ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VR」最新記事一覧

関連キーワード

現場管理:
VRで除染土のう輸送の“事故”体験、奥村組が安全教育に活用
奥村組は除染土のうの運搬する運転手の教育向けに、VRを活用したシステムを開発。未経験ルートの運行や、実体験が許されない重大事故などを体験学習できるという。(2018/1/23)

適切なデバイス選定の参考に
「iPhone」「iPad」だけじゃない、仕事で使える主要9社のスマホ/タブレットを比較
タブレットとスマートフォンを法人向けに販売する主要ベンダー9社の主力製品を紹介する。各社の製品は多様であり、業務にどこまで役立つかは、まちまちだ。(2018/1/23)

Daydream対応の「V30+ L-01K」、1月25日発売 価格は9万円台
ドコモが「V30+ L-01K」を1月25日に発売する。価格は9万9144円。GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」している。(2018/1/22)

六つ子と銭湯に入れる「おそ松さん VR」がセガ18店舗で順次サービス開始
セガは、アニメ「おそ松さん」を題材にしたVRコンテンツ「おそ松さん VR」のサービス提供開始を発表した。(2018/1/22)

現地に行かず施工現場の状態を確認できる工業用VRアプリ「InfiPoints for Oculus」
エリジオンは、施工現場のデータをVRで閲覧可能にするアプリ「InfiPoints for Oculus」を発表した。(2018/1/22)

今年の楽天は“VR”で強い? 名投手データそろった新兵器 大リーグも採用
まるで打席に立っているかのように、プロ野球投手のボールを仮想体験できるVR装置が活躍中だ。楽天のほか米大リーグの一部球団も採用されている。(2018/1/22)

セットアップも簡単
ASUSが「Windows Mixed Reality」対応ヘッドセット発表、その新しさとは?
ASUSはCES 2018においてMR(複合現実)ヘッドセット「ASUS Windows Mixed Reality Headset」を発表した。本稿で詳細を紹介する。(2018/1/20)

初音ミクのVRリズムゲーム、STEAM向けに今春リリース
「初音ミク」のPC向けVRゲームが今春、「STEAM」で配信へ。楽曲に合わせて踊れるリズムアクションゲームになるという。(2018/1/19)

「初音ミク」新作VRゲームがPC向けに登場 Steamにて今春発売予定
かわいいミクさんの3Dモデルが公開されています。(2018/1/19)

MSI、120Hz駆動液晶とGTX1060搭載のスリムなゲーミングノート「GS63VR 7RF-600JP」
エムエスアイコンピュータージャパンは、Intelの第7世代Core i7とNVIDIAのGeForce GTX1060、120Hz駆動の液晶パネルを搭載した薄型ゲーミングノートPC「GS63VR 7RF-600JP」を発表した。(2018/1/19)

サイコムがMSIゲーミングノート「GE62VR」を6万円引きで販売 40台限定
サイコムは、同社取り扱いのMSI製ゲーミングノートPC「GE62VR 7RF-864JP」を6万円引きで販売する決算セールを開始した。(2018/1/18)

「Nintendo Labo」は何がスゴイのか 公式映像から考察してみた
任天堂が家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」向けの段ボール工作キット「Nintendo Labo」を4月に発売する。周辺機器として「何がスゴイのか」を考察した。(2018/1/18)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
焼肉を食べたらVRゲーセンで腹ごなしできる韓国
韓国で食事といえば焼肉。焼き肉を食べた後の腹ごなしに、VRを使った体感マシンの置かれたゲームセンターはいかがでしょう? 韓国や中国はVRの開発者が増えており、HTCのVIVEやOculus向けに多くのコンテンツを提供しています。(2018/1/18)

SCSK/サイバネットシステム:
SCSK、製造業向けVRソリューション「バーチャルデザインレビュー」の提供開始
SCSKは、サイバネットシステムと販売代理店契約を締結し、サイバネットシステムの製造業向けVR(仮想現実)ソリューション「バーチャルデザインレビュー」の提供を開始した。(2018/1/18)

VRでシドニー観光と英会話を同時に楽しめるカフェ 六本木ヒルズに期間限定オープン
「TOEIC Program」を運営するIIBCが六本木ヒルズに「英語で話す場」を提供する期間限定のカフェをオープン。KDDIが提供するVR(仮想現実)システムで六本木とオーストラリアをつなぎ、ネイティブスピーカーとのライブコミュニケーションを無料で体験できる。(2018/1/17)

任天堂、Nintendo Switchを活用した「新しい遊び」1月18日発表へ
何が始まるんです?(2018/1/17)

Lenovoグループに入った後も“独自路線”――富士通PC事業の「現在」「これから」
富士通のPC事業を担う「富士通クライアントコンピューティング」。2018年度第2四半期中にLenovoグループ入りする予定の同社だが、今まで培ってきた技術、製造拠点と顧客基盤をベースに“独自路線”を貫く方針だ。(2018/1/17)

AI、マイクロサービス、エッジコンピューティング、DevOps
2018年のエンタープライズITトレンド――8賢人はこう語った
本稿では、ハイテク企業の幹部8人が、AI(人工知能)、マイクロサービス、エッジコンピューティング、IoT時代におけるITの基準とカスタマーサービスに関する見解を述べる。(2018/1/17)

ソニー IMX456QL:
裏面照射型ToF距離画像センサー、ソニーが商品化
ソニーは、1/2型サイズでVGA(640×480画素)の解像度を持つ裏面照射型ToF(Time of Flight)方式距離画像センサー「IMX456QL」を商品化した。2018年4月よりサンプル出荷を始める。(2018/1/17)

VRニュース:
トヨタのVR集合教育の実証実験に成功、新型レクサスLSの技術講習会で
電通国際情報サービスは、トヨタ自動車向けに開発した「遠隔地3D車両情報共有システム」を用いて、日本とアジア3拠点のエンジニアを結ぶVR集合教育の実証実験を実施し、成功した。(2018/1/16)

メカ設計メルマガ 編集後記:
もちろん課題も多いけど、近い将来に目を向けて
2018年に入って初めての「メカ設計メールマガジン」発行になります。今年もMONOistをよろしくお願いします。(2018/1/16)

悩ましい3大課題を解決:
PR:AIとセンサーを組み合わせた予測サービスなどを備えるインフラ基盤は「ビジネスに寄与する」運用管理者の精神的な負担をどうやって減らすのか
近年、ビジネスとITの距離が急速に縮まり、ビジネスにおいてITが担う役割はさらに重要度を増しつつある。これに伴い、運用管理者に対しても、今までのように単にシステムを安定して運用するだけではなく、ビジネスに寄与することが求められてきている。そして今、運用管理者を悩ませている課題は大きく3つある。どうすれば解決できるのだろうか。(2018/1/16)

ISID/トヨタ自動車:
アジア3拠点と日本を結び、トヨタ新型レクサスLSの技術講習をVR空間で実施
電通国際情報サービス(ISID)は、トヨタ自動車向けに開発した「遠隔地3D車両情報共有システム」を用いて、アジア3拠点と日本を結ぶVR(仮想現実)集合教育の実証実験に成功したことを発表した。(2018/1/16)

タワーを飛び移り撃ち合うVRシューティング 東京ジョイポリスで2月から提供
東京ジョイポリスに、対戦型VRシューティングゲーム「TOWER TAG」が登場。無数のタワーの間をワイヤー状の道具で飛び移り、銃型コントローラーで撃ち合う。(2018/1/15)

CES 2018:
Wi-Fiモデルは“技適”あり――Lenovoの「Daydreamカメラ」、日本上陸なるか?
Lenovoが米国で2018年第2四半期(4〜6月)の発売を目指している180度VRカメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」。日本での発売は「検討中」だが、その可能性はゼロではない。(2018/1/15)

ダークWebで大量の認証情報を発見
大規模流出事件から専門家が悟った「パスワードはもう時代遅れ」
膨大な認証情報が盗まれた。ダークWebで発見されたそのデータは不正利用するための特別な機能も備えていた。(2018/1/15)

東京オートサロン2018:
GT-Rの500馬力エンジンを載せちゃった♪ 「魔改造ハイエース」が気合い入りまくり
チューニングカー系ブースでないのにこの気合い。お姉さん写真も。(2018/1/14)

「自分的にもかなり似せれた」 ざわちん、2018年初のものまねメイク披露 lolのhibikiを大女優に変身させる
これまでやらなかった上戸さんを最初に持ってきた。(2018/1/12)

ミラクルボディーがはみ出しそう インスタで人気のぽっちゃり猫「ぐっぴー」の写真集が登場
保護猫がこんなに大きくなりました。(2018/1/12)

「SAO」ゲーム化5周年を記念した「ファンミーティング」開催 VR体験も
『ソードアート・オンライン』ゲームシリーズのファンミーティングを開催。世界観を体感できるVRアトラクションも出展(2018/1/11)

ラスベガスの空に250の光が舞う Intelのドローンライトショーがすごい
消えることのない花火。(2018/1/11)

VRニュース:
邸別自由設計のオリジナルプランをVR空間で体験
積水ハウスは、VR技術を使って顧客向けプレゼンテーションを強化する。独自のCADシステムとVR技術を連動させ、邸別自由設計のオリジナルプランをVR空間で体験できるように実用化した。(2018/1/11)

FM:
マンション改修提案にVR、管理組合の合意形成促進を狙う
大京穴吹建設は、VRを導入したマンション共用部改修工事提案を開始すると発表した。改修工事後のイメージを管理組合員に共有することで、管理組合の合意形成促進を目指す。(2018/1/11)

かわいいは心のATフィールドを取り払う 「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」独占インタビュー(後編)
前編に続き、「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」こと「ねこます」氏のインタビューをお届けします。(2018/1/11)

CES 2018:
スマホレスでDaydream! Lenovoが“スタンドアロン”Daydreamヘッドセットを発表
Lenovoが、スマホ不要でGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」を楽しめるヘッドマウントディスプレイを発売する。合わせて、単体で通信できる180度カメラも発売する。(2018/1/10)

Insta360、8レンズ搭載プロ用VRカメラと128レンズ搭載3次元カメラのプロトタイプを公開
360度カメラ「Insta360」を作る中国Arashi Visionは、8個のレンズを搭載したプロフェッショナル用VRカメラと、128個のレンズを搭載したライトフィールド(3次元撮影)カメラのプロトタイプを初披露した。(2018/1/10)

ヒヤッと、ペタッとしない、新しい使用感の触感型VRコントローラー H2LとNTTが開発
H2LとNTTは、肌に触れる電極部分に、従来のハイドロゲル(ゲル)電極に代わり、東レの機能素材「hitoe」を使って装着感や機能を向上した触感型VRコントローラー「UnlimitedHand」を開発。ユーザーに新たな触覚体験を提供することを目指す。(2018/1/10)

CES 2018:
Google Daydream初のスタンドアロンHMD「Mirage Solo」、Lenovoから
Googleが昨年5月に予告したDaydreamベースのスタンドアロンVR HMDの第一弾として、Lenovoが「Mirage Solo」を4〜6月に発売する。VR向け180度画像/動画撮影カメラ「Mirage Camera」も同時発売の予定。(2018/1/10)

2017国際ロボット展レポート:
ヒューマノイドに再び脚光、コンビニ店員ロボも――iREX2017サービスロボットレポート
過去最大規模の開催となった「2017 国際ロボット展(iREX2017)」。本稿では、会場の4分の1ほどの面積を占めていたサービスロボットゾーンの展示を中心にレポートする。注目を集めていたのは、トヨタ自動車と川崎重工業が展示した新型のヒューマノイドロボットだ。(2018/1/10)

なぜオッサンはかわいいに憧れるのか 「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」独占インタビュー(前編)
バーチャルYouTuberが脚光を浴びる中、昨年末にわかに知名度を上げた「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」こと「ねこます」氏にインタビューしました。(2018/1/10)

VR機器「Vive」、画質を高めた新型「Vive Pro」が発表 ワイヤレス接続できるアダプターも
ワイヤレスアダプターは従来機にも対応。(2018/1/9)

MONOist 2018年展望:
製造業VRはゲームエンジン/CADデータのダイレクト変換の進化に期待か
2017年はMONOistでも情報発信が活発だったVR/AR。話題として盛り上がる一方で、製造業における普及での課題もある。製造業向けとしては、将来はARの進化に期待したい。(2018/1/9)

CES 2018:
OculusとXiaomi、Snapdragon搭載の無線VR HMDで提携
XiaomiからFacebookに転職したヒューゴ・バーラ氏が、Oculus VRとXiaomiがスタンドアロンVRヘッドセットで提携したと発表した。Qualcomのプレスイベントで、Snapdragon 820搭載の「Oculus Go」と「Mi VR Standalone」を紹介した。(2018/1/9)

CES 2018:
HTC、高解像度で装着感向上の「HTC VIVE Pro」と、VIVEを無線にする「Wireless Adaptor」発表
HTCが、解像度2880×1600ピクセルでストラップやヘッドフォンを調整できる新しいVR HMD「HTC VIVE Pro」と、VIVEおよびVIVE Proを無線状態で使えるようにする「VIVE Wireless Adaptor」を発表した。(2018/1/9)

「風神雷神図」をVRで忠実に再現――質感を精確に記録するデジタルアーカイブ技術、凸版印刷が開発
凸版印刷が、照明環境や観察方向によって見え方が異なる素材の質感を精確に記録し、VR上で忠実に再現できるデジタルアーカイブ技術を開発。この技術を活用し、重要文化財「風神雷神図屛風」と「夏秋草図屛風」の質感を忠実に再現したVR作品を製作した。(2018/1/9)

CES 2018:
AMDが第2世代Ryzenを4月に投入 長期ロードマップも公開
CES 2018にあわせてAMDが「AMD Tech Day」を開催。2018年第1四半期に投入する製品群の概要を公開した。(2018/1/8)

CES 2018:
Intel CPU×AMD GPU――Radeon内蔵Coreプロセッサ登場 新型「Intel NUC」も登場
呉越同舟――AMDのGPUを搭載したIntel製プロセッサがいよいよ登場する。同プロセッサを搭載する「Intel NUC」も合わせて投入する。【訂正】(2018/1/8)

ITはみ出しコラム:
「CES 2018」で何が出てくる? 開幕直前まとめ
1月9日(現地時間)から米ラスベガスで開催される世界最大のテクノロジートレードショー「CES 2018」。開催を前に、主要な企業が予告している情報をまとめました。(2018/1/7)

あのキャラに花束を:
話題の「バーチャルYouTuber」はなぜ突然ブレークしたのか? 今、このバーチャルYouTuberを見逃すな!
バラバラに出たのに、みんなで1つに見える不思議。(2018/1/7)

「USB 3.2」で何が変わる? 知っておきたい2018年のPC注目技術
2017年は特にPCのハードウェアが大きく進化した1年だったが、2018年はどうだろうか。2018年の製品に導入されることを期待したい注目技術をまとめる。(2018/1/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。