ニュース
» 2013年01月07日 17時54分 UPDATE

ミスチルのベストアルバムも:「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」は2年連続でAKB48、日本ゴールドディスク大賞発表

日本レコード協会が「第27回 日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品とアーティストを発表した。AKB48は8冠を達成。

[ITmedia]

 日本レコード協会は1月7日、「第27回 日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品とアーティストを発表した。「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)は、昨年に続いてAKB48が受賞。さらに今回は、「ベスト5アルバム」「シングル・オブ・ザ・イヤー」など合わせて8冠を達成した。

ts_golddisc01.jpg 日本ゴールドディスク大賞公式サイトでは、全60の受賞作品・アーティストを紹介している

 日本ゴールドディスク大賞は、日本レコード協会が毎年、レコード産業の発展に貢献したアーティストや作品を顕彰するというもの。選考基準はCDや音楽ビデオの正味売上実績(出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績で、売上データは公認会計士によって厳正に確認されているという。第27回は、2011年11月1日から2012年10月31日までの期間が対象となる。

 アーティスト・オブ・ザ・イヤーに輝いたAKB48は、アルバム131万5929枚、シングル819万2364枚、音楽ビデオ69万9740枚を売り上げた。また音楽配信でも684万7861ダウンロードを記録している。

 一方、アーティスト・オブ・ザ・イヤーの(洋楽)は、アルバム51万2210枚、シングル1万8201枚、音楽配信340万1912ダウンロードのシェネルが受賞。さらにアルバム「ビリーヴ」で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」などを受賞し、合わせて5冠に輝いた。

 このほか、対象期間中にデビューしたアーティストのうち、CDなどの売上合計が最も多いアーティストに贈られる「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」は、“AKB48の公式ライバルグループ”をうたう乃木坂46。音楽配信を対象とした「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」は、ドラマ主題歌として話題になった安室奈美恵の「Love Story」。最も売れたアルバムを表彰する「アルバム・オブ・ザ・イヤー」は、Mr.Childrenのベストアルバム「Mr.Children 2005ー2010<macro>」など、今回は60の作品/アーティストが受賞した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.