ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「受賞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「受賞」に関する情報が集まったページです。

車載ソフトウェア:
自動運転システムの安全性を自動分析する新手法、肝は「大まかに捉える」
国立情報学研究所(NII)は、アーキテクチャ科学研究系 准教授の石川冬樹氏の研究チームが、自動運転車をはじめとする複雑な自動車システム設計の安全性を自動分析する手法を開発したと発表した。この研究成果は、複雑ソフトウェアシステムに対する工学についてのフラグシップ国際会議「ICECCS 2019」で最優秀論文賞を受賞している。(2020/1/27)

FAニュース:
「作業服、脱げぬ老後の、二千万」――第6回 現場川柳大賞が決定!
オプテックス・エフエーは、2019年10〜12月にかけて募集していた「第6回 現場川柳」の受賞作品を発表した。大賞は「作業服、脱げぬ老後の、二千万」が受賞した。(2020/1/24)

顧客満足度の高さで195カテゴリーの1038製品を選定:
アイティクラウドが「口コミで高評価だったIT製品やサービス」を発表
アイティクラウドは、「ITreview Grid Award 2020 Winter」を受賞した195カテゴリーの1038製品を発表した。10レビュー以上を集めた製品を対象に、カテゴリーごとに「Leader」と「High Performer」を選んだ。(2020/1/23)

カレンダー・カタログ展表彰式 経済産業大臣賞にソフトバンクなどが受賞
 日本印刷産業連合会とフジサンケイビジネスアイは20日、東京都千代田区の大手町サンケイプラザで「第71回全国カレンダー展」と「第61回全国カタログ展」の表彰式を行った。(2020/1/21)

ブラック企業、今は昔:
ワタミがホワイト企業大賞の特別賞を受賞 表彰式には渡邉美樹会長が笑顔で登場
ワタミの「三代目鳥メロ」がホワイト企業大賞の特別賞を受賞した。「働く一人ひとりのチャレンジ精神賞」という賞で、「創業当初からのビジョナリーな哲学を守りつつも、現場の一人一人が新しい組織になっていこうとチャレンジしている」点が受賞理由。同社は近年、労働環境改善に注力している。表彰式には渡邉美樹会長が笑顔で登壇した。(2020/1/20)

ブラック企業大賞で大賞を受賞した三菱電機、労務問題の再発防止策について発表
「パワーハラスメント行為を絶対に許さない職場づくりに注力」するとしています。(2020/1/12)

i-Construction:
令和元年度i-Construction大賞、ICT施工支援の静岡県など地方自治体ら25団体を選出
国土交通省は、令和元年度のi-Construction大賞で、建設現場の革新的な取り組みを行った25団体の受賞者を発表した。ICT土工やBIM/CIM、点群などの導入事例が、i-Constructionの普及を後押しする先進事例として多数選出された。(2020/1/9)

なぜ、痛ましい事件が相次ぐのか:
ブラック企業大賞を2年連続で受賞した三菱電機 過労死を繰り返す「隠蔽」の構図を探る
19年夏に三菱電機で発生した社員の自殺。激しいパワハラが問題視されたが、同社のこうした事件はこれが初めてではなかった。なぜ、痛ましい事件が相次いでしまうのか。背景には、遺族の訴訟や申請を「コスト」と見なし、事実を隠蔽する姿勢が透けて見える。労働問題に詳しい今野晴貴氏が解説する。(2020/1/8)

水平思考(ねとらぼ出張版):
「SEKIRO」のGOTY受賞から考える、なぜ今日本のゲームが世界のゲームアワードを席巻しているのか
日本のゲームは世界のゲームシーンに「追い付いた」のか?(2019/12/27)

ロッテリアが「勝浦タンタンメン バーガー」限定販売 B-1グランプリ受賞のご当地グルメとコラボ
ボリュームすごそう。(2019/12/25)

ブラック企業大賞2019、大賞は2年連続で三菱電機 「あまりに異常」「二度目の大賞を与える企業が生まれてしまったことに激しい怒り」
特別賞は電通、セブン-イレブン・ジャパンがダブル受賞。(2019/12/23)

19年のブラック企業大賞は「三菱電機」 初の2年連続受賞
(2019/12/23)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
吉野氏らノーベル賞受賞の「リチウムイオン電池」、いま特許出願数ではあの国が
リチウムイオン電池と特許のはなし。(2019/12/16)

ブラック企業大賞、19年は9社がノミネート セブンや電通など「受賞歴ある企業多くて虚しい」
ブラック企業大賞企画委員会が“今年1番のブラック企業”を決める「第8回ブラック企業大賞」の候補企業を発表した。(2019/12/13)

The Game Awardsが選ぶ「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」は「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」! 「デス・ストランディング」も3部門で受賞
おめでとうございます!(2019/12/13)

リチウムイオン電池が「持続可能社会の中心的役割に」 吉野さんノーベル記念講演
ノーベル化学賞を受賞する吉野彰さんが受賞記念講演を行い、リチウムイオン電池が「持続可能な社会を実現するための中心的役割を果たすはずだ」と強調した。(2019/12/10)

リチウムイオン電池「持続可能社会の中心技術に」 吉野さんノーベル記念講演
ノーベル化学賞を受賞する吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が8日午前(日本時間8日夜)、ストックホルム大の講堂で受賞記念講演を行い、受賞理由のリチウムイオン電池が「持続可能な社会を実現するための中心的役割を果たすはずだ」と強調した。(2019/12/9)

週末エンプラこぼれ話:
日本サブスクリプションビジネス大賞 2019 生活に密着した「モノ系」サービス中心に11社が受賞
日本サブスクリプションビジネス振興会が「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」を開催した。(2019/12/10)

日本車は3年ぶり:
3年ぶり日本復活の「RAV4」が受賞、トヨタ車は10年ぶり 日本カー・オブ・ザ・イヤー
年間を通じて最も優秀な車に贈られる「2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、トヨタ自動車のSUV「RAV4」が選ばれた。(2019/12/6)

イノベーションのレシピ:
高い品質にあぐらをかかないOKI、本庄工場と沼津工場の仮想融合も推進
OKIは、自社グループにおける生産と品質に関わる改革・改善活動を表彰する「第9回OKIグループ生産・品質改革大賞」を実施。同大賞では、今回から品質向上活動にスポットを当てる「品質改善賞」の表彰を新設している。また最優秀賞は、本庄工場と沼津工場による「バーチャル・ワンファクトリ」が受賞した。(2019/12/6)

大ヒットドリンクや注目家電など:
2019年、検索数が急上昇した「商品」は? 3年連続受賞の食品も Yahoo!検索大賞
1年間で前年と比べて最も検索数が急上昇した人物や製品などを表彰する「Yahoo!検索大賞2019」が発表された。ブームとなったタピオカドリンクや、加熱式たばこなどの商品が選ばれている。(2019/12/4)

今 敏監督がアニー賞生涯功労賞(ウィンザー・マッケイ賞)を受賞
日本人としては押井守監督以来3年ぶり。(2019/12/3)

導入事例:
日本らしい空間構成にこだわる「ブランズ六番町」がグッドデザイン賞
熊谷組が設計・施工した「ブランズ六番町」が、日本デザイン振興会が主催する2019年度グッドデザイン賞「カテゴリー13建築(中〜大規模集合住宅)部門」を受賞した。(2019/12/3)

こんなに表情豊かなの? オモシロ動物写真コンテストの受賞作品を一挙公開
大喜利を始めたくなるクオリティー。(2019/12/3)

AIと人の関係、鋭く表現 SFマンガ「AIの遺電子」などが人工知能学会で表彰
近未来SFマンガ「AIの遺電子」などが、人工知能学会倫理委員会の「AI ELSI賞」を受賞した。AI ELSI賞は、AIと社会の関係や、AIの倫理的な問題を考える上での優れた活動を表彰するもの。(2019/12/2)

「第61回輝く!日本レコード大賞」候補に欅坂46、乃木坂46、日向坂46、DA PUMPら 各賞の受賞者が発表に
坂道グループからは3組が選出……!(2019/11/16)

日産はテクノロジー部門も:
日産「デイズ」、三菱「eKワゴン」が受賞 RJCカーオブザイヤー
日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する、2020年次「RJCカーオブザイヤー」に、日産自動車と三菱自動車が共同開発した軽自動車「デイズ」(日産)と「eKワゴン」(三菱)が選ばれた。(2019/11/13)

JAPAN PACK 2019:
知能化、省メンテナンス性が加速する包装機器、“紙化”の流れも加速へ
2019年10月29日〜11月1日に千葉県の幕張メッセで開催された包装プロセスの総合展示会「JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)」。「きっとみつかる、あなたの包程式」を開催テーマとし、450社以上が包装機器や新たな包装プロセスなどを紹介した。包装機器業界における新たな傾向について、開催期間中に発表された「JAPAN PACK AWARDS 2019」の受賞製品を中心に紹介する。(2019/11/13)

CLT:
三菱地所ホームの2作品が2019年度グッドデザイン賞をダブル受賞
2019年度グッドデザイン賞で、三菱地所ホームの「国産CLTスラブを活用したモデルハウス」と「オフィスビル KOJIMACHI TERRACE」がダブル受賞した。(2019/11/8)

秋本治さんに紫綬褒章 漫画『こち亀』40年に渡って連載
他にも、脚本家の岡田恵和さんや、落語家の入船亭扇遊さんらも紫綬褒章受賞者に選ばれました。(2019/11/2)

ET/IoT Technology 2019アワード:
スタートアップのIdeinがグランプリを獲得
組込みシステム技術協会(JASA)が「ET/IoT Technology 2019アワード」の受賞社を発表した。最高賞のグランプリはスタートアップ企業であるIdeinが獲得した。(2019/11/1)

医療機器ニュース:
気軽に糖代謝状態を推定できるデバイスが、CEATEC AWARD 2019を受賞
京セラが新しく開発したヘルスケアデバイス「糖質ダイエットモニタ」が、「CEATEC AWARD 2019」スマートX部門の準グランプリを受賞した。気軽に糖代謝状態が推定できる同デバイスの利用が広がることで、生活習慣病の予防や医療費削減につながる。(2019/10/30)

山本美月、美脚大賞受賞でトロフィー掲げポージング ベストジーニストも受賞で「足が印象的な年に」
10月にはベストジーニストにも選出されていました。(2019/10/29)

アカデミー賞長編アニメ部門エントリ32作品発表 邦画からは「天気の子」「プロメア」「若おかみは小学生!」「海獣の子供」
受賞作は出るでしょうか。(2019/10/17)

長谷川京子、「第36回ベストジーニスト2019」選出で“美背中”披露 初受賞に「意外です!!」の声も
いつでもどこでも麗しい長谷川さん。(2019/10/16)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
ノーベル賞受賞を機に改めて問う、リチウムイオン電池のリサイクル問題
市場が今後も拡大するからこそ、改めて考えたい問題です。(2019/10/15)

富士通、村田製作所が大臣賞:
CEATEC AWARD 2019、受賞企業を発表
2019年10月15日に開幕する展示会「CEATEC 2019」(シーテック 2019)の主催者であるCEATEC実施協議会は10月14日、CEATEC 2019に展示される技術、製品、サービスなどの中から優れたものを表彰する「CEATEC AWARD 2019」(シーテック アワード 2019)の受賞企業を発表した。富士通が総務大臣賞、村田製作所が経済産業大臣賞を受賞した。(2019/10/14)

ノーベル化学賞・吉野彰さんインタビュー 「舞踏会は憂鬱」「家族に感謝」
リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞に輝いた旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)は、受賞決定から一夜明けた10日午前に取材に応じた。一問一答は以下の通り。(2019/10/11)

ノーベル化学賞に吉野彰さん リチウムイオン電池の開発で
旭化成の吉野彰さんなど3人が、2019年のノーベル化学賞を受賞した。リチウムイオン電池開発の業績。(2019/10/9)

映画「音楽」オタワ国際アニメーション国際映画祭長編コンペティションでグランプリ受賞 日本作品の受賞は史上2度目
おめでとうございます!(2019/9/29)

ヘルメットをかぶらないと外れない 子供を守る自転車のロックがジェームズ・ダイソンアワード国内最優秀賞を受賞
ジェームズダイソン財団が、「James Dyson Award」の国内受賞作を発表した。国内最優秀賞は、子供がヘルメットをかぶらないと外れない自転車のロックシステム「PROLO」。(2019/9/19)

製造マネジメントニュース:
「2019年度 GOOD FACTORY賞」受賞企業を発表、オムロンなど
日本能率協会は、優良工場表彰制度「2019年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業として、オムロン、オリンパス、花王、コニカミノルタ、ダイキン工業、デンソー、東レの7社、7工場を発表した。(2019/9/12)

ミツカンと凸版印刷が「2019日本パッケージングコンテスト」で受賞 納豆のたれ袋・からし袋「押すだけプシュッ!と」で
手が汚れにくい添付品袋の利便性の高さが評価されました。(2019/8/31)

「第11回京都アニメーション大賞」作品募集を一時停止 事件への事後対応で
「京都アニメーション大賞」ではこれまでに「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」「中二病でも恋がしたい!」などが受賞しています。(2019/8/14)

唐沢寿明以来10年ぶり! AAA西島隆弘、「日本 メガネ ベストドレッサー賞」サングラス部門を受賞
サングラス姿が尊い……。(2019/7/29)

組み込み採用事例:
東芝製画像認識プロセッサ搭載のトヨタ製車両が予防安全性能評価大賞に
東芝デバイス&ストレージ製の車載向け画像認識プロセッサ「Visconti4」を搭載したトヨタ自動車製の車両が、2018年度JNCAP予防安全性能評価大賞を受賞した。(2019/6/28)

プロジェクト:
竹中工務店が2019年日本建築学会賞で2部門受賞
竹中工務店が、2019年日本建築学会賞の「日本建築学会賞(技術)」「日本建築学会作品選集新人賞」を受賞。(2019/6/20)

製造マネジメントニュース:
科学技術的に優れた発明を顕彰する「全国発明表彰」受賞者発表
発明協会は優れた発明、意匠を顕彰する「令和元年度全国発明表彰」受賞者を発表した。恩賜発明賞は日立製作所が発明した「英国の社会インフラとなった高速鉄道車両システムの意匠」が受賞した。(2019/6/18)

Interop Tokyo 2019速報:
Interop Tokyo 2019のBest of Show受賞製品が決定
2019年6月12日に開幕したInterop Tokyo 2019で、同日午前、Best of Show Awardが決定した。各部門の受賞者と受賞製品を紹介する。(2019/6/12)

主人公は「佐藤夢綿飴(さとうドリームコットンキャンディ)」 小学生の『ちゃお』漫画コンクール受賞作がインパクト大
こんな設定をちょっといい話に仕上げる小6の才に嫉妬。(2019/6/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。