ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Fall Creators Update」最新記事一覧

Windows 10 Redstone 3

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
10月17日に配信開始 「Windows 10 Fall Creators Update」でPCはこう変わる
年2回に固定されたWindows 10の大型アップデート。一般ユーザー向け配信が始まる「Fall Creators Update」の主な変更点をまとめた。(2017/10/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
iPhone/Andorid対応でEdgeブラウザは復活できるのか
Windows 10標準ブラウザの「Microsoft Edge」に、iPhone/Android向けのプレビュー版が登場。今後シェアを上昇させる契機になるか。(2017/10/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10「Fall Creators Update」が完成 さらに次回アップデートの姿も
Windows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」が、いわゆるRTM相当の段階まで到達した。そして開発プレビュー版では、その次の大型アップデート「RS4」に向けた変更が続いている。(2017/10/13)

最新版のWindows 10に対応した開発が可能:
Microsoft、「Windows 10 Fall Creators Update SDK」を公開
Microsoftは、「Windows 10 Fall Creators Update SDK」のダウンロード配布を開始した。「Visual Studio 2017」の最新版「バージョン15.4」と組み合わせて使うことで、Windows 10 Fall Creators Updateの最新ツールとAPIを活用できる。(2017/10/13)

仮想化ベースセキュリティ機能を紹介
Windows 10の知ると驚く技術、仮想化ベースのキュリティ機能「デバイスガード」
Microsoftは「Windows 10」搭載マシンから企業情報が流出する事態を防止するため、「デバイスガード」「資格情報ガード」といった仮想化ベースのセキュリティ機能を強調している。どのような機能なのか。(2017/10/13)

iOS版EdgeとLauncherはプレビュー版が公開:
Microsoft、モバイル版「Microsoft Edge」とAndroid向けホームランチャーを発表
Microsoftは、Webブラウザ「Microsoft Edge」のiOS版およびAndroid版とAndroid向けホームランチャー「Microsoft Launcher」の各プレビュー版を発表した。(2017/10/10)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(94):
Windows上で稼働するLinux、動かしているのはどのテクノロジー?(その1)
Windows 10 Anniversary Updateでは「Bash on Ubuntu on Windows」が利用可能になりました。これは、Windows上でネイティブなUbuntu環境を実現するものですが、今後、Windows上でLinux環境を実現するバリエーションがさらに増えることになります。現時点でプレビュー段階のものを含め、Windows 10で実現可能なLinux環境とそのベースとなっているテクノロジーを簡単に紹介します。(2017/10/10)

Microsoft、Android版「Microsoft Launcher」のプレビュー版を公開
Microsoftが、Android版ランチャー「Microsoft Launcher」のテストプログラムを開始した。Microsoftアカウントの連絡先をピン留めしたり、カスタマイズした「フィード」で情報を閲覧したりできる。「Continue on PC」機能もサポートする。(2017/10/6)

「Microsoft Edge」ブラウザのiPhone/Android版(プレビュー)公開
Microsoftが自社のWebブラウザ「Edge」のiPhoneおよびAndroid版をプレビュー版としてリリースした。「Windows 10」の「Fall Creators Update」で追加される新機能「Continue on PC」をサポートする。(2017/10/6)

Windows Mixed Realityは何がすごいの? Windows 10の「Fall Creators Update」に合わせて知っておきたい基礎知識
10月17日の「Fall Creators Update」に向けて、WMRを分かりやすく解説。(2017/10/6)

「マインクラフト」や「Halo Recruit」など、2万本以上のMRアプリ、10月17日に公開へ
Microsoftが開催したMR関連イベントで“HoloLensの父”アレックス・キップマン氏が、MR版「マインクラフト」を含む2万本以上のMRアプリを10月17日にMicrosoft Storeで公開することや、MR版SNS構築目的で新興企業AltspaceVRを買収したことなどを発表した。(2017/10/4)

Samsung、「Windows MR」の「HMD Odyssey」を499ドルで発売へ
Samsungが、Microsoftの「Windows MR」搭載のMR(複合現実)ヘッドセット「Samsung HMD Odyssey」を499ドルで年内に発売する。米国ではDell、Lenovo、HP、AcerのHMDと共に10月3日から予約受付を開始した。(2017/10/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Office 2019」は2018年後半に提供 Microsoftのビジネスツールはどう進化する?
Office 2019とOffice 365の関係、強化されるOneDrive、コミュニケーションツール多すぎ問題の対応など、Microsoftのビジネスソフトウェア動向を整理する。(2017/10/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新Surfaceは10月末にロンドンで発表か 3日はMixed Realityイベントも
Microsoftが10月に開催する2つのイベント。3日はWindows Mixed Reality、31日はSurfaceの新発表が期待できそうだ。(2017/9/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10秋の大型アップデートで「ストア」が変わる
AppleやGoogleのアプリストアに後れを取っているWindowsストア。いよいよWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」でテコ入れされるようだ。(2017/9/28)

「Windows 10 S」搭載端末、HPの275ドルのモデルなどが年内発売へ
軽量版Windows「Windows 10 S」搭載の企業向けノートPCがHP、Lenovo、Acer、富士通などから発売される。まずは10月にHPが「Stream 14 Pro」を275ドルで発売する。(2017/9/26)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(93):
君の名は? 未来に再会したときに気付くかな――Windows/Officeにおけるサービスオプション名の変更
Microsoftは自社製品や技術、機能の名称変更の理由を「ユーザーからのフィードバックに基づいて」「よりシンプルに」「より分かりやすく」と説明します。この言葉を目や耳にしたとき、筆者は少し警戒します。なぜなら、そうは思えないことが多々あるからです。英語表現なら分かりやすいのかもしれませんが、日本語環境となると……。(2017/9/26)

定時で帰るための作業効率化Tips:
使わないCortanaはタスクバーから「さよなら」【Windows 10 Tips】
よく使う機能に素早くアクセスできるタスクバー。このエリアをちょっと広くする方法がある。(2017/9/26)

Tech TIPS:
Windows 10のプレビュー版をダウンロードする方法
Windows 10のプレビュー版(Insider Preview版)をダウンロード/インストールする方法を紹介する。機能更新プログラムが提供される前に、自社のサービスやアプリケーションなどを評価する際に利用するとよい。(2017/9/22)

Dev Basics/Keyword:
Bing News Search API
News Search APIを使用すると、Bingを利用したニュース記事の検索をとても簡単に行える。ニュース検索機能を提供したい場合には便利に使える。(2017/9/19)

Windows 10、秋の更新でアプリインストール時の情報アクセス通知厳格化
Windows Storeからダウンロードするアプリは現在、位置情報を収集する場合のみインストール時に通知が表示されるが、10月17日の「Fall Creators Update」以降は、カメラ、マイク、連絡先、予定表にアクセスする場合も事前に通知が表示されるようになる。(2017/9/14)

帯域を節約しつつOSを最新に
Windows 10ユーザーの悩み「更新プログラムが重い」を何とかしたい
Windows 10の更新プログラムは帯域を独り占めしがちだ。この問題を緩和するには従量制課金接続やピアツーピア共有を利用するように設定するとよい。帯域を節約しつつ、OSを最新に保つことができる。(2017/9/14)

山市良のうぃんどうず日記(104):
そのNano Serverのインストール、ちょっと待った!
Windows Server 2016には、従来のGUI環境と「Server Core」と呼ばれるCUI環境に加え、新たに「Nano Server」という最小インストールオプションが追加されました。Nano Serverは、Hyper-Vなど幾つかのサーバの役割を実行できますが、現行バージョンの本番環境への導入はお勧めしません。なぜなら初代Nano Serverは、ある意味、一代限りのはかない存在になりそうだからです。(2017/9/8)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(6):
Windows as a Serviceの展開状況を監視することが重要な理由
Windows 10の導入後は「サービスとしてのWindows(Windows as a Service:WaaS)」に基づいて継続的に更新が行われます。更新には毎月の「品質更新」と、通常は半年ごとの「機能更新」の2つがあります。多数のWindows 10クライアントを抱える企業にとって、この両方の更新が適切に展開されているかどうかを監視することは重要な運用タスクになります。(2017/9/7)

4回目のWindows 10大型アップデート:
「Windows 10 Fall Creators Update」、2017年10月17日にリリース MRヘッドセットも同時発売
「Windows 10 Fall Creators Update」のリリース日が2017年10月17日に決まった。新しいWindows MR対応ヘッドセットも同日に発売される。(2017/9/5)

Windows 10の「Fall Creators Update」は10月17日(9月ではなく)
Microsoftが、次期「Windows 10」アップデート「Fall Creators Update」を10月17日にリリースすると発表した。MRヘッドセットも同日から発売だ。(2017/9/1)

Windows 10 Fall Creators Updateの「Fluent Design System」などに対応:
オープンソースのUWPアプリ開発ツールキット「UWP Community Toolkit v2.0」が公開 何が新しくなったのか
UWPアプリ開発キットの最新版「UWP Community Toolkit v2.0」が公開。Windows 10 Fall Creators Updateで採用される新デザインシステム「Fluent Design System」などに対応する。(2017/9/1)

「SMBv2」「SMBv3」の無効化は得策ではない
「Windows 10 Fall Creators Update」リリース日までにやっておきたいSMBプロトコル脆弱性対策
「Windows 10」の次期大型アップデート「Fall Creators Update」では、「EternalBlue」というエクスプロイト(脆弱性攻撃プログラム)の悪用を可能にしていた弱点が修正される。アップデート適用日までにできる対策とは。(2017/8/31)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(5):
Windows as a Serviceを制御する――機能更新と品質更新のリリースサイクル(その2)
前回は、「サービスとしてのWindows(Windows as a Service:WaaS)」における「機能更新プログラム」のリリースサイクルと配布制御について説明しました。今回は、機能更新プログラムの各リリースに対する「品質更新プログラム」のリリースサイクルと配布制御について説明します。(2017/8/30)

IT担当者はここで判断すべし
「Windows 10」移行先に仮想環境を選ぶと得する“4つの根拠”
Windows 10の仮想環境での利用には重要なメリットがある。例えば、デプロイメントプロセス全体をより簡単にしたりパッチ管理を容易にしたりすることなどだ。(2017/8/30)

Windows 10 Fall Creators Updateに向けたアプリ開発機能を強化:
Microsoft、「Visual Studio 2017 バージョン 15.4 Preview」を公開
Microsoftが「Visual Studio 2017 バージョン 15.4 Preview」を公開。Windows 10 Fall Creators UpdateをターゲットにしたUWPアプリ/マルチプラットフォーム対応アプリ開発者を支援する機能が強化されている。(2017/8/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 Fall Creators Update」の完成を見届けるか、その先の世界へ向かうか
Windows 10の秋季アップデートが迫る中、Microsoftから幾つか新しいトピックが入ってきたので、まとめて紹介しよう。(2017/8/28)

LTEモデルも「予定あり」:
「数」よりも「価値」――中国Huaweiが考えるPC事業の可能性
中国Huawei(華為技術)がモバイルPC事業への本格参入を発表して約1年半が経過した。PC事業について、同社はどのような展望を持っているのだろうか。(2017/8/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 Pro for Workstations」は何がスゴイのか
機能を絞り込んだ教育市場向けの「Windows 10 S」に続き、今度は機能を拡張したワークステーション向けの「Windows 10 Pro for Workstations」が登場する。(2017/8/22)

独立レンダリングパイプラインを大幅改良:
Windows 10 Fall Creators Updateの「Microsoft Edge」は「EdgeHTML 16」アップデートで何がどれだけ速くなる?
Windows 10 Fall Creators Updateに含まれるMicrosoft Edgeは、ブラウザエンジンが「EdgeHTML 16」にアップデートされる。独立レンダリング機能が強化され、Webアプリやサイト表示のパフォーマンスが大幅に向上するという。(2017/8/22)

Enterprise IT Kaleidoscope:
「Windows 10 Pro for Workstations」はなぜ生まれたのか
現地時間の8月10日、Microsoftが「Windows 10 Pro for Workstations」を発表した。Windows 10の新たなエディションとなるのか、追加ライセンスのような形になるのかは不明だが、従来のWindows 10よりもサーバOSに近い位置付けの製品になるのではないかと見ている。(2017/8/16)

「Continue on PC」にリスクは?
PCとスマホのブラウザ同期、「Windows 10 Fall Creators Update」新機能に管理者が苦い顔
「Windows 10」の次期大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」には、PCとスマートフォンをリンクさせる機能が追加される。作業効率を高める半面、セキュリティには注意が必要だ。(2017/8/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10秋の大型アップデートに合わせて登場する「次世代Surface」とは?
2016年10月は「Surface Studio」を発表した米Microsoft。2017年10月にも新製品を発表するか。(2017/8/15)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(90):
Windows 10、サポートが終了した古いバージョンのその後の“運命”
2017年5月9日(日本では10日)、2015年7月末にリリースされた「Windows 10の初期リリース(ビルド10240)」のサポートが終了しました。同一ビルドがベースのWindows 10 Enterprise 2015 LTSBのサポートは継続され、2025年10月14日(日本では15日)まで提供されます。サポート終了から3カ月以上が経過したWindows 10初期リリースの”いま”を追ってみました。(2017/8/14)

「Windows 10 Pro for Workstations」、4CPU・6TBのRAMサポートで今秋登場へ
Microsoftは「Windows 10」の「Fall Creators Update」で、ハイエンド向け新エディション「Windows 10 Pro for Workstations」を追加する。デフォルトで「ReFS」が有効で、最高4のIntel Xeon/AMD Opteron、6TBまでのメモリをサポートする。(2017/8/13)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(4):
Windows as a Serviceを制御する――機能更新と品質更新のリリースサイクル(その1)
ひとたびWindows 10に移行すると「サービスとしてのWindows(Windows as a Service:WaaS)」に基づいて継続的な更新が行われることになります。企業のシステム管理者は、管理対象のWindows 10クライアントをうまくWaaSの流れに乗せてあげる必要があります。Windows 10の既定の設定のままで、ただWaaSの流れに身を任せてしまうと、Windows Updateが業務をたびたびストップさせてしまい、社員の生産性を損なうことになるでしょう。(2017/8/9)

山市良のうぃんどうず日記(102):
Windows 10 Fall Creators Updateで増える「設定」は「ms-settings:URI」で狙い撃ち
2017年秋にリリース予定のWindows 10 Fall Creators Update(バージョン1709)では、「設定」アプリの項目が増えます。本連載第99回で「設定」の各項目へのショートカットに使用できる「ms-settings:URI」の一覧を紹介しましたが、早くもこの一覧に追加が必要になりそうです。(2017/8/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Flashの終わり」にWindowsはどう対応していくのか
Flash Playerのアップデートと提供が2020年末に終了となる。WindowsプラットフォームにおけるFlash技術とそのコンテンツ、対応サービスについて、今後の動向と対策をまとめた。(2017/8/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の「Fall Creators Update」が完成間近 サポートに関する変更も
2017年秋に配信が始まるWindows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」の開発もいよいよ大詰め。ここへ来てサポートポリシーに関する変更も出てきた。【更新】(2017/8/2)

山市良のうぃんどうず日記(101):
Windows 10 Fall Creators Update、「ペイント」の行方よりも、あの「電卓」を返して!
MicrosoftがWindows 10 Fall Creators Updateから削除予定の機能のリストを公開したことで、“ペイント(Mspaint.exe)がなくなっちゃうの?”と、多くのWindows 10ユーザーがざわついているようですが、そんなに大騒ぎすることではないようですよ。(2017/7/31)

ITはみ出しコラム:
iPod nano、Adobe Flash、MS Paint……かつて大事だったものが続々と終了へ
思えば、PCやインターネットの世界も遠くまで来たものです。(2017/7/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の大型アップデートは「Fall」なのか「Autumn」なのか問題
2017年秋に配信される予定のWindows 10次期大型アップデートと言えば「Fall Creators Update」だが、季節の秋を「Fall」ではなく「Autumn」と呼ぶ地域ではどう紹介されているのか。(2017/7/28)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(2):
Windows 10の導入、それはWindows as a Serviceの始まり
本連載では、これからWindows 10への移行を本格的に進めようとしている企業/IT管理者向けに、移行計画、展開、管理、企業向けの注目の機能について解説していきます。今回は、「サービスとしてのWindows(Windows as a Service:WaaS)」の理解を深めましょう。(2017/7/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10のアップデートで退場していく旧世代アプリたち
Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」に搭載される新機能が注目を集める中、ひっそりと退場していく旧機能もある。(2017/7/27)

「Windows 10」とAndroid端末の連係、ビルド16251で一部可能に
「Windows 10」の最新プレビューに、Android端末で表示したWebページをPCに連係させる機能が追加された。iPhoneも間もなくリンクできるようになる見込み。(2017/7/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。