサルティンング会社によると、デジタル化は、自動車業界のビジネスモデルを根本的に変えるという。自動車そのものよりも包括的なサービスの質が問われることになるとしている。(2015/11/18)

コネクテッドカーの明るい未来
昨今、コネクテッドカー、自動運転車が騒がれている。これらの技術によって自動車メーカー、サプライヤーのビジネスモデルは大きく変わる可能性が高い。単に技術があるから開発するのではなく、顧客に対して持続的に価値を提供して、自社を選択してもらうためには何をどこまで提供するのか。そのためには、どのようなケイパビリティ、ビジネスモデルが必要なのだろうか。(2015/11/9)

Gartner Column:
デジタルビジネスに欠かせない3つの技術的要素
刷新されたエンタプライズ・アプリケーションは、デジタル・コアを構成する主要な技術的要素である。新しいデジタル・ビジネスモデルがデジタル経済に積極的に関与できるようになる。(2015/11/5)

民放5局の無料番組配信サービス「TVer」始動 魅力は“公式ならではの安全性” 各社のビジネスモデルは?
キー局5局が放送後の番組を無料配信するキャッチアップサービス「TVer」が10月26日にスタート。記者発表会で詳細が説明された。(2015/10/26)

【連載】次世代エンタテインメントマーケティング 第1回:
「Netflix」のマーケティング手法に学ぶ、ユーザーにお金を出してもらうためのヒント
激変しつつあるエンターテインメントのビジネスモデル。マーケターは現状をどう理解し、そこから何を学び、行動するべきか。「音楽マーケティング」の提唱者が語ります。(2015/10/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Office 2016」はユーザーのビジネスだけでなく、Microsoftのビジネスモデルも変えていく
Microsoftはオフィススイート最新版「Office 2016」の提供を開始した。いわゆるデスクトップ向けOfficeの最新版だが、サブスクリプションサービス「Office 365」の利用が前提となっており、単独販売は徐々に減っていくとみられる。(2015/9/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
チームからイノベーションを生むビジネスマネージャーになるため、デザイン思考から学べること
デザイン思考とは既存のビジネスモデルを超えた、新たなユーザー価値を創り出すための創造的問題解決をする営みだ。マネージャーは効率だけではなく、遊びを許すことも必要になる。(2015/9/17)

2015年秋にサービス提供開始:
IoTデータの「出会い系サイト」? EverySenseが目指すもの
EverySenseは、2015年秋に、IoTデータのマーケットプレイスサービスを提供開始する。どのようなデータを対象とし、どんなビジネスモデルを構築しようとしているのか。同社CEOの、真野浩氏に聞いた。(2015/9/9)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
業界の常識を疑うことで実現したのは、「No」をいわない徹底した「お客さま視点」のサービス
これまでの旅行業界の常識を疑うことろから立ち上げたビジネスモデルは、人生の分岐点になるような旅を提供したいという思いから。感動につながる旅工房の旅行とは。(2015/8/26)

重さ2.3キロのタブレットは「かなり使いづらい」
徹底レビュー:15インチのノートPCがタブレットになる 「ThinkPad Yoga 15」の“振り切り”がスゴイ
折り畳みデザインという多用途性に関心がある場合、Lenovoの「ThinkPad Yoga 15」は、他の15.6インチのビジネスモデルのノートPCに代わる選択肢となるだろう。(2015/8/16)

「プラットフォーム革命」が進行中
製品販売から「成果を売る経済」へ、IT活用で可能になる“次のビジネスモデル”とは
デジタル化により、製品を販売するビジネスモデルからサービスを提供するビジネスモデルへと転換しつつある。米AccentureのCTOが転換期である今を生き残る方法を語る。(2015/7/23)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かるクラウドコンピューティングのビジネスモデル
クラウドコンピューティングをビジネスモデルとして捉えてみると、「システム資源の共同購買」の仕組みと、それを容易に利用できるようにするための「サービス化」の仕組みの組合せと考えられる。(2015/7/6)

シャープ復活の要へ BtoB戦略と新事業基盤「Visions」に効果アリ?
シャープグループが、法人向け事業とビジネスモデルの転換図るべく、Dynamics CRMベースの新たな事業基盤「Visions」を導入した。(2015/6/18)

製造マネジメント インタビュー:
モノのインターネットはPLMにどういう変化をもたらすのか
IoTがあらゆる製品に変化をもたらすといわれている中、設計・製造系のシステムが変化しなくていいのだろうか。「エンタープライズ・オープンソース・ビジネスモデル」として独自のPLMを展開する米国Arasの創業者でCEOであるピーター・シュローラ(Peter Schroer)氏は「古いPLMは競争力を失う」と指摘する。同氏にIoTによる製造業の環境の変化とPLMの変化について聞いた。(2015/6/12)

3次元CADベンダー×3Dプリンタベンダーが語る:
「3Dモデラー」が未来の花形職業になる日
無償3次元CADツールや数万円で購入できる3Dプリンタの登場により、モノづくりを取り巻く環境やビジネスモデルが大きく変わろうとしている。そうした変化を3次元CADベンダー、3Dプリンタベンダー自身はどのように見ているのか? オートデスクとXYZプリンティングジャパンの担当者が語る。(2015/6/12)

ビジネスニュース 業界動向:
ウェアラブルは“変曲点”に、課題はビジネスモデルの構築か
米国で、ウェアラブル機器に関するパネルディスカッションが行われた。業界関係者からは、「医療向けのウェアラブル機器は、現在の医療制度を混乱させる可能性も、劇的に向上させる可能性も、どちらも秘めている」「ビジネスモデルをどう構築すべきなのか」「ウェアラブル機器は、変曲点を迎えている」などの意見が聞かれた。(2015/6/8)

新連載・アパレルビジネス風見鶏:
ユニクロのTシャツブランド「UT」の役割
ユニクロの売り上げが好調だ。トレンドに左右されないアイテムを大量生産し、細かな販売計画で売り切るというビジネスモデルで成長を続ける中、Tシャツブランド「UT」はどのような役割を担っているのか。同社の担当者に話を聞いた。(2015/6/1)

国が選ぶ“攻めのIT”のトップランナー企業18社
経済産業省と東京証券取引所が“攻めのIT”に積極的に取り組む企業18社を「攻めのIT経営銘柄」として発表。投資家や経営層に周知することで、新事業の創出やビジネスモデル変革を導くなど、企業の収益性や競争力を高めるIT投資を促したいという狙いがある。(2015/5/27)

頭脳放談:
第180回 クラウドファウンディングと9ドルPCが新しいビジネスモデルを作る?
今、クラウドファウンディングのKickstarterで「C.H.I.P.」という9ドルの小型PCが話題になっている。Raspberry Piなど、これまでも安価でオープンソースを活用したPCはあったが、それにクラウドファウンディングが加わることで新しいビジネスモデルが生まれそうだ。(2015/5/26)

オープンソースとHPCは活路となるか
ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel
「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。法則に従ってプロセッサ性能を向上させてきたIntelは、ビジネスモデルの転換を迫られている。(2015/5/22)

15年3月期通期決算:
富士通、今期は増収減益の見通し 「事業を見直し、ビジネスモデル変革の1年に」
富士通が2015年3月期通期の連結決算を発表。売上高はやや減少した一方で、ビジネスの見直しや円安の影響もあり、減収増益となった。一方で、今期はユーロ安による部材高騰の影響や、経営課題解決への投資を行うため、増収減益を見込んでいるという。(2015/5/1)

Weekly Memo:
「BIソフト無料」を打ち出したマイクロソフトの意図
日本マイクロソフトがビッグデータ活用の促進に向け、無料のBIソフトとクラウドを組み合わせたサービスを発表した。この分野の新たなビジネスモデルになるかもしれない(2015/4/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。