ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VivoTab Note」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VivoTab Note」に関する情報が集まったページです。

Air対抗:
「ASUS TransBook Chi」は“Air”より薄くてパワフルな究極のドリームマシン
ASUSが2015年PC/タブレットの春モデルを披露。実機を写真で見ていこう。(2015/2/13)

2015年PC/タブレット春モデル:
ASUS、2万円台でワコムの筆圧ペンを備えた8型Windowsタブレット――「VivoTab Note 8」
ペン付き8型Windowsタブレット「VivoTab Note 8」の2015年春モデルは、ワコム製スタイラスペンを継承しながら、OSにWindows 8.1 with Bingを採用し、より低価格になった。(2015/2/13)

ASUS、JRアキバ構内でタブレット製品のアピールイベントを実施―7月25日〜27日
ASUS JAPANは、同社製タブレット端末を体験できるイベント「FIND YOUR ASUS TAB」の開催を発表した。(2014/7/25)

ASUS、8型Windowsタブレット「VivoTab Note 8」に新色ホワイトを追加
ASUSTeKは、同社製となるWindows 8.1搭載タブレットPC「VivoTab Note 8」のラインアップにホワイトモデルを追加した。(2014/5/14)

週間ランキング
世界で「Chromebook」が売れている納得の理由
日本での発売も近いといわれるChrome OS搭載のノートPC「Chromebook」を徹底レビュー。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/4/25)

比べて分かった“艦これ”以外の使い道
「Surface Pro 2」と「VivoTab Note 8」を徹底比較、ペン付きWinタブレットの最強はどっちだ?
ワコム製デジタイザやスタイラスペンが標準で付いてくる――。そんな共通点があるWindows 8.1タブレットが「Surface Pro 2」と「ASUS VivoTab Note 8」だ。両者の性能や特徴を徹底比較する。(2014/4/24)

8インチWindowsタブレット購入術:
どれがいいの? 8インチWindowsタブレット
手ごろな価格で既存のWindows資産を活用できる8インチWindowsタブレットPC。新入生・新社会人の手軽なファーストPCとして、持ち運び用のセカンドPCとして使うための8インチWindowsタブレットの選び方を解説する。(2014/3/31)

「男性以外にも8タブのよさを知ってほしい」:
マイクロソフトとH.I.S.、8型タブレット販促で協業──「旅」テーマに女性層へ訴求
日本マイクロソフトとH.I.S.が「8型Windowsタブレット」の販促を共同で展開。H.I.S.が強い「女子旅」カテゴリを軸に、ハイリテラシー男性“以外”にも8型Windowsタブレット=「“旅”レット」を──と訴求する。(2014/3/6)

最新タブレット速攻レビュー:
「Mebius Pad」──超高解像度+防水+LTE内蔵、高機能な10型Bay-Trailタブレット(ベンチマークテスト編)
以前掲載した試作機の使用感レビューに続き、製品版評価機でベンチマークテストを実施する。(2014/2/6)

最新タブレット速攻レビュー:
「ThinkPad 8」──「とにかくハイスペック」が魅力、1920×1200液晶搭載8型Windowsタブレット(ベンチマークテスト編)
今回は、前回実施した使用感レビューに続きベンチマークテストの結果も含めた追記版をお届けする。(2014/2/5)

デジタイザ搭載8型Windowsタブレット「VivoTab Note 8」、3万9800円からの低価格版も
販売店オリジナルモデルとして展開されるASUSのWindows 8.1タブレット「VivoTab Note 8」に、上新電機販売モデル、Amazon.co.jp販売モデルも加わる。上新電機販売モデルは32Gバイトストレージ仕様で3万9800円から、Amazon.co.jp販売モデルはProエディションやケース付きの構成より選べる。(2014/2/3)

最新タブレット速攻レビュー:
「ThinkPad 8」──「とにかくハイスペック」が魅力、1920×1200液晶搭載8型Windowsタブレット
人気のBay Trail-T世代CPU+Windows 8.1+8型クラスのタブレットに、レノボ・ジャパンからもう1つ物欲が沸くモデルが登場。ThinkPadブランドを冠した「ThinkPad 8」はどこが優れているか、まずは簡易レビューを実施する。(2014/1/29)

2014年タブレット春モデル:
1920×1200解像度が光る、Thinkブランドのハイスペック8型Windowsタブレット──「ThinkPad 8」
人気のMiix 2 8に続き、Thinkブランドの8型Windows 8.1タブレットも登場。「ThinkPad 8」は、430グラムの軽量ボディに1920×1200ドットの高精細ディスプレイを採用し、「より高性能」を望むこだわり層/ビジネス層に訴求する。(2014/1/28)

ワコムデジタイザとGPS搭載:
ASUS製8型Windowsタブレット「VivoTab Note 8」、1月24日販売開始──価格は4万9800円前後
ワコムデジタイザ搭載のASUS製Windows 8.1タブレット「VivoTab Note 8」が1月24日に発売されるようだ。通販サイトでは4万9800円で予約受付がはじまっていた。(2014/1/23)

スタンドにもなる:
エイサー、8型Windowsタブ「Iconia W4-820」用スタンド付きBTキーボード
エイサー純正の「Iconia W4-820」用Bluetoothキーボードが登場。カバーを折って本体スタンドにできる独自機構も備える。(2014/1/15)

2014 International CES:
SATA Express対応マザーや世界初のNFC対応デスクトップPCなど、ASUSが新製品を披露
International CES 2014にあわせて、ASUSが今後投入予定の新製品を公開。SATA Express対応マザーや世界初のNFC対応デスクトップPCなどを披露した。(2014/1/14)

2014 International CES:
ASUS、ワコムデジタイザ搭載8型Windowsタブレット「VivoTab Note 8」
ASUSからもBayTrail-T+Win 8.1仕様の8型タブレットが登場。ワコム製デジタイザを搭載し、スタイラスペンも付属する。(2014/1/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。