ニュース
» 2004年01月21日 17時47分 UPDATE

「iモードマイボックス」が本格始動〜2月2日から

ドコモが試験サービスとして運用していた「iモードマイボックス」が、2月2日から本サービスに移行する。ユーザーがドコモを介さずコンテンツプロバイダと直接契約するもので、コンテンツプロバイダはユーザーごとにカスタマイズした情報を配信できる。

[後藤祥子,ITmedia]

 ドコモは、2003年6月2日から試験サービスを行っていた「iモードマイボックス」(2003年5月の記事参照)について、2月2日から本サービスを開始すると発表した。

 iモードマイボックスは、コンテンツプロバイダとユーザーが、ドコモを介さず直接契約する情報配信サービスで、コンテンツプロバイダは、ユーザーごとにカスタマイズした情報配信が可能になる。ユーザーはiモードメニュー内にある「マイボックス」にアクセスすれば、各ユーザーに特化した情報を閲覧でき、URLやID、パスワードを手入力する必要がない。

 iモードマイボックスは、メールを使った情報配信に続く配信手段として提供され、ドコモは会員向けサービスや社内イントラネットでの利用を想定している。また赤外線やFeliCaなど、携帯電話に備えられる外部インタフェースとiモードマイボックスとの連携についても検討するとしている。なお、iモードマイボックスサービスの提供を予定しているコンテンツプロバイダは32社。

sa_mb1.jpg iモードマイボックスの利用イメージ

登録者数によって異なる月額利用料

 iモードマイボックスを利用して情報を提供するには、契約時に支払う1万円の登録手数料と、月額利用料金が必要。月額利用料金はマイボックスへの登録ユーザー数によって異なる。

マイボックス登録者数(人数/月) 月々の負担金額(円/月)
0〜100人 1万円
101〜1000人 3万円
1001〜5000人 7万円
5001〜1万人 10万円
1万1〜5万人 25万円
5万〜10万人 35万円
10万1〜25万人 50万円
25万1〜50万人 75万円
50万1〜100万人 100万円
100万1人以上 150万円

 サービス開始にあたりドコモは、3月31日までにiモードマイボックスサービスを契約・提供するコンテンツプロバイダを対象としたキャンペーンを実施。2月2日から3月31日までの月々の負担金額が無料になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.