ニュース
» 2017年01月04日 20時18分 UPDATE

CES 2017:話しかけると点灯&変形するロボットライト、Cerevoが発表

CerevoがCESで開発中の新製品「Lumigent」(ルミジェント)を発表した。話しかけると言葉を認識して自動で点灯し、変形するロボット・デスクライト。800万画素のカメラと無線LANも備えている。

[ITmedia]

 Cerevoは、ラスベガスで1月5日に開幕する世界最大級のエレクトロニクス関連展示会「CES 2017」で開発中の新製品「Lumigent」(ルミジェント)を発表した。

「Lumigent」(ルミジェント)の使用イメージ

 ルミジェントは、話しかけると言葉を認識して自動で点灯し、変形するロボット・デスクライト。4自由度の可動軸を備え、使わないときは省スペースだが、「Hi Lumi,turn on」と呼びかけるとあらかじめ指定した位置に自動でライトを動かし、点灯する。ライトは10Wで、色温度は6200K(ケルビン)。

変形の様子。変形前のサイズは200(幅)×130(奥行き)×490(高さ)mmとコンパクト。変形後のサイズは620(幅)×130(奥行き)×375(高さ)mm

 また、800万画素のカメラと無線LAN(付属の無線LANアダプターを使用)を備え、撮影した画像や動画などをスマートフォンを介してクラウドへアップロードできるほか、Micro USBでPCと接続してWebカメラとして利用することも可能だ。これらの操作も音声で行えるため、「両手で被写体を保持したり、手やペンで指さししている状態の写真を1人でも撮影できる」(同社)。静止画と動画に加え、タイムラプス撮影も行えるという。

 発売は秋頃を予定しており、価格は4〜7万円になる見込み。なお、ルミジェントはCESに出展された製品のうち、優れたデザインや技術を持った製品に送られる「CES 2017 Innovation Awards」を受賞している。

 なお、Cerevoはほかにも世界初のVRシューズ&グローブ「Taclim」(タクリム)、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」(製作: 攻殻機動隊製作委員会)に登場する多脚戦車「タチコマ」1/8モデル(1/8タチコマ)など開発中の製品を含む合計17製品を展示する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.