ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「受賞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「受賞」に関する情報が集まったページです。

第4回インフラメンテナンス大賞:
時速100kmで覆工コンクリートの変状を検出するシステムが国交大臣賞
国土交通省らは、第4回インフラメンテナンス大賞の表彰式を開催し、応募総数288件の中から、計35件の受賞事例を発表した。今回は、時速100キロでも覆工コンクリートの変状を高解像度で検出するシステムが国土交通大臣賞を受賞し、AIを活用した「送電鉄塔の腐食劣化度診断システム」が経済産業大臣賞に入賞するなど、受賞事例は多岐に及んだ。(2021/1/13)

LiSA、「炎」でレコード大賞受賞 「わたしはわたしの責務を全うできれば」と新たな決意つづる
今日もいい日だっ!(2020/12/31)

FM:
第15回 JFMA賞の鵜澤賞は、「聖路加国際大学」と「聖路加国際病院」のFM
日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)が主催する「第15回 日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)」の最優秀賞FM賞(鵜澤賞)を聖路加国際大学と聖路加国際病院のFM事例が受賞した。(2020/12/21)

キャリアニュース:
「感染だ」それはコロナか、パソコンか――情報システム担当者による川柳コンテスト
情シスレスキュー隊が「情シス川柳コンテスト withコロナ」の受賞作を発表した。金賞は、情報システム担当者の苦悩が伝わってくる作品「『感染だ』 それはコロナか パソコンか」が受賞した。(2020/12/17)

dデリバリーでキャンペーン 390ポイントをプレゼント
NTTドコモの出前・フード宅配サービス「dデリバリー」が「もれなく390(サンキュー)ポイントプレゼント」キャンペーンを開催。オリコン顧客満足度調査フードデリバリーサービス第1位受賞を記念したものとなる。(2020/12/2)

メカ設計ニュース:
切削加工コンテスト受賞作品を発表
DMG森精機は、「第15回切削加工ドリームコンテスト」の受賞作品を発表した。日本国内で加工業に携わり、切削型工作機械、先端加工機を使用している企業、学校、研究機関を対象にしたコンテストとなる。(2020/11/27)

「迫っているんだ 娘と過ごせる時間のタイムリミットが―」 医療現場の実話をもとにした「医療マンガ大賞」受賞作品が決定
審査員はこしのりょうさん、おかざき真里さんら。(2020/11/23)

優れたホテル:
「旅行業界のアカデミー賞」受賞した沖縄の7ホテルはどこ?
高品質なサービスと施設を備えた世界のホテルを表彰する「2020ワールドラグジュアリーアワード」。沖縄県にある7ホテルが受賞。(2020/11/21)

「カミオカンデ」の生みの親、小柴昌俊さん死去 ニュートリノ観測でノーベル物理学賞など功績
素粒子の一つである「ニュートリノ」の観測に成功し、ノーベル物理学賞を受賞した東京大学の小柴昌俊特別栄誉教授が、11月12日に老衰のため都内の病院で亡くなった。94歳だった。(2020/11/13)

「結婚ってイイもんだわ!」 LiLiCo&小田井涼平、“いい夫婦”オブ・ザ・イヤー受賞でラブラブ2ショット
これは納得の選出。(2020/11/11)

「INDIE Live Expo Awards」受賞作品が決定 大賞は「Hades」、キャラクター賞に「Helltaker」など
悪魔っ子はやはり正義……!(2020/11/7)

ジュノンボーイ“W受賞”の坪根悠仁、黒髪から金髪にチェンジ 朝ドラとは真逆な姿に反響
「エール」では寅田熊次郎役で出演。(2020/11/6)

CAEニュース:
「MSC Nastran Excellence Award」第1位をボルボが獲得
エムエスシーソフトウェアは、同社の有限要素解析構造シミュレーションツール「MSC Nastran」を革新的な使用法で製品設計に適用した事例を表彰する、「MSC Nastran Excellence Award」の受賞企業を発表した。第1位はボルボが獲得した。(2020/10/30)

「最高にカッコいいツーショット」 吉田羊、「コールドケース」共演の滝藤賢一とメガネベストドレッサー賞を同時受賞
滝藤さんと一緒の受賞に「コールドケースの安心感」と吉田さん。(2020/10/28)

CAEニュース:
マルチマテリアル構造とトポロジー最適化で50%軽量化、日産が軽量化技術で受賞
Altair Engineering(アルテア)は、日産自動車 先端材料・プロセス研究所の超軽量ボディーサイドパネルを、「第8回 Altair Enlighten Award 軽量化構想部門」の受賞テクノロジーとして表彰した。(2020/10/22)

コンビニおにぎりの“ふっくら食感”生み出す機械メーカーの再現力
みんな一度は食べたことがあるであろうコンビニのおにぎりを生み出したのは、福井県の食品用機械メーカー「コバード」だった。自動化よりも手作りの再現に力を入れてきた同社は、受賞歴多数で、勲章も受章している。(2020/10/13)

ジェジュン、圧倒的大差で「ベストジーニスト2020」男性一般選出1位に 非ジャニーズ勢の受賞は15年ぶり
女性一般選出1位は女優の杏さん。(2020/10/12)

都のコロナ対策サイトがグッドデザイン賞 開発スピードや民間参加型を評価
東京都の新型コロナ対策サイトが2020年度のグッドデザイン賞を受賞した。開設までのスピード感や市民エンジニアが改善に参加する「シビックテック」の手法を活用した点などが評価された。(2020/10/5)

デザインの力:
2020年度グッドデザイン賞発表、「LOVOT」や「VISION-S」などがベスト100に
日本デザイン振興会は「2020年度グッドデザイン賞」受賞記者発表会をオンラインで開催した。今回は、1395件がグッドデザイン賞を受賞し、そのうち特に審査委員会の高い評価を受けた100件のプロダクトやサービスに「グッドデザイン・ベスト100」が贈られた。(2020/10/6)

コミックマーケット準備会が「第49回日本漫画家協会賞」で特別賞を受賞 「再開と継続にむけての温かい応援と受け止めております」
「マンガファンを愛するコミックマーケットに感謝と更なる発展を祈って」(2020/9/19)

「ワニもヘリウムガスを吸うと声が変わる」 京大准教授がイグノーベル賞を受賞
ワニが人間と同じように声を作っていることを明らかにしました。(2020/9/18)

【装丁にこだわりまくった同人誌】メフィスト評論賞受賞者が“古き良き文芸誌メフィスト”を二次創作した『幻影復興 -メフィスト・リブート-』
掲載作品ではなく、雑誌そのものを二次創作。(2020/9/30)

生死を分ける:
日本進出はいつ? 緊急時に命を救う「AI診断」 次世代ユニコーン「コルティ」の挑戦
デンマークに拠点を置くスタートアップ「Corti(コルティ)」が、注目されている。緊急度が高い「救急医療部門」向けにAIサービスを提供していて、将来ユニコーンになる可能性が高い企業に贈られる「Future Unicorn Award 2020」を受賞した。どんなサービスを提供しているのかというと……。(2020/9/4)

製品動向:
重機先端のノミを泡で覆って騒音削減、「バブルサイレンサー」が日本建築学会賞を受賞
大林組が開発した解体時の騒音を泡で覆って低減する「バブルサイレンサー」が、2020年日本建築学会賞(技術部門)を受賞した。(2020/7/2)

これは便利そう! サンスター文具、テープに挟むしおりなど「文房具アイデアコンテスト」受賞作を再現した試作品を発表
19作品のアイデアが実用的な形に仕上がりました。(2020/6/27)

「うざいな」と思ってくれたら本望 「エール」で俳優デビュー、ジュノンボーイ“W受賞”坪根悠仁が挑んだ“ハマり役”
初めての生の演技に「衝撃を受けた」と坪根さん。(2020/6/25)

灰色の紙に「白と黒で書くノート」をコクヨが発売 光と影をめっちゃキレイに描ける
コクヨデザインアワード2018で優秀賞を受賞し、商品化されることに。この発想はなかった!(2020/6/18)

Interop Tokyo 2020のBest of Show受賞製品が発表
オンライン開催中の「Interop Tokyo 2020」で2020年6月3日、優秀製品を表彰する「Best of Show Award」が発表された。Best of Show Awardは優秀展示製品を表彰する企画で、部門ごとにグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞が授与される。2020年はオンライン会議による審査が実施された。(2020/6/3)

第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live Vol.2:
前田建設アワードの特別賞に、第3の新型コロナ検査法などが受賞
前田建設工業 ICI総合センターが主催した社会的な課題の解決が図れるアイデアを評価するコンペティション「第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live」で、特別賞に医療系ベンチャーのリンクバイオとITベンチャーのレスティルが選出された。(2020/6/2)

連続テレビ小説「エール」、ジュノンボーイ“W受賞”の坪根悠仁が出演 俳優デビューにファン「快挙過ぎて泣きそう」
坪根さんは学生の頃から音楽活動を行っていたとのことです。(2020/5/22)

Facebook、不適切投稿を審議する外部組織「監督委員会」メンバー発表
Facebookが2018年から構想してきた、プラットフォーム上の投稿を削除すべきかどうか決定する外部組織「Oversight Board(日本では「監督委員会」)」のメンバーが発表された。ノーベル平和賞受賞者やピュリッツァー賞受賞者、元首相などが名を連ねる。(2020/5/7)

ロボット:
「第9回ロボット大賞」の募集開始、前回は土石流予測システムが国土交通大臣賞受賞
国土交通省は、総務省や文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、日本機械工業連合会と共同で、第9回ロボット大賞の募集をスタートした。インフラ関連では、前回はドローンを用いた火山噴火時の土石流予測システムが国土交通大臣賞を受賞している。(2020/5/5)

産業動向:
海外事業を評価され、大林組やIHIインフラシステム、安藤ハザマがJapaCon国際賞を受賞
国土交通省は、海外で建設プロジェクトや技術提供などで活躍する国内の建設会社と中堅・中小建設関連会社を評価し、海外展開を後押ししている。(2020/4/30)

産業動向:
技研製作所の「ジャイロパイラー」が日本機械学会優秀製品賞
技研製作所が製造販売する鋼管杭回転切削圧入機「ジャイロパイラー」が、日本機械学会優秀製品賞を受賞した。(2020/4/17)

製造ITニュース:
製造現場の検知・予兆を高度化、AWSが機械学習ソリューション開発企業を表彰
機械学習ソリューションを開発するブレインズテクノロジーが「APN Competency Partner of the Year -Industrial Software-」を受賞。産業分野での功績を持つ企業に贈られる賞だ。(2020/4/7)

猫「私は何をやらされてますか?」飼い主「くまモン…です」 赤いほっぺの黒猫「ねこモン」がゆるかわいい
ねこモン、ゆるキャラグランプリで受賞間違いなし?(2020/4/4)

ベンチャーニュース:
AI圧縮や酸化ガリウム基板の製造、JEITAが新鋭ベンチャー8社を表彰
電子情報技術産業協会は「第5回JEITAベンチャー賞」の受賞企業を発表した。AI圧縮技術のアラヤや酸化ガリウムの薄膜結晶成長技術のノベルクリスタルテクノロジーなど8社が受賞。(2020/3/31)

長澤まさみ、「キングダム」で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を獲得 デコルテが美しく映えるドレスも話題に
「世界の中心で、愛を叫ぶ」以来、15年ぶり2回目の同賞受賞。(2020/3/7)

Apple、「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレンジ」の受賞作品を発表
iPhoneナイトモードオンリー写真コンテストの結果が発表された。(2020/3/4)

製造マネジメントニュース:
日本オープンイノベーション大賞で「知能ロボットコントローラ」が内閣総理大臣賞
内閣府は、国内のオープンイノベーションの模範的なプロジェクトを表彰する、「第2回日本オープンイノベーション大賞」の受賞者を発表した。内閣総理大臣賞は、MUJINらの「汎用的『知能ロボットコントローラ』の開発」が受賞した。(2020/2/28)

知財ニュース:
革新的な企業トップ100で日本は2位に転落、特許の「影響力」に課題か
クラリベイト アナリティクスは革新性の高い企業を選出する「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2020」を発表した。国別受賞数で日本は2位に後退した。(2020/2/27)

昔懐かしい駄菓子屋に実物大ちくわ ナノブロックのコンテスト受賞作品が傑作ぞろい
どれもすごい。(2020/2/19)

藤岡弘、テレビ初出演果たした長女への思いを吐露 「いつもニコニコしながら裏方で、家族を支えてくれていた」
長女は“映画界の甲子園”で演技賞を受賞。(2020/2/14)

車載ソフトウェア:
自動運転システムの安全性を自動分析する新手法、肝は「大まかに捉える」
国立情報学研究所(NII)は、アーキテクチャ科学研究系 准教授の石川冬樹氏の研究チームが、自動運転車をはじめとする複雑な自動車システム設計の安全性を自動分析する手法を開発したと発表した。この研究成果は、複雑ソフトウェアシステムに対する工学についてのフラグシップ国際会議「ICECCS 2019」で最優秀論文賞を受賞している。(2020/1/27)

FAニュース:
「作業服、脱げぬ老後の、二千万」――第6回 現場川柳大賞が決定!
オプテックス・エフエーは、2019年10〜12月にかけて募集していた「第6回 現場川柳」の受賞作品を発表した。大賞は「作業服、脱げぬ老後の、二千万」が受賞した。(2020/1/24)

顧客満足度の高さで195カテゴリーの1038製品を選定:
アイティクラウドが「口コミで高評価だったIT製品やサービス」を発表
アイティクラウドは、「ITreview Grid Award 2020 Winter」を受賞した195カテゴリーの1038製品を発表した。10レビュー以上を集めた製品を対象に、カテゴリーごとに「Leader」と「High Performer」を選んだ。(2020/1/23)

ブラック企業、今は昔:
ワタミがホワイト企業大賞の特別賞を受賞 表彰式には渡邉美樹会長が笑顔で登場
ワタミの「三代目鳥メロ」がホワイト企業大賞の特別賞を受賞した。「働く一人ひとりのチャレンジ精神賞」という賞で、「創業当初からのビジョナリーな哲学を守りつつも、現場の一人一人が新しい組織になっていこうとチャレンジしている」点が受賞理由。同社は近年、労働環境改善に注力している。表彰式には渡邉美樹会長が笑顔で登壇した。(2020/1/20)

ブラック企業大賞で大賞を受賞した三菱電機、労務問題の再発防止策について発表
「パワーハラスメント行為を絶対に許さない職場づくりに注力」するとしています。(2020/1/12)

i-Construction:
令和元年度i-Construction大賞、ICT施工支援の静岡県など地方自治体ら25団体を選出
国土交通省は、令和元年度のi-Construction大賞で、建設現場の革新的な取り組みを行った25団体の受賞者を発表した。ICT土工やBIM/CIM、点群などの導入事例が、i-Constructionの普及を後押しする先進事例として多数選出された。(2020/1/9)

なぜ、痛ましい事件が相次ぐのか:
ブラック企業大賞を2年連続で受賞した三菱電機 過労死を繰り返す「隠蔽」の構図を探る
19年夏に三菱電機で発生した社員の自殺。激しいパワハラが問題視されたが、同社のこうした事件はこれが初めてではなかった。なぜ、痛ましい事件が相次いでしまうのか。背景には、遺族の訴訟や申請を「コスト」と見なし、事実を隠蔽する姿勢が透けて見える。労働問題に詳しい今野晴貴氏が解説する。(2020/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。