ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Microsoft Edge」最新記事一覧

コードネームは「Project Spartan」

超入門HTTP Cookie:
HTTP Cookieとは
ステートレスなHTTPプロトコルにおいて、セッション管理やユーザーの行動追跡などを行うためにCookieが使われている。Cookieとは何か、どのような仕組みで動作しているのか、などを解説する。(2017/4/20)

超入門HTTPS:
第2回 HTTPSの詳細
最近ではWebサイトを常時HTTPS対応させることが多い。今回は、HTTPSプロトコルの詳細や証明書、HTTPS化対応の方法などについて解説する。(2017/4/13)

Adobe、Flash PlayerやAcrobat、Readerなどのアップデートを公開 Flashは優先度「1」
Flash Player、Acrobat、Reader、Campaign、Photoshop、Creative Cloud Desktop Applicationの脆弱性を修正するセキュリティアップデートが公開された。(2017/4/12)

超入門HTTPS:
第1回 HTTPS(HTTP over SSL/TLS)とは
昨今はWebサイトを常時HTTPS対応させることが多い。HTTPSとは何か、HTTPS対応させる意義や問題となる点などについてまとめておく。(2017/4/12)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
4月11日に配信開始 「Windows 10 Creators Update」でPCはこう変わる
いよいよ一般ユーザー向けの配信が始まる「Windows 10 Creators Update」。主な変更点をまとめた。(2017/4/11)

4月5日「先行提供」の手段も:
「Windows 10 Creators Update」、2017年4月11日から順次提供開始 どんな機能が追加されるのか
Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Creators Update」の正式公開日が決定。2017年4月11日から順次提供が開始される。また、上級ユーザー向けに4月5日から先行提供する手動アップデートの手段も用意する。(2017/3/31)

超入門HTTPプロトコル:
最終回 HTTPプロトコルの補足
今回はHTTPプロトコルに関連してよく見聞きする「ユーザーエージェント」「リファラ」「クッキー」や認証、高速化などについて説明する。(2017/3/31)

メモリ内容が書き換わるハードウェア脆弱性を悪用
Androidスマホのroot権限を不正取得する「Drammer」攻撃の脅威
クライアントPCで見つかっていたハードウェア脆弱(ぜいじゃく)性「Rowhammer」を悪用する攻撃が、ARMベースの携帯端末に対しても有効であることが分かった。どのような危険性があるのだろうか。(2017/3/30)

VMware、仮想マシン脱出の脆弱性を修正 Pwn2Ownでハッキング実証
Pwn2Ownでは中国のチームがVMwareの複数の脆弱性を突き、ゲストOSからホストOSに抜け出す「仮想マシン脱出」を成功させていた。(2017/3/30)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(26):
Windows 10 人気TIPSまとめ読み!
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第26弾では、最近普及が進んできたWindows 10向けTIPS記事を厳選してお送りする。(2017/3/28)

壁に突き当たった「Windows 10」移行計画
「Windows 7」にしがみつく人は何を心配しているのか
Microsoftは2016年、無償アップグレードを通じて「Windows 10」の普及を加速させた。そのインセンティブがなくなった今、企業はできるだけ長い間「Windows 7」にしがみつこうとしている。(2017/3/23)

ハッキングコンペ「Pwn2Own」、今年も中国チームの独壇場 EdgeもSafariも破られる
Adobe ReaderやMicrosoft Edge、Apple Safariなどが次々と中国チームに破られた。(2017/3/17)

補完プロジェクトの「Fast FFI」と「N-API」が前進:
「Node.js VM Summit」が開催、ABI互換性問題への対処などを議論
マイクロソフトは、「Edge」に使用されるJavaScriptエンジン「Chakra」の担当チームが開催した「Node.js VM Summit」の模様を報告。「Fast FFI」「N-API」プロジェクトの進捗などが議論された。(2017/3/15)

Shockwave Playerにも更新版:
Flash Playerの深刻な脆弱性を修正、直ちに更新を
AdobeはFlash PlayerとShockwave Playerのセキュリティアップデートを公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。(2017/3/15)

「壊れていないものは修理しない」皆さんへ
Windows 10移行“見送り派”ユーザーがWindows 7を安心して使い続けるには?
「Windows 10」にアップグレードせずに「Windows 7」を生き永らえさせたいなら、ディスク領域のクリーンアップやセキュリティ更新などのベストプラクティスを実施しよう。(2017/3/9)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(78):
Adobe Flash Playerの緊急のセキュリティ更新をサーバにインストールできない?
Windows Server 2012以降のWindows Serverに「Adobe Flash Playerのセキュリティ更新が来ないのはなぜ?」「手動でもインストールできないのはどうして?」と疑問に思っている管理者の方はいないでしょうか。Adobe Flash Playerが入っていれば更新されるし、入っていなければ当然、更新されません。そして、脆弱性の影響を受けないのだから、入っていないに越したことはありません。(2017/3/8)

悪質コードのばらまきに悪用される恐れも
「Internet Explorer」の“非常に危険な”脆弱性をGoogleが発見、「Edge」にも影響か
「Microsoft Edge」と「Internet Explorer」に新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。Googleのセキュリティ調査チームが発見した、この脆弱性が及ぼす影響とは。(2017/3/8)

レガシーアプリ対応か、新機能か
Windows 10では結局、IEとEdgeのどちらを使うべきか?
バージョン11より前の「Internet Explorer」のサポートが終了し、新ブラウザ「Microsoft Edge」の採用が広がりつつある。移行前に確認すべきEdgeと「IE 11」の機能を紹介する。(2017/3/3)

Microsoftの更新プログラム、Flash Playerの脆弱性のみ対処
Adobeが14日にリリースしていたFlash Playerの更新版のみWindows向けに配信したが、既に公になっているWindowsの脆弱性は未解決のまま残されている。(2017/2/23)

次期アップデートでWeb攻撃対策を強化
「Microsoft Edge」が“究極の安全ブラウザ”に一歩近づくセキュリティ新機能とは?
Microsoftは「Microsoft Edge」の次期アップデートで、クロスサイトスクリプティングやコンテンツインジェクションといったWebベースの攻撃への対策を強化する。(2017/2/22)

変わるWindows、変わる情シス:
第18回 ココが知りたい! 5分で分かる「Windows 10」導入のポイント
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はWindows 10の導入検討にあたって押さえるべきポイントをまとめてみた。(2017/2/17)

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性に対処 直ちに更新を
特にWindowsやMac向けのFlash Playerでは、差し迫った悪用の恐れがあることから、更新を急ぐ必要がある。(2017/2/15)

Intel、「Threat Landscape Dashboard」発表 攻撃多発の脅威情報を提供
ソフトウェアの脆弱性を突く攻撃や、ランサムウェアなどの攻撃が相次いで浮上する中、管理者が優先的に対処すべき脆弱性を見極められるよう支援する。(2017/2/14)

Tech TIPS:
Microsoft Edgeに保存したパスワードを管理する
Microsoft Edgeに保存したパスワードを管理する方法を解説する。(2017/2/10)

Tech TIPS:
Microsoft Edgeの「リーディングリスト」でWebページを保存してオフラインで読む
Microsoft Edgeの「リーディングリスト」でWebページを保存してオフラインで読む方法を紹介する。(2017/2/9)

Tech TIPS:
Microsoft Edgeに[ホーム]アイコンを表示する
Microsoft Edgeに[ホーム]アイコンを表示する方法を紹介する。(2017/2/9)

提供:東日本電信電話株式会社
Windows 10に震えるベテランユーザーたち
散々な評価だったWindows 8と比べるとWindows 10は多くのユーザーに一定の支持を受けている。しかし、依然としてWindows 7を使い続けたいユーザーも少なくない。どちらが正しい道なのだろうか。(2017/2/8)

「新たなタブ管理機能」「VR対応」などを実装:
Windows 10 Creators Updateで改良される「Edgeの新機能」まとめ
2017年春リリース予定の「Windows 10 Creators Update」に搭載される「Microsoft Edge」には、多くの新機能が備わり、機能改善も行われる。(2017/2/2)

Web帳票の運用環境をノンプログラミングで構築:
グレープシティ、Web帳票開発コンポーネントのサーバ製品「ActiveReports 11.0J Server」を発表
グレープシティがオールインワン帳票ソリューション「ActiveReports 11.0J Server」を発売する。Webサーバ(IIS)にインストールして利用し、帳票設計から管理、運用まで、Web帳票の運用環境をノンプログラミングで構築できる。(2017/1/26)

変わるWindows、変わる情シス:
第17回 マイクロソフトを装うフィッシング詐欺、「Microsoft Edge」なら防げる?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はWindows 10の新ブラウザ「Microsoft Edge」のセキュリティ機能について。(2017/1/18)

「Windows 10」、次期アップデート(Creators Update)でブルーライトフィルター追加へ
Microsoftが今年最初のWindows Insider Programのビルドになる「Build 15002」を公開した。今春提供予定の「Windows 10」の次期アップデートで追加になるブルーライトフィルターや「Microsoft Edge」の新タブ機能などが試せる。なお、ブルースクリーンがグリーンスクリーンになるのはInsider向けだけだ。(2017/1/10)

Appleに加えMicrosoft、GoogleもFlash排除へ
「Flashの終わり」をセキュリティ専門家が願う“切実な理由”
Googleが状況に応じてFlash形式のコンテンツの再生をブロックする方針を打ち出し、Microsoftも同じ方針で臨む考えだ。こうした動きはFlashの“終わり”を早めるだろうと専門家は指摘する。(2017/1/5)

ビジネス向け機能も充実
Excel、PowerPointも使える「Windows 10 Mobile」が機能強化 本格普及の鍵は?
Microsoftの最新モバイルOS「Windows 10 Mobile」はビジネスフレンドリーな機能を多数備える。どのアプリケーションやツールが企業にとって特に有用なのだろうか。(2016/12/20)

「Microsoft Edge」でFlashが“デフォルトでブロック”へ 2017年のアップデートで
ユーザーがFlashをロードして実行するかどうか選択できます。(2016/12/16)

Edgeの次期リリースで搭載、HTML5移行を促進:
Microsoft Edge、全てのFlashをブロック対象に ユーザーには「実行するか否か」ダイアログボックスを表示
Microsoft Edgeの次期リリースで、Adobe Flashの制御機能が強化される。原則、全てのFlashコンテンツをブロック対象とし、ユーザーには「実行するかどうか」のダイアログボックスで選択させる(2016/12/16)

進むWebブラウザの“Flash離れ”、Microsoft Edgeもブロック拡大へ
まだFlashに依存しているサイトでは「Adobe Flashがブロックされました」という画面が表示されるようになる。Windows 10向け次期大型アップデート「Creators Update」で安定版に導入される見通しだ。(2016/12/15)

Microsoft、12件の月例セキュリティ情報を公開 IEやEdgeに「緊急」の脆弱性
最大深刻度は12件のうち6件を同社の4段階評価で最も高い「緊急」、残る6件は上から2番目の「重要」に指定している。(2016/12/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ついにSnapdragonがPC向けWindows 10をサポート 新Surfaceの布石か?
Windows 10 Mobileの不調が伝えられる中、Qualcommの次世代SnapdragonプロセッサがPC向けWindows 10の動作をサポートすることが明らかになった。(2016/12/9)

Webブラウザ方式には弱点も
AWSのDaaSが対応、Webブラウザで自分のアプリやデスクトップにアクセス可能に
仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」の新機能「Web Access」を利用すれば、ユーザーは任意のPCからWebブラウザを通じてクラウド上のデスクトップとアプリケーションにアクセスできる。(2016/12/9)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(65:特別編):
「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その6)
Windows Server 2016による「Windows Hello for Business」のオンプレミス展開を検証し、実装のポイントやユーザーエクスペリエンスをレポート。今回は、Azure AD参加PC/ドメイン参加PCのセットアップとエクスペリエンス、トラブルシューティングを解説します。(2016/12/2)

使わないともったいない
「Windows 10」の地味だけど有能な“お宝機能”を紹介、あなたは幾つ知っていた?
「Windows 10」の主要な機能にはもう驚かなくなったかもしれない。だが、あまりもてはやされてはいないものの、キラリと光る機能もあり、あなたの利用を待っている。(2016/12/2)

山市良のうぃんどうず日記(79):
PCのデスクトップは散らかっている方が使いやすい?
Windows 10の更新プログラム適用後にPCを再起動すると、作業中のデスクトップ状態が失われることに、何とかならないかと思っている人はいませんか。IEとエクスプローラーで開いているウィンドウなら、何とかなるかもしれません。(2016/11/29)

「Microsoft Edge」でNetflixの4K動画視聴が可能に
Netflixの4K動画をWindows 10搭載PCで視聴できるようになった。ただし、Intelの第7世代Core搭載PCで「Microsoft Edge」を使う必要がある。(2016/11/22)

専門家から疑問の声
Googleが暴いたWindowsのゼロデイ脆弱性、Microsoftは虚をつかれた?
GoogleはMicrosoftのパッチサイクルの間隙にWindowsのゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性を公表した。専門家の間では、Microsoftがこの脆弱性の深刻度を軽視しているのではないかという声が上がっている。(2016/11/17)

トランプ次期大統領の政権移行チーム、新Webサイト開設
米次期大統領に決まったドナルド・トランプ氏の政権移行チームが、公式Webサイト「greatagain.gov」を開設した。来年1月20日の大統領就任まで、このWebサイトで情報を提供していく。(2016/11/10)

Adobe、Flash Playerの更新版リリース 深刻な脆弱性を修正
Flash Playerの更新版では9件の脆弱性に対処した。悪用されれば攻撃者にコードを実行され、システムを制御される恐れがある。(2016/11/9)

Webサイト証明書の安全性検証に新対策
「Google Chrome」でCertificate Transparency準拠が必須に、何が変わる?
GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」では、公的に信頼されるWebサイト証明書の安全性検証にCertificate Transparency(証明書の透明性)への準拠が必須となる。(2016/11/9)

Windowsの全バージョンに影響
Windowsの“構造的弱点”を悪用する攻撃手法が判明、パッチ作成すら不可能?
「AtomBombing」という新たな攻撃手法が登場した。Windowsの根幹を担う仕組みを悪用したこの攻撃は、パッチの提供すら困難だという。その脅威とは。(2016/11/9)

Flashの未解決の脆弱性突く攻撃発生、Adobeが臨時パッチ公開
この問題を突くコードが既に出回っていて、Windows 7、8.1および10を狙った限定的な標的型攻撃に使われているという。(2016/10/27)

新機能「WIP」で業務用データを保護する
仕事と遊びを分けられない“困ったWindows 10ユーザー”を情報漏えいから守るには?
デバイス内の業務用データの漏えいを防ぐべく、Windows 10に新たに加わったセキュリティ新機能が「WIP」だ。その実力を探る。(2016/10/27)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。