ニュース
» 2015年12月11日 21時13分 UPDATE

アンプモジュールを付け替えて自分好みにカスタマイズ――オヤイデからフラグシッププレイヤー「FiiO X7」登場

オヤイデ電気は、FiiOブランドのハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「FiiO X7」12月18日から販売する。アンプモジュールを交換して音の違いを楽しめるユニークなプレイヤーだ。

[ITmedia]

 オヤイデ電気は12月11日、FiiOブランドのハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「FiiO X7」を発表した。価格はオープンプライスで、店頭では9万9800円前後になる見込み(税別)。12月18日から販売する。

ts_fiio7x01.jpg 「FiiO X7」

 4インチのタッチパネル付き液晶ディスプレイとCortex-A9/1.4GHzを搭載したAndroidベースのハイレゾプレイヤー。ただし、Android OS上で音楽アプリなどが使える「Androidモード」のほか、純粋な音楽プレイヤーとして機能する「Pure Musicモード」を搭載。Pure Musicモードなら、ほかのアプリとリソースを食い合うことがなく、安定性が高い。もちろんWi-Fi、Bluetoothも搭載している。

ts_fiio7x02.jpg 「Pure Musicモード」と「Androidモード」のイメージ

 DACチップは据え置き型のオーディオ機器に使われるESSテクノロジーの「ES9018S」を採用。384kHz/32bitや192kHz/64bitのPCM音源にくわえ、最大5.6MHzまでのDSDをネイティブ再生できる。内蔵のリチウムイオンバッテリーで約9時間の連続再生が可能だ。内蔵メモリは32GBで、microSDカードスロット1基を装備。またUSB OTGを使ってUSBメモリーなどを利用した容量拡張も可能になっている。

カスタマイズと進化

 最大の特徴は、アンプモジュールを交換してシチュエーションや気分で音の違いを楽しめること。デフォルトの「スタンダードIEMモジュール」のほか、「Medium-classモジュール」「High-Powerモジュール」「Balancedモジュール」を、今後オプションとして発売する予定だ。「バラエティ豊かなオプション・モジュールを単体で発売予定。X7は、ユーザーが求める個性に合致したDAPに変貌し、変化する」(同社)。

ts_fiio7x03.jpg アンプモジュールが交換できる

アンプモジュール オペアンプ&概要
スタンダードIEMモジュール OPA1612+AD8397
Medium-classモジュール MUSE02
High-Powerモジュール LME49600
Balancedモジュール IRIS&2.5mm4極ジャック搭載

 さらに今後は、ファームウェアバージョンアップにより、USB-DAC機能やVUメーター表示機能、ボタンマッピング機能などを追加する計画。付属のFiio MusicアプリもDLNAやNASからの楽曲再生、Dropboxなどのクラウドストレージを介した音楽再生などに対応する予定だ。

ts_fiio7x04.jpg 今後のファームウェアバージョンアップにより、3種類のVUメーターが利用できるようになる

 本体サイズは130×64×16.6mm。重量は220g。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.