ニュース
» 2004年02月12日 19時39分 UPDATE

松下、LUMIXで撮影した画像をH”でメール送信できるアダプタ

松下のコンパクトデジカメ「LUMIX FX5」「同FX1」に装着すれば、撮影した画像をPHS回線経由で電子メールの添付ファイルとして送信できるアダプタ「DMW-WT1」が登場。

[ITmedia]

 松下電器産業は、同社のコンパクトデジタルカメラ「LUMIX FX5」「同FX1」に装着すれば、撮影した画像をPHS回線経由で電子メールの添付ファイルとして送信できるアダプタ「DMW-WT1」を3月12日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は2万円前後。

yu_matsushita_01.jpg

 DDIポケットのSDカード型H”端末「AH-S101S」と組み合わせて使う。LUMIXで撮影した合計2Gバイトまでの画像(2304×1728ピクセルなら1枚)を送信可能だ。撮影時のサイズでそのまま送信できるほか、640×480/320×240ピクセルにリサイズしても送信可能。同時に4件までのアドレスに送れる。

yu_matsushita_02.jpg

 送信先のアドレスは、PC用の付属ソフトで設定し、本体のSDIOスロットに挿入したSDカードに記録する。

 PHS基地局情報を利用して、撮影場所の緯度や経度、地名も記録できる。付属ソフトを利用すれば、PCに保存した画像を地名別に分類可能だ。

 松下寿電子工業が運営するアルバムサイト「ピクチャーステージ」上の自分のアルバムに送信することもできる。

 サイズは107.6(幅)×17(奥行き)×42.2(高さ)ミリで、重さは約40グラム。利用にはDDIポケットとの回線契約が必要。付属ソフトの対応OSはWindows 98/Me/2000/XP。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.