ニュース
» 2015年06月08日 14時55分 UPDATE

6月8日は「ルンバの日」――8割の主婦が日常の家事で時間不足を自覚

セールス・オンデマンドは、6月8日を「ルンバの日」に制定すると発表。同社の調査で、家事を“時短”するために商品やサービスを導入した経験のある主婦は2割未満であることが分かった。

[ITmedia]

 セールス・オンデマンドは、日本記念日協会から認定を受け、6月8日を米iRobotのロボット掃除機「ルンバの日」に制定した。理由は6と0と8で「ル(6)ン(0)バ(8)」と読めるため。

photo 6月8日は「ルンバの日」

 また、同社は日常の家事にかかる時間について全国の既婚女性600人に調査した。調査概要は以下の通り。

調査概要

調査エリア:全国

調査対象者:20〜59歳の既婚女性

サンプル数:600

調査期間:2015年5月23日〜5月24日

調査方法:インターネットリサーチ

※セールス・オンデマンド調べ


 調査によると、回答者の77.7%が「時間が足りない」と感じており、約2人に1人が「家事を“時短”したいと思っている」という。だが一方で、実際に時短をうたった商品やサービスを導入した経験がある人は2割未満。家事の中でロボットに丸ごと置き換えることができるなら積極的に取り入れたいジャンルの1位は掃除だった。

photo 8割の主婦が時間不足を感じている
photo 半数以上が家事を“時短”したいと思っている
photo 時短商品やサービスを使った経験のある人は2割に満たない
photo 時短したいジャンルナンバー1は掃除

 なお、セールス・オンデマンドは2組8人に3泊5日のハワイ旅行が当たる「for Family,+5daysキャンペーン」を7月26日まで実施しており、特設サイトより応募できる。詳細は別記事(ロボット掃除機ルンバ、ハワイ家族旅行が当たるオープンプレゼントキャンペーン「for Family,+5days」を開始)を参照。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.