ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リクルート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

SREの考え方で“運用”を変えるインフラ基盤 大解剖(3):
アプリ開発者とインフラ技術者間のSRE的なコミュニケーション改善に役立つインフラ基盤とは
本連載では、「インフラの、特に基盤寄りの立場からSRE(Site Reliability Engineering)の活動を行い、Webサービスの価値を高めるためにはどうしたらいいか」について、リクルートの新たなインフラ基盤を例に見ていきます。今回は、インフラ基盤の技術的解説とともに、出始めている成果、今後の展望についてお話しします。(2018/7/13)

今日のリサーチ:
「ナイトプール」に「ナイトアクアリウム」 真夏の夜の女子的過ごし方――リクルート調べ
リクルートは、2018年夏の「ナイトアクティビティー」人気ランキングを発表しました。(2018/7/12)

リクルートは大規模VDI導入の“死に所”をどう解決したのか “意外な盲点”との戦い
全国約700拠点で利用する4万5000台ものPCをVDIに移行したリクルートグループ。この大規模な導入プロジェクトのどこに盲点があり、それをどうやって解決したのか――。リクルートテクノロジーズの石光直樹氏が振り返った。(2018/6/28)

SREの考え方で“運用”を変えるインフラ基盤 大解剖(2):
操作の快適性と自動化を支えるインフラ基盤のマイクロサービスな管理コンソール
本連載では、「インフラの、特に基盤寄りの立場からSRE(Site Reliability Engineering)の活動を行い、Webサービスの価値を高めるためにはどうしたらいいか」について、リクルートの新たなインフラ基盤を例に見ていきます。今回は、Fleetの具体的な仕組みや取り組みを紹介します。(2018/6/15)

リクルート、iPadや周辺機器をワンパッケージにした「Airレジ スターターパック」発売
リクルートライフスタイルは、POSレジアプリ「Airレジ」向けのiPadや周辺機器、マニュアルなどをワンパッケージにした「Airレジ スターターパック」を発売。保守サポートオプションなども用意し、6月11日に「ポンパレモール」で先行販売を開始している。(2018/6/14)

不安を取り除けば、開花する:
売り手市場時代の「受け身の新人」をやる気にさせる「伝え方」のワザ
毎年聞こえてくる、「今年の新人は使えない」との指摘はなぜ生まれるのか。新人はどうすれば育つのか。新入社員の育成ノウハウに詳しい、リクルートマネジメントソリューションズを取材した。(2018/6/12)

中高年層の存在感:
転職市場、崩れた“年齢の壁” 50歳以上を積極採用、能力重視進む
人手不足を背景に活況な転職市場で、中高年層の存在感が高まっている。就職・転職サービス大手のリクルートキャリアによると、2017年度の50歳以上の転職決定数は09年度の1.8倍以上、16年度比でも2割超の大きな伸びだという。(2018/6/11)

SREの考え方で“運用”を変えるインフラ基盤 大解剖(1):
インフラ基盤がWebサービスを進化させる――クラウド全盛の今、リクルートが新インフラ基盤をオンプレミスに作った理由
本連載では、「インフラの、特に基盤寄りの立場からSRE(Site Reliability Engineering)の活動を行い、Webサービスの価値を高めるためにはどうしたらいいか」について、リクルートの新たなインフラ基盤を例に見ていきます。(2018/5/23)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
デジタルマーケターの成長と育成で大切なこと――板澤一樹氏:後編
デジタルマーケターの成長を促すために、上司や組織、そして本人が心掛けるべきこととは何か。リクルートのデジタルマーケティングを支えた板澤一樹氏に、自らの体験を交えて語ってもらった。(2018/5/18)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
データドリブンな組織はどうすれば作れるのか、リクルートの場合――板澤一樹氏:中編
データドリプンな意思決定でマーケティング業務が回る組織をどうやって作っていけばいいのか。山口義宏氏と元リクルートジョブズ執行役員の板澤一樹氏の対談第2回。(2018/5/17)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
リクルートのデジタルマーケティングで学んだオンラインの限界とブランディングの重要性――板澤一樹氏:前編
気鋭の戦略コンサルタントがマーケティング領域のエキスパートと語る対談企画がスタート。第1弾は元リクルートジョブズ執行役員(デジタルマーケティング担当)の板澤一樹氏を迎えてお届けする。(2018/5/16)

リクルート、米ネット求人大手Glassdoorを12億ドルで買収 傘下のIndeedと連携
リクルートホールディングス(HD)は、米オンライン求人大手のGlassdoorを12億ドルで買収する。傘下の求人検索米Indeed(2012年に買収)と組み合わせ、グローバルで求人ビジネスを加速させる。(2018/5/9)

常見陽平のサラリーマン研究所:
ジャニーズと日ハムに学ぶ、人材輩出企業の正しい在り方
優秀な人材を世に輩出する、いわゆる「人材輩出企業」ってどこ? このように聞かれると、リクルート、マッキンゼー、P&Gなどを挙げる人が多いのでは。筆者の常見陽平氏はジャニーズ事務所と北海道日本ハムファイターズを挙げる。なぜかというと……。(2018/4/20)

リクルート流、SREコトハジメ(2):
毎日2000件来ていたアラートを精査し、20件にまで減らした話
2017年4月に「SRE部」を立ち上げたリクルートテクノロジーズ。今回はその背景や、立ち上げ時に苦労した点についてお話しします。一番難しいのは、ミッションの変化に合わせて、メンバーの意識を変えていくことでした。(2018/4/12)

AIがスマホ写真で「犬の鼻」判別 迷子犬の捜索に リクルートが実証実験
スマートフォンで犬の写真を撮ると、AIが鼻紋を分析して個体識別する──迷子犬の捜索に役立つかもしれない、そんな技術の実証実験をリクルートが始めた。(2018/4/10)

先行事例に学ぶKubernetes企業活用の現実(2):
Kubernetes活用に至るまで――リクルートテクノロジーズがコンテナを大規模システムの本番環境へ適用した事例
本連載では、サービスの開発、提供のアジリティ向上の一助となることを目的として、企業における「Kubernetes」の活用について解説する。今回は、リクルートテクノロジーズにおいて筆者が取り組んだ事例を基に、コンテナ仮想化技術を本番環境で利用する際の取り組み、成果と課題、「なぜ最終的にKubernetesを活用する決断に至ったか」を説明する。(2018/4/10)

人集めに成功する秘訣とは?:
20人規模のCSIRTを持つリクルート、立ち上げ当初は「募集しても人が来なかった」?
セキュリティエンジニアの不足が叫ばれる中、インシデントレスポンスだけでなく、脆弱性検査やフォレンジックなど、さまざまな一芸を持つ人材を集め、自社を超えて、セキュリティコミュニティー全体にも貢献しているRecruit-CSIRT。しかし、立ち上げ当初は「募集をしても全く人が来なかった」という。(2018/4/9)

仕事は楽しむもの:
PR:多数のパートナーをたばねる元駐在妻のチームビルディング術
大手システムインテグレーター勤務、駐在妻――ユニークな経歴を持つ大畠怜奈氏。リクルートテクノロジーズ入社後は、リクルートIDに関わる大型プロジェクトに携わり、エンハンス開発や品質改善チームのマネジメントに携わっている。自分以外は全員パートナー、しかも既に動いているプロジェクトに後からジョインした大畠氏は、いかにして結束力の高いチームを作り上げたのか――。(2018/3/28)

コスト、拡張性で「Amazon Redshift」と比較
リクルートの「Airメイト」に「BigQuery」と「Dataflow」が不可欠だった理由
リクルートは飲食店の経営状態を分析する「Airメイト」に、GCPの「BigQuery」と「Cloud Dataflow」を採用した。大量データ処理に強いGoogleクラウドのメリットを最大限に生かした事例として参考になりそうだ。(2018/3/26)

VR空間で“バーチャル取材”を体験 「HoloLens」使う施設案内も
リクルートテクノロジーズが運営するアドバンスドテクノロジーラボで、MR技術による施設体験会が開催された。(2018/3/22)

【新連載】リクルート流、SREコトハジメ:
SREって、具体的にどんな仕事する人たちなの?
インフラ構築や運用に必要なコストが変わってきている昨今、運用技術者に求められる役割が変わりつつあります。それが「SRE」です。日本ではまだまだ一般的ではない概念ですが、本連載ではリクルートグループの例を通じて、その実態をお伝えしていきます。(2018/3/19)

マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(1):
BFF(Backends For Frontends)超入門――Netflix、Twitter、リクルートテクノロジーズが採用する理由
マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発に求められる技術の1つBackends For Frontends(BFF)について解説する連載。初回は「超入門」としてBFFの概要や事例を中心に紹介する。(2018/3/14)

「現金でお支払い」は、いずれ過去のものに?:
PR:「Airペイ」でお店やお客の抱える「不」を減らし、キャッシュレス化社会を推進する
リクルートライフスタイルとリクルートペイメントは、AirレジやAirペイなどのサービスを通じて、会計や決済処理にまつわるあらゆる煩わしさをなくし、ひいてはキャッシュレス社会の到来を支援したいと考えている。(2018/2/28)

PR:リクルートのモバイル決済サービスが人気の理由 残業減+売上増に貢献する新サービスも
リクルートライフスタイルのPOSレジアプリと決済サービスが大きな支持を集めている。同社が1月30日に開催した「Airレジ カンファレンス 2018」でその理由を探るとともに、カンファレンスで披露された、飲食店向けの新しい業務支援サービスを紹介する。(2018/2/28)

使いやすさを追求し、飲食店の全てを“ラク”にしたい:
PR:「外食」の時間をデータを活用してより良くする「ホットペッパーグルメ」の思想
私たち生活者にとって身近な「外食」。リクルートライフスタイルは、店舗のさまざまな業務負荷を軽減して本来の飲食サービスに力を注げるよう支援するとともに、データ解析を通じて、目的や嗜好(しこう)に最もぴったり合う店舗をネット予約できる仕組み作りに取り組んでいる。(2018/2/21)

リクルートライフスタイルが2018年春に開始:
BigQueryを採用、「Airメイト」は数十万店舗のデータを瞬時にさばけるBIサービス
飲食店向けに経営ダッシュボードを自動生成する「Airメイト」を、リクルートライフスタイルでは4人の開発チームで3カ月のうちに開発したという。このサービスがどのように作られているのかを、同社のサービス責任者が説明した。(2018/2/21)

徹底した肌感覚の追求とログが示す数字に基づく改善と:
PR:サロンのネット予約を当たり前にした「リクルートライフスタイル」の挑戦
今や当たり前となりつつある美容室やビューティーサロンのネット予約。その立役者となった「ホットペッパービューティー」と「SALON BOARD」の背後には、「美容室やビューティーサロンに従事する人たちが、もっと本業に専念できる環境を作ろう」という思いがあった。(2018/2/14)

分からないことは内部で議論するより「顧客」に聞け!:
PR:プロトタイピングとリーン開発で新たな価値作りに取り組む「じゃらんnet」
リクルートライフスタイルが運営する国内最大級の旅行サイト「じゃらんnet」では、現場のエンジニアとデータサイエンティスト、UXディレクターの連携による迅速な開発を通じて、次々に新しい「価値」作りに取り組んでいる。(2018/1/25)

「30歳まで、既卒・就業経験者もOK」 リクルートの2019年度新卒採用基準に注目集まる
賛否両論。(2018/1/19)

リクルート、グループ9社の採用を統合 「365日エントリーOK」「30歳まで応募可」
リクルートグループ9社の新卒採用を統合。各社が独自に行っていた「30歳まで応募可能な新卒採用」「365日通年エントリー」といった取り組みを拡大する。(2018/1/17)

脆弱性発見のプロ集団ーーリクルート「レッドチーム」の仕事とは?
インシデントを未然に防ぐために、社内のセキュリティリスクを洗い出す「レッドチーム」。日本でいち早く“自前”のレッドチームを立ち上げたリクルートテクノロジーズに、そのミッションと日々の活動を聞いた。(2018/1/16)

リクルート系電子書店「ポンパレeブックストア」が2月で終了 メディアドゥの「スマートブックストア」に統合
2012年あたりに開設された電子書店同士でくっつく形に。(2018/1/12)

売り手市場続く:
19年度の新卒採用数、「増やす」企業は16% 過去9年で最多
2019年度の新卒採用で、企業が採用する学生数はどう変化するのだろうかーーリクルートワークス研究所調べ。(2017/12/18)

Zabbix Conference Japan 2017レポート:
PR:リクルートの“4万5000台VDIプロジェクト”の運用監視基盤でなぜ「Zabbix」が選ばれたのか?
Zabbixのユーザーやパートナーが集う毎年恒例のイベント「Zabbix Conference Japan 2017」が11月17日に開催された。本稿では、当日の模様をレポートする。(2017/12/13)

モバイル決済の裏側を聞く:
目指すは“オールインワン決済” 急成長する「Airペイ」の戦略をリクルートに聞く
リクルートが提供している「Airペイ」は、低コストでクレジットカードや電子マネーでの決済を可能にするサービス。導入店舗や取扱高が急増している。Airペイはどのような戦略で展開しているのか?(2017/12/13)

ルーキーを募集したらウーキーがきちゃった! 米警察のリクルートがめっちゃスター・ウォーズ
ウーキーなルーキーは前途多難。(2017/12/10)

事業部門と開発部門が持つデータ活用視点の違い
リクルートのビッグデータ分析基盤ができるまで、事業部門と開発部門が共に奮闘
リクルートのサービスで共通に使われる「リクルートID」。ここに集まる膨大なデータを同社はどのように収集、分析し、活用基盤を構築しているのか。機械学習の結果を現場で生かす上での苦労と併せて紹介する。(2017/11/27)

“推しアイドル”のカード収集アプリ ブロックチェーン技術をエンタメ活用
リクルートが、ブロックチェーン技術を使ったスマホゲームの実証実験をアイドルフェスで実施した。(2017/11/9)

PR:挑み続けるリクルート ── そのサービスを支える、柔軟、セキュアで持続可能なアプリケーション基盤
企業が生き残るためにはデジタル化とグローバル化が欠かせない。ネットへと主戦場を移してきたリクルートのビジネスでは、アプリケーションをどれだけ安全かつ安定的に配備できるかが成否のカギを握る。(2017/8/7)

マルウェア対策“一部”内製化大解剖(終):
Cuckoo Sandbox、Selenium WebDriver、bson解析――独自マルウェア解析環境を自動化した際に施した2つの工夫
本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピュータインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする。最終回は、独自マルウェア解析環境を自動化した際の技術的な工夫を紹介する。(2017/7/28)

YouTube、「Redirect Method」スタート
YouTubeが、サービス上でのテロリストなど過激主義者によるリクルートを阻止する目的で、プロパガンダ動画を見ようとするユーザーを反テロリズム動画にリダイレクトする機能を追加した。(2017/7/21)

マルウェア対策“一部”内製化大解剖(2):
Recruit-CSIRTがマルウェアの「培養」用に内製した動的解析環境、その目的と工夫とは
本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピュータインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする。今回は、代表的なマルウェア解析方法を紹介し、自社のみに影響があるマルウェアを「培養」するために構築した動的解析環境について解説する。(2017/7/10)

マルウェア対策“一部”内製化大解剖(1):
リクルートのCSIRTが、マルウェア対策の一部を内製化した理由
本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピュータインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする。(2017/6/19)

7月中にも設立:
質問で人材の課題解決 サイバーとリクルートが新会社
サイバーエージェントとリクルートホールディングスが、質問と分析を駆使して企業の人材面の課題解決を手掛ける新会社を設立する。(2017/6/5)

リクルートとサイバーが新会社 従業員の“コンディション把握”サービス開発
リクルートとサイバーエージェントが新会社「ヒューマンキャピタルテクノロジー」を設立。従業員のコンディションを分析するサービス「Geppo」を提供する。(2017/6/5)

APIで社内、そして世界とつながる――リクルートのAI活用、そのキーマンに迫る
自社サービスにAIを積極的に導入しているリクルートだが、その活用を推進する部署がリクルートテクノロジーズにある。彼らがどのようにして業務部門と連携しているのか。そのカギの1つに「API」があるという。(2017/6/5)

リクルート、キュレーションメディア「ギャザリー」終了 「一次権利者の権利保護が現状困難」
リクルートライフスタイルが、キュレーションメディア「ギャザリー」を5月31日に終了。理由は「一次権利者の権利保護が現状において困難なため」。(2017/5/19)

リクルート、キュレーションメディア「ギャザリー」終了を発表 「一次権利者の権利保護を図ることが困難」
キュレーションメディア騒動の影響で約1万6000記事を非公開にしていました。(2017/5/18)

「サービスクローズではない」:
ポンパレ、チケット販売を一時終了 運営方針変更
リクルートライフスタイルが「ポンパレ」の運営方針変更を発表。既存の形式でのチケット販売は5月に終了する。サービスやサイトのクローズではないという。(2017/4/20)

首位はKDDI「三太郎」が3年連続:
CM好感度ランキング Amazonが躍進
最も好感度が高かった企業CMは? ロングランの人気シリーズCMがランクインする中、アマゾンジャパンやリクルートなどが奮闘した。(2017/4/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。