薄型テレビ

液晶テレビ/プラズマテレビのニュースやレビュー、開発者インタビュを掲載。薄型テレビにまつわる最新情報をお届けします。

» 2017年01月22日 04時02分 更新

薄型テレビ新着記事

news148.jpg
ニュース

ディーアンドエムホールディングスは、デンマークDALIのスピーカーシステム「ZENSOR(センソール) AX」2機種を2月上旬に発売する。シンプルなシステムでテレビやPCの音質をアップグレードできるアクティブタイプだ。(2017/01/17)

news143.jpg
ニュース

BCNがデジタル家電やPCなどの年間販売台数ナンバー1を表彰する「BCN AWARD 2017」の受賞社を発表した。今年で18回目を迎える同アワード。今回は全121部門で58社が受賞した。(2017/01/12)

news134.jpg
ニュース

総務省は、2018年に始まるBS右旋/左旋および東経110度CS左旋を使用した4K/8K実用放送に参入を希望していた11事業者を認定する方針を明らかにした。申請を行った11事業者に日本放送協会(NHK)を加えた12者。(2017/01/11)

FEATURES

news076.jpg
ニュース

東芝が4K/HDR対応の大画面有機ELテレビを国内で発表した。「真実の“黒”を求めて辿り着いたのが4K有機ELレグザ」という画質重視モデルだ。しかも高画質テレビとして知られるパイオニア「KURO」と同じ映像モードを搭載したという。(2017/01/11)

news012.jpg
コラムITはみ出しコラム:

GoogleもAppleもいまひとつ攻略できていない「テレビ」ですが、Amazonに勝算はあるのでしょうか。(2017/01/08)

news025.jpg
インタビューCES 2017:

「Dolby Atmos対応のコンテンツの広がりに、ソニーとして万全の体制で臨む」――ソニーがコンシューマー向け製品としては初めてDolby Atmosに対応したAVアンプ「STR-DN1080」、そしてサウンドバー「HT-ST5000」を発表。 CESの会場で開発者に話を聞いた。(2017/01/07)

news039.jpg
ニュースCES 2017:

ソニーが“有機ELブラビア”「A1E」シリーズをはじめとする薄型テレビ製品群を発表した。それぞれにどんな“ソニーの最新テレビ”なのか、現地で発表された製品を取材して分かったことをまとめてみよう。(2017/01/06)

news127.jpg
ニュースCES 2017:

HDMI Forum,Inc.がHDMI規格の最新版となるバージョン2.1のスペックを公開した。8K/60Hzや4K/120Hzといった高解像度&高いリフレッシュレートに対応。(2017/01/05)

news118.jpg
ニュースCES 2017:

ソニーが4K/HDR対応の有機ELテレビ「A1E」シリーズをお披露目。日本国内での販売も予定しているという久しぶりの自発光テレビだ。しかもスピーカーレス。(2017/01/05)

news098.jpg
ニュースCES 2017:

LGエレクトロニクスが「CES 2017」で薄型テレビの新製品を大量に発表。コンセプトが「“Wallpaper” TV」という、薄くて軽量な「OLED TV W」シリーズも披露した。(2017/01/05)

news035.jpg
ニュースCES 2017:

パナソニックが欧州と日本のメディア向けに記者会見を開催し、4K有機ELテレビ「EZ1000」シリーズを発表した。今回は、「日本での展開も視野に入れて開発を進めているテレビ」という。映像処理プロセッサーも最新世代の「Studio Colour HCX2」を搭載する。(2017/01/04)

news028.jpg
ニュースCES 2017:

アメリカのラスベガスで世界最大のエレクトロニクスの展示会「CES 2017」が1月5日から始まる。それに先駆け、現地時間3日の夜にパナソニックが欧州と日本のメディア向けに記者会見を開催。第3世代となる4K対応の有機ELテレビ「EZ1000」シリーズと、Ultra HD Blu-rayプレーヤー3機種を発表した。(2017/01/04)

news019.jpg
連載麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:

年に1度の総決算、「デジタルトップ10」の季節が今年もやってきた。オーディオもビジュアルもさまざまな展開を見せた2016年だが、麻倉怜士氏にとって今年はDACが豊作だったようだ。前編では第10位から第6位までをお届けしよう。(2016/12/29)

news048.jpg
連載山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:

AVシーン今年最大のトピックは、Ultra HD Blu-rayとHDR (ハイダイナミックレンジ)の登場と断言していい。今回は、その再生に必要な4Kテレビやプロジェクター、プレーヤーの動向を振り返り、印象に残った製品をピックアップしていこう。(2016/12/27)

news120.jpg
ニュース

ジャパンディスプレイは12月21日、有機ELディスプレイの事業化を目指すJOLED(ジェイオーレッド)を連結子会社化すると発表した。印刷方式によるOLEDの事業化を加速させる。(2016/12/21)

news149.jpg
ニュース

パナソニックが100万:1以上のコントラスト比を実現する新型IPS液晶パネルを発表した。液晶パネルの背後に設けられた「調光セル」により、光の量を画素単位で制御する。しかも従来の液晶パネル製造ラインで製造できるという。(2016/11/28)

news075.jpg
ニュース

東京・銀座のソニービルで開催中の「It's a Sony展」。ソニーの前身である「東京通信工業株式会社」設立から70年の間に同社が送り出してきたエポックメイキングな製品を多数展示している。今回はソニー製テレビの歴史を追った。(2016/11/16)

news153.jpg
ニュース

東京・銀座のソニービルで開幕した「It's a SONY展」。日本が高度成長期のまっただ中にあった1966年に建設され、今もソニーとそのファンにとって特別な場所であり続ける銀座ソニービルについて、展示からひもとく。(2016/11/15)

news128.jpg
ニュース

「ひかりTV」は、「ひかりTVチャンネル 4K」において、11月10日から13日まで東京ドームで行われる野球日本代表「侍ジャパン」の強化試合をHDR対応の4K-IP放送で生中継する。強化試合は、メキシコおよびオランダと2戦ずつ行われる。(2016/11/07)

news082.jpg
ニュース

ハイセンスジャパンは、価格を抑えた液晶テレビ5製品を11月上旬から順次発売する。いずれも直下型LEDバックライトを搭載し、ムラのない映像を楽しめるという。音響面でも「スーパーバス」によって低域を補強した。(2016/11/04)

news037.jpg
まとめ

iPhone 7がせっかく防水仕様になったのに、ワンセグやフルセグチューナーがないからお風呂でテレビが見られないとお悩みのアナタ、諦める必要はありませんよ。(2016/11/01)

news161.jpg
ニュース

UPQ(アップ・キュー)は11月1日、65V型4Kディスプレイ「Q-Display 4K65 Limited model」を発表した。「二子玉川 蔦屋家電」で限定100台を販売する。価格は14万9000円。(2016/11/01)

news138.jpg
ニュース

2016年のグッドデザイン大賞と各賞が発表された。グランプリにあたるグッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)を受賞したのは新しい世界地図図法「オーサグラフ世界地図」だった。(2016/10/28)

news112.jpg
ニュース

米AppleがApple TVやiPhone、iPadで使える新しい「TV」アプリを発表した。サービスを跨いだ横断検索にも対応する。またApple TVのSiriを機能強化することも同時に発表している。(2016/10/28)

news131.jpg
ニュース

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、Dolby AtmosやDTS:Xに対応したサウンドバー「FS-EB70」を11月上旬に発売する。ドルビー・イネーブルド・スピーカー2基を内蔵した3.1.2ch構成だ。(2016/10/18)

news113.jpg
ニュース

LGエレクトロニクス・ジャパンは、4K対応有機ELテレビの最上位モデルとなる77V型の「OLED 77G6P」を発売する。「まるで映像だけが浮かんでいるような感覚」を演出したスマートなテレビだ。(2016/10/14)

news141.jpg
ニュース

NTTぷららは動画配信サービス「ひかりTV」の新サービスを続々と発表した。HDR対応の4K-IP放送やゲームの展開、有料の趣味講座など盛りだくさん。(2016/10/13)

news077.jpg
連載麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:

2016年のIFAでは、多数のハイエンド製品を発表したソニーや、欧米における復活の第一歩を歩みだしたシャープなど、モノとテクノロジーの本質が垣間見えるブースがあちらこちらで見られた。リポート後編は、こうした製品やブースにおける各社のコンセプトを麻倉怜士氏独自の目線で読み解いていく。(2016/10/12)

news130.jpg
連載麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:

近年低調気味だったパナソニックとソニーだが、今年のIFAではそれぞれキラリと光る技術を公開した。現地を取材したAV評論家の麻倉怜士氏が、会場の様子を2回にわたって大いに語る。(2016/10/03)