ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「家事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「家事」に関する情報が集まったページです。

鍋つかみを持って走り回る、背中に乗ろうとジャンピング……小さな子どもを見ながらご飯を作る大変さ描く漫画に共感集まる
「米びつをひっくり返そうとする」「転んで泣く」……子どもを見ながらの食事作りは大変。(2019/11/12)

7割以上の男性が「男だから」に生きづらさ 若年層は「人間性」、高年層では「仕事」に影響
長く続いてきた「文化」を変えるのには大きな力が必要(2019/11/7)

製造マネジメント インタビュー:
グーグルからパナソニックへ、松岡陽子氏の原動力は「人の生活を助けたい」
パナソニックのフェローに、グーグル(Google)米国本社のバイスプレジデントで、スマートホーム製品「Google Nest」のCTOを務めた松岡陽子氏が就任する。松岡氏はパナソニックにどのような影響を与えるのだろうか。同社が開催した会見で松岡氏は、期待される役割など報道陣からの質問に答えた。(2019/11/1)

NICTが開発している無線通信用のテスト環境とは:
IoT、ロボット、スマートデバイス、VR――どんどん複雑化するソフトウェアテスト、20年後はどうなる?
2019年8月29〜31日に開催された「builderscon tokyo 2019」のセッション「20年後のソフトウェアテストの話をしよう」で、情報通信研究機構の湯村翼氏がセンサーデータや物理的な情報を取り込むためのさまざまなテスト技術を説明した。(2019/10/29)

飼い主の気をひきたいネコの“不思議な儀式”が面白い! ネコの謎のアピール行動を描いた漫画が気になる
猫語がわかるならインタビューしてみたい……!(2019/10/24)

未払い賃金の請求期間、「まず3年に延長」報道に波紋 民法では5年になるのに……企業は「負担大きい」と主張
企業の負担に配慮とは……?(2019/10/21)

鍋に取り付けて手軽に使える「低温調理器」発売 25〜95度の温度帯を管理可能
低温調理法は「焼く」「蒸す」「煮る」に次ぐ「第4の調理法」と呼ばれています。(2019/10/20)

父親の育児参加当たり前? 9割が「そう思う」と回答も、育休取得は1割以下
家庭だけでなく、社会の力が必要。(2019/10/18)

「天才すぎる」「素晴らしい」 家事や勉強を終えたらチョコレートを食べられるタスク管理術に絶賛の声
勉強にも使えるライフハック。(2019/10/13)

男性の「仕事と育児の両立」理想と現実に差 育児休業取得率は7.2%、1週間の家事時間は「6.2時間」
難しいという雰囲気がそうさせている気も。(2019/10/9)

連合調べ:
育児を全くしないパパの割合は? リアルな家事育児状況が調査で明らかに
連合が、働く父親に関する家事や育児状況の調査結果を発表。育休取得率は7.2%にとどまり、「全く育児をしない」人は13.5%も存在している。行っている家事については「ゴミ出し」が最も多かった。労働時間が短いほど、家事や育児に積極的になる傾向にあるようだ。(2019/10/9)

医療機器ニュース:
介護・福祉関連市場の調査報告、介護業務効率化支援システムが2025年に2.2倍へ
富士経済は、介護・福祉関連製品・サービスの国内市場を調査し、2025年市場予測(2018年比)を含む結果を「Welfare関連市場の現状と将来展望 2019」で発表した。同調査によると、介護業務効率化支援システムが2.2倍の22億円になるという。(2019/10/9)

新連載・「イクメン」と呼ばれて:
なぜ私は「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか
共働きで子どもを育てている筆者。家事と育児をバリバリこなしている。なぜ「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか。(2019/10/5)

シンデレラに「奇跡や魔法に頼るなよ!」 松岡修造が童話の世界に紛れ込んで応援する漫画が暑苦しい
修造に励まされ、本来とは違う形でハッピーエンドを迎える人たち。(2019/10/5)

3歳娘が皿洗い→母全身で水を浴びる お手伝い中に起こる子育てあるある漫画が「ショーシャンクしてる」
子育ては常に悲喜こもごも。(2019/10/4)

スマートハウス:
低価格で軽量な宅配ボックス「COMBO-Light」、アンカー不要で接着施工に対応
国土交通省は2019年10月1日から次世代住宅ポイント制度をスタートする。同制度では、“家事負担軽減に資する設備”として、住宅用宅配ボックスが補助金の対象となる。これを受け、パナソニックは、同日から後付け用宅配ボックス「COMBO-Light」を全国のパナソニックショールームで展示を始めるとともに、受注を開始し拡販を図る。(2019/10/2)

【オタ母あるある漫画】“推しの接触イベント”で、すっかり忘れていた「自分みがき」欲がよみがえる
推しイズパワー。(2019/10/1)

「たんたかたんたんたかス〜プ〜」 「日清ラ王」CM、子役の“言えてなさ”がかわいくて困る
本当は「坦々スープ」って言いたかったらしい。(2019/9/26)

「子ども欲しい?」「夫婦で財布は別?」 価値観をパートナーと互いに確認できるサービス「ふたり会議」
夫を好きすぎるあまり、結婚生活を円満にするためのサービスを作ったという運営者に話を聞きました。(2019/9/25)

ダスキン、洗濯代行サービス「ダスキンウォッシュ」検証を大阪でスタート 洗濯、乾燥、たたみまでしてくれる
コインランドリーの定額サービスも。(2019/9/25)

キッズラインがサブスク家具導入 事業成長に伴うオフィス増床に対応
ベビーシッターと家事代行のCtoCサービスを運営するスタートアップ企業がサブスクリプション家具を導入した。身軽さや柔軟性をメリットとして強調する。(2019/9/24)

続いて数日だと思っていたら…… 働くママのために夏休み中お弁当を作り続けた娘、最終日の手紙に両親号泣
我が子の姿に大切な何かを悟る。(2019/9/20)

「ふとした瞬間に悪くなりそうで怖い」 井上和香、突然の体調不良に不安隠せず
仕事に育児にと忙しくしている井上さん。(2019/9/16)

「こんな症状、誰が信じてくれるんだ !」 正体不明の病気に悩まされたとき、一番しんどかったこと
病気に名前がつくまでがしんどかった、というお話。(2019/9/14)

特集・日本を変えるテレワーク:
テレワークで「阿吽のコミュニケーション」を実現する秘訣は「絵文字」
テレワークでのコミュニケーション手段として必須のチャット。しかしチャット中心のテレワークでは相当の注意を払わないと真意が伝わらなかったり、誤解を与える可能性がある。そこで重要になってくるのが、実は絵文字の存在だ。また、テレワークを成功させる4つのルールも紹介する。(2019/9/10)

人材流出を防ぐために:
ワーキングマザーを“戦力外”にするな 企業の「小1の壁」「小4の壁」の乗り越え方
いまだに難しい育児と仕事の両立。小学校就学後も子どものケアを理由に退職する女性は多い。パーソル総研の研究員が調査結果を元に処方箋を提案する。(2019/8/30)

買った後に自分で値段を決める ネットプロテクションズが「あと値決め」
サービスなどを購入した後に、ユーザーが自ら値段を決められる仕組み「あと値決め」をネットプロテクションズが開発。サービスを受けたあと、ユーザーは利用体験の良し悪しに応じてWeb画面上でバーを操作して値段を決める。最初のハードルを下げることで、新しいビジネスを生み出せる可能性もある。(2019/8/29)

産後には“鬼”がやってくる 産後に陥るイライラ状態への対処をアドバイスする漫画が参考になる
プレママや産後の奥さんを持つパパさんに読んでほしい。(2019/8/24)

PR:なんだその美声! 日立の異色すぎる家電VTuber“白花伝伯爵”がCMでおなじみの「この木なんの木」を熱唱する動画がクセにな〜る
めっちゃ美声だしめっちゃヌルヌル動く。(2019/8/23)

いわくつき物件に幽霊が…… 憑かれるどころか“お憑き合い”してしまう漫画に「うらめしや ちがう うらやましい」
ホラー風ラブコメ百合漫画。(2019/8/22)

悩めるマネジャー必見:
なぜ今、「ガチガチの管理」が機能しなくなったのか――「管理をやめた成長企業」の社長に直撃
変化の時代にガチガチの管理をしても成果は上がらない――。そう話すのが、書籍「管理ゼロで成果はあがる」の著者、倉貫義人氏だ。その理由は?(2019/8/22)

「家事・育児の分担」で何度も衝突してきた夫婦 うまくいくようになった方法描いた漫画に「目からウロコ」「タメになる」
具体的に頼むこと、ゴールを明確にしてやり方を任せること。(2019/8/18)

“やりがい”よりも重視すべきは……:
会社を辞める本当の理由は? 「離職招く要因」見つける新サービス
「離職」が企業の大きな課題となっている。離職理由として「やりがい」が挙がるが、大部分はそうではない。家庭や健康、人間関係の問題といった「ハイジーンファクター」だ。この部分に特化した分析サービスが発表された。(2019/7/22)

大勢のカービィと暮らす日常を描いたイラストがかわいすぎる 「幸せすぎるだろ!」「こんな生活してみたい」
でも食費ヤバそう。(2019/7/10)

“言いたいことを言えない”息子が結婚するのを心配する母親「そうさせたのはお母さん!」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
どこまで先回りして心配するのか。(2019/7/8)

美しいだけの国 ――東京レッドライン:
「心は本当にあるのかな」――“人格を移植”された電子人形は愛を知らない Lv. 近衛りこ
アレキサンドライト――#2。(2019/7/7)

ラーメン屋・幸楽苑、店長の「シフト作成」をクラウド活用で自動化へ 「バイト入れる?」と聞く手間省く
ラーメンチェーンの幸楽苑が、アルバイトの勤務シフトを自動作成するクラウドサービス「beepシフト」を導入する。アルバイトが働きたい日時を専用のアプリに入力すると、時間ごとに必要な人数を分析した上で、シフトを作成する仕組み。店長が手作業でシフトを決める負担を軽減する狙い。(2019/7/4)

「ちえみさんお元気そう」「涙が出ました」 堀ちえみ、早見優、松本伊代、“花の82年組”再会にファン感涙
早見さん「7年のお付き合い 何も言わなくても安心できる仲間」。(2019/7/4)

助けた覚えのないツルが恩返しにやってきた かわいい押しかけ鶴の漫画に「悶えました」「好き」の声
この漫画には幸せしかない。(2019/7/4)

体当たりッ!スマート家電事始め:
他社とも連携、シャープが乗り越えたスマートホームの「壁」とは
シャープにスマートホームサービス「COCORO HOME」の戦略を聞いた。他社製品やサービスと連携させる共通プラットフォームを作る狙い、それを阻んでいた壁とは?(2019/7/2)

女性であることは足かせになる?:
働く女性の約半数は「性別が仕事に影響」 「意見を出すとヒステリー扱い」も
エン・ジャパンが「女性活躍」をテーマにアンケートを実施。働く女性の46%が「女性であることが仕事に影響した」と回答しており、うち6割以上は「悪い影響があった」と答えていることが分かった。(2019/7/2)

「もうとってもとってもとってもうれしかった!」 ぺこ、24歳バースデーにりゅうちぇるからサプライズで祝われ感激
いつまでもラブラブな比嘉家。(2019/6/30)

ユーザーの“信用”を数値化「LINE Score」提供開始 ローンの「貸付利率」をスコアで変動
ユーザーの信用度を数値化する「LINE Score」が始動。数値に応じ、LINE Payでのポイント付与率を上げる他、他社のサービスを安く使えるクーポンも提供。貸付利率が変動するローンサービスも今夏始める。(2019/6/27)

「クロワッサン」1000号 雑紙が売れない時代に“工夫”で部数伸ばす
雑誌離れが進むが、昭和52年創刊で6月25日発売号が1千号という歴史ある雑誌「クロワッサン」(マガジンハウス)は、実売部数(約9万部)が前年比1割増と好調だ。昨年10月から編集長を務める郡司麻里子さんは、培ってきた伝統は守りつつ、レイアウトなどを工夫し、幅広い世代の読者が手に取りやすい誌面づくりに心を砕いているという。 (2019/6/27)

キャリアニュース:
上司に仕事量の調整希望を伝えていないワーキングマザーが約5割
パーソル総合研究所が「ワーキングマザー調査」の結果を発表した。ワークライフバランスがとれていない正社員女性の49.1%が、仕事量の調整希望を上司に「伝えていない」と回答した。(2019/6/27)

蒲田 初音鮨物語:
「絶対に一流店にしてやる」という気負いが店をダメにする 落ちぶれた店で“鮨職人”が見失っていたもの
勝が跡を継ぐ直前まで、極めて落ちぶれた状況だった初音鮨。“鮨職人”が見失っていたものは何だったのか。(2019/6/26)

社畜に効くのは「辛かったのじゃろ」「大変だったのじゃろう」と寄り添ってくれること アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」11話
「よく頑張ったのう」って言われたら泣きそう。(2019/6/20)

大企業にもイクメンの波:
製薬世界トップ3の日本社長が育休を!? 「ノバルティスファーマ社長」の子育て術
仕事をしながらの子育てで大事なことは――ノバルティスファーマ社長の綱場一成氏の子育て術とは?(2019/6/18)

辻希美、32歳の誕生日を幸せ報告! “コメント欄”開放で応援メッセージ殺到「すごく尊敬」「大好きです!」
辻さんに伝えたかった思いがたくさん。(2019/6/17)

引きこもりは「有意味感」が得られない 低下した自尊心を回復させる接し方
★(3)(2019/6/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。