ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワイドナショー」最新記事一覧

フジテレビ、実在しない「ガリガリ君火星ヤシ味」の画像を紹介し謝罪 広報「ネットのを勘違いして使用した」
フジテレビ広報部、画像の製作者、赤城乳業に取材しました。(2017/6/7)

松本人志「今後こういうことがあったら番組降りる」 フジ「ワイドナショー」、宮崎駿引退宣言の誤報に再度謝罪
スタジオからは「ええっ」「そこまで……?」と驚く声も。(2017/6/4)

「100年に1度の引退の決意」――宮崎駿監督風の“創作ツイート”真に受けて紹介 フジ「ワイドナショー」が謝罪
フジテレビ系の「ワイドナショー」が、宮崎駿監督の引退発言について、「真偽を確認しないまま放送した」として謝罪した。(2017/5/29)

フジテレビ、「ワイドナショー」宮崎駿監督の引退宣言について「真偽を確認しないまま放送」と謝罪
ネットでは「ワイドナショー」がネタツイートに釣られたのではないかと指摘が相次いでいました。(2017/5/29)

フジテレビ「ワイドナショー」で宮崎駿監督の“架空”引退宣言報道か ネットで指摘相次ぐ
数年前に話題になったネタツイートに釣られたのでは、とする指摘が相次いでいます。(2017/5/29)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

ねっと用語知ったかぶり:
使われるとイラッとする? ついつい多用しがちな「それな」は使い方に注意!
同じような言葉で「やばい」もありますね。(2017/4/8)

スピン経済の歩き方:
パワハラがなければテレビが成立しない理由
ダウンタウンの松本人志さんが、「パワハラは必要悪」と発言したことが物議を醸している。この発言に対して、筆者の窪田氏は「『テレビ』の本質をズバッと言い当てている」という。どういう意味かというと……。(2017/2/7)

松本人志さんがアルパカに ゆうパックCMをパロディ化したWebムービー「パカまじめ。」が癒やし
まっちゃんよりかわいい?(2016/12/8)

ベッキー「ワイドナショー」で5カ月ぶり地上波出演 ゲス活動休止には「未然に防げたのでは」と冷静にコメント
5月の「金スマ」出演時よりも少し痩せた?(2016/10/9)

ベッキーが10月9日放送「ワイドナショー」で地上波復帰へ 自身のInstagramで告知
コメント欄には応援の声が多数。(2016/10/8)

スピン経済の歩き方:
視聴率低迷に苦しむフジテレビが、「討論番組」に活路を見いだしている理由
視聴率低迷にあえぐフジテレビが、「討論」に活路を見いだしている。なかなか方向性が定まらない昼の帯番組『バイキング』はこの4月から、「生ホンネトークバラエティ」というコンセプトを掲げている。なぜこのタイミングで、フジは「討論番組」にチカラを入れているのか。(2016/6/28)

厚切りジェイソン「日本は学歴よりも実力で判断すべき」 ショーンK“学歴詐称”報道受けて
「学歴がなくてもしゃべる内容はしっかりしていたら、どこを基準に見ればいいのか」との疑問を受け、持論を述べました。(2016/3/20)

松本人志、「中居へ木村に謝るよう助言」報道を否定 「100%ウソ!久々に訴えるか!」
SMAP解散騒動の一部報道について、本人のTwitterで怒りをにじませながら。(2016/1/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。