ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「受賞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「受賞」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
AI道路点検サービスが「日本オープンイノベーション大賞」国交大臣賞を受賞
内閣府主催の第6回「日本オープンイノベーション大賞」国土交通大臣賞に、三井住友海上火災保険とアーバンエックステクノロジーズが開発した官民連携DXによるAI道路点検サービスが選ばれた。DXの好事例や社会貢献の観点で高く評価された。(2024/2/20)

材料技術:
落合陽一氏率いるピクシーダストの透明吸音材がCESで受賞、“構造で吸音”を評価
ピクシーダストテクノロジーズは、東京都内でメディア向けラウンドテーブルを開き、吸音材「iwasemi(イワセミ)」シリーズの展開について紹介した。(2024/2/16)

「仮想と現実の境界についての問いがあります」 東京藝大の卒展で話題の“お嬢様人形”作者に制作理由を聞いた
作品は「平成芸術賞」を受賞しています。【訂正あり】(2024/2/14)

FAニュース:
口癖は 理論的には 可能です――第10回 現場川柳大賞が決定!
オプテックス・エフエーは、2023年10〜12月にかけて募集していた「第10回 現場川柳」の受賞作品を発表した。大賞は「口癖は 理論的には 可能です」が受賞した。(2024/2/9)

デル、CES 2024イノベーションアワード受賞のQD-OLEDディスプレイを発売
デル・テクノロジーズは、Alienwareゲーミングディスプレイ「AW3225QF」「AW2725DF」を発売した。価格はAW3225QFが15万9800円、AW2725DFが11万9800円(税込み)。(2024/2/6)

関根麻里、約10年前に出会っていた“日本人アーティスト”がグラミー賞受賞 再会の相手は「とても嬉しかった」
「なんと! 9年前にお会いしていました!」(2024/2/4)

バナナの皮って本当に滑るの? → “あるあるギャグ”を真面目に検証した研究に思わずくすっとしちゃう
研究は、2014年にイグノーベル賞を受賞しています。(2024/2/3)

宮崎駿監督の「君たちはどう生きるか」、アカデミー賞長編アニメーション部門賞にノミネート
2度目の受賞なるか?(2024/1/23)

「ChatGPTを駆使した」芥川賞作品を読む “ポリコレ的にOKな表現”が支配する未来とは
芥川賞を受賞した『東京都同情塔』は、「一部がChatGPTなどの生成AIで書かれた」という話題が一人歩きしているが、実際に読んでみて、「なんだこれは」と衝撃を覚えた。(2024/1/19)

芥川賞作「ChatGPTなど駆使」「5%は生成AIの文章そのまま」 九段理江さん「東京都同情塔」
芥川賞作品「東京都同情塔」は、ChatGPTなど生成AIを駆使して書いた――著者である九段理江さんが受賞会見でこう打ち明けた。(2024/1/18)

「子供の科学」で生成AI特集 「星新一賞」入選作家による“AI利用小説”の書き方解説も
「子供の科学」が、1月10日発売の「2024年2月号」で生成AIを特集している。執筆にAIを取り入れた小説で文学賞「星新一賞」の優秀賞を受賞した葦沢かもめさんも協力した。(2024/1/10)

「テレワーク やめたわが社に さようなら」……「テレワーク川柳2023」発表
日本テレワーク協会が公募した「テレワーク川柳2023」の受賞作が発表された。(2024/1/10)

FRUITS ZIPPER、レコ大最優秀新人賞受賞 ネットでは元てれび戦士・鎮西寿々歌に注目集まる 「オレンジの子のビジュもえぐい」「感情が忙しい」
おめでとうございます!(2023/12/30)

アニメ「異修羅」、メインPV公開 2024年1月3日からTOKYO MX、BS日テレなど全22局で放送開始 
『このライトノベルがすごい!2021』では単行本・ノベルス部門と新作部門でダブル1位を受賞した作品(2023/12/26)

現場管理:
教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が「WORK DESIGN AWARD」受賞
野田配管工業が提供する教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が、SmartHRの「WORK DESIGN AWARD」PRODUCT部門を受賞した。(2023/12/25)

【漫画】「13年飼っていた犬が死んだ」妻は離婚を決意して―― 犬がつなぎとめていた夫婦の喪失と再生を描いた物語に反響
「ちばてつや賞ヤング部門第89回優秀新人賞」を受賞した作品です。※この作品には犬が死ぬ描写があります。(2023/12/20)

社員・店舗スタッフが選ぶ「ファミマ大賞2023」 大賞を受賞した商品・サービスは?
ファミリーマートが社員や店舗スタッフを対象に調査した「ファミマ大賞2023」の結果を発表した。おすすめしたいと票が集まった商品や取り組みとして、どんな顔ぶれが並んだのか。(2023/12/19)

今年のクルマは、トヨタ「プリウス」 14年ぶりのイヤーカー受賞
年間を通じて最も優秀な車に贈られる「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考が実施され、「プリウス」がイヤーカーに選出された。(2023/12/11)

検索数が急上昇した「Yahoo!検索大賞2023」 アニメ部門1位は『推しの子』、大賞は?
ヤフーは「Yahoo!検索大賞2023」を発表。最も検索数が急上昇し大賞を獲得したのは、プロ野球選手の大谷翔平さんで、「大賞」と「アスリート部門」1位のダブル受賞となった。(2023/12/11)

塚原重義監督作品「クラユカバ」「クラメルカガリ」が2作品同時公開 クラメルカガリ主演の佐倉綾音「私の大好きな世界だ……」
「クラユカバ」はファンタジア国際映画祭で長編アニメーション部門観客賞・金賞を受賞。(2023/12/8)

初音ミク、「日本ネーミング大賞」最優秀賞を受賞 「ネーミングが世界観を拡げた好例」
クリプトン・フューチャー・メディアの歌声合成ソフト「初音ミク」が、日本ネーミング協会が主催する「日本ネーミング大賞2023」で「最優秀賞」を受賞した。(2023/12/4)

井上咲楽、フルマラソン3時間半切りの記録で2位受賞の快挙 「気持ちよく走ってきました」
女性では非常にハイレベルなタイム。(2023/12/3)

「アルトマンじゃないのか?」 流行語大賞「生成AI」は落合陽一さん、悩んだ末の受賞
流行語大賞のトップテンに「生成AI」が入り、落合陽一さんが受賞した。悩んだ末の受賞だったようだ。(2023/12/1)

Apple、「App Store Award」の受賞アプリ発表 ティム・クックCEO、「優れた創意工夫、卓越した品質」などと称賛
米Appleは11月29日(現地時間)、2023年のベストアプリとベストゲームの受賞作を発表。優れた創意工夫、卓越した品質、明確な目的が示されたアプリが受賞したという。ティム・クックCEO(最高経営責任者)のコメントも発表された。(2023/12/1)

Google、Playストアの2023年ベストアプリとベストゲームを発表
Googleが「Google Playベストオブ2023」の受賞作品を発表した。2023年に人気を集めたコンテンツを部門別に紹介するものだ。ベストアプリは「LINEマンガ」、ベストゲームは「崩壊:スターレイル」。この他、「隠れた名作部門」「優れたAI部門」なども発表された。(2023/11/30)

ネコ好き集まれー! 安達祐実&倉科カナ&渡邉圭祐&ニャンコ『三日月とネコ』が実写映画化
「第1回anan猫マンガ大賞」大賞受賞作が実写映画化されます。(2023/11/24)

「世界最小レベル」を実現:
超小型デュアルコア搭載BLEモジュールを展示、加賀FEI
加賀FEIは、「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日/パシフィコ横浜)に出展し、超小型のデュアルコア搭載BLEモジュール「EJ5340」を展示した。「EdgeTech+ AWARD 2023」でIoT Technology優秀賞を受賞した技術だ。(2023/11/21)

史上初、VTuberがベストジーニストに 「にじさんじ」の叶さん
「ベストジーニスト 2023」でVTuberが初受賞。にじさんじの叶さんだ。それ以外の受賞者は全員、生身の人間だった。(2023/11/9)

電子ブックレット:
「CEATEC AWARD 2023」に選ばれし技術
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日/幕張メッセ)に出展した製品/サービスの中から優れたものを表彰する「CEATEC AWARD 2023」で、各賞を受賞した企業/技術に関する記事をまとめました。(2023/11/9)

「連載終了で作者や前作まで否定するのはおかしい」 “打ち切り疑惑”があがるマンガ『一ノ瀬家の大罪』にネット上でさまざまな声
『タコピーの原罪』の次回作、「次にくるマンガ大賞2023」受賞2カ月後に連載終了。(2023/11/6)

「CEATEC AWARD 2023」受賞:
電力性能が「世界最高水準」のAIプロセッサ、PFNが実働デモを初展示
Preferred Networks(PFN)は「CEATEC 2023」にて、AI(人工知能)/基盤モデル向けの省電力プロセッサ「MN-Coreシリーズ」を展示した。同シリーズは「CEATEC AWARD 2023」のアドバンストテクノロジー部門で準グランプリを受賞している。(2023/11/6)

プレイバック注目コンテンツ:
「カンヌライオンズ2023」を振り返る
「カンヌライオンズ2023」モバイル部門の受賞作の傾向を関連記事で振り返ります。(2023/11/5)

「CEATEC AWARD 2023」受賞:
食べずに分かる! 写真1枚でAIが野菜のおいしさを判定
マクタアメニティは「CEATEC 2023」にて、スマートフォンなどで撮影した画像から野菜などの「おいしさ」を解析する技術を展示した。同技術は「CEATEC AWARD 2023」のアドバンストテクノロジー部門で準グランプリを受賞している。(2023/10/30)

「CEATEC AWARD 2023」経済産業大臣賞:
必要な部分だけ「回路を印刷」、FPCの独自製法
エレファンテックは「CEATEC 2023」にて、独自手法「ピュアアディティブ法」で製造したフレキシブルプリント回路基板「P-Flex」を展示した。同手法は、金属インクジェット印刷技術を用いて基板上に回路形成することで、資源の使用量を大幅に抑えることができる技術だ。P-Flexは「CEATEC AWARD 2023」にて、経済産業大臣賞を受賞した。(2023/10/26)

「CEATEC AWARD 2023」スタートアップ部門グランプリ:
風を「見える化」、ドローン運航支援や風力発電に活用
メトロウェザーは「CEATEC 2023」にて、風況予測を行えるドップラーライダーを展示した。同製品は小型かつ低価格であることが特長で、「CEATEC AWARD 2023」のスタートアップ部門でグランプリを受賞している。(2023/10/25)

ドラマ「silent」、東京ドラマアウォード2023を席巻 川口春奈や目黒蓮らが受賞
主演女優賞などを獲得しました。(2023/10/24)

CEATEC AWARD 2023 デジタル大臣賞 受賞:
ミニトマト大の小型カメラで、ライブ映像を多拠点配信
ザクティは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日)に出展し、リアルタイム映像DX(デジタルトランスフォーメーション)ソリューション「Xacti LIVE(ザクティライブ)」を展示した。「CEATEC AWARD 2023」でデジタル大臣賞を受賞した技術だ。(2023/10/24)

CEATEC 2023:
メガネに付けられるウェアラブルカメラがCEATEC AWARD受賞、遠隔作業支援を加速
ザクティは、「CEATEC 2023」において、ウェアラブルライブ映像デバイスと配信サービスを組み合わせた「Xacti LIVE(ザクティライブ)」を出展し、さまざまな用途提案を行った。なお、同技術は「CEATEC AWARD 2023」において「デジタル大臣賞」を受賞している。(2023/10/23)

「CEATEC AWARD 2023」受賞:
熱の動きを0.01秒で検知、低コストで量産可能な熱流センサー
TopoLogicは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日、幕張メッセ)で熱流センサー「TL-SENSING」を展示した。TL-SENSINGは従来の熱流センサーと比較して応答速度は約100倍、製造コストは数百分の1以下だ。TL-SENSINGは、「CEATEC AWARD 2023」のスタートアップ部門で準グランプリを受賞している。(2023/10/23)

デザイン性と発電効率を両立:
窓ガラスと一体化したペロブスカイト太陽電池、CEATEC 2023で表彰
パナソニック ホールディングスは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日)に出展し、ガラス建材一体型 ペロブスカイト太陽電池を展示した。発電効率は最大17.9%で「従来の結晶シリコン系の太陽電池と同等の発電効率だ」(同社)という。「CEATEC AWARD 2023」のデバイス部門で準グランプリを受賞した技術だ。(2023/10/24)

CEATEC 2023:
GaN層を超低欠損で成膜できる新工法がCEATEC AWARD受賞、マイクロLED普及に弾み
京セラは、「CEATEC 2023」において、高品質なGaN結晶層を形成する技術により、高い歩留まりと低コストでマイクロLEDやマイクロレーザー基板を作成できる新工法を紹介した。同技術は「CEATEC AWARD 2023」におけるアドバンストテクノロジー部門のグランプリを受賞している。(2023/10/18)

CEATEC AWARD 2023 総務大臣賞受賞:
歩くだけで1秒以内に危険物を可視化、東芝の空間セキュリティ技術
東芝は「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日)に出展し、危険物をリアルタイムで検知/可視化できる空間セキュリティ技術を展示した。「CEATEC AWARD 2023」で総務大臣賞を受賞した技術だ。(2023/10/19)

吉沢亮や野村周平を生んだオーディションが6年ぶりに開催 グランプリ受賞者には最大規模の賞金が
10月16日から12月17日までが応募期間となっています。(2023/10/16)

2023年シエナ国際写真賞が受賞作品発表 「ウクライナでの家族の別れ」捉えた写真が総合優勝
力作がそろっています。(2023/10/12)

最初は注目されなかった:
ノーベル賞受賞のカリコ氏が語る「苦難と信念」 コロナワクチン開発に貢献した開拓者精神とは?
ノーベル生理学・医学賞に、コロナワクチンの開発に貢献した独ビオンテック社のカタリン・カリコ上級副社長と、米ペンシルベニア大学医学大学院のドリュー・ワイスマン教授が選ばれた。その背景には、苦難の研究者人生があった。困難にめげず信念を貫いて道を切り開いた姿勢は、多くの経営者のヒントになるだろう。(2023/10/3)

「このミス」大賞を起業家が受賞 東大発AIベンチャー・PKSHA創業者の作品
「このミステリーがすごい!」大賞に、AIベンチャー・PKSHA Technologyの共同創業者の山田尚史氏(34)の作品が選ばれた。」(2023/10/3)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第1回】
ITの世界で輝く“殿堂入り”のすごい女性 その活躍の本当の価値とは
英Computer Weeklyが創設し、IT業界で活躍する女性を表彰する「Most Influential Women in UK Technology」。受賞者の中でも殿堂入りを果たした人物の活躍を紹介する。(2023/9/23)

「電気味覚」の明大・宮下教授らがイグ・ノーベル賞受賞 電気を使って“味を変える”研究とは?
ユニークな研究に贈る「イグ・ノーベル賞」の2023年の受賞者が発表され、明治大学・宮下芳明教授と東京大学・中村裕美特任准教授が栄養学賞を受賞した。微弱な電気を食器などに流すことで、飲食物の味を変える「電気味覚」研究が評価された。(2023/9/15)

躍動感のすごさに圧倒される! スポーツ写真のコンテストの受賞作品に息をのむ
まるで空の上でゴルフしているかのような写真が優勝。(2023/8/27)

田中直基氏×高宮範有氏「カンヌライオンズ2023」対談【前編】:
カンヌライオンズ2023受賞作に見るモバイルキャンペーン世界最先端の潮流
「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」でモバイル部門の審査員を務めた電通の田中直基氏と、2021年に同部門の審査員を務めたI&COの高宮範有氏の対談をお届けする。(2023/8/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。